『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:諏訪湖( 2 )


2018年 11月 04日

絶景!雲海に煙ぶる諏訪湖の街の灯と富士山のシルエット♪・・・2018秋の高ボッチ高原行(2)

a0031821_12122312.jpg
2018.11.2 05:16だった。
先ずはこの画から。

午前2時前に目が覚めてしまい・・・外を窺うとどうやら上空は晴れている!
でも、諏訪湖方向には靄が漂っていて・・・取り敢えずポイントへ行ってみたが諏訪湖は霧に沈んでいて
でも街の灯がボーっと雪洞の様に浮かび上がっていて・・
これは実は大チャンス到来って事(^_-)-☆

そして、昨夜寝る時には誰も居なかったんだけど、もう10人程のカメラマンが
肩が触れ合う程に密集していて・・・路駐の車がやけに増えていたので、そうだったのか!♪
夜明け狙いで大勢来ていたのね(^-^;
***********************************************
以下、時刻を追ってみます

a0031821_12210429.jpg
03:18
ロックワイヤで固定しておいた三脚は無事だった♪

富士山は全く肉眼では見えず。
諏訪湖の街の上に濃い霧が・・・雲海と言う程では無かったがベールを纏った様にとてもキレイなのヨ♪
ボーっと街の灯に下から照らされてるのを上から撮るという絶景ポイントだよ。
この霧がどれ程成長して行くかは全く想像も出来ないけれど、楽しみでもあるんサ♪
ISO800で20秒露出。絞りは5.6で。


a0031821_12280601.jpg
05:01
薄っすらと富士山が撮れている!
フンワリベールに包まれる諏訪湖☆☆☆
諏訪湖のモヤは雲海に発達しそうになって来た
これからが最も重要なゴールデンタイム!プラチナタイム!に突入って事に(^_-)-☆

この時刻までには高ボッチは霧に包まれてホワイトアウト状態になる事が屡々あって・・・
その際はちょっと車に戻って暖を取るという事に(-_-;)
だって、この朝の冷え込みは半端じゃなかったな。体感で氷点下!(;^ω^)
車のウィンドウにはビッシリと厚く霜が・・・
辺り一面真っ白な霜で覆われて・・・
カメラバッグの蓋も真っ白・・・
三脚の脚も霜で真っ白に・・・
ダウンジャケのフード、肩にも霜が降りて真っ白に・・・

グルっと巻いたレンズヒータの上にも霜が(^-^;
でもレンズが曇るという事が無かったから・・・ヒータは効いてるね♪
カメラの上にタオルを置いたからカメラ本体に霜が降りるという事は無かったけれど・・・
ところが不思議な事に、例によって靴下を履かずのダイレクトスニーカだったけど
意外や足は冷えはしたものの大丈夫、平気だったワ(笑) 
何やってんだよ!(爆)


a0031821_12492027.jpg
05:07
僅かな時間経過で光の状況が大きく変わる!
東の空が薄くピンク色になってるけど、肉眼では未だ殆ど視認出来ないレベル
富士山は目を凝らせばやっと、と言う感じ
再生画像を見て、デジカメの高感度特性はスゴイぞ!と思うべな♪

そして・・・コレダ~~~!♪
a0031821_12524290.jpg
05:11
僅か5分後にはもうこの絶景が(^_-)-☆
こういうの待っていたんだよね♪


a0031821_12543520.jpg
05:13
そして二分後
雲海の変化も早い

東方の明るさが増して来る 富士山のシルエットは益々クッキリと
諏訪湖の街の灯の明るさとの競走だ

丁度いいバランスの時に撮り逃がさない様・・・連写とは行かないけれど
どんどん撮らないと・・・スッゲー忙しい(^-^;

そして、05:16の今日のトップの画になります。
一番のお気に入りになるかな?♪

非常に幸いな事に、肝心の日の出前のスイートタイムに霧が晴れて
一方諏訪湖の雲海が出てくれて
富士山の秀麗なスロープがくっきりのシルエットも出てくれて
ここ何年もこんなチャンスが無かったから余計にウレシイ朝になった!♪

懲りずにめげずに通わないとやはりダメみたい・・・
と、思っていたら隣りのオジサンは初めてここに来たんだけど・・という話で・・・
そんなラッキーあるまじき(笑)
お帰りの際にはお気をつけて!という事だぜ♪

マアね、その方も高ボッチ沼に嵌ったか・・・ヤバイよヤバイよ♪
こうして高ボッチ通いが始まるんサね。オメデトさん!





by sdknz610 | 2018-11-04 14:00 | 諏訪湖 | Trackback | Comments(2)
2016年 05月 22日

濃密な靄に阻まれ完敗だった(泣)・・・諏訪湖・富士山

2016年5月21日、高ボッチへ。天気予報、天気分布予報、気圧配置、等々・・・
必ずや諏訪湖越しの富士山を拝めるものと確信して家を出たんだけど・・・
どうやらそれはイメージ先行だったのサ(^-^;

上空は見事な晴れ! 
しかし、地上には霞が張り付き、100kmという分厚い靄を通して富士山を見るのはまるで不可能な状況が、
夕方、夜半、そして翌朝も・・・ズ~っと改善は見られず、結局あわよくば富士山を!という野望は
微塵に砕かれ・・・22日朝7時には家に向かって撤収となった(泣)

そんな失敗例を敢えて記録しておく事にした(^-^;

1.
a0031821_18265993.jpg
5月21日 19:11 1/13 -1.3EV F2.8 ISO200 43mm相当
折角月が出て来てくれたけど、肝心の富士山がね~お隠れ遊ばしてました(^-^;

2.
a0031821_183018100.jpg
5月22日 03:48 5sec ±0EV F2 ISO200 85mm相当

3.
a0031821_18315867.jpg
5月22日 03:55 1/6 -0.7EV F4 ISO200 31mm相当

4.
a0031821_18352470.jpg
5月22日 04:52 1/160 -0.3EV F5.6 ISO200 64mm相当

5.
a0031821_18371382.jpg
5月22日 05:03 1/320 0EV F5.6 ISO200 64mm相当

靄は・・・天敵!(^-^;(泣)(笑)だわ。
これで又高ボッチから富士山がを見られたかどうかの確率が下がる事になった。
マアね、事この1600mの高原に関しては、こんなモノよと・・・全ては自己責任の範疇だから♪

気温は真夜中でも9℃位だった。でもちょっと風があって、体感温度は低く、真冬仕様の防寒で対処。

やはり秋口でないと、ここはだめかな? でも、8月15日の諏訪湖花火は又行く積り(^-^;

結構飽きないのが不思議だけど・・・♪




by sdknz610 | 2016-05-22 20:00 | 諏訪湖 | Trackback | Comments(0)