人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 13日

ツリフネソウって初めて見ました♪ 赤城・大沼湖畔にて

ツリフネソウ(釣船草)
ツリフネソウ科ツリフネソウ属。
学名がimpatiens textori
?インパチェンスなんだ・・・。

こんな感じでまとまって咲いていました。大沼をグルっと車で廻っただけですが、
ココだけしか見つからなかったと言うか、見つけられなかったのか・・・。
園芸種もありそうですが、何しろ初めて見ました。
ツリフネソウって初めて見ました♪ 赤城・大沼湖畔にて_a0031821_2035222.jpg


葉っぱも、覚えなくては・・・♪
ツリフネソウって初めて見ました♪ 赤城・大沼湖畔にて_a0031821_20361662.jpg


吊り下がって、風でユラユラと揺れていました。この花も不思議な格好してますね~。
くるりと捲いた先端に蜜があるとすると、虫さんもそこまでたどり着くのは大変だね。
蝶が長い口を伸ばせば届くのかな~・・? 側にアザミが沢山生えていて、キアゲハ
が数尾来ていたけど、ツリフネソウには集っていなかった・・。
ツリフネソウって初めて見ました♪ 赤城・大沼湖畔にて_a0031821_2037226.jpg


大写しにしてみました。大きく口を開けたアンコウみたい・・・♪
でも、すごく小さな花なんです・・・。
ツリフネソウって初めて見ました♪ 赤城・大沼湖畔にて_a0031821_2040167.jpg


ほぼ正面から。複雑な中の様子まではとてもムリです。
ツリフネソウって初めて見ました♪ 赤城・大沼湖畔にて_a0031821_2043666.jpg


>2006.9.10 

★明日は、ヤマラッキョウをアップする予定です!

by sdknz610 | 2006-09-13 21:02 | 赤城山 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/4274838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kimiko_shibata1 at 2006-09-13 21:30
まさしくアンコウ!ですね。
何度も同じコメントになりますが、このように拡大してじっくり拝見できるのは、勉強になります。
嬉しいです。
近いうちにキツリフネをup予定です。

ヤマラッキョウ!楽しみにしています!
Commented by sdknz610 at 2006-09-13 21:39
shibata1さん、確かに赤城は花や蝶などの宝庫ですね。
特に私のような山素人にとっては、ということですが・・・。
他の山(私にはムリな高山など♪・・)には素晴らしい楽園があるようですが、私にはここは十分過ぎる楽園です!

キツリフネ、見たいですね~♪
Commented by brue-nile at 2006-09-13 23:27
ツリフネソウの大群落、始めて見せていただきました。
東京でも咲くので近間で見ることが出来ますが、
こんなに沢山なんて、凄いですよね…!

今日のブログにリンクをはっていますが、
東京のツリフネソウの写真も載っています。

温室のシリーズの中に、洋風の物が出ていますよ。

東京では、ヤマラッキョウは、
最近では見かけなくなりましたよ。
Commented by rairaj6 at 2006-09-13 23:50
花がぶら下がったようなツリフネソウは見たことがありましたが、したの
トリカブト、初めてです。この根が殺生作用があるのですか?
毒になるなんておもえないほど 優美な花ですね~。
Commented by sdknz610 at 2006-09-14 03:34
この一群しかなかったですが、車道のすぐ側で、湧き水があって
湿った場所でした。東京でも咲いているんですか!見てみますね。
ヤマラッキョウはたまたまというか、やっと見つけたというもので、
数はすごく減っているような感じでした・・・。
Commented by sdknz610 at 2006-09-14 03:40
rairaj6さん、トリカブトは全草にアルカロイドが含まれていて、あぶない
ようです。特に根っこ!
キレイな花には毒がある・・・♪
根っこは1grで彼岸の方へ。葉はテンプラで・・・、これも彼岸もの!
そして、解毒剤が無い!のが余計コワイ・・・♪
花が出る前は山菜採りで他のに混じってさあ大変!のようです・・・。
Commented by mkiecyan1 at 2006-09-14 11:13
花の奥に入り込むと、パープルの斑点に黄色の紋が入っていますね。
虫でも食べてしまいそうな、でもかわいい花ですね。

楽園という響きがいいなぁ。想像するだけで楽しくなります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ヤマラッキョウ。朝露の宝石を纏...      引き続き「トリカブト」です。 >>