人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 18日

シラネアオイ 天神平にて♪

1.
シラネアオイ 天神平にて♪_a0031821_910727.jpg

シラネアオイにやっと会えた。
6月10日、間も無く午後2時という時だった。
そろそろ帰ろうかと高倉山ゲレンデからロープウェイ頂上駅まで降りて来たが、
そうだ・・・天神尾根への登山道はまだ行ったことがないな~・・・、
最後にちょっと行ってみようかと思ったのが幸いした♪
あった! 薄紫の芙蓉みたいな花!・・・シラネアオイだ!

2.
シラネアオイ 天神平にて♪_a0031821_9152695.jpg

3.
シラネアオイ 天神平にて♪_a0031821_9165339.jpg

4.
シラネアオイ 天神平にて♪_a0031821_9181327.jpg

群生という訳では無くて、この一角だけ、数メートル間隔でちらほらと。
余り近づけない。
未だこれからという蕾もあって、時期的にはピタリ!という感じ。

この薄紫色は個体によって微妙に違っている。

シラネアオイ:白根葵
ヤマフヨウとか、ハルフヨウとも呼ばれるらしい。
花びらに見えるのは萼片で、花弁は無いんだそうな・・・。

キンポウゲ科とか、いやシラネアオイ科とか、諸説あるらしい・・・。

基本は、一属一種の、それも日本固有種\(◎o◎)/!だそうで、
そうなんだ~会えてウレシイ・・・。あらためて感激♪

この紋所が目に入らぬか!・・・徳川家の紋章は有名な葵の御紋。
葵と言うから似ているのかと思ったら、大違いだった♪
徳川様のは、フタバアオイというもので、ウマノスズクサ科。
あのスペード型の葉っぱとは、このシラネアオイは大分違うんだね。
シラネアオイはギザギザ♪

5.一の倉沢から白毛門を望む
シラネアオイ 天神平にて♪_a0031821_9305773.jpg

残雪の塊りが異様に大きくて大迫力だった。白い巨神兵が眠っているげな・・・♪

★何時もブログランキングへのご協力ありがとうございます! 
シラネアオイ 天神平にて♪_a0031821_153618.gif
←よろしければこちらクリックをお願いします。

by sdknz610 | 2008-06-18 09:38 | 高山植物 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/7222409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ハナミズキ at 2008-06-18 11:38 x
sdknz610 さんこんにちは。

紫の薄和紙の様なシラネアオイ、
優しい、気品のある花ですね。

5月はじめにドンデン山のアオネバ峠へ出かけた時に、
シラネアオイの群生を見ました。
近くにはオオイワカガミ、、ショウジョウバカマ、一面のニリン草等々
多くの高山植物を見る事が出来、大感激。
sdknz610 さん機会があったら、こちらにいらした時、
足を運んで見てください。(もう行かれているかな?)

それにしても、精力的に活動されてますね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2008-06-18 14:33
シラネアオイもゲット!でしたか!
なんという幸運・・・いえ、努力の賜物ですね。
四枚目・・・まだ間に合いそうですね!
谷川は鹿も登れない?登らない?(笑)ですから保存されているのですね。

次は何が見られるのでしょう!?
Commented by sdknz610 at 2008-06-18 15:02
>ハナミズキさん、こんにちは!
素晴らしい花に出会えました。高貴な印象ですね。ヒラヒラと薄い花びら、
と思っていたら萼だそうで(汗)・・・
この薄紫がなんとも素敵でした。

ドンデンには比較的低山にも拘らず、群生しているとか・・・不思議です。
5月初めなんですね・・・、これは研究してみる価値がありそうだな~♪
胸騒ぎがします♪

3年前ですが、6月のトビシマカンゾウの時にドンデン山荘まで行った事があるんですよ♪
その時は時間も無く、ソフトクリームが美味しかったのが印象的でした♪
最近やっと山野草に目覚めつつあるので、気になりますよ♪
情報、どうもありがとうございます!参考にさせていただきます。
Commented by sdknz610 at 2008-06-18 15:27
>shibata1さん、シラネアオイ、素敵な花ですよね!
ラッキ~です♪
この高貴な佇まいを見ると、山野草の女王!のように思います・・・。
調べてみると、もの凄い古い花のようですね。
7,500万年前に出現していて・・・、多くの枝分かれした種の殆どが絶滅しているようですが、
これは今もしっかり・・・。そんな花に会えるなんて、夢のようです。

未だ蕾もありました。今頃は開いているかな?

なるほど!鹿の食害が無いのは重要なんですね。
日光のクリンソウ、網を張って鹿の食害から守っていましたから・・・。

次、どうしましょう?・・・何をアップしようか迷ってます♪・・・
Commented by nenemu8921 at 2008-06-18 18:33
シラネアオイ,きれいですね。
5月の函館山ではもうおしまいでしたが、やはり標高が高いのですね。谷川岳ですものね。
咲き始めの時に出会えると感激もひとしおですね。
最後の画像、大男のチョコレートケーキのようにも見えます。
Commented by asitano_kaze at 2008-06-18 19:42
シラネアオイ、まさに薄紫のフヨウです。
私は白が大好きですが、紫色にもぞっこんでして。
2枚目、花もいいけど、葉もいいですね。
4枚目を見て、いやつぼみも最高だということがわかりました。
この絵、すばらしいです。
ラスト、残雪らしい残雪です。
こんなに汚れていても、すこし手で掘ればきれいなものです。
この雪に蜂蜜をかけてレモンを絞ったらおいしものです。
Commented by sdknz610 at 2008-06-18 19:50
>nenemu8921さん、シラネアオイ、背が高くないんですよね。
小ぢんまりと、静かでした。
派手さが無くて、高貴な雰囲気で、すっかりお気に入りの花になりました。
又来年会いに来るでしょう♪

ラストの、巨大チョコレートケーキですか!・・・なるほど♪
Commented by sdknz610 at 2008-06-18 20:03
>asitano_kazeさん、シロバナもあるんですか!見てみたい!・・・
大きめの一重の萼がシンプルで、却ってこの花の清楚な印象を深めているのかな?
独特の葉っぱ、面白い形してますよね。
蕾もいい感じだったので・・・、撮っておいて良かったです♪

残雪のシャーベットですか♪ 流石、山男ですね。 
蜂蜜レモンは山では一際美味しそうですね。
チューブ入りのコンデンスミルクでもよさそうですね。
これなら持ち運びが楽なので、次、機会があったらやってみようかと・・・♪
Commented by tanuki_oyaji at 2008-06-18 22:37
やぁ これがシラネアオイですか。
勿論写真だけで咲いているところは見たことがないんです。
すごく神秘的で上品ないい色をしてますね。
Commented by sdknz610 at 2008-06-18 23:13
>tanuki_oyajiさんが撮れば、もっと神秘的にイイ写真になること請け合い!
これはもう是非!
野反湖にも、又その他各地にあるようですね。
来年は少し範囲を広げようか、などと悪巧みを考えてます・・・♪
Commented by hama-nasu at 2008-06-19 07:30
おはようございます♪
シラネアオイ 青っぽい紫なんですね
これが がくだとは知りませんでした~
まだ 残雪があるのですね
それだけ 気温が低いということですね
Commented by sdknz610 at 2008-06-19 09:30
>hama-nasuさん、そうですね、微妙な紫が独特で、好きな花に♪

残雪はこの画の時から10日程経ったので、もう融けちゃったかもしれません。
こういう時期になると雪解け早いようなので・・・。
一の倉沢の下辺り、標高は1000m位でそう高くはないですが、厳しい気候のようです。
大昔は氷河があったという・・・。
紅葉も早めに来るようです。
Commented by goldpony767 at 2008-06-19 11:34
シラネアオイ 名前は聞いてますが、実際に山で咲いているのは実に美しいですね。佐渡さんはよく山のことをご存知でいらっしゃるから
こんなすばらしい写真が取れるのです。
Commented by sdknz610 at 2008-06-19 11:57
>goldpony767さん、シラネアオイ、良くご存知かと思ってました。
こういう山で見るのが一番なんでしょうね。

山のことは全くの素人なんですよ♪
重力に逆らうのは大の苦手なんです(汗)
従って、ロープウェイには興味があって、全国のロープウェイを制覇してみたら
面白いかな?などと夢見てます♪
山は遠くにあって思うもの!と勝手に決めてます♪
楽な方に流れる私・・・。
笑ってやって下さい・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< タムシバ      ヒメシャガと谷川岳 >>