人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2021年 12月 12日

ISSの光跡を撮ろう!・・・12月11日17時40分、多々良沼にて

ISSがやって来た!♪
11日の夕方、今日こそちゃんと撮らなくっちゃと
又多々良沼へ出掛けた。
ISSの光跡を撮ろう!・・・12月11日17時40分、多々良沼にて_a0031821_20221206.jpg
多々良沼を舞台に、日の入り後のマジックアワーが消えつつある南の空を、主役のISSが西から現れて、東へと横切った。

前回9日とは軌道がちょっと異なり、高度が大分低く、更にISSまでの距離が1300km位となると、
屋久島上空を通過する軌道を群馬県から遠望する訳で、撮るには相当キツイだろうなと予想、
でも、だからこそ、そこで何とか撮りたいものよと・・・

前回の教訓もあって、カメラアングル、カメラの設定も万全を期し・・・(;^ω^)
2011.12.11 17:30~17:50間の比較明合成(ライブビューコンポジットモードで)
LUMIX S5 LUMIX S 20-60mm
2.5sec F5 0EV ISO1000 20mmで

LUMIX S5のライブビューコンポジットで撮影と言うのはとても簡単で、助かる♪
メニューの中からライブビューコンポジットをセレクトして、
その前に・・・撮影モードはM:マニュアルをセレクト。
開始を押すと、ノイズリダクション用画像を撮影しますとコメントが出るのでシャッターボタンを押す。
それは直ぐ終わるので、指示に従ってシャッターボタンを押せばコンポジット撮影開始となるが、
ここで、シャッタースピード、絞り、ISOをいじってモニターで画像を見ながら最適な好みの露出になる様セット、
これでシャッターを押す!
後はライブ画像を見ながら、必要なだけ露光し、シャッターボタンを押して終了する。

ランドマークとしての金星の直ぐ近くを西から東に通過するコースなので、
20mmという広角レンズで狙いを付け、画像としてはほぼ思い通りとなった。
只、ISSの光度は意外に暗くて焦ったぜ(;'∀')
カメラのセンサーのお蔭で画像としてはちゃんと写っているけど、
肉眼では、あれっ!どこだ?と見失う程で、3等星位だったのを記しておく(^^;

尚、20分程露光してる間に航空機が通過した軌跡も写っていて、
元画像を見ると4機が東西、南北を行き交っているのが分かった。
コロナ禍で飛行機の機影がFlightradar24ではかなり消えて寂しかったが、
今は大分戻って来てる感がある。

「きぼうを見ようサイト」では今日の見え具合の評価が△だったのは納得。 なるほどな、だったわ♪
次のチャンスは12月20日の夜明け前5時36分だ! これは◎なので、期待しよう!

実のところ、地平近くにモヤとか雲があるとヤバイ!と思っていたが、
SCWでは大丈夫そうだったし、結局全く雲が無い快晴に恵まれた。
気温は11℃。更に無風だったのは助かったぜ♪
こんな好天で撮れるとは! この時季この地方では無風と言うのはなかなかあり得ない訳で、
まさか!まさか!の超幸運♪







by sdknz610 | 2021-12-12 10:30 | ISS | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/241302316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 多々良沼夕景      ユリノキは終末期。蒴果が沢山居... >>