人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2021年 11月 04日

奥日光紅葉紀行2021(5)・・・カラマツの金屏風に映える貴婦人は如何に?♪

奥日光紅葉紀行2021(5)・・・カラマツの金屏風に映える貴婦人は如何に?♪_a0031821_12115991.jpg
小田代ヶ原のカラマツ金屏風を見たい!というのがこの日の主目的だったのよ。
2021.10.29

八丁出島を見て、貉窪から歌が浜へ戻り、赤沼PからeBIKEで小田代ヶ原に着いたのは午後1時半過ぎだった。
雲一つ無い快晴!無風!♪ スッゲ~いいお天気。
人は2,3人、ハイブリッドバスが着く度に増減はあったが、基本チラホラだった。
湖畔周辺の混雑を思うと、小田代ヶ原は別天地なんだな♪

落葉松の金屏風が目の前だ(^_-)-☆
これは実を言えば、こういうの初めて見る!撮る!って事で・・・。
そうね、貴婦人が鎮座ましておられました♪

手前の影は・・・背にしてる高山の頂上付近の影が小田代ヶ原に侵入して来ているのでありますが、
この後の景観の変化の重要な要因になっているので追々説明して行きます・・・。

奥日光紅葉紀行2021(5)・・・カラマツの金屏風に映える貴婦人は如何に?♪_a0031821_12120085.jpg
カラマツの金屏風ってこうなんだ!
素晴らしい!♪
言葉は無力なり(^^;
前回10月22日の時は、まだまだ黄葉が進んでいなかったけれど、
満を持して・・・来て良かったのであります♪


奥日光紅葉紀行2021(5)・・・カラマツの金屏風に映える貴婦人は如何に?♪_a0031821_12120042.jpg
ま、でも、どう撮っても定番なんですが(^^;


奥日光紅葉紀行2021(5)・・・カラマツの金屏風に映える貴婦人は如何に?♪_a0031821_12120008.jpg
鳥影が無い小田代ヶ原なんだけど、時々トビがサーマルソアリングしながら
頭上を擦過するチャンスがあったので・・・
P950でどうだ!? と、狙ってみた(^^;
オッと、目の瞬幕が閉じたところだったか。
ズームは650mmで。SSは1/650だった。AFも効いた。
この位撮れてるから・・マアね、文句は無いか♪


奥日光紅葉紀行2021(5)・・・カラマツの金屏風に映える貴婦人は如何に?♪_a0031821_12120097.jpg
まさに金屛風!なんだよね~~~♪
落葉松はここまで黄葉すると、落葉は早い!らしいので・・・丁度ピークに居合わせるのが難しいという話も聞く。
今回は将にタイミングがピタリだった!と、思う事にしてる♪ お天気もサイコーだったのは大きいナ♪


奥日光紅葉紀行2021(5)・・・カラマツの金屏風に映える貴婦人は如何に?♪_a0031821_12120027.jpg
男体山を背景に出来るポイントへトボトボと移動して・・・
思う様シャッターを切り続ける・・・これぞ一人旅の醍醐味じゃ!♪


奥日光紅葉紀行2021(5)・・・カラマツの金屏風に映える貴婦人は如何に?♪_a0031821_12120194.jpg
金屏風を背にする貴婦人。
ズームは185mmで。

奥日光紅葉紀行2021(5)・・・カラマツの金屏風に映える貴婦人は如何に?♪_a0031821_12120182.jpg
時刻は間もなく午後3時という時。

背後から迫る高山の影が・・・小田代ヶ原を大きく覆い始めて来て・・・
実は・・・この影が貴婦人に届くまで、
一体この景観がどう変化して行くのか?見届ける積りだったのサ(;^_^A
そうなるまで、あと1時間ちょっとか・・・午後4時頃までジッと時が過ぎるのを
流石にこの時刻では人が減ってしまい・・・小田代ヶ原の展望所で一人寂しく待つのであります(笑)
これがね~結構長いのよ(泣)

釣瓶落とし風にドンドン影が伸びるのか?と思っていたけど、イヤイヤなかなか・・・
非常にゆっくりと、でも確実に金屏風に向かって、伸びる。んだけどね。

明日は・・・その最終結果をお届けしますので・・・(^-^;






by sdknz610 | 2021-11-04 13:00 | 小田代ヶ原 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/241261605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 奥日光紅葉紀行2021(6)・...      奥日光紅葉紀行2021(4)・... >>