人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 02日

『宮沢賢治と鳥っこ展』・・・盛岡にて

1.
8月30日・・・盛岡へ。『宮沢賢治と鳥っこ展』見て来ました。
(ゴイサギの途中でしたが、差し替えてこっちを先にご紹介します)

これは盛岡の中心街にある「啄木・賢治青春館」です。現在は国指定の重要文化財になっているもので、
明治に立てられた第九十銀行だった建物です。
『宮沢賢治と鳥っこ展』・・・盛岡にて_a0031821_8175520.jpg


2.
『宮沢賢治と鳥っこ展』・・・盛岡にて_a0031821_8191372.jpg

『宮沢賢治と鳥っこ展』は、この二階で開催中です。

3.
『宮沢賢治と鳥っこ展』・・・盛岡にて_a0031821_8201597.jpg
館内1Fの様子です。啄木、賢治関連の資料が展示されています。

4.
今回の展示会のポスターです。9月24日まで開催中です!
8月30日は、午後2時からこの企画展の主、赤田 秀子女史のギャラリートークがあったので、
群馬から一走りお邪魔したという訳です。
『宮沢賢治と鳥っこ展』・・・盛岡にて_a0031821_8212535.jpg
賢治文学に出てくる鳥は70種ほどあるとのことですが、それらの鳥の写真と賢治の独特の文章のコラボレーションをという企画です。

★この企画展の主旨など、詳しくは、

こちらのブログ『イーハトーブ・ガーデン』
をご覧下さい。

5.
今回、ブログ『イーハトーブ・ガーデン』のnenemu8921さんから、賢治の童話『よだかの星』の中に出てくる猛禽をイメージ出来る写真として、私が撮ったオオタカの写真を、との依頼があって、この様な形で賢治の文章と一緒に展示されていました。許可を頂いて記念に撮りました。
『宮沢賢治と鳥っこ展』・・・盛岡にて_a0031821_8532381.jpg
普段プリントする、ということはしていないので、あの写真がどんなことになっているのか?不安もあったんですが、大丈夫!ちゃんと私のイメージ通りのプリントで、うれしかったですよ♪
尚、このブログの右欄カテゴリ「オオタカ」をクリックしてみて下さい。
今回のオオタカの写真も含め、色々出てきますので・・・。

他にも多数の鳥の写真と、剥製が展示されていて、そういうものと賢治の文章を一緒に見ると、
賢治がどのような思いで鳥を見ていたか、鋭い観察力の持ち主だったんだな~と
あらためて感動を覚えます。

この素晴らしい企画展に拙い写真で少しはお役に立てたものかどうか?ですが、
鳥を撮る時に何も意識していなかった自分をあらためて見直す切っ掛けになりそうな思いがしました。

展示会などというものとはまるで無縁だったのですが、いい勉強になりました。
ブログの主、賢治研究家の赤田 秀子女史にもお会い出来、お話させて頂きました。
この場を借りて感謝いたします。
女史のギャラリートークも感動でしたね~・・・\(◎o◎)/!

イーハトーブ、我が家からは片道500km! いささか遠いですが、
お近くの方でお時間がございますれば、この展示会に是非お出掛けになってみたらいかがでしょうか!

明日も、イーハトーブの様子の一端をと思っています・・・。

by sdknz610 | 2008-09-02 09:45 | 岩手 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/7450230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かば at 2008-09-02 18:41 x
素敵な宮沢さんの世界に鳥たちもいいですね~♪
前のペンギンにもビックリしました!
また、遊びにお伺いしますね!
Commented by 蛙太郎 at 2008-09-02 19:06 x
ヨタカが物語に出てくるのは知ってますが、他にもあるのですね。
Commented by sdknz610 at 2008-09-02 19:34
>かばさん、こんばんは! 宮沢賢治と鳥との関係は今回初めて接したのですが、なかなか奥深いようで、勉強になりました。
ペンギンとゴイサギの餌獲りバトル、面白いですよ。上野にいらっしゃったら是非♪
Commented by shibata at 2008-09-02 19:36 x
「眼でみる賢治鳥類学」・・・
素晴らしいイベントがあるのですね。
あのオオタカが登場したとは!
素晴らしいことですもの、700kmでも行っちゃいますね!

賢治ワールドは知らない分野ですが、
漏れ知るところは、興味深いものです。
いい時間でしたね。
Commented by sdknz610 at 2008-09-02 19:38
>蛙太郎さん、こんばんは! 私はこの童話知らなかったです。
賢治は博物学者みたいに自然を良く知っていたようです。
色んな鳥達の事を独特の文章で書いているんですね。
賢治についてはこれから勉強です・・・。
Commented by sdknz610 at 2008-09-02 19:45
>shibata1さん、こんばんは!
賢治のことはまるで知らないのですが、こんな訳であのオオタカがお役に立てたのは想定外の事でした。
片道500km、6時間で・・・。軽でも結構走るでしょ♪
もっと賢治の事を知りたくなってます♪
若い時から勉強しておけば良かった・・・もう、遅いですけどね~・・。
今年の春、小岩井の一本桜を見て以来ですが、イーハトーブ、いい所なのは分かってます♪
Commented by asitano_kaze at 2008-09-02 20:19
「宮沢賢治と鳥っこ展」にsdknz610さんのオオタカの写真が使われたとのこと、それはよかったですね。
青森まで行かれたのですね。
宮沢賢治は大好きな作家です。童話も詩もけっこう読みました。
天性の詩人だと思います。
Commented by komorebi-sabo at 2008-09-02 20:27
遠方までお出かけされてたんですね^^
賢治鳥類学・・・興味深い展示会ですね。この建物がまた素敵です。
オオタカの写真・・・すごいなぁ。ウチの近所にも生息地があるらしいんですが、実際に見たことはないです。
Commented by sdknz610 at 2008-09-02 21:16
>asitano_kazeさん、こんばんは!
オオタカ、こんなことでお役に立てるとは、思ってもいなかったのですが、
鳥と賢治の深い繋がりにビックリです。
賢治の作品は殆ど知らないので、これから勉強です・・・。
今更ながら独特の文章が魅力なのに気付きました♪
Commented by sdknz610 at 2008-09-02 21:21
>konorebi-saboさん、イーハトーブのモリオカは、しかし遠いです♪
博物学者のような賢治の一面がクローズアップされた企画で、面白かったです。
お近くにオオタカがいるんですね・・・。
多分そこに居ついている筈なので、これから秋に向かって木の葉が落ちて来ると見つけ易くなるでしょう。是非!近くで見られるといいですね。
Commented by tanuki_oyaji at 2008-09-02 21:37
こんばんは~~♪
素敵な企画に参加されて素晴しいことですね。
こんな風にご自分の作品を見てもらえるなんて嬉しいじゃありませんか。
おめでとうございます。
宮沢賢治と鳥の繋がりなんて知らなかったです。
素敵な企画ですね。
Commented by sdknz610 at 2008-09-02 21:52
>tanuki_oyajiさん、こんばんは!
どうもありがとうございます。図らずも素晴らしい企画のお手伝いが出来て、勉強になります。
恐れ多くも賢治の鳥ワールドに足を踏み入れた感じがしてます。
宮沢賢治は博物学者だった!・・・で、目からウロコでした。
鳥はこれから益々貴重な自然の証になるでしょうから、撮るにも心しないと、と思わざるを得ません。
Commented by アコ at 2008-09-03 00:11 x
こんばんは。
素敵な企画に参加されていますね。
ブログで写真を紹介されていますが、本物を見たいので、
近いうちに見に行ってきます。
盛岡はどうでしたか?私はこの町が好きです。
Commented by brue-nile at 2008-09-03 02:14
盛岡はとっても懐かしい街ですよ。

昔、盛岡芸大の教授で、
あだ名がクリテンと呼ばれる先生を
友人に会いがてら、訪ねた事があります。

始めて訪れたのは、11月の午後7時過ぎ、
深々と雪が降り続いていましたよ。

出迎えの友人(NHK支局員)が
つれていってくれたのが、
「啄木・賢治青春館」の近くのお店でした。

ここで頂いた岩手川と言うお酒、
とっても美味しかったな~!

その後ホテルに泊まって、
翌日「啄木・賢治青春館」を
取材しいうと思っていたのですが…
ついつい忘れてしまいました(汗)

近代建造物が大好きなナイルとしては、
本当に迂闊でしたよ…(ーー;)

でもご紹介頂いて、
改めてなんて思いましたが、
友人は転勤…
教授も随分以前に亡くなってしまって、
行く切っ掛けが見つかりません…
何だかとても悲しいです(涙)
Commented by sdknz610 at 2008-09-03 09:40
>アコさん、おはようございます!
実際にこういう展示会を見ると、よかった~というのが実感でした。
一走り行って来てよかった~でした♪
アコさん、展示会に是非!よろしく♪

盛岡は、昔仕事で何度か訪れては居るんですが、トンボ返りばっかりだったので街のことは何も分からないんですが、今回車で街中を走ってみて、いい雰囲気なんですよね~。気に入りました!
Commented by sdknz610 at 2008-09-03 09:45
>ナイルさん、おはようございます!
雪の盛岡!いいですね~♪ 流石にナイルさん、青春館、ご存知でしたか!
ナイルさんには是非見て欲しい建物ですよ。外も中もいい感じ♪
建築の事は全く分からないですが、この風情はすっかり気に入りました。
機会を造って、是非訪れて頂きたいです♪
車だと東京から600km! 「はやて」か、花巻まで飛行機で、ってことになるでしょうね♪
Commented by nenemu8921 at 2008-09-04 11:52
samさん。まあ、立派なご紹介をいただき、有難うございます。(*^.^*)エヘッ
照れちゃいますね。
あのオオタカはすごい迫力で、多くの方の注目を集めました。
カタログや絵葉書はないかという問い合わせも多かったようですが、
そうした対応は出来なかったことが残念です。

宮沢賢治というと、難しいというイメージが強いので、今回の企画で身近に感じてもらえたらいいなと思っています。
有難うございました。
今後ともよろしくお願いします。



Commented by sdknz610 at 2008-09-04 13:34
>nenemu8921さん、こんにちは!
展示会、ギャラリートーク素晴らしかったから、これはもうブログでと♪
オオタカ、他に鳥撮りの専門家は大勢いらっしゃるのに、たまたまnenemuさんの目に止まって、
あのような場に出して頂いた事自体、本人が一番ビックリしてます♪

オオタカって実際に見る機会は殆どの方は一生無いかもしれないですから、そういう意味では珍しいのかな?
猛禽類の目の鋭さを見ていただけたでしょうかね・・・。
身近な鳶も、長元坊も猛禽としては十分迫力ありですから、あの画で猛禽に興味を、持ってもらえるとうれしいですね。
宮沢賢治・・・私には遠い存在ですが、あのような企画は実に世の潮流を的確に捉えて、まさにグッドタイミングと思いました。
イーハトーブでというのはピッタリではありますが、これは是非関東でもと思いましたね~・・・。

これから益々のご活躍をお祈りしております!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 小岩井農場近くのペンション      ゴイサギのダイビング?・・・上... >>