人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 30日

秋色『妻籠宿』 重要伝統的建造物群保存地区だった・・・

馬籠宿から、車で9km程北へ。ハイキングコースとなっている旧道ではおよそ7kmだそうです。
13時着。この朝5時ちょい過ぎに家を出てからここまで、走行距離は374km・・・。
駐車場は県道筋に完備されていますが、500円で~す。
(アレっ、馬籠では無料だったんだけど・・・?)

さてと、それでは妻籠の街並みを見に行きましょう。
秋色『妻籠宿』 重要伝統的建造物群保存地区だった・・・_a0031821_4424665.jpg

実際は南北に細長い街道筋といった街です。案内図の右の方、橋を渡った、現在地に居ます。
ここから図の左へ、街並みを見ながら端っこまで歩きます。
片道700m程。暑かった~・・・(^_^;)

秋色『妻籠宿』 重要伝統的建造物群保存地区だった・・・_a0031821_4475815.jpg

中山道・・・江戸幕府が通達を出した正式な名前がこれです。
中仙道かと思ってました・・・。仙の字の方が好きだな・・・♪
江戸時代の五街道の一つ。
東海道
中山道
甲州街道
奥州街道
日光街道

中山道も日本橋を起点に、今の滋賀県草津市で東海道に合流し、京都・三条大橋へ。
江戸⇒草津は129里で、この間69の宿場があったそうです。

素朴なと言ったらいいのか、ゆったりとした時間が流れていました。
秋色『妻籠宿』 重要伝統的建造物群保存地区だった・・・_a0031821_4552172.jpg

それがね、あと1時間ほどすると、オバサン達軍団の喧騒の街に変わりましたよ♪

木曾は森の街、木の街・・・
秋色『妻籠宿』 重要伝統的建造物群保存地区だった・・・_a0031821_4583370.jpg


馬籠とは又違った雰囲気があって、妻籠は高山の古い街並みに似ているように感じましたよ。
秋色『妻籠宿』 重要伝統的建造物群保存地区だった・・・_a0031821_50113.jpg


郵便局って昔は無かった?・・・。
秋色『妻籠宿』 重要伝統的建造物群保存地区だった・・・_a0031821_51636.jpg

☆以上、NIKON D200 / SIGMA 28-80mmD 1:3.5-5.6Ⅱ MACRO ASPHERICALです。
いわゆるダブルズームセットの片割れで、超軽量、超格安ですが、そこそこ写ります♪ 
この種のレンズは旅にはいいかな?
但し、逆光には大変弱いので、お日様の方向を良く確認してシャッター押すようにしてます♪
ホントはね、18-125とか、18-200クラスがあれば、もっと便利だろうけど、
先立つものの問題で・・・(^_^;)

★ところで私事ですが、
  今日9月30日は リタイア記念日!  
  マア色々あったけど、早くも1年が経過したってことか~・・・。
  今の所元気ということで・・・♪
  健康第一という四文字が身に沁みる歳になっているな~という実感は確かにあります・・。

これからも、益々好奇心旺盛に色んなものを見たい!と願ってますが、どうなりますやら♪

秋色『妻籠宿』 重要伝統的建造物群保存地区だった・・・_a0031821_153618.gif ブログランキングに参加しています。ワンクリック!どうぞよろしく♪ 

by sdknz610 | 2007-09-30 05:08 | 馬籠・妻籠 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/6241423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tanuki_oyaji at 2007-09-30 08:35
おはようございます~~♪
馬籠・妻籠はずいぶん昔、35年ほど前に名古屋にいたころ遊びに行ったきりです。
今も変わらぬ風景がいいですね。
リタイア1周年ですか。
おめでとうございます。
それにしても取材欲旺盛で行動力には脱帽します。
ご健康でもっともっと素敵な写真を楽しませてくださいね。
ポチ。
Commented by sdknz610 at 2007-09-30 09:31
>tanuki_oyajiさん、おはようございます!
ワ~そうなんですか!
そんなに昔から変わっていない、というところが凄いですね~。
伝統って何だろう?が少し分かったような・・・♪

リタイアして、最近やっとペースが定まって来たような・・・♪
どうもありがとうございます。
好奇心と感動が無くなったら終わりかな~なんて、あれこれキョロキョロしてます♪
それには何しろ足と腰ですね!歩ける内に色々と、と思っています。
デジタルもハードの進化が著しいですが、置いて行かれないように
物を見る目と心の方も強化しないといけないな~などと考えていますが、
こっちの方はなかなかままなりません・・・。
tanuki_oyajiさんのキレイな写真で又色々勉強させていただきます。
どうぞよろしく!
Commented by goldpony767 at 2007-09-30 09:51
退職1年という事ですか、活動的でお若いですね。
旅行記楽しみにしています。
Commented by sdknz610 at 2007-09-30 10:10
>goldpony767さん、こんにちは!
退職して、エブリデイサンデイというものがどんなものか楽しみでしたが、
やっとペースが掴めて来たような感じです。
ジっとしているのが苦手のようで、何か見て見たいと
「鵜の目鷹の目」的生活になって来ているかな~・・・と♪
旅行というのも私的な、個人的なものなので、ブログで上げるのはどうかな?とも
思ったりしましたが、ウ~ン、やっぱりキレイな景色等は見ていただきたくなっちゃいますね♪
性懲りも無くアップしていますので、大目に見てやって下さい♪
Commented by brue-nile at 2007-09-30 13:58
こんにちは、早いものですね~!
リタイアされて、もう1年なんですね…!?
でも充実の毎日を送っていらして、
素晴らしい第2の人生ですね…ヽ(^o^)丿

南木曽の川西古道には、大正ロマンがいっぱいの
西洋建築で、福沢桃介記念館が佇んでいます。

彼が作った桃介橋は国の重文です。
木曽川を見下ろすと、大きな石がゴロゴロ…、

川西古道を更に進むと、柿其(かきぞれ)渓谷が、
整列な水の流れに、心が澄み渡り、
吊橋からの眺めは最高…ヽ(^o^)丿
紅葉も綺麗だそうですが、
わたしが訪れた季節は、緑が深まって行く頃…、
何しろ滝が多くて多くて、本当に自然を満喫しましたよ。

佐渡閑蔵さんも、是非散策に行って下さいね!
わたしのお勧めポイントです。

ところで妻籠のあちこち、
特に郵便局に掛かっている絵画は、
大の仲良しの老画家の
相原猛人(アイハラ タケビト)先生の作品です。

先生は湘南藤沢海岸にお住まいですが、
南木曽は心の故郷とも言える場所なんですよ。

郵便局のおじさんは、昔の格好で郵便配達を…
おじさんの肖像画も、局内に飾ってあります。
Commented by sdknz610 at 2007-09-30 14:21
>ナイルさん、こんにちは!
今日は東京も雨が冷たく降っているんでしょうね。
一人アトリエに篭ってお仕事中だと思いますが、南木曽(今はナギソって
読めます♪)のお奨めポイント、教えて下さって、ありがとうございます!
木曾も色々奥が深いな~・・・♪
柿其渓谷のお話は興味深々ですよ!

高名な先生とお友達とは!その先生の画ですか~・・・。
その方面は全く分かりませんから猫に小判?みたいなものでしょうね♪
でも、私は高名なナイル先生を存じ上げているということですよね!♪

丁度郵便局を撮っていたら、真っ赤なホンダのカブに乗った若い局員の方が
集配から帰って来たようで、郵便局に入って行きました。
そのオジサンは見かけなかったですが、面白い画に成りそうですね!

フラっと通り過ぎて、ちょこっと雰囲気を味わっただけなので何れ泊まって
ユックリ見学したいものです♪

ありがとうございました!

Commented by asitano_kaze at 2007-09-30 14:56
リタイア1周年記念、おめでとうございます。
しかしながらsdknz610さんは精力的にあちこちに出向いておられますね。
その好奇心旺盛なところが活力の原点であり健康のもとですね。
で、いかのsdknz610さんも「オバサン達軍団の喧騒」からは逃げ出したというわけですね。
昔ながらの街道筋の町並み、その雰囲気をよく撮られていますね。
楽しいガイドブックのようでした。
Commented by sdknz610 at 2007-09-30 17:28
>asitano_kazeさん、こんにちは。
完全フリーになって1年経ったということに気づきました♪
どうもありがとうございます。
なんだかアっと言う間というのが実感でしょうか。
みなさんのブログのお陰で、色んなことに目が行くようになったということが
一番大きいですね。
好奇心が生活の糧になっています♪
平日に行動するメリットは計り知れません。それも早朝からというのが鉄則だと思います。
ホントは喧騒から逃げたいので、これ幸いと・・・♪

こういう街並みを、歴史を、学校で教わった記憶が無くて、
この歳になってからというのは余りに遅かりし!でしたね~・・・。
修学旅行でもなんでもいいんですが、小さい時からこういうものを見せる
ということをもっと真剣に考えて欲しいものだと思います。
日本人のアイデンティティーを失う前に・・・。
やっている学校もあるでしょうが・・・、メジャーでは無いように思うので。
Commented by ケン at 2007-09-30 19:27 x
妻籠に寄った時に思いました・・・このまま中仙道を歩いて帰ったら、深谷に何時着くんだろう?って(笑)
私も数年先ですが、身体に気を付け頑張らなくては(汗)
Commented by sdknz610 at 2007-09-30 20:11
>ケンさん、こんばんは!
いや全く・・・♪ 昔の人は健脚とは言え、一日何里歩いたんでしょうね。
宿場を10通過する位は軽いもんだったのかな~・・・。
大体京都から日本橋まで何日掛かったのか? 
まだ調査不十分です・・・♪

まだお若いですよね! 頑張り過ぎない勇気も必要ですよ♪
適度に旅をして・・・ストレスを溜めないのがコツです!
私の拙い経験からですが・・・♪
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-09-30 20:12
リタイア記念日でしたか!
1/20の白鳥記念日は覚えていたのですが・・・・
充実された一年で何よりです。

5枚目の展示は拝見したことがないのですが、特別な公開だったのでしょうか?
本当に時間がゆったりと流れています。
そこがいいですね。

通称「伝建」といいまして、全国に指定されたところがあります。
興味があって、それらを歩いております。
なかなか行けませんが・・・・

Commented by sdknz610 at 2007-09-30 20:40
>shibata1さん、こんばんは!
そうですね、親会社、子会社、パート・・・という感じでズルズルやって
来たんですが、パートも終わりにして完全リタイヤの
エブリデイサンデーになったのが、という意味です。
思い立って、9月一杯で辞めますと宣言して・・・。
辞めるって、そう簡単なものでは無かったです♪

1/20の・・・、良くぞ覚えて下さって・・・、うれしいですね~!

急に暇になって困っちゃうのかな?と心配はありましたが、
何だか忙しくて時間が足りないです・・・。 ブログのせいだ~・・・♪

5枚目のは、民芸品のお店の二階を外から見えるように公開しているようで、
上には登れません。大きな籠やら鎧兜を展示していましたね。
如何にもという雰囲気がありました。

伝建! イヤー専門用語! そういう見所があるとは知りませんでした。
ネットで調べてみます♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 妻籠(Ⅱ)・・・       馬籠宿のクリキントンはどうだっ... >>