人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2022年 05月 09日

春の東北紀行(11)・・・これが八幡平アスピーテライン雪の回廊だ!♪

春の東北紀行(11)・・・これが八幡平アスピーテライン雪の回廊だ!♪_a0031821_19203829.jpg
2022.4.26日 15:25の画。
アスピーテラインで一番好きなアングルかな♪

秋扇湖の水没林の後は、直ぐ先の玉川ダム直下の公園で手で触れそうに近い堰堤の基部に接近したりで、
その上のダム堰堤の上にも行って・・・
ようやく八幡平を目指す(^^;

玉川温泉はスルーして、アスピーテラインに入り、両側の分厚い雪の壁の間を快調に頂上の見返り峠を目指す。

実は、途中、後生掛温泉に行って立ち寄り湯をと思っていたんだけど、立ち寄り湯の受付締め切り時刻の午後2時半をとっくに過ぎてしまい、
残念ながらお湯には入れずという、失敗談(笑)  田沢湖サイクリングやったのが効いちゃったか・・・(泣)

生憎お天気は分厚い雲に覆われて日差しが乏しかったが、この時点では何とか岩手山も上の方が見えていた。
ただし・・・アレっ! 何やらポツポツとウィンドに堕ちて来た?・・・ヤバイんじゃね(^^;
小さな雨粒が・・・ん~ン(;''∀'')

春の東北紀行(11)・・・これが八幡平アスピーテライン雪の回廊だ!♪_a0031821_20050151.jpg
ここまで登って来る間の雪の壁の様子です。
これだとそんなに壁の高さは・・・3m迄は無いかな?
ちょっと車を停めて、ウィンド越しに車内からスナップ!(^^;
でも車が来ないな~♪ 向こうからも来ないし・・・通行量は極めて少なし♪

春の東北紀行(11)・・・これが八幡平アスピーテライン雪の回廊だ!♪_a0031821_20083692.jpg
アスピーテラインは適度なコーナリングと適度なアップダウンが連続する快適なドライブウェーで、
運転は楽しいの一言♪
グーンと下って、その先に緩いカーブが。
こういうシチュエイションの連続になる。
例えば、志賀草津道路等は通行量が多くて、一旦停止してパチパチやってる暇は無いよね(◎_◎;)

春の東北紀行(11)・・・これが八幡平アスピーテライン雪の回廊だ!♪_a0031821_20211023.jpg
ここはかなり高い壁があって、なかなかの迫力だったな♪

春の東北紀行(11)・・・これが八幡平アスピーテライン雪の回廊だ!♪_a0031821_20220863.jpg
で、見返り峠に着いたんだけど・・・ア~あ、岩手山に襲い掛かる雲が・・・頂上が隠れてしまったじゃん!(;''∀'')
この後益々岩手山の雲が分厚くなって・・・気が付けばここ見返り峠もポツポツと粒が大きい雨がどんどん酷くなる一方に(泣)
ビジターセンターに駆け込んで、お土産になりそうなのを幾つか大急ぎでゲット、
さてと・・・この雨の中、車中泊するのは・・・そうだよな、それは諦めて、いっそ五所川原目指すか?
鶴田町の鶴の舞橋目指して青森県へ一気に行っちゃう?・・・かな・・・。
そんな事でモタモタしてたら、いやはや本降りの雨になっちゃった(笑)

ここから、青森を目指すとなると、カーナビが言うには280kmだと!♪
この雨の中を延々走る?・・・走るぞ~~~(笑)
目的地鶴田町富士見湖へは日が暮れて午後8時頃に着く感じかよ(泣)

目指すルートは、松尾八幡平ICへ下って東北道をと言うのが定番だ。
一方アスピーテラインを元来た方に戻り、一般道の山道を下って鹿角八幡平IC経由というのもあって、こっちの方が距離的には近いけど、
以前、一回だけ使ったコースだけど、どうも私には松尾八幡平から東北道をひた走る方が好きなんだわ。

と、言う事で・・・この後、鶴田町富士見湖に着くまで、
300km弱をズ~っと雨の中を走る等という経験は初めてだったワ(;^ω^)

あ~でも車の方は絶好調で♪ ストレス等まるで無しの雨の高速道路ドライブになったのサ♪








by sdknz610 | 2022-05-09 21:00 | 八幡平 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/241447466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 春の東北紀行(12)・・・4月...      春の東北紀行(10)・・・鎧畑... >>