人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2020年 03月 27日

秩父・青雲寺枝垂れ桜2020(その2)

秩父・青雲寺枝垂れ桜2020(その2)_a0031821_14531190.jpg
エドヒガンザクラの巨木


秩父・青雲寺枝垂れ桜2020(その2)_a0031821_14535067.jpg
今年のお地蔵様は真っ白な涎掛け?(^^;


秩父・青雲寺枝垂れ桜2020(その2)_a0031821_14544293.jpg
チチブベニシダレ朝陽に輝く


秩父・青雲寺枝垂れ桜2020(その2)_a0031821_14551507.jpg
本堂脇のエドヒガンに朝陽が当たり始めるのは9時を廻ってからだ。
7時頃現着なので境内周りを徘徊しながら2時間以上ウロウロしてる(;'∀')

今年の枝垂れ桜祭りはコロナ禍で中止となり、人出はかなり少なかった。
快晴+無風という絶好の日和となったのは幸いなり。

PENTAX K5+SIGMA 10-20mm
LUMIX GX7MkⅢ+LUMIX LEICA NOCTICRON 42.5mm F1.2

シグマの10-20mmスーパワイドはほぼ期待通りの写り。
PENTAのK5というAPS-Cの古い一眼レフを今更持ち出してどうなのよ?だったが
光学ファインダーを覗きながらのショットは
何だか懐かしくもあり、やはりいいな♪というのをあらためて感じた次第。
時と場合と気分次第だけど、マアちょっと重いけど、ちょっと動作がトロイけど・・・
時々持ち出してみようかと思いを新たにしたんサ♪

一方、NOCTICRONを着けたGX7MkⅢは
レンズの重さに比しボデーの軽さに若干違和感があるものの
何しろこのレンズの描写力と言うべきか、写りはモノスゴく・・・
カメラの軽快な作動も気持ちが良くて・・・
全てが許容範囲になってしまうという(笑)
LUMIX+LUMIXという組み合わせの中でも最強のシステム!♪

今回はこれにNDフィルターの#8倍を着け放しにして
出来るだけ絞りを開けて、ボケを楽しむ画造りに対応した。
開放でF1.2ともなると・・・
NDフィルターが無いと、折角の明るいレンズも明るい日中には絞りを開けるのが難しくなるので・・・。

尚、どちらもピントは全てマニュアルフォーカスの自己責任(^^;・・・。
AFは・・・今一何処にピンが行ってるか?信用ならないのよ。
マア、こういう静止画では、という事だけどね・・・。







by sdknz610 | 2020-03-27 15:30 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/240207908
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 桐生川上流のミツマタ大群生を探...      秩父・青雲寺枝垂れ桜2020(... >>