『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

2018年 02月 01日 ( 1 )


2018年 02月 01日

トリプルレアな皆既月食を撮る・・・スーパーブルーブラッドムーン‼♪(^_-)-☆

2018.1.31
近頃レアな皆既月食を撮ってやるべ~と、ズッと以前から腕を撫していたが、
前日の段階で天気情報を目を皿の様に調べたら、どうやら雲に遮られて見れないだろうと諦めてしまい
我慢を決め込む積りでいたら・・・なんと夕方になっても雲が大きく張り出す気配無く、
既に昇って来た大きな月が明るく輝いているではないか!(^^;
もしか?もしかするかもと、大型三脚をベランダに運び出しおっとり刀で準備を始めたんサ(笑)
a0031821_09455191.jpg
先ずはこの画から・・・22:35
既に地球の本影に入り皆既が始まっている時刻だけど
半影から回り込む赤い光で暗いんだけど雪洞の様に染まっている。
宇宙を漂う原始天体をイメージして・・・デジタルフィルターで遊んでみました。


ここからは、時刻を追って、変化を記録したものです。
a0031821_09455173.jpg
20:08
まだ月食は始まっておらず、通常の満月。なんだけど一応スーパームーンって事で♪
満月を撮る場合、暗い空の中の強烈な光源という事で露出は要注意、
相当マイナス補正しないとシロトビが防げない事になる。
最低ISO、F22等の小絞り、1/4000等の高速シャッターでも間に合わない事になるかも・・・。
そんな時、高濃度NDフィルターの出番。
今回はND1000!というのを使っている・・・。
月の暗い海とか、輝くティコブラーエとか辛うじて(^^;


a0031821_09455197.jpg
21:11
見た目半欠け位まで食が侵食して来た。
通常の満ち欠けだと影の境界は鋭く切れるが、月食ではかなりぼやけて境界が曖昧なのね。


a0031821_09455100.jpg
21:15
地球照か、或いは回り込む赤い光によるものなのか? 
赤銅色に染まる影の部分を強調してみた。


a0031821_09455171.jpg
21:40
侵食が深まって来た。輝く部分が小さくなって、ダイヤモンドの指輪風に♪
明るい所にか、暗い部分にか・・・どちらに露出を合わせるかで印象が大きく変わる。
出来るだけバリエーションを沢山撮っておくといいでしょう。
なので、スッゲ~忙しいんだワ(^^;


a0031821_09455126.jpg
21:46
未だ本影には入っていない。
イイ感じの赤銅色に染まって来たね。


a0031821_09455140.jpg
22:11
皆既迄あと20分程まで食が進んで来た。
この間、高層の薄い雲が月を翳めて高速で移動して
ズ~ッと靄が取れない状態だったのが唯一残念だったな(泣)
元々満月で月の表面をコントラスト良く撮るのは至難というかムリなんだけど、
靄のベールに阻まれると尚更解像感が失われボヤっとした画になってしまうのよ。

マニュアルフォーカスでのピント合わせも非常に遣り辛く焦ったゼ。
只、暗い月になって、AFを試してみたら,なんとビシッと決まるのでこれもビックリ♪


a0031821_09455248.jpg
22:31
既に皆既が始まっている。天文情報では22:30からだったか・・・。
WBオートで撮っているが、見た目より赤く撮れていた。
この赤銅色はやはり見ものだね。
ブラッドと言うのも分かるけど♪


a0031821_09455284.jpg
22:35
皆既のピークまでで、後はいいかと・・・風呂に入って寝る事にした(^^;

天気予報に反して皆既月食が撮れてしまったなんて・・・
ラッキーって事♪
一先ずホッとしているんサ♪

トリプルレア皆既月食!
スーパームーン+月に二度目の満月+皆既月食で
スーパーブルーブラッドムーンだと♪

この先こんなチャンスが生きてる内に来るのかどうだか・・・
撮れる時に撮らないと・・・でR♪

Pana G7
LUMIX G VARIO 1:4-5.6/100-300mm
600mm相当で
ND1000使用画像あり
三脚載せ






by sdknz610 | 2018-02-01 12:00 | 天体写真蔵 | Trackback | Comments(4)