人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 12日

コマクサ探勝行(2)・・・草津本白根山は朝霧に包まれ・・・

1.
コマクサ探勝行(2)・・・草津本白根山は朝霧に包まれ・・・_a0031821_106772.jpg
昨日に続いて草津本白根山のコマクサです。
7月11日は願っても無い朝霧が巻く本白根山だった。

朝露のツブツブがお互いにくっつくことなく、大小一つ一つがクッキリと淡い光りに輝く。

2.
コマクサ探勝行(2)・・・草津本白根山は朝霧に包まれ・・・_a0031821_10105640.jpg

3.
コマクサ探勝行(2)・・・草津本白根山は朝霧に包まれ・・・_a0031821_10125830.jpg
薄い朝霧が流れる。
BORGを付けたD300のファインダーを覗いていると、コントラストが薄れた、肉眼では見られない異次元の世界が垣間見えて来る・・・。
至福のひと時だ。

4.
コマクサ探勝行(2)・・・草津本白根山は朝霧に包まれ・・・_a0031821_10174873.jpg
時刻は6時58分。まだ霧が濃い。
高山の女王が目覚め始める。

5.
コマクサ探勝行(2)・・・草津本白根山は朝霧に包まれ・・・_a0031821_10212277.jpg

6.
コマクサ探勝行(2)・・・草津本白根山は朝霧に包まれ・・・_a0031821_10215060.jpg

7.
コマクサ探勝行(2)・・・草津本白根山は朝霧に包まれ・・・_a0031821_10221678.jpg

高山植物の女王コマクサ!だけど、どうもこの形は・・・高山に棲むクリオネって感じ♪

ここ本白根山の群落では、赤系とピンク系が株の数では勢力を二分している感じがする。
どちらもとてつもなく可愛い!

朝霧が晴れるとコマクサの露も一気に消えてしまう・・・。
せいぜい8時前には朝露絡みの画は撮り終えておきたい。

8.
コマクサ探勝行(2)・・・草津本白根山は朝霧に包まれ・・・_a0031821_10225711.jpg
本白根のビューポイントの一つ、火口展望所の遠望。7時46分だった。まだ時折濃い霧が巻いていた。
この後陽射しが出て来て、様相が一変する・・・。

BORGと18-200のズームが入り混じってます・・・。⇒調べ直したら、#8以外はBORGだった♪
今回、105mmのマクロは家で留守番せいと、置いて来たんだけど、重いし・・・
レンズ3本は体力筋力共にキツイので・・・。

でも、BORGの出番はそんなに無いのではと思っていたのが、違っていたわ♪
まさかね~750mm相当のレンズで来てる人には終ぞ会わなかったよ・・・。

すれ違い様、スッゲ~レンズだ~とつぶやいて行く人が何人も居たっけ・・・。

ホントの目的は・・・シロバナコマクサを撮りたい!ということだけだったのが・・・。

☆明日も・・・コマクサです。

by sdknz610 | 2009-07-12 10:33 | コマクサ | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/8616581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fan_tail at 2009-07-12 18:21
すてきですね。
赤系とピンク系と二色あるのですか?
どちらも。。。と言いたいですけど、私ははっきりした赤のほうが好きかも、です。
明日も楽しみに待ってます♪
Commented by sdknz610 at 2009-07-12 18:46
>fan_tailさん、こんばんは!
そうですね、濃い赤と明るいピンクが人気を二分しているようです。
でもどちらかと言えば、fan_tailさんのようにはっきりした赤を期待して来る人が多いかな?といったところでしょうか。
私は・・・難しいですね。淡いピンクも好きだし・・・♪
まあ兎に角・・・とんでもなく可愛いですからね~・・・。
明日は・・・どうしよう・・・ご期待に応えられるようにがんばりま~す♪
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-07-12 19:27
こんばんは
かわいい駒草ですね~
朝露の時間が必須ですよねっ!
このちいさなダイヤモンドがついているのが良いのですから・・・・
駒草の命を支えるのもこの水滴・・・

お天気も不安定ですし、この時間に行くこともできませんので
閑蔵さまの写真も拝見できましたので(たぶん、明日は白花も)週末は近場で・・・と。
Commented by sdknz610 at 2009-07-12 19:44
>shibata1さん、こんばんは!
駒とは、馬!・・・の顔と言うことで付けられた名前のようですが、
馬面という言葉がピンと来ない、可愛さですよね。
コマクサ・・・多分語感がいいのかな?
朝一が如何に貴重なものか・・・今回分かった気がしてます。
戦場ケ原や尾瀬ケ原もそうなんでしょう・・・。
そういう時間帯に行ける計画をしたいと・・・♪
このダイヤモンド!・・・水は何とも貴重なものですね。

九州の南が梅雨明けだそうですが、関東はどうでしょう・・・あと一週間位掛かりそうですか?・・・。

尾瀬ケ原のキスゲの時には明けていて欲しいと・・・勝手な事を願ってます♪
ワ~!・・・シロバナ・・・お見通しですね~♪ 
準備してますが、あれこれ整えるのに時間が掛かっています。
今暫くお時間を頂くかもしれませんですよ。
Commented by tanuki_oyaji at 2009-07-12 22:25
佐渡 閑蔵さん、こんばんは~~♪
いゃ~~ こんなに朝露朝霧をたっぷりと浴びたコマクサが見られるなんて、
幸せな時間を過ごすことができましたね。
なんとも愛らしいです。
Commented by sdknz610 at 2009-07-12 22:47
>tanuki_oyajiさん、こんばんは!
車中泊が効きましたかね~・・・
そうでないと間に合わせるには午前2時過ぎには家を出ないと、となって・・・
それは大変なものですから。
草津・・・遠いです(泣)
ありがとうございます。可愛い姿に会えました。
今回は辛うじて・・・梅雨の合間でしたが、
いい朝霧だったのはラッキ~でした。
こうなると、又来年も、です♪
Commented by goldpony767 at 2009-07-13 04:05
相当な霧ですね。
こういう中でコマクサは生きているんですね。
良い写真です。
Commented by sdknz610 at 2009-07-13 06:26
>goldpony767さん、おはようございます!
一端ガスって来ると、視界が遮られて、みんな霞んでしまいますね。
どんどん流れて行くので途切れる様な時に、撮れる時に、撮っておかないと・・・なんてことですが、
霧が無くなって来ればもう撮り放題に♪
露が無くならない内にってことになります。
ザラザラのガレ場や岩原でしか育たないという、普通の植物が枯れ死するような、
超困難な生き様を選んだコマクサを見るとホロリ・・・です。
上手く表現出来たかどうか・・・、でもお褒め頂いてありがとうございます。
Commented by rairaj6 at 2009-07-13 22:10
え~~ こんなにいっぱい??
すご~~い! 朝露に濡れて・・・見てみたくなりますが、高いお山なのですね。鳥さんは??
Commented by sdknz610 at 2009-07-13 22:21
>rairaj6さん、こんばんは!
そうですね・・・コマクサでは日本有数の大群落のようです。他を見たこと無いんですけど・・・。
霧の朝、こんな朝露がほんの短い間だけ・・・。これは綺麗です!
標高2000m・・・でも150m程登って後は殆ど平なので、私にも行けるんですよ(笑)
サンダルで来る女性も居たり、ワンコ抱いて来るオッチャンとかも・・・。
なんだかね~・・・遊園地じゃないんだけど・・・♪ 2000m!の高山ですから・・・。
鳥・・・声はすれども・・・でしたが、やっと撮れた子が居ます。
でも・・・名前が今一はっきりしませんのでrairaさんに教えてもらおうかな?
よろしくお願いしますね♪
Commented by nenemu8921 at 2009-07-16 00:29
こんばんわ。
すばらしいコマクサ、接写をありがとう。
7枚目の写真がすき!!
こんな見事な女王に会えるのですもの、夜討ち朝駆けも甲斐がありますね(^^♪
Commented by sdknz610 at 2009-07-16 03:44
>nenemu8921さん、おはようございます!
コマクサの咲く環境とこの佇まいの乖離の大きさが何とも郷愁を誘ってくれるようで、惹かれますね。
今回マクロレンズは持って行かなかったのですが、来年はマクロで更にアップを試みようかと♪
超望遠と、極端ですけど・・・♪
#7・・・ありがとうございます!
姿、形のいい女王を探すのは意外に時間が掛かります・・・。
それも楽しみの内ですけど。
又来年ですね。nenemuさんも是非一度訪れてみて下さい!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< コマクサ探勝行(3)・・・厳し...      霧の朝・・・宝石を纏った高原の... >>