人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 14日

ヤマラッキョウ。朝露の宝石を纏って一層キレイだった♪

これがヤマラッキョウなんだ~~♪
周りの背の高い草に紛れているから、ウッカリ見過ごすところでした。

花は思っていたより小さくて、だから余計可憐でしたネ・・・。
この場合、朝露が名脇役で、ヤマラッキョウの美しさを一層引き立てていましたよ♪
余りの美しさに暫し見とれてしまいました。
少し色合いが違う、この二株しか見れなかったです・・・。数が減っているのかな・・・。
ヤマラッキョウ。朝露の宝石を纏って一層キレイだった♪_a0031821_19182727.jpg

ヤマラッキョウ。朝露の宝石を纏って一層キレイだった♪_a0031821_1919855.jpg


それで、「朝露」というキーワードで括ると、こっちのマツムシソウも負けず劣らず、
絶妙な美しさでした!
これも是非紹介したかった画です♪
ヤマラッキョウ。朝露の宝石を纏って一層キレイだった♪_a0031821_19265633.jpg

ヤマラッキョウ。朝露の宝石を纏って一層キレイだった♪_a0031821_19271463.jpg

自然が造り出す美しさには、人工のどんな宝石も敵わないんじゃあないかな?♪

メモ:「ヤマラッキョウ」 ユリ科ネギ属・・・。多年草。タマムラサキという別名あり。
 本州は福島以南~沖縄にもある。
 地下に細長い鱗茎を持つがラッキョウより貧弱で、食用には適さず。
 20~50cm程の細長い葉が数枚、地際から生える。
 花茎頂に球状の散形花序を出し、花を沢山つける。花びらはこれ以上開かない。
 雄蘂は花被片より長く突出する。

>2006.9.10 赤城・地蔵岳にて

by sdknz610 | 2006-09-14 19:42 | 赤城山 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/4279550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by asitano_kaze at 2006-09-14 20:40
ヤマラッキョウ、薄紫の綺麗な花ですね。
おっしゃるように水玉がくっついていると
また別の風情があって素晴らしいです。
う~ん、マツムシソウも負けず劣らず
見事な花です。参りました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2006-09-14 21:14
嬉しいです!!
午前の激しい降りの中、再び大泉まで行ってきましたので、ちとクタクタの帰宅。
でも今日はヤマラッキョウ・・!と元気をだして
二色、見つけましたね。
さすが観察力が・・・
時期がずれるともう少し高くなると思いますが・・・・

マツムシソウもきれいですね。
早起きは○○の得!!でしたね。
Commented by mkiecyan1 at 2006-09-14 21:40
今日は、このふたつの花を見て、あまりにも愛らしく、きれいで『キャ~』
と叫んでしまいました。ヤマラッキョウもマツムシソウも宝石よりも
きれいですね。
ヤマラッキョウは、ピアスにしたらかわいい、マツムシソウは指輪にしたら
よさそうです。こんなにかわいい花もあるんですね。『感動!』
Commented by brue-nile at 2006-09-14 23:05
こんばんは…とっても可愛いですね…!
上でmkiecyan1さんが、おっしゃっていますが、
わたしは「マツムシソウ」の方にそっくりな、
スワロフスキー・ビーズで出来た指輪を持ってます。
普段は指輪はしないのですが、
これはカジュアルなので、たまにしていますよ。

ところで、「ヤマラッキョウ」は
あっちにポツン、こっちにポツンでしたが、
同じ様でしたか…!

更に可憐な「イトラッキョウ」もあるんですよ。
Commented by sdknz610 at 2006-09-15 06:28
shibata1さん、大泉まで来られていたんですか!お疲れ様です!
ヤマラッキョウを見て頂いて少しばかりお疲れ取りのお手伝いに
なったならこれはウレシイです♪
微妙に色が違っていましたが、この二株だけしか見えなかった・・・。
山は冷えがきついからこんなに朝露が結ぶのでしょう。
靴、ズボンの膝から下は結構濡れますね
靴はゴアテックスだから大丈夫ですが、ズボンはスパッツでも履いた
方がいいような感じがしてます。それか、撥水性のものにしちゃうか・・・
山の専門家のshibata1さんのアドバイスいただけるとありがたいです・・・。
Commented by sdknz610 at 2006-09-15 06:36
mkiecyan1さん、ありがとうございます。
「南」の朝は露は降りるんでしょうか?
今回は露がキラリと余りにキレイで、花に近づくのに周りの草も
露で濡れていて、靴やズボンがビショビショになってしまいましたよ。
一つ一つの露が微妙に離れていて独立して玉になっているから
見映えがするんでしょうね。更に玉が大きくなるとくっついて零れて
しまうでしょうから、グッドタイミングだったようです。
Commented by sdknz610 at 2006-09-15 07:12
ナイルさん、おはようございます。今朝も外気温19℃と涼しいです。
足が冷えるので温風ヒータのスイッチONしてしまいました。
エアコンでは足元がなかなか暖まらないんですよ。

スワロフスキーのビーズ指輪!ですか~~♪
これはいいヒントを頂きましたね♪

ヤマラッキョウは群れていなかったです。ポツンと・・・。
イトラッキョウというのは初めて聞きました。調べておかないと・・・♪
Commented by kimiko_shibata1 at 2006-09-15 07:35
おはようございます。

僭越ながら・・・・
ロングの(ひざ下までの)スパッツがいいと思います。
私は、ほぼ常時つけて登山しています。
朝露、ドロ、石の進入、を防ぎまして・・・またズボンが汚れないので洗濯が楽。
私には防寒対策にもなります。
靴も半分はカバーできます。
ゴアのズボンはいいのかもしれませんが、汚れがついたら完全にきれいにはならないこと。
女性(実は私も女性・・・笑)は下山後のファッションや途中で男性のように着替えが簡単にはいきませんので・・・

笹がより高い場合には、その上に雨具のズボンをはきます。
雨具のズボンを脱がない可能性が高いときは、一番上にスパッツ。
スパッツもお高いですが、汚くなれば買い替えが簡単なので。

今年は天候の関係でしょうか、
ヤマラッキョウは、背が高く、花もよりたくさんになって完全なボールのようになります。
Commented by sdknz610 at 2006-09-15 08:11
shibata1さん、詳しいアドバイスをどうもありがとうございます!
やはりスパッツが合理的なようですね。
色々考えたり、トレッキング中の人の装備をそれとなく観察は
していましたが、良くわからなくて・・・♪
これでスッキリしました。長めのものを探しに行かなくっちゃ♪

ボール状のヤマラッキョウも見たいナ~~♪
Commented by sdknz610 at 2006-09-15 08:15
ナイルさん、イトラッキョウは長崎の平戸にしか無いという
希少種なんですね~~。ビックリしました。
マア、多分自生しているのは見る機会は無いでしょうが、
教えていただいてありがとうございました♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 湖畔はすでに秋の気配が・・・      ツリフネソウって初めて見ました... >>