人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 22日

ツクツクボウシ

1.
ツクツクボウシ_a0031821_181049.jpg
ツクツクボウシを今年もやっとこさ撮れた。
最近はセミと言えばこのツクツク・・・の鳴き声が一番多い。
しかし、声はすれども姿がね~・・・なかなか、見つけるのは容易ではない。
木陰の暗い所で、それもなかかな高い所にいるのだ。
これは、あまりにSSが遅いので、仕方なくストロボを軽く焚いて・・・。

2.
ツクツクボウシ_a0031821_18142059.jpg
これだと結構大きなセミのようだけど、実際は頭から尾の先まで30mmあるか無いか位で小さい。
なかなかイイ画が無くて、やっとこれが・・・。

3.
ツクツクボウシ_a0031821_18165061.jpg
マロニエの木陰で頻りに鳴いているんだけど、それでも見つけるまでに随分と時間が掛かかった。
鳴き声が頼りなんだよね。
ストロボ無しではこんな感じで、鳴いてくれないと見つけるのは殆ど不可能だ。

4.
これは桜の幹にいた子。体色が全体に薄いし、この子も見つけるのに一苦労♪
カモフラージュの名人だ。
ツクツクボウシ_a0031821_18223420.jpg


1、2,3は、ニコンD200+トキナの300mmF4で、
4は、FZ30で420mm相当。

8月19日。足利フラワーパークにて。

メモ:あらためてツクツクボウシ・・・
カメムシ目 ヨコバイ亜科 セミ科

ソックリさんに、ヒルハルゼミやヒグラシが居る。
それらより腹弁が大きいのが特徴。

wikipediaによれば、
大体が温暖地域のセミらしいが、最近は盛岡周辺でも大量に発生しているとのこと。
盛岡では逆にアブラゼミが激減しているなど、地球温暖化の影響なのか?・・・

それから、八丈島でセミと言えばこのツクツクボウシだそうで、と言うかこのセミしか居ないということらしい・・・。
ツクツクボウシの楽園ってことだね♪

★何時もブログランキングへのご協力ありがとうございます! 
ツクツクボウシ_a0031821_153618.gif
←よろしければこちらクリックをお願いいたします。

by sdknz610 | 2008-08-22 18:35 | セミ | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/7419295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by asitano_kaze at 2008-08-22 18:51
暑い暑いと思っていたら立秋が過ぎ、ツクツクボウシの鳴き声が。
季節はやはりゆっくりと秋に向かって動き出していますね。
ツクツクボウシは身体がちいさくてその上保護色で暗い所にいるのを撮るのは容易ではないです。
撮ることよりもまず見つけだすことが大変です。
4枚目がもっとも好きな画です。
Commented by sdknz610 at 2008-08-22 19:52
>asitano_kazeさん、こんばんは!
ツクツクボウシの鳴き声だけではなく、何とか撮ってやろうかと、探すんですが、
マアなかなか見つからないですね~・・。
アっ!あそこだ!という時が一番うれしかったりで、単純なんですが♪
4枚目、ありがとうございます! やっと見つけて見上げるように撮りましたが
PCで見ても、何処に?・・・状態でした。
Commented by nenemu8921 at 2008-08-22 20:54
samさん。こんばんわ。
すごいですね。
フォット・ハンターですね。(*^_^*)
きれいに色が出ています。
Commented by ケン at 2008-08-22 22:08 x
こんばんは。
ツクツクボウシ・・・良く撮られましたね。
子供の頃は毎日のようにセミを追いかけてましたが、羽の透きとおったツクツクボウシやヒグラシは憧れのセミでした。
ニイニイゼミやアブラゼミに比べると捕まえるのが難しいですよね~捕まえると自慢しあったのを思い出しました♪
Commented by sdknz610 at 2008-08-22 23:17
>nenemu8921さん、こんばんは!
どうもありがとうございます。ツクツク君、なかなか手強いです・・・♪
鳴いてくれるから居場所がわかるんですけどね。
木陰は暗いので泣かされます。
少しストロボを焚くのは有効みたいです。
Commented by sdknz610 at 2008-08-22 23:24
>ケンさん、こんばんは! ツクツク・・・忍者みたいで、姿を見つけるとやっぱりウレシイですね。
昔の思い出、結構素早いヤツでしたね~。
鳥糯とか、蜘蛛の糸を張った丸い針金の輪っかを竹の棒の先に縛ったので・・・。
ケンさんの話しで懐かしくなりましたよ♪
Commented by brue-nile at 2008-08-23 01:02
こんばんは~♪

東京は気温が下がって、
外は上着が無いと、歩けないほどです。

今日の最高気温は25℃、更に寒くなりそう!?

ツクツクボウシはわたしも撮りました。
つる草に掴まって、ブランコしてました。

昨夕は今年初めて
ヒグラシの鳴き声を聞きました。

アオマツムシはもう鳴き始めています。

暑い厚い今年の夏でしたが、
爽やかな秋はもう直ぐ…!!

今年も早く過ぎて行く様で、
一寸淋しいですよ…!?

一番最初のお写真、素晴らしいですね!
右上の白いぼかしが、まるで後光の様ですね!

Commented by 蛙太郎 at 2008-08-23 03:24 x
ツクツクボウシは昨日見かけましたが、高いところにいますね。
アブラゼミは低いところに一杯いましたが、ツクツクボウシは写せませんでした。透明な翅がいいですね。
Commented by tanuki_oyaji at 2008-08-23 07:07
おはようございます~~♪
ヒグラシもそうですが声を聞けども見つけたことがありません。
木にすっかり溶け込んでいるのをよくぞ見つけましたね。
どれも綺麗な画像が素晴しいです。
ポチ。
Commented by sdknz610 at 2008-08-23 10:16
>ナイルさん、おはようございます! 又日が替わってから・・・こんな時刻にコメント、ありがとうございます!
ほんとはナイルさん、早く寝て欲しいんですが、何時も申し訳無いです。
ツクツクボウシは鳴く声も好きですが、このスッキリ爽やかな姿もいいですよね。
ヒグラシは未だ聞こえて来ないです。アオマツムシ・・・聞いてみたい・・・。
それにしても今朝も涼しくて半袖では寒い!ので長袖のを引っ張り出して・・・♪
イヤ、でもこのままってことは無いでしょう。もう一回ブリ返すと思いますよ。
その時、体調を崩さないようにしましょう!

昨日は、高輪の某国大使館へ友人に頼まれて一緒に行って来たのですが、
帰りに東京都庭園美術館に寄って、ランチを。
東京にも色んな公園があるんですね~♪
船越桂という木彫がメインの芸術家の展示をやっていて、見て来ました。
素人には理解出来ないような異次元のアートでしたよ♪
Commented by sdknz610 at 2008-08-23 10:17
>蛙太郎さん、おはようございます!そちらでもツクツク君、鳴いてますか♪
やっぱり高い所が好きみたいですね。暗いから撮り難い事・・・。
Commented by sdknz610 at 2008-08-23 10:21
>tanuki_oyajiさん、おはようございます!
小ちゃくて、薄い色で、全く見つけるのが大変なセミですね。
声が唯一の頼りです。木の周りをグルグル廻って目を凝らして・・・♪
内蔵ストロボですが、助けられました。
Commented by brue-nile at 2008-08-24 02:40
こんばんは~♪

高輪の大使館って、
品川プリンスの裏側の
アイスランド大使館かしら…?

この前に道は結構利用しますよ。
品川教会隣のラフォーレの前の道を渡って、
せんぽ病院に抜ける道は、
五反田への近道なんです…・。

庭園美術館は頂いたコメントに書きましたが、
お馴染みの場所なんですよ。

船越桂氏のお父様は有名な彫刻家で、
芸大には船越教室があります。

親しい友人に「美術界の生き字引」
と言われた方がいました。

もう亡くなっていますが、
その方と、船越(父上)は仲良しで、
船越先生が脳梗塞で倒れられた後、
不自由になった手で創られた
彫塑(男の首)と、巻紙に書いた手紙を
見せてもらった事があります。

素晴らしい作品で、傑作のひとつでしょうね…
毛筆の手紙も達筆で、
不自由な方の物とは思えませんでしたよ。

桂さんは木彫ですが、
独特の女性像は見る人に
深い感動を与えますよ。
Commented by sdknz610 at 2008-08-24 21:39
>ナイルさん、アっ!やはり船越桂さんてご存知でしたか。
不思議な女性像・・・頭の片隅に残っちゃいました♪
それと、あの美術館になっている建物自体が素晴らしい芸術品だと思いましたね。
今は何であ~いう建物が無いのか・・・、鉄とアルミとコンクリートばっか・・・。
自然教育園は時間が無くなってパスでした。又の機会があればと思いますが。

高輪のスリランカ大使館でした。と、言ってもマンションの一角の小さなところでしたが。
あれじゃあご近所の人でも知らないんじゃあないかな~・・・。
スリランカの男性と結婚したカミさんの友人の女性に頼まれて、
マリッジ・レジストレーション・シートにサインをして来ました。
公園でランチの後、東京入管へも。
日本に永住しようという外国人と結婚するのって、そういう諸々の手続きがえらい大変なようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< テッセンの果穂      ヤマボウシの実が >>