人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2022年 04月 24日

天空の湖「野反湖」。湖面は未だ雪の下だった・・・4月23日、晴れてくれて、素晴らしい雪景色を見られた。

天空の湖「野反湖」。湖面は未だ雪の下だった・・・4月23日、晴れてくれて、素晴らしい雪景色を見られた。_a0031821_06273172.jpg
2022.4.23
この日、志賀草津道路「渋峠」か、野反湖か迷ったが、土曜日か~・・・
多分空いてると思うけど、野反湖へ行ってみよう!と決定♪
この開通直後にというのは行った事無くて、イメージが沸かずだったけれど、
現着してみれば
ワ~オ!である(^_-)-☆

湖面は未だ雪の下! 開水面が未だ無い状態、というのは想定外のビックリ! 素晴らしい景観!
来て良かったぜ(笑)

当初雲が多く、湖全体が明るく輝くと言うのは無くて、この画はようやくダム堰堤方面に木漏れ日が当たり始めた時だった。
手前こちら側は日差しが弱く、面白いコントラストになった。
NIKON P950のズームイン、30mm(相当)で。


天空の湖「野反湖」。湖面は未だ雪の下だった・・・4月23日、晴れてくれて、素晴らしい雪景色を見られた。_a0031821_06361848.jpg
このアングルは私の定番という・・・♪
この階段を下りて湖岸に至るが、夏場、ニッコウキスゲ狙いの時に使うルートだ。
階段を中央に湖面から遠方の堰堤、背景の雪山と、遠近感が強調出来たか?
湖岸周辺の落葉松等、葉が落ちているので透かして向こうが見える、今の時期ならではの画。
これで葉が茂ると様相が一変するからね。


天空の湖「野反湖」。湖面は未だ雪の下だった・・・4月23日、晴れてくれて、素晴らしい雪景色を見られた。_a0031821_06414196.jpg
さてさて、この雪を被った湖面がこの日の主役とみて、
あれこれアングルを変え、ズームを自在に操り、
この日常では有り得ない、天空の景観を定着しようと、焦る(笑)

天空の湖「野反湖」。湖面は未だ雪の下だった・・・4月23日、晴れてくれて、素晴らしい雪景色を見られた。_a0031821_06444484.jpg
陽射しが、こちらにも動いて来て、湖面は一層輝く。露出が難しくなるな(;'∀')
雪を被ってるとはいえ、湖面は複雑な斑模様を呈し、見応え半端ナシ!♪
55mmの画。

天空の湖「野反湖」。湖面は未だ雪の下だった・・・4月23日、晴れてくれて、素晴らしい雪景色を見られた。_a0031821_06484549.jpg
ズームイン!
85mmの画。


天空の湖「野反湖」。湖面は未だ雪の下だった・・・4月23日、晴れてくれて、素晴らしい雪景色を見られた。_a0031821_06492812.jpg
125mmで。
陽射しが無いと、様相は一変する。

天空の湖「野反湖」。湖面は未だ雪の下だった・・・4月23日、晴れてくれて、素晴らしい雪景色を見られた。_a0031821_06503600.jpg
湖の左岸方向を狙うが、手前の葉が落ちた木を入れて遠近感を出す。
55mmで。

天空の湖「野反湖」。湖面は未だ雪の下だった・・・4月23日、晴れてくれて、素晴らしい雪景色を見られた。_a0031821_06524737.jpg
105mm。更にズームインしてみた。


天空の湖「野反湖」。湖面は未だ雪の下だった・・・4月23日、晴れてくれて、素晴らしい雪景色を見られた。_a0031821_06532239.jpg
横への広がりも欲しいが、手前のカラマツから背景の雪山を遠望し、更に空もちょっと入れるとなると、
縦画面も選択肢の一つに。
70mmを選択した。


天空の湖「野反湖」。湖面は未だ雪の下だった・・・4月23日、晴れてくれて、素晴らしい雪景色を見られた。_a0031821_06562257.jpg
八間山の西麓に白樺純林帯があって、これも目を惹く景観。
185mmで切り取る。

天空の湖「野反湖」。湖面は未だ雪の下だった・・・4月23日、晴れてくれて、素晴らしい雪景色を見られた。_a0031821_06584722.jpg
目を西に向ける。こちらにも白樺林が。
150mmで。
見え隠れする赤い屋根がワンポイントに。

天空の湖「野反湖」。湖面は未だ雪の下だった・・・4月23日、晴れてくれて、素晴らしい雪景色を見られた。_a0031821_07002320.jpg
野反峠休憩舎の駐車場。野反湖周辺の案内図。
ネットで詳細に調べられるものの、現地で改めてこういう図を見ると、フムフム成程となる♪

これから季節が進むと、コマクサ、シラネアオイ、ニッコウキスゲ(ノゾリキスゲ)と次々と移って行くので
又目が離せない1年になりそう(◎_◎;)

休憩舎は未だ営業していない。トイレは使用可。
この時は車が10台ほど、二輪バイクも入れ替わりで結構来訪してた。
流石に自転車は。。。無かった。

湖の北、ビジターセンターやバンガローエリアには行ってないので、やってるのかどうか?不明。
多分、未だ営業してないのでは?

野反湖・・・厳冬期を除き、道路が開通してれば季節の移ろいを周年楽しめる、将に絶景ハンター垂涎の貴重なエリアだ。

**************************************
4月24日から長期不在になります。(この記事は予約投稿です)
ブログの更新をその間お休みしますm(__)m

東北方面を周遊して参ります。「桜」追っ掛けという訳ではありません。
大本命は西木町のカタクリ絨毯ですが、他にも是非見たいもの沢山あり過ぎて・・・
何時帰るか?・・・未定です。
無事に帰ってくるのが仕事です。






by sdknz610 | 2022-04-24 11:00 | 野反湖 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/241431450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 春の東北紀行(1)・・・202...      奥利根「藤原湖」へ水没樹探し(... >>