人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 27日

アサギマダラは流石に貫禄十分。蝶のセレブかって・・?

アサギマダラに接近出来ました!

この蝶、マーキングとやらが話題になっていたようですが、こんなにキレイなのに
サインペンで、なんたらかんたら記号なんぞ書いてあったら興醒め以外の何物でも
ない!って思いました・・・。マーキングしてない君に会えて良かったヨ♪
捕るのは止めて!撮るだけにしようよ!と、マア思った次第。
色んな意見はあるでしょうけど・・・。
アサギマダラは流石に貫禄十分。蝶のセレブかって・・?_a0031821_22525844.jpg

翅の条が非常にしっかりとしていて、剛性が他の蝶に比べ高いように見えます。
この翼があればこそ遠く海を越えて渡ることが出来るのかな?♪
それにしてももう9月も半ばを過ぎているのに、これから更に南へ下り、
遥か琉球列島までも行くのか?・・・と思うと、ロマンですね~~♪
ガンバって欲しいものです。
(そう言う渡りの実態を解明するのにマーキングが必要なんだ、と言われそう・・・♪)

ステンドグラス!
翅を閉じている状態がほとんどで、なかなか開いてくれない♪やっとここまで・・・。
アサギマダラは流石に貫禄十分。蝶のセレブかって・・?_a0031821_22584156.jpg


クジャクチョウとツーショット!デュエット!
何気ないシーンに見えるかもしれません。
が、これも昨日の三重奏と同じく、超レアケースなのでは、と思います♪
アサギマダラは流石に貫禄十分。蝶のセレブかって・・?_a0031821_22592727.jpg


>2006.9.24 赤城・大沼

by sdknz610 | 2006-09-27 23:19 | 私の蝶・蛾図鑑 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/4378550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by brue-nile at 2006-09-28 00:37
こんばんは、「アサギマダラ」さん、素晴らしいですね~!
一番目は、傑作中の傑作ですね…!
このとまりかたを見て、「リュウキュウアサギマダラ」さんを
瞬時に思い出しました。

沖縄行かれるべきですよ…お返事にも書きましたが、
11月は1番良かったですよ。

先程、美女トリオの時触れなかったのですが、
「クジャクチョウ」さんにもコメントしました。

「ハナアブ」さんが見とれてるって、書いたのですよ…!
Commented by sdknz610 at 2006-09-28 05:32
ワーっ、ナイルさんどうもありがとうございます!
1枚目にこの写真を持って来ましたが、これは朝の
まだ高度が低い時の太陽光線で丁度筋を浮き上がらせるように
なったところでしたから、筋の発達の様子が撮れたと思います。
この翼の構造は大いに気になりました。
長距離移動の要がこの翼にあるのでしょう。
渡りをするようになって、翼が変化して来た、という方が
「ダーウィンが来た」的で正しいのかもしれません?♪

リュウキュウアサギマダラ! ドキっとしますね♪ 
オオゴマダラも・・・♪
イイチャンスでもあれば・・・、イヤ、チャンスは造り出さないと・・なんて。

ハナアブ君のこと、ハイっどうもありがとうございます。
仲良く蜜を吸っていました♪
Commented by kimiko_shibata1 at 2006-09-28 07:06
おはようございます。
コンサート、楽しまれましたか?
私達の世代ですね~。先日のつま恋コンサートも。
行ったことはありませんが・・・

こちらも素敵ですね。
同じは花で吸蜜ですもの!
私はアサギマダラはいつもバレリーナ!と感じます。
ふっくらした白黒の胸部、羽の具合からでしょうか・・・?
セレブですね。
やはり研究とはいえ、マーキングは美しさを冒涜していると思っています。
現在ではそれほど学術的でなく、市民グループが地元の蝶にマークしていることにはなお疑問符?
でも一度見てみたい・・・と思っています。

長いことお仕事お疲れ様です。
Commented by chochoensis at 2006-09-28 08:10 x
アサギマダラ、綺麗に撮影されましたね!おめでとうございます。ところで、「アサギマダラの渡り」の研究は、それなりに意義のあることですので、ご理解いただきたいと思っています。私が、参加しているわけでは無いのですが、「渡り」のルートを調べることは、生態観察だけではなく、季節風や気温変化、偏西風や熱帯からの季節風などの変化とアサギマダラの飛翔メカニズムを解明することにも役立っているのです。是非、民間の人たちの善意も汲んであげてください・・・。
Commented by asitano_kaze at 2006-09-28 21:28
アサギマダラ・・・こうして間近に見るとほんとにきれいなチョウですね。
こんなに近くからよく撮れましたね。
クジャクチョウとツーショット、これまたすごい!
涎がでそうです。
Commented by sdknz610 at 2006-09-28 22:11
chochoensisさん、どうもありがとうございます。
渡りの研究もマーキング活動で解明されつつあるというのは、
確かにそうなんでしょうね。研究者だけではなかなか進まないのかも
しれませんね。
でも、写真撮りということではやはり何も人工のマーキングは無い方が
いいですね。
マーキングされたアサギマダラを写真で撮れて、はっきりマークが
確認できれば報告することになるでしょうが、捕獲して、というのは
私には出来ないでしょうし、それはやりたくないですね・・・。
Commented by sdknz610 at 2006-09-28 22:17
asitano_kazeさん、ガードレールから身をのり出して、やっと
ここまで近づけました。こちらがユックリ動けば割と逃げないもの
なんだな~、と少し蝶に接近するコツみたいなものがわかり掛けて
来たように感じてます。
前日の写真の三重奏と同じアザミで粘っていたら、
こんなチャンスが訪れました♪
Commented by sdknz610 at 2006-09-28 22:29
shibata1さん、こんばんは。
退職祝いの飲み会を友達が開いてくれて、先ほど解放されました♪
明日は間違わないように気をつけないと・・・。

さだのまっさん、円熟ですよ!まさにプロ!2年前とは若干体重が
増えているように見受けました♪エネルギーは衰えを見せずです♪

アサギマダラ、近くでしげしげと見ることが出来ました。
キレイだった!
相変わらずこうしてぶら下がってというシーンが多いですね♪
何度見ても見飽きないだろうと思います。
自然のままのアサギマダラを只見るだけ、只写真に撮るだけ、
で私には十分です・・・。
Commented by brue-nile at 2006-09-29 00:14
sdknzさん、
永い間のお勤め大変ご苦労さまでした。
きっと感無量の事だと思います。

でもご趣味が高尚な方ですから、
今後は更に芸術性溢れる
素晴らしいお作品を生み出す、
フォトグラファーとして
活躍されるの事が解っています。

益々凄い写真をゲットして、
わたし達ファンを、魅了し続けて下さいね!

毎日楽しみに待って居ますよ~!

Commented by sdknz610 at 2006-09-29 06:55
ナイルさん、未だ実感は無いのですが、ウレシイお言葉を頂きまして、
感無量という感情が益して来ます。どうもありがとうございます。
写真は中学の時にオリンパス・ワイドというのを買ってもらい、以来
ずーっとカメラという機械への興味と、写真という世界を忘れずに
やって来て、ここ3年程デジタルに切り替えてから、猛烈に面白く
なりましたね。これは今までとは全く違って、私の写真の撮り方への影響も大きく、まだまだこの先が見えないように思います。
ありのままに、ありのままの自然を見つめて行くしか能はないので、
足腰が普通であるなら、対象に接近して・・・と思うだけです。

ナイルさんには、何時も触発され、見知らぬ世界を教えていただき、
その他多くのみなさんからも学ぶことばかりですが、それを栄養に
これからも続けて行きたいと考えています。
なにしろ毎日が我が物、毎日が日曜日。マイペースでというのは
初めての経験になります。どうなりますでしょうか?
ナイルさん、どうかこれからもよろしくご指導をお願いいたします!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ツクツクボウシ、やっと撮らせて...      クジャクチョウ・キタテハ・アサ... >>