人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2022年 02月 25日

コペルニクスに月の夕暮れが迫ってる・・・下弦の月から一日経ったお月様を早朝5時半に撮る!

コペルニクスに月の夕暮れが迫ってる・・・下弦の月から一日経ったお月様を早朝5時半に撮る!_a0031821_12150755.jpg
2022.2.25
5:33
快晴の、マイナス2℃、無風の朝だ。
雨戸を開けたらお月様が南の空に煌々と輝いてるじゃないか!
朝一サイクリングの準備を始める前に、撮っておこうとP950を出動させた。
こんな事があるので、カメラのバッテリはフル充電してあるし、メディアも装着済は前夜に確認してある・・・♪

ISO100 1/125 F 6.3 ー1.3EV WBオート 1600mm(相当) 手持ち

この月齢で目立つのはコペルニクスクレータって、良く分かった♪

因みにコペルニクスについて・・・
ATLAS OF THE MOONの解説を引用しておく。

Niklas Copernics(1473-1543)は
ポーランドの有名な天文学者で、現代天文学の創始者の一人。
太陽を中心とする地動説は、主要著書「天体の回転について」(1543)で解説されている。

クレータ「コペルニクス」は、
直径93km、深さ3760mの環状山で、周壁には何重もの段丘が見られる。
比較的平らな底面には高さ1200mほどの中央丘が幾つかあり、周壁の高さは900mある。

今回はP950の1600mm(相当)で、画面ギリギリの画だが、
更なる長焦点の望遠鏡でこのクレータの詳細を撮ったら面白いだろうな?
と言う妄想が・・・(笑)








by sdknz610 | 2022-02-25 14:30 | 天体写真蔵 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/241374752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 富士の高嶺に白鳥が舞う・・・2...      おはよう! お月様♪ >>