人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 10日

ニュースです!トビシマカンゾウの一番花が咲きました!

2006.5.10 
今日も一日はっきりしない天気で、うすら寒いし、元気が出ませんが、
会社から帰宅してトビシマカンゾウを見て廻ったら、何と!
一番花が咲いているではありませんか♪
昨日、黄色に色づいて来た蕾があるので気になっていたんですよ。

これ、実生から育てていた中の一つ。1年と9ヶ月でした!

普通5年掛かると言われているんですが、これはビックリ!♪
マア、ちょっとご覧下さい。なかなか立派な花でしょ?♪
あと5つの蕾がありますよ。
5,6年経った成長したトビシマカンゾウだと、一つの萱で20個近く花をつけるのもあります。
まだ2歳になっていないんだから、これで十分だね・・♪
ニュースです!トビシマカンゾウの一番花が咲きました!_a0031821_201584.jpg

ニュースです!トビシマカンゾウの一番花が咲きました!_a0031821_2023435.jpg

大鉢のトビシマカンゾウの方は株が増えて6株になっているけど、もう直これも
咲き出します。

記録では、大鉢の方ですが一番花が咲いた日付は
04年は4月24日、
05年は5月19日 (結構大きく振れてるねー~~~♪)
06年の今年は?
もうちょっとだから、去年に近い、のかな?♪

と、言うことは佐渡大野亀の去年は近年にない豊作(♪)だったから
今年もイケソウ!というのが私の予想なんだけど・・・♪
あと一月で又大野亀に行って来ます!楽しみ♪

*いつも応援ありがとうございます♪⇒人気blogランキングへGO♪

by sdknz610 | 2006-05-10 20:34 | トビシマカンゾウ成長記録 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/3591664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kimiko_shibata1 at 2006-05-10 22:12
きれいですね~!
おめでとうございます。たった2年弱とは!!
今日はあまり暖かくもなく、日照も少ない感じでしたが・・・
心を込めた栽培が、花に伝わったのでしょうね。

イチロー君はお若いのかしら・・・?
モールの半分だけでフーフーでした。
温泉もあるなんて・・・・!
そうです、遊水地のことは職場の人たちも知りませんでしたよ。
Commented by brue-nile at 2006-05-10 22:51
トビシマカンゾウの初開花、大変おめでとう」ございます!
素敵ですね~実生で、ここまで愛情を込めて、育てられたんですね!
お花が何だか嬉しそうに微笑んでいるように見えます!

透明感のある黄色は、本当に心が洗われる様な感じがします。
年々蕾が増えて、10も20も花が咲いたら嬉しいですね!
Commented by sdknz610 at 2006-05-11 03:40
shibata1さん、ありがとうございます♪
佐渡とは平均気温、晴天率も違って細胞分裂が促進されちゃうのか?
等と思ってます・・・♪
花びらは基部に向かって少し幅広なのと、この黄色が特徴です。
これが40万本一斉に咲く、というのは想像を絶するものがあります!

イチローは8歳位です。私が白鳥撮りする池でまとわりついて来るのを
車に乗せて来たのは生まれて2,3ヶ月位でした・・・♪
みなしごイチ君なんですよ。
毎晩私のベッドの側でゴロンと寝てます♪

あの中を歩くだけで、人も多いし、後で疲れが来ます♪
散歩で外回りを歩くのとは大違いで、私はあまり行きませんね。
カミさんは、自転車でちょこちょこ行くようですが・・・。

あの遊水池は、幹線道路からは殆どわかりませんからねー・・・。
Commented by sdknz610 at 2006-05-11 03:45
ナイルさん、ありがとうございます。
実生から、というのは何でしょうね~~、心躍るものがありますね♪
1日花ですが、順番に咲いて行くので、1週間位は楽しめます。
今日もお天気悪いのでかわいそうなんですよ~~(^^;)

これが佐渡の大野亀では40万本の絨毯になりますから、それはもう
素晴らしいもので・・・、見ながらの生ビールがとってもオイシイんです!
Commented by chochoensis at 2006-05-11 05:59 x
sdknz610さん、「トビシマカンゾウ」の開花おめでとうございます。ブログ表題が「トビシマカンゾウ」となっているので、どんな花なのか見たかったのです、高原などで見たニッコウキスゲに似ているような気がしますが、何科の植物なのですか?
Commented by sdknz610 at 2006-05-11 18:28
chochoensisさん、どうもありがとうございます。
これはユリ科ワスレ草属で所謂ヘメロカリスって呼ばれたりします。
トビシマカンゾウは山形県酒田沖の飛島がルーツの日本固有種で、今は佐渡の大野亀の大群生だけになっています。
花びらが巾広く、色が黄色だけでオレンジ系が入っていません。
地元ではキバナカンゾウとかヨウラメ、なんて言ってます。
2004.7.1にアップしている写真は群生の様子が良くわかると
思いますのでご覧いただけるとありがたいです♪
Commented by fukaya k at 2006-05-12 05:05 x
娘の花開のシーンかと思います。心より待った一瞬 感動のことでしたでしょう。 きっと心は佐渡の40万本ですか?。
Commented by sdknz610 at 2006-05-12 15:56
もうすっかり頭の中は佐渡ですネ~~。
今年はどうでしょうか、去年ナミなら(¨\^o^/¨)ですが・・・♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< シジュウカラ 飛んだ!      『藤』絵巻 もう一つ・・・ >>