人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2019年 12月 30日

地球照を纏った幻想的な細い月と金星のランデブ~は月と惑星の接近の中でも美しさは随一だと思うな♪

地球照を纏った幻想的な細い月と金星のランデブ~は月と惑星の接近の中でも美しさは随一だと思うな♪_a0031821_10370743.jpg
2019.12.29
午後5時11分

新月を過ぎて蘇りつつある若い月齢の月を撮ろうと
月齢、月の出、月の入り、日の出、日の入りの時刻は? 天中時刻は? 等と
そしてお天気の変化を見ながら毎日ドキドキしているんだけど
この29日は、ビーナスと大接近するもんだから
もう朝からソワソワだったんサ(ちとオーバーな(;'∀'))
夕方が待ち遠しくて・・・
何やらお天気がね~・・・雲が出るみたいで、大丈夫か?と・・・。

日が落ちて・・・イヤイヤ焦るな! 夕間暮れのマジックアワーになったらでいいんじゃないかい♪

南西に、低い高度で・・・出てるね~! 三日月が輝いてるね~! 月齢は2.9だぜ~♪
傍に金星だ(^_-)-☆

そんなに長い望遠は要らないか。これは180mm程で、だったけど。
露出を切り詰めたら地球照が出ず(;'∀')


地球照を纏った幻想的な細い月と金星のランデブ~は月と惑星の接近の中でも美しさは随一だと思うな♪_a0031821_10483564.jpg
17:14
折角の地球照を出してみた。
この雰囲気は好き!♪
手前燐家のTVアンテナを入れてみた。

斜めに光る不思議な光の柱が写っていて・・・
ジェット機の轟音が後から聞こえて来て、超高層の飛行機雲が夕日で輝いた一瞬だったみたいだ。
イヤイヤびっくりモノだったな♪


地球照を纏った幻想的な細い月と金星のランデブ~は月と惑星の接近の中でも美しさは随一だと思うな♪_a0031821_10554854.jpg
17:28
暗くなるのは早い!
ここからは960mm相当の望遠鏡直焦点画像をご紹介
これから上弦の月に向けてどんどん太くなるお月様は
名だたる名クレータが続々と見えて・・・楽しみだ。

この画では、画面右斜め下45°方向が丁度月の東になり、
危機の海、そしてラングレヌスというクレータがクッキリ♪
直径130km、段丘のある周壁と中央丘が斜光線で際立つ!


地球照を纏った幻想的な細い月と金星のランデブ~は月と惑星の接近の中でも美しさは随一だと思うな♪_a0031821_11130725.jpg
17:31
快晴とは行かず、高層の薄いベールの様な雲が高速で月面を擦過するが
敢えてそれはお構いなく地球照が出る様に・・・♪
ボ~っとしちゃうんサ(;'∀')


地球照を纏った幻想的な細い月と金星のランデブ~は月と惑星の接近の中でも美しさは随一だと思うな♪_a0031821_11153633.jpg
薄い雲が濃く薄く千変万化の様相で月面を掠めるので
その幻想的な光景を少し雲の流れを強調すべく、
数秒から1/10秒程度の間でアレコレ変えながら一杯撮ってみた(^^;
この画は0.5秒。
レンズが長いので露出時間を長くすると月が動いてボケちゃうので
これが限界だったかな・・・。
それにこれ以上長く露出すると雲も流れ過ぎてしまい雲のまだら模様が無くなってしまうんだよね。
結構難しいもんだわ(;^ω^)
赤動儀に乗っけてNDフィルターを咬ませ、スローシャッターを切る、のがいいかもしれん(;'∀')


地球照を纏った幻想的な細い月と金星のランデブ~は月と惑星の接近の中でも美しさは随一だと思うな♪_a0031821_11254492.jpg
地球照を纏った幻想的な細い月と金星のランデブ~は月と惑星の接近の中でも美しさは随一だと思うな♪_a0031821_11262971.jpg
地球照を纏った幻想的な細い月と金星のランデブ~は月と惑星の接近の中でも美しさは随一だと思うな♪_a0031821_11264716.jpg
以上、地球照幽玄♪

雲が出たからと言って、諦める事は無か♪
まあね。薄い雲ならだけど。

次は、2020年1月21日に細い月と火星の大接近! これは午前4時(;'∀')
2020年1月28日に細い月と金星の大接近が又あるのだ♪ 午後9時だって・・・。




何れにしろ雲が出てしまうとオジャン!だからな~・・・。



by sdknz610 | 2019-12-30 12:00 | 天体写真蔵 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/239917429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 令和元年の最後は濃霧の朝になっ...      絶景! 富士山を飛ぶハクチョウ... >>