『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 18日

イワユリ。佐渡ではこの花が一方の主役♪

イワユリ。どうしてこういう岩にへばり付いて咲くのか不思議である。
上には平らな土があるというのに、わざわざ・・・。
正にイワユリという名はピッタリなんだけど・・・。
a0031821_20153221.jpg


岩のちょっとした隙間さえあれば、こうして根を下ろし、潮を被ってもへこたれず
しっかりと毎年こうしてキレイな花を咲かせる・・・。
a0031821_20163163.jpg


他の植物が育つには過酷な条件な程このイワユリにとっては具合がいいのだろうか。
済々とここを独占している姿はむしろ潔いものを感じられ、好きな花だ。
a0031821_2019714.jpg


a0031821_20262547.jpg


殆ど土らしいものが無い岩の隙間にしっかりと・・・。
しかし花は実に立派なものだ。強い花!
a0031821_20271617.jpg


ここは沢崎灯台の直ぐ下。イワユリの小さな群生があった。みんな背は低い・・・
a0031821_20292783.jpg

a0031821_20323083.jpg


イワユリ。所謂スカシユリである。
a0031821_20354369.jpg


海べりの崖に黄色のイワユリが。これは、自然交配なのだろうか・・・。
佐渡では海岸の岩場には沢山のイワユリが咲いているのだが、
この黄色!これは非常に珍しい。
公園などでは色とりどりのイワユリと言うか園芸種のスカシユリが植栽されているのだが、
こうして全くの自然の中で自生している色違いはここでしか見なかったのである。
a0031821_203875.jpg


色々調べてみると、イワユリとしてはっきり分類されていないようで、
スカシユリということで一括りにされている情報が多い。

しかし現地で実物を見る限り、これはまさにイワユリ!と言うべきものを感じる。

☆今年の佐渡・トビシマカンゾウ撮影行は、まだまだ未発表の写真が多数ありますが、
何時までも続けることが出来ないので、この辺で終了とします。
長らくご覧頂きましてありがとうございました。
又来年、必ず佐渡へは行きます!

以後、通常の更新ペースに戻ります。

by sdknz610 | 2007-06-18 20:46 | トビシマカンゾウ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/5754848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by asitano_kaze at 2007-06-18 21:16
岩の割れ目に根付いていますね。
ものすごい生命力です。
確かに丈は低いようですが、その代わり花は大きいですね。
黄のイワユリ、ほんとうにすばらしい色です。
Commented by sdknz610 at 2007-06-18 21:29
>asitano_kazeさん、イワユリは見る度にパワーをもらう感じがします。
普通の雑草とは何だかえらく違う印象です。
殆ど栄養分が無いようなところで、良くぞ!こんな立派な花!なんでしょうね。
トビシマカンゾウとは趣が違いますが、私にとって花を見る、
ということの意味を教えてくれる、感じさせてくれる花です・・・。
うれしいコメントをありがとうございました!
Commented by tanuki_oyaji at 2007-06-18 21:53
岩にしがみついて咲く姿は何となく執念のようなものを感じます。
こんなにキレイなユリの姿も素晴しいです。
いゃ~~~ ホントに佐渡っていいところですね。
Commented by sdknz610 at 2007-06-18 22:10
>tanuki_oyajiさん、ホントしがみつく!という感じで・・・♪
スカシユリの園芸種って物凄い数が園芸店で見られますが、
現地でしがみつくイワユリは感動ものです♪
本物の迫力!とは、ちと大袈裟ですが・・・♪
佐渡も奥が深くて、まだほんの一部しか分かっていませんが、
ボチボチとノンビリと旅を続けて行きます・・・。
Commented by goldpony767 at 2007-06-19 05:50
岩百合ははじめて見ました。
岩場にへばりついて咲いているのですね。強いといえば 其のとおりですが ほかに咲くところがなかったのか?とてもいとしい気持ちになります。
それに色の変化までしているとは!!
たくましいですね。閑蔵さんが熱中されるのがうなずけます。
いい物を見せていただき有難う。
イワユリもとても喜んでいるでしょう。
Commented by sdknz610 at 2007-06-19 07:52
>goldpony767さん、おはようございます。
スカシユリは園芸店で一杯売られていますが、海岸の潮被りする厳しい
場所を選んで咲いている原種のようなイワユリは背は低いですが、花は
立派なもので、感動ものですね。
トビシマカンゾウと時期が同じなので毎年会うのが楽しみです。


<< 幻想のクリンソウ・・・コレだ~!      佐渡・大野亀の様々な表情 >>