人気ブログランキング |

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:花火( 51 )


2019年 08月 21日

川せがき花火 2019(3)・・・多彩な花火に感動!♪

a0031821_17075571.jpg
この一斉射にはビックリ!♪
こういうの、長岡大花火でも無かった様な・・・こういう事でも川せがき花火って・・・見逃せぬ訳だ♪
只、何時発射するのか?全く分からないので、何しろ油断出来ず(^^;

a0031821_17153591.jpg
川せがき花火で期待は川面に向かっての斜光花火なんだけど・・・去年は無かったな・・・
それが今年は何とか、相当数発射されて・・・ワ~オ!♪
マアでも難しいもんだわ(泣)

この画像は特には合成などやっておらずの一枚もので、さて露光時間はどの位だと思われましょうや・・・
川面に向かっての斜光花火+中間高度の花火+上空の打ち上げ花火をリフレクションと共に一枚に収めるという・・・
私的には奇跡の一枚モノなのでありますが・・・

a0031821_17264413.jpg
これはちょっと大人しい画に(^^;

a0031821_17271801.jpg
高さを表現したくて、もちろん中高度の花火も、川面近くの花火も
更にこの日は風がちょっと弱く、煙が滞留してる様子も
全部盛ってみようかという画です(笑)

長岡大花火とは数、規模では比較しても意味無いですが、
独特の多彩な花火が後半に続々打ち上って・・・
リフレクションも美しく、楽しめますね。
目が離せない花火大会で、
来年も是非!と思う訳であります。





by sdknz610 | 2019-08-21 18:00 | 花火 | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 20日

川せがき花火 2019(2)

a0031821_15133945.jpg
大輪の華

a0031821_15140708.jpg
大輪の華
魚眼でもはみ出てしまった(;^_^A

a0031821_15151414.jpg
小規模ながら斜光花火が!♪
川風が少し静まってレフレクションが♪

a0031821_15173857.jpg
水中に仕掛けられた花火が撥ねる!♪

全くどういう花火が来るのか?予想もつかず・・・
何とか撮り逃がしたくないから集中しないといけないのは・・・
長岡大花火を撮る方が楽かも♪(^-^;






by sdknz610 | 2019-08-20 19:00 | 花火 | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 19日

川せがき花火 2019・・・千代田町・利根川河川敷

a0031821_15215652.jpg
a0031821_15220868.jpg
a0031821_15222504.jpg
2019.8.18(日)・・・利根川千代田の渡し妻沼側船着き場に
猛暑の中、昼過ぎから出張って
場所取りを(^^;

川せがき花火は目の前の広大な利根川の淀場にリフレクションが映える
貴重な花火なので…毎年出掛ける様になってしまったんだけど
早く行かないと三脚据える場所が無くなってしまうので・・・
午後7時20分から打ち上げが始まるのに・・・ちょい早過ぎだけどね。
マアね、花火撮りの基本は待つ事なりと見つけたり・・・なのサ(笑)
強烈な日射除けで傘は必須(^^; 濡れタオル必須(^^; 勿論飲み水必須(^^; 携帯イス必須(^^;

尤もここは妻沼滑空場の滑走路が直ぐ脇で、
花火を待つ間にはグライダーの着陸進入を目の前で撮れるという稀なポジションなので飽きないんだけどね。

さてさて・・・今年長岡の大花火を見てしまったので、ハードルが上がってしまい・・・
川せがき花火の数、大きさ等は評価外なんだけど・・・

実のところ、ここは川面に映る花火のリフレクションという点に於いて
我が街からそう遠くない所で、誠にレアな花火を楽しめるので欠かせない訳よ♪

取り敢えず1000枚規模で撮った中から私的に印象的な画像をお届けします。
相変わらず、花火は難しいと反省ばかり・・・一体この始末、どうしてくれるのよ(泣)(笑)






by sdknz610 | 2019-08-19 19:00 | 花火 | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 07日

新潟・長岡の大花火2019(5)・・・印象的な画像を集めてみました。これぞスターマインの頂点!♪

a0031821_15221149.jpg
初めての長岡大花火を鑑賞出来て、未だにあの時の興奮を思い出すのですが、
今日で連続5回目の画像紹介となりましたが、
最後にこれは!という印象的な画像をと・・・私にとって備忘録みたいなものですが
以下、順不同ではありますが御笑覧頂ければ幸いです。
一番目、こんな不思議な円形の花火もあるんですね♪

a0031821_15281521.jpg
タイミングでしょうが、消えかかる大花火の中で小さなのが、パパン!と連射で・・・♪
地上の扇が未だ残っているという
ホント、花火って瞬間芸術!なんだよね。

a0031821_15304168.jpg
彼の有名な「フェニックス」なんだけど・・・
2kmに渡ってこの大花火が全開になるという・・・
将に圧倒されて、18mm相当の広角レンズでもほんの一部しか撮れていません(^^;
余りの凄さ、素晴らしさに鳥肌が、そして涙が出てしまった(;^_^A
イス席の隣に、バスでは相席になってしまったキャリアーウーマンがいらっしゃって
お互い、涙目を・・・凄かったですね!と相槌を(^^;
フェニックスの全貌を撮るにはツアー占有席は近過ぎなので、
別途自分で遠くから狙える場所を開拓しないとダメですね(泣)

a0031821_15380238.jpg
a0031821_15382145.jpg
a0031821_15383678.jpg
a0031821_15390201.jpg
a0031821_15391777.jpg
数百発の照明弾風なのが一斉に破裂!なので超明るくなって・・・観客席の様子が分かります♪
立錐の余地なく人人人で埋まって、みんなスマホで動画を撮ってるみたい(^^;

a0031821_15421184.jpg
地上に届くほど枝垂れて来る大花火の残照♪

さてさて、これにて令和元年長岡大花火のレポートを終わりにします。
長々と続けてしまいましたが、懲りずにご訪問頂きました皆様には誠にありがとうございます。
又来年! オリンピックで・・・どうなる事やら?





by sdknz610 | 2019-08-07 17:00 | 花火 | Trackback | Comments(2)
2019年 08月 06日

新潟・長岡の大花火2019(4)・・・超大型ワイドスターマインの濃いヤツ(^^;

a0031821_17265843.jpg
どうも似た様なモノを・・・しつこいか?(;^_^A
でも同じものは無いので・・・♪
超大型ワイドスターマインと謳ってるプログラムを見て
ヨ~シ! 来いヤ!と待ってソレっ!とばかりシャッターを(^^;

a0031821_17302540.jpg
地上の様子を見ていただきたいですが
花火の大きさを想像していただけますかね?
それがすごい高密度に夜空を埋めて・・・

a0031821_17332759.jpg
地上、中層、高層とミルフィーユ状態で花開くものだから・・・
マア見事なモノでありますよ♪

a0031821_17351017.jpg
白光で強烈な明るさのが連射となると
露出オーバのオンパレードになってしまう(^^;
NDフィルター要りますネ。
今回は無しだったので反省・・・。

もう限が無いのですが、明日も・・・
それで長岡大花火は終わりにしますのでm(__)m





by sdknz610 | 2019-08-06 18:00 | 花火 | Trackback | Comments(2)
2019年 08月 05日

新潟・長岡の大花火2019(3)超大型ワイドスターマインの美味しいところ♪ 黒バックに織り成す光の錦絵に感動!

a0031821_09082688.jpg
超大型ワイドスターマインに感動!
黒い夜空に織り成す光の錦絵は将に異次元の世界だ。

a0031821_09104965.jpg
地上の扇に中層の火華と高層の大型光の菊華の重なる様は、圧倒的(^_-)-☆
ビッシリと密度の濃い光の華が夜空に覆い被さる様に頭上に拡散して・・・
魚眼レンズでもはみ出る大きな華が頭上に降って来る!
首が痛くなる角度で見上げると・・・思わずアングリと口が開いていた(;^ω^)

a0031821_09161064.jpg
色彩の乱舞! ドッカン!ドッカン!と体が震える大音響!


a0031821_09200179.jpg
超高速連射される花火が同時多発で襲って来るんサ(^_-)-☆

これ程の超高速連射は想像も出来なかったので・・・
問題はシャッターをどんだけ開けばいいのか?
マアね、色々試したりで忙しかったけれど、

上の4枚は全て4秒露出であります。
比較明合成等の画像合成は一切行っていません。
マニュアルモードで、絞りは22、ISO200という設定で。

ポツポツと上がる田舎の花火とはまるで状況が異なり、
カメラ内で比較明合成をやる必要が無い!という訳で・・・
マア色々経験して次に生かせればいいかと思う次第(^^;





by sdknz610 | 2019-08-05 17:00 | 花火 | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 04日

新潟・長岡の大花火2019(2)

a0031821_09504058.jpg
a0031821_09510724.jpg
a0031821_09512104.jpg
a0031821_09513712.jpg
a0031821_09520588.jpg
いわゆるスターマインの中で、打ち上げポイントが複数で横に大きく広がって
さらに低層、中層、高層の三段構えの火の競演となり、
花火バズーカの超高速連射というドカドカの打ち上げが、
見応えがあって、ここ長岡や秋田の大曲では・・・それが見たいんだよね♪








by sdknz610 | 2019-08-04 12:00 | 花火 | Trackback | Comments(2)
2019年 08月 03日

新潟・長岡の大花火2019(1)

a0031821_15195519.jpg
画面下、遠くに見えるのは長岡市の中心部、新幹線の駅がある方向です。

a0031821_15201987.jpg
a0031821_15203236.jpg
『【復路夜行日帰り】長岡まつり大花火大会2019を最後までたっぷり観賞 <イス席プラン>』 
【館林・バスターミナル太田・伊勢崎 出発】
というとんでもない(;'∀')バスツアーで
2019.8.2太田バスターミナルを昼12:10発で行って来た♪

昨年2018.8.25には秋田・大曲の花火だったけど、
今回思い切って長岡を、ネットで予約と思ったんだけど、
満席で・・・キャンセル待ち掛けていたら・・・運よく当たり(^_-)-☆

台風も行ってしまい、猛暑が襲ってきているものの、雨風も大丈夫げで・・・
カメラ2台体制で臨んだ。

今回の長岡花火は8月2日(金曜日)、3日(土曜日)の連続という事で
2日間で100万人超えかという噂が♪
初日の2日は、クラブツーリズムだけで6500人が、3日は5500人がという
添乗員さんの話があった。
信濃川河川敷には広大なクラブツーリズム専用の椅子席、桝席が確保されていて
今回はイス席だった。これはベタ座りの桝席より楽ちんで、全然イイんサ♪

観覧席は信濃川の左岸でサッカー場、野球場のある南北800m位、幅が500m程の
平らな河川敷で、座った場所は右岸の河川敷の打ち上げ地点までおおよそ500m位の所。
イス席の位置によっては近過ぎ、遠過ぎがあるが、ほぼ中間点でラッキーだった。

バスから降ろされたのは午後5時前、そこから土手を越えて河川敷まで800m程。
さあ、着いたはいいけど、打ち上げが始まるのは午後7時20分からだから・・・
余裕が・・・あり過ぎだ。マアね、これは花火見物ツアーの定めと心得て(;'∀')
イス席前に三脚をセットするスペースもあり、
カメラを乗っけても自分の頭の上に出なければイイという事で。

何しろ長岡の花火は初めてで、実のところ打ち上げ位置が良く分らないんだわ(;^ω^)
偶々隣の方が2回目という事で、大体こんな範囲と言うのを教えてもらったので
そっちに向けて・・・と、言うかほぼ正面なんだワ♪
レンズは・・・巨大花火を想定して18mm相当の広角と15mm相当の魚眼を準備
2台をちゃちな三脚なんだけど、無理して積んだ(;'∀')
どちらもリモコンレリーズで、という事で。

今朝は、帰宅したのが午前4時を廻っていて・・・
シャワー後、仮眠をと思ったら起きたのが10時を廻っていた(;^ω^)

およそ1500枚の画像をPCに取り込んだ後、選別作業を・・・。
やっと何とか目途がついて・・・
今日ご紹介する画は、多数の色彩豊かな小さめの花火がほぼ同時に炸裂して
非常に華やかな、一番撮りたい狙い目のシーンなんだけど
実のところこれまで、こういうのは上手く撮れた験しが無くて
何とか!という思いが詰まったものであります(;'∀')
何だ、こんなものか、でしょうが御笑覧頂ければ幸いです(*^_^*)





by sdknz610 | 2019-08-03 17:00 | 花火 | Trackback | Comments(8)
2018年 08月 28日

大曲の花火2018(2)・・・猛煙の中の・・・

a0031821_18014504.jpg
今回、風向きが・・・丁度こっちに向かって来る気配で
そんな中、超高速バルカン砲的連射の空中花火の屏風が出現する大曲の花火は
スゴイよね♪


a0031821_18063494.jpg
小型の花火の同時多発猛射が好き!♪


a0031821_18080872.jpg

a0031821_18085558.jpg
秒間200発?程の猛射が空を覆う


a0031821_18112565.jpg
ズズン!と発射場所が移動しながらの連射


a0031821_18132978.jpg
昇竜!♪


a0031821_18145572.jpg
花火のグルグル♪
レンズをグルグル回し(^-^;


a0031821_18160671.jpg
いっそ夜空にアートを♪
イメージの大冒険
イメージのブラックホールに捕らえられた(;'∀')

LUMIX GX7 MkⅢ
LUMIX G7の2台で臨んだ

東京から盛岡へ新幹線
盛岡からバスで角館経由で大曲の現場へ
帰りは盛岡で一泊。
と、言っても花火が終わって望岡駅前のホテルに着いたのは午前3時を廻っていたんヨ(泣)
会場から出てバスの駐車場所への移動が脅威の半歩ずつのノロノロ
バスがやっと道に出ても動かず、その先ずっとノロノロで
角館の手前で日付けが変わってしまった
結局盛岡まで渋滞・・・。
スゴイぞ!大曲花火!♪
一生に一度!と思っていたが、今回花火の煙に阻害されたので・・・
又来年? イヤイヤこの大混雑を乗り切れるか? 大丈夫か?・・・
でも又見てみたいと言うのが本音かナ(笑)

東京駅に戻って、ステーションギャラリで開催中の
いわさきちひろ展を見て、帰宅した。
都合二日間で2万歩を超えていた(^^;





by sdknz610 | 2018-08-28 19:00 | 花火 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 27日

大曲の花火を見て来た(;'∀') 第92回全国花火競技会だ。

a0031821_16295342.jpg
2018.8.25
一生に一度でいいから・・・大曲の花火を見ない事には・・・
大曲の花火を見ずして花火を語るなかれ・・・なんて事もあるらしい・・・。

今年のテーマは、
行雲流水 あいよりあおく
だそうで。

マア兎に角何でもいいけど・・・半年も前に予約したツアーだった。
願うは天気ばっかし・・・だよね。
ダブル台風が来たんでヤバイ!冷や冷やものだったけど、今回何とか雨降らしの魔王は何処ぞで昼寝だったか
マア何とか雨具は使わずに済んで良かったゼ♪
高いお金払ってるから雨だけは勘弁と思っていたからね~・・・(^-^;

会場入りも、会場から出てからも地獄の徒歩と、何時終わるとも知れない渋滞に耐えられれば・・・
こんなに素晴らしい花火は地球広しと雖も他には無いゼと耳タコになっていたが・・・
イヤ全くね~・・・その通り!だったのサ! もう笑うしか無いナ♪

さて、写真撮らなくっちゃ!で・・・何やかや雨具やら色々詰めたリュックは重さが8kgを越えていたが・・・
何とかバスの駐車場からの死の行軍にも耐え、会場の桟敷席にやっとこさ倒れ込んだんよ(-_-;)

で、狙いの一つが上の画・・・。
これはいわゆる露光間フォーカス移動と言うヤツなんヨ・・・笑わないでネ(^-^;
やっと撮れた一枚なんで・・・貴重品(笑)
妙に立体感が出るのが新鮮! 気に入った♪
色々試そうと努力してるのだけは認めて頂けないかしら(^-^;

後は・・・この目でシッカリ見ておこうと・・・
でもマア写真機は折角担いで行った訳で、シャッター押さなくっちゃ・・・

a0031821_16492844.jpg
こんな画とか・・・


a0031821_16495357.jpg
こんなのとか・・・未だマジックアワーが残ってる内に始まったんで・・・
青い空が写るのが嬉しくて…♪


a0031821_16512305.jpg
雄物川の左岸で打ち上げるのを右岸の広大な河川敷から見る。
桟敷席は板張り、今回は二人分の席が予約済で、荷物があっても余裕だったのは狙い通りだった♪
去年は75万人だったらしい。今年は? 80万人・・・来年はもっと増えそうな予感(^-^;


a0031821_16560260.jpg
前の人のスマホが・・・♪
立ち上がっての見物はご法度、三脚は頭より高くなければ自由だ。


a0031821_16573569.jpg
自席からの画が気に入ってしまい似た様なのを並べてしまった(^^;

何とか上手く撮ろうとか、無理して、という気にはならず・・・
何だかとても心穏やかな花火見物だった。

そして・・・花火は・・・言葉は無力、語彙不足極まれりなので・・・
後は、絵を見て頂こうかと・・・どの画にしようか苦戦中(^-^;

一言で言えば・・・見た方がイイ、でもその気が無ければ無理する事はない、
一生もの、あの音と光の洪水が体を震わす、化学反応の芸術だ、

あ~それにしても・・・何でだろう?涙が出た、こういうもので、ネ~・・・♪

駐車場往復の地獄の行軍を厭わなければ・・・お薦めなんだけど・・・

ツアー会社の力なのか・・・割と近くに止めた訳なんだけど・・・
一人相撲では、多分5,6km位歩く人もいるみたいで・・・
兎に角普段の田舎から豹変して牙を剥く、大曲なのであります♪
そうまでして見に行くというのが分かったヨ♪
今回のツアーグループの中で三回目というリピータさんが居たよ・・・。





by sdknz610 | 2018-08-27 18:00 | 花火 | Trackback | Comments(2)