人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 31日

尾瀬国立公園誕生!・・・尾瀬ヶ原紀行(1) トリカブトに魅せられて

祝!尾瀬国立公園誕生
昨日8月30日に尾瀬が日光国立公園から独立して尾瀬国立公園となった。
前祝いということでもなかったが、天気の具合を見て26日に尾瀬ヶ原へ行って来た。
7月24日に沼山峠から大江湿原へ行ったが、尾瀬ヶ原は今年初めてである。

去年は10月3日に紅葉の尾瀬ヶ原を見ようと同じく鳩待峠から入ったが、
山の鼻への下りで膝を痛めて小雨の中を牛首間近まで行ったものの
途中で引き返し、あとは鳩待峠までの登りがキツかったっけ・・・(^^;
以来深く反省し、毎晩スクワットを続けて来たが、今回はどうだろうか・・・。

am1:15に家を出て、am3:30戸倉駐車場着。伊勢崎IC、沼田IC経由で118km。
am4:30始発の乗り合いタクシーで鳩待峠へ。
途中津奈木のゲートが開く5時まで15分も待機となってしまった。(去年と同じだった・・・)
am5:00 鳩待峠着。この朝一番乗りだった。
am5:30過ぎに山の鼻へ向けて下り開始。気温は15℃。Tシャツでは寒くて、長袖を着る。
      ガスっているが、上空は晴れている!それに全くの無風だ。
      標高1600mの鳩待峠から1400mの山の鼻まで3.3km/200mの下りだ。
尾瀬国立公園誕生!・・・尾瀬ヶ原紀行(1) トリカブトに魅せられて_a0031821_4102290.jpg

↑木道は去年より整備が進んでいた。表面にTEPCOマークとH19という焼印が押してある木が多い。
前後に人影はまばら。追い抜きもしないし追い抜かれもしない。
一歩一歩木道を下る靴音だけが静かな森に響く。そう言えば鳥の声も聞こえない・・・。
足の方はなんということも無くて、快調だ。 今回は大丈夫そうだ♪

このルートでの楽しみは、トリカブトに会えるかな?というのだが、案の定見事なトリカブトに
会えた!
山の鼻が間近になり、川上川に掛かる橋を渡った直ぐ先にトリカブトの群落があるが、
今年も盛大に咲いていたのである。
尾瀬国立公園誕生!・・・尾瀬ヶ原紀行(1) トリカブトに魅せられて_a0031821_4184427.jpg

尾瀬国立公園誕生!・・・尾瀬ヶ原紀行(1) トリカブトに魅せられて_a0031821_4291868.jpg

尾瀬国立公園誕生!・・・尾瀬ヶ原紀行(1) トリカブトに魅せられて_a0031821_434555.jpg

朝露でビッショリと濡れているのが、トリカブトのこの姿を一層引き立てている。
孤独な侍大将・・・。孤高の剣客・・・。
尾瀬国立公園誕生!・・・尾瀬ヶ原紀行(1) トリカブトに魅せられて_a0031821_4351862.jpg

花そのものをマクロで、と思うが実はなかなか側に寄れないし、丁度形のいい花も
稀である。
これは山の鼻着後、植物研究見本園へ廻ったところでゲットしたトリカブト。
奥の雄蘂、雌蕊がやっと撮れた。
尾瀬国立公園誕生!・・・尾瀬ヶ原紀行(1) トリカブトに魅せられて_a0031821_4415638.jpg

単独ではこんな感じに直立して上に向かって多数の花を着ける。
尾瀬国立公園誕生!・・・尾瀬ヶ原紀行(1) トリカブトに魅せられて_a0031821_4472550.jpg

☆さて、トリカブトだが、キンポウゲ科トリカブト属の多年草。
  単にトリカブト、という花は無い。普通にはヤマトリカブトを指す。
  日本には30種もあるそうだが、中国原産。
  観賞用の園芸種もあるそうな。

  花色が青から赤っぽい紫まで、今回も色んなトリカブトがあって、何種類かある筈だが、
  識別が出来ない(^^;

  トリカブト、言わずと知れた猛毒で有名。アコニチンと言うアルカロイド系の毒素が
  根っこ、茎、葉っぱまで兎に角全部に含まれていて、更に花粉や蜜にまで含まれているので
  蜂がこの花の蜜を持って来ないように養蜂家はこの時期こういう地域に近寄らないとか。
  なにしろ、この毒に解毒剤が無いと言うから驚きだ・・・。

  この後、尾瀬ヶ原シリーズを暫く続けます。

  尾瀬国立公園誕生!・・・尾瀬ヶ原紀行(1) トリカブトに魅せられて_a0031821_153618.gif

by sdknz610 | 2007-08-31 05:08 | 尾瀬 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/6088654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by goldpony767 at 2007-08-31 11:32
トリカブトは毒 という関係になりますが
花は綺麗ですね。ブルーの濃さがいいです。
Commented by sdknz610 at 2007-08-31 12:25
>goldpony767さん、1mgで致死量とか、恐ろしいようです。
別名を附子(ぶし)とも。これは毒島(ぶすじま)などの元の言葉みたいです。
毒!ですね♪
これフグ毒に次いで強力らしいですが、花を触った位では問題なし!
毒のある花はキレイ!なんでしょうか・・・♪
Commented by hama-nasu at 2007-08-31 15:59
ハードスケジュールですね~
行動力を見習わなきゃ・・・
尾瀬国立公園 行ってみたいですね
紅葉のころも素晴らしいでしょうね

トリカブト きれいな色の花ですね
なぜゆえに毒を持ったのでしょうね
動物に食べられないため?
ハチは大丈夫なのですね
Commented by sdknz610 at 2007-08-31 17:23
>hama-nasuさん、こんにちは。
車なので、元に戻らなくちゃあいけなくて、あんまり遠回りも出来ずで
今回は15km位歩いたでしょうか。日帰りです。
10月に入れば紅葉が良くなりますよ♪ 又行かなくっちゃですが・・・。

トリカブトが真っ赤な赤だったりしたら、結構迫力あるでしょうね♪
このキレイな青で良かった~・・・♪
地球最古の生き物の植物ですから、進化の過程で何でもありなんでしょうが、
それにしても何でそんなに強い毒を持つようになったのか、不思議♪
この毒でアイヌは熊を狩ったといいますから、動物は食べないんでしょうね。
ミツバチはこの花の花粉や蜜を運ぶようですが、大丈夫みたいですね。
人間はそれが入っていたら食べられないんですけど・・・。
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-08-31 19:37
尾瀬国立公園の日!ですね。
あの木、あのトリカブト・・・!!
トリカブトの花の中、覗いたことなくて・・・・
大アップ作戦が貴重です。
行きたいなぁ~!

毒島さん、群馬で出会った珍しいお名前です。
お盆を過ぎると尾瀬の入山者がぐんと減り、静かな尾瀬が楽しめます。
好きな季節です。

続きが楽しみです。
最後の登りは楽勝でしょう!

Commented by sdknz610 at 2007-08-31 20:07
>shibata1さん、お陰さまで尾瀬1周年となりました!
shibata1さんの薦めがあって、尾瀬に行っておいてよかったな~・・♪
感謝感謝!
あのトリカブト!・・・ですよね~♪
今回、良~く見てみましたが、見れば見るほど不思議な魅力が・・・。
赤城 地蔵岳でももう咲いているでしょうね。行かなくっちゃと思っています。
毒島って群馬に多いそうですね。
次回10月かな、と思っています。紅葉を明るい日差しの中で見てみたいです。去年は小雨でした・・・。
帰りの登り、キツイですよ♪ でも去年みたいなこともなく、無事に・・・♪
スクワット教えてもらったのが効いてますよ!
15km弱歩いた感じですが、ウン、これなら来年はもうちょっと距離を伸ばそうか?などと・・・。
色んな出会いがあったので順次アップして行きます。どうぞよろしく。
Commented by asitano_kaze at 2007-08-31 20:23
sdknz610さん、何と毎晩スクワットをされてきたとは。
やはり一般人とは鍛え方が違いますね。
何せ行動開始が午前1時過ぎですから。
おおっ、見事なトリカブト。
こんなにもあざやかな紫なんですね。
まさにおっしゃる通り、孤高の刺客。
解毒剤もないのですか。
もう後戻りはできないというやつですね。
Commented by sdknz610 at 2007-08-31 20:43
>asitano_kazeさん、ハイ!去年3.3km/200mの下りで情けない
結果になって悔しくて・・・♪ 改善を図りました。
今回は何とも無かったんですが、やっとこれで普通なんですね♪

基本的にこういう早起きは全然問題無いですよ♪
普段起きるのは3時半とか4時位ですが・・・。

毒!ということがあるんでしょうが、何だかこの花には惹かれるんです♪
この佇まいは只者じゃあないし!
会うとドキドキします♪
Commented by ケン at 2007-08-31 21:34 x
トリカブト=猛毒・・・
としか知りませんでしが、こんなにも美しい花とは驚きましたね(汗)
今後の写真も期待してます♪
Commented by shibata at 2007-08-31 22:14 x
快調のご様子。
お勧めのコースをご紹介します。
鳩待峠からアヤメ平へ、そして富士見小屋から戸倉スキー場に下ります。
横田代、アヤメ平からの雄大な風景がお勧めです。
できればアヤメ平で夕日をみて富士見小屋泊がベストですが・・・
富士見小屋からは、林道歩きで楽ですよ。
少々、行程が長いですが、早起きが得意ですから
日の短い秋でも大丈夫でしょう。
車の回収も問題なし・・・

花や昆虫のテーマから離れてしまうかもしれませんが・・・
Commented by brue-nile at 2007-08-31 23:36
え”~、、また尾瀬に行かれたんですか…!?
凄い行動力…ビックリしました…。

トリカブトは毒草ですが、
塊根は鎮静剤や鎮痛剤の原料になっています。
この塊根は1年おきに母根から子根に入れ替わっています。
母根を「烏頭=うず」、子根を「附子=ぶす」と言います。

我が家にも春に「姫烏頭」と言う、極小のお仲間が咲きます。

夏の山野には、
お仲間の「伶人草=レイジンソウ」が咲きます。
伶人って、雅楽の奏者の事です。
Commented by tanuki_oyaji at 2007-09-01 07:17
おはようございます~~♪
いよいよ尾瀬国立公園がスタ-トしましたね。
尾瀬にはいったことないので詳しい道案内を読んでいると行きたくなっちゃいます。
トリカブト、見事に咲きましたね。
なにしろすべて毒の塊みたいなのに、この美しさには魅せられます。

Commented by sdknz610 at 2007-09-01 09:03
>ケンさん、おはようございます!トリカブトのこの形に魅せられて・・♪
真っ赤な花でなくて良かったですよ・・・。毒々しい赤じゃあね~・・・♪
もうちょっと尾瀬ヶ原を続けますので・・・。
Commented by sdknz610 at 2007-09-01 09:13
>shibata1さん、足の方は翌日あたりからおかしくなるかな?と覚悟して
いましたが、何にも起きずに・・・アレっ、大丈夫じゃん!と・・・♪

アヤメ平情報、ありがとうございます。
早速調べてみたら、距離的には17km位のようですね。
そんなにキツイところは無さそうだし、私でも大丈夫そう・・・♪
鳩待峠からの帰りの乗り合いタクシーの中でアヤメ平に行って来たという
ご夫婦が、良かったよ~と言っていたので、気になっていたんです。
富士見小屋泊まり!・・・ウーン、良さそう! 夕日もですか~・・・♪
あっちに行く人ってえらい少ないみたいですね。
ねらい目か~・・・♪
と、もう考え初めてます・・・♪
Commented by sdknz610 at 2007-09-01 09:19
>ナイルさん、秋の紅葉の前に、どうかな?と思って・・・♪
ニッコウキスゲは終わっていましたが、イワショウブ、サワギキョウの
オンパレードでした。
リンドウは未だでしたね。

トリカブトの詳しいお話、ありがとうございます!
だんだんトリカブトに詳しくなっちゃいます♪
レイジンソウ、調べてみました! 今回は気がつかなかったです。
見落としているかもしれないです・・・。
来年は気をつけよう!・・・是非、見たくなりました♪
Commented by sdknz610 at 2007-09-01 09:23
>tanuki_oyajiさん、是非!尾瀬国立公園にお出かけ下さい!
10月の頭には紅葉も良くなるよ~、という乗り合いタクシーの運ちゃんの話でした♪

そうなんですね~、毒!というイメージとこのキレイな不思議な形の
ブルーとの格差が大きいので余計魅力的なんでしょうね♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 尾瀬ヶ原紀行(2) イワショウ...      古代蓮の変身ぶりが驚異♪ >>