人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 22日

アサギマダラに会いに赤城自然園へ行って来た!

アサギマダラに会いに赤城自然園へ行って来た!_a0031821_12274335.jpg
いよいよアサギマダラの南下が始まったね。
2019.9.20 2日遅れのリポートなのでm(__)m

この日、朝は病院で定期検査の後、そのまま赤城自然園へ。
数値が又ちょっとだけ下がっていて先生に褒められたので気分良し(笑)

およそ50kmを1時間半、12時ちょっと前に現着。

予報通り曇りながら時々日差しがという天気で散策には絶好だったな♪
駐車場もちらほら隙があり園内は空いていた。

あ~でもアサギマダラが集う何時ものフジバカマの畑には流石にかなりのお客さんが♪

良く見ればフジバカマは満開にはなっておらず・・・それと株の数がいつもの年より随分少なくて・・
未だ女郎花(オミナエシ)がまだまだ幅を利かせていて・・・ただ、色んな蝶達が舞うも女郎花は人気が無い状態だ。

そして・・・肝心のアサギマダラはと探すが・・・やっと数頭が・・・(^^;

アサギマダラに会いに赤城自然園へ行って来た!_a0031821_12540517.jpg
これは600mm相当で。
今回は100-300mm(200-600m相当)のズームをメインに、予備でGRを。
GRはイザという時にマクロモードでという積り(^^;

アサギマダラに会いに赤城自然園へ行って来た!_a0031821_13000274.jpg
これはGRのマクロモードで、クロップの47mmをチョイス。
そう! ほんの目の前に止まってくれたもんだから(^_-)-☆
こういう事が起きるから・・・近場対策が必須という事に。
GRのクロップは面白いね。基本28mmの単焦点なんだけど35mmと47mmの3つの画角がチョイス出来るのよ♪

まそれはそれとしてほんと目の前15cm位まで近づいても逃げて行かない太っ腹アサギマダラ!♪

アサギマダラに会いに赤城自然園へ行って来た!_a0031821_13090671.jpg
更にギリ最接近(笑)

フジバカマよりアザミの方が人気だったな(;'∀')
フジバカマがもっと咲き進めば様相が違って来る筈なんだけど・・・。

アサギマダラに会いに赤城自然園へ行って来た!_a0031821_13115021.jpg
破れ傘のアサギマダラ。
これから南へ下るのにこの翼で何とかガンバッて欲しいけど・・。


アサギマダラに会いに赤城自然園へ行って来た!_a0031821_13140856.jpg
この子も近かった♪ GRのマクロモードで。

アサギマダラに会いに赤城自然園へ行って来た!_a0031821_13153070.jpg
こんな感じで未開のフジバカマが多かった。
開いた花を丁寧に順次蜜吸いを・・。
一旦止まると結構長い時間留まるので撮るのは容易だ♪

今年も又アサギマダラに会えたので一安心なのさ♪
これからいよいよ本番になるので又行かなくっちゃ!
台風17号の動向次第かな?(^-^;

マーキング活動が始まっていた。
アサギマダラより網を持って捕獲しようとする人の数の方が多い!という逆転現象に(^^;
私は・・・参加せず・・・採るのは気が乗らず・・・。
撮りたいんだけど(笑)

マーキングは午後1時からスタッフの指導で始まる・・・なので撮るのは午前中がよろしいかと。





by sdknz610 | 2019-09-22 15:00 | アサギマダラ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/239585174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2019-09-22 23:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sdknz610 at 2019-09-25 20:25
カギコメさん、お元気でなによりです。
アサギマダラ、今日の晴れ間に又行けば良かったですが、何やら気分乗らず(^^;
来週位がピークかも、ですね。
写真展、見たいです♪ 
新宿での飲み会が一つ無くなったので余裕があります。
日程教えていただいて考えます。
10月、11月・・・忙しくなりそう。
あちこちバスツアー予約してしまい・・・(^^;
どうぞご自愛の上、無理せずご活躍下さいませ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< アサギマダラの舞いはやはり他の...      瑞穂の国・・・稔る >>