『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ヒガンバナ( 5 )


2018年 09月 26日

大自然の造形美! Lycoris radiata 放射状の舌状花♪

a0031821_08522627.jpg
曼珠沙華 彼岸花 Lycoris radiata
そうなんさ! この放射状に咲く大自然のデザインの妙(^_-)-☆
radiataという学名がまんま特徴を現し、これは分かり易いワ♪
そんな姿をと、真上から狙ってみた。
リコーGRは28mm相当の単焦点レンズ。そのマクロモードで。

F2.8 1/250 -0.7EV ISO400 手持ち フラッシュは炊かず自然光のみで。WBはオート任せ。
こんな場合、背景は相当暗いのでマイナス補正は必須だ。
彼岸花の赤色が露出オーバで飛ぶのがコワイからね。

真上を向いて放射状に咲く、完璧な花を探し、周辺の花との位置関係に拘って
丁度中央にメインの花を、間を置いて周辺を他の花で埋める作戦だ♪
長大な雄蕊が線状に広がって間の空間を埋めるイメージにピッタリの花を探すのに随分ウロウロしてしまった(;'∀')

近所に灌漑用の天井川があるんだけど、その土手にやっと今は曼珠沙華が満開になっていて、
2018.9.24の朝の散歩でスナップしてみたもの。

今日26日はこの一枚!♪なんだけど、命短し・・・そろそろ満開を過ぎていて、既に花が傷み始めている・・・。






by sdknz610 | 2018-09-26 12:00 | ヒガンバナ | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 25日

秩父・横瀬 寺坂棚田のヒガンバナ(続報2)

a0031821_09012204.jpg
既に稲穂を干している棚田が8割程だったか・・・ここは稲木(いねぎ)に掛ける天日干しなんだね。
農道を歩きながら稲木の配列に注目しながらアングル探し。
ヒガンバナの背景にしようと目論んでの事だ(^-^;
低い位置から、空いた空の部分にポツンと咲く数株のヒガンバナを配置して埋めてみた。
大群落も勿論狙うけど、こういうポツンというのがどうも気なって(^^;


a0031821_09063952.jpg
稲木の並びを屋根に見立てて放射状に収束するラインを意識、
そこにヒガンバナを適度なバランスになるようアングルを仔細に選んで位置を決めての一枚。
カメラを手持ちで、なんだけど(^^;

稲木の並ぶ様はパターン的には面白い!と思って狙ってもみたけど、
これが難しくて・・・画にならずというお粗末に終わった(泣)
来年はもちっとどうするか、考えておかねば(-_-;)


a0031821_09214996.jpg
さてさて・・・そうこうしてると、早朝から稲刈りに勤しむ農家のご夫婦を発見。
棚田の上の方から350mm相当の望遠で、動きを欲しかったのでSSを1/25で・・・
稲を刈り、束ねた後、動かす仕種を適度なブレで表現しようとしたが・・・これが難しくて(-_-;)
ヒガンバナもちょっとだけ見える様にアングルを調整しながらになった。
直ぐ近くから撮っていたカメラマンが数人居たっけ・・・。


a0031821_09305077.jpg
朝のルーティン♪

イイね、ワンコと朝の散歩か~~♪
撮る方としては、ヒガンバナありきで、になるけど♪

SSを1/25で追い写しをやっている。これだと背景が流れ過ぎず丁度良かったと思っている。
1/10というのもやってみたが、ブレブレの流れ過ぎでボツって事に(^^;

秩父・横瀬町・寺坂・棚田
長閑な田園風景に武甲山が絡むと絶景だ♪

今回武甲山は雲に阻まれて見えなかったのは若干残念だったけれど、
ここのヒガンバナ撮りに関しては、かなりノウハウが見えて来たという印象だったのは良かったよ(笑)

ところで、稲木なんだけど、呼び方は、いなき、いなぎ、いのきとか・・・。
稲賭け(いねかけ)、稲機(いなばた)とかも・・・。
地方によって様々か・・・。
横瀬でどう呼ぶかは寡聞にして聞きそびれてしまった(^^;

天日干しは手間が掛かるので、近年は減少傾向らしい。乾燥機で、というのが増えているんだろうね。






by sdknz610 | 2018-09-25 12:00 | ヒガンバナ | Trackback | Comments(2)
2018年 09月 24日

秩父・横瀬の寺坂棚田のヒガンバナ♪(続報1)

a0031821_09560423.jpg
2018.9.20撮影
秩父・横瀬町の寺坂棚田のヒガンバナシリーズ連載中♪

三菱マテリアル工場はつい背景にしたくなるもんで・・・♪
もうちょっと絞り込んでも撮っているけど、背景が煩くなるのを嫌ってこの画をチョイス。
これ以上絞りを開けると・・・背景がボケ過ぎで・・・
24mm相当の広角レンズ、F8で。手持ちでSSは1/60。ブレは・・・大丈夫みたい♪
これでも体を左右、上下に少しずつ動かして、手前ヒガンバナとの位置関係のバリエーションを一杯撮ってるんよ(-_-;)
絞りとの組み合わせになるので、ジッとしゃがんで、に見えると思うけど、膨大な枚数になってる(笑)
でも結局は、最後は一枚にしかならんから・・(^^;



a0031821_09582172.jpg
これは110mm相当の望遠で切り取ってみたもの。
三菱マテリアルとの距離差があり過ぎて、絞っても手前ヒガンバナはボケは余り減らず・・・。
ISOは200のままで、SSを稼ぎたかったのでF4.5で。やっと1/30だった。
手持ちだけど、ブレは・・・これも大丈夫!
朝靄のベールが薄く掛かっていて・・・雰囲気残しとしては成功か・・・。


a0031821_10143719.jpg
武甲山には相変わらず雲が掛かっていて取れる気配無し(^^;

超広角レンズで手前ヒガンバナに大接近だ。
流石に背景はボケる。所謂マクロレンズに較べると、背景がボケながらも撮り込めるのが◎だ♪


a0031821_10540257.jpg
シロバナヒガンバナの群生。局所的に未だ咲いていてくれたのはラッキ~♪
来年こそ晴天でありますようにm(__)m


a0031821_10175127.jpg
番外編♪
ソロ シロバナヒガンバナ!
咲き残るシロバナヒガンバナに魅せられて♪
これは24mm相当で。でも大接近なんサ♪
どのレンズでも・・・撮りたいものに出来るだけ接近を試みる、というのが流儀だ。


a0031821_10211917.jpg

番外編♪
これもね~・・・どうしようか?迷った画(^^;
雄蕊が隣り合って指を絡めて握手してる様にも見えたので・・・♪
幸い未だ刈り取られていない稲との絡みもと思ってのアングルを意図的に選んでのショットだった。

寺坂の棚田のヒガンバナは・・・奥が深くて、こりゃ毎年通わなくては!と思うべな♪
自分ちの直ぐ近くでも今は満開になっていて、それはそれで一杯撮ってはいるけれど・・・。






by sdknz610 | 2018-09-24 12:00 | ヒガンバナ | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 23日

秩父・横瀬の寺坂棚田のヒガンバナは丁度ピークだったよ♪

2018.9.20は日の出前から秩父市横瀬の寺坂棚田に居た。
ヒガンバナが最盛期な筈で(^^;
写友と三人で午前4時発♪
お天気は・・・日差しが無さそうだったけど・・・

お陰様で雨は無かったし、無風だったし・・・ヒガンバナの絶景をお届けします♪

a0031821_16213303.jpg
背景に武甲山と三菱マテリアルをと思ったが
生憎の曇り空で、低層の雲が張り付いていて半分から上は見えず(^^;

低いアングルで狙ってみた。18mm相当のスーパワイドで思い切っての接近戦だ。

こんな時、BGMは何がいいかな?
サラ・オレインの「涙のアリア」が蘇って来たんサ♪ いいね!


a0031821_16275349.jpg
未だシロバナヒガンバナが残っていてくれたんヨ!♪
早速武甲山と絡めた積り・・・積りって、大事だよ(^^;
その気になって、その積りで・・・ナンテ♪


a0031821_16331314.jpg
寺坂棚田のヒガンバナ・・・証拠写真を♪
マア、こんな感じなんです・・・。


a0031821_16342742.jpg
アングル探して広い棚田をウロウロ(^^;
午前6時半だった。
カメラマンが増えて来たけど、平日だし、お天気のせいもあるのか?割と少ない様にも思えた・・・。

今回三脚は持参せず。今回も・・・か(^^;
暗闇を撮るんでなければ、三脚は留守番だ。
基本、手持ち派なもんで・・・大丈夫だよ♪
アングルの自由度を優先だ・・・。
何れにしろ背面液晶モニターのティルト、バリアングルはどちらにせよ随分と助かるネ。
でもバリアングの方が好き♪ 縦位置で撮るにはこれがイイ!
固定液晶モニターなら選択肢から脱落が流儀だ(笑)






by sdknz610 | 2018-09-23 17:00 | ヒガンバナ | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 18日

今朝も一人曼珠沙華! 彼岸花は・・・長大な蕊が魅力なんだろうな・・・

2018.9.18
我が家から直ぐ地下くの灌漑用天井川の土手に咲くヒガンバは
昨日より確実に数が増えて来たが、未だ5分咲きまでには行ってない。
今朝はやはり日の出前に撮りに出掛けた・・・

何故ヒガンバナに惹かれるか?・・・そうだ! この長大な蕊のせいではなかろうか?♪

魚眼ではないけれど18mm~36mm相当の超広角ズームでその魅力を何とか撮ってみようと・・・(^-^;

土手の下から仰ぐ様なアングルで空抜けのヒガンバナ!
a0031821_15575214.jpg
ヒガンバナ
彼岸花 学名はLycoris radiata
ヒガンバナ科 ヒガンバナ属 
曼珠沙華とも・・・wikiによれば、これはサンスクリット語manjusakaの音写

学名のラジアータは将にこの放射状に広がる長大な蕊を現して納得だ♪
しかし6本の雄蕊と1本の雌蕊・・・どれがどれだかパッと見では分かり難いね・・・。 

 
a0031821_16071165.jpg
日の出を迎えた。
もうちょっと光芒が出ればいいんだけど、このレンズではムリか(^-^;

こんな風に下から撮るには
カメラの背面液晶モニターが角度可変というのが必須と思う。のさ♪


a0031821_16084974.jpg
真上から。
放射状に広がる蕊!
6個の花に夫々6本の雄蕊と1本の雌蕊だから・・・
一本の茎に36+6=42本の蕊が・・・ある筈。数えてないけど(笑)
それにしてもこんな風なラジアスな蕊の花って・・・他にあるんかいな?
クリンソウも花が放射状に着くけど・・・まさか蕊はこうでは無いし・・・。


a0031821_16123587.jpg
茎が束になってると・・・蕊は無数に絡み合う感じに(^-^;


a0031821_16135041.jpg
こういう撮り方だと、広大な群生地でなくてもいいじゃん!♪

朝一、だれも居ない土手でカメラもってウロウロしてても怪しまれないんサ♪

一人曼珠沙華(^_-)-☆

今日もイイ日になりそう♪・・・こういうのノーテンキって言うのかな?

今日はOLYのE-M10に超広角ズームで臨んだが
写真は、その時のレンズで決まってしまうみたいだ。と、思う。
箱ではなく・・・やはりレンズで決まっちゃうんサ。
昨日は42.5mmのNOCTICRONがメインだったけれど・・・。

これで望遠ズームではどうなるか?・・・明日レポートしてみますので・・・。

写真はレンズだっ!










by sdknz610 | 2018-09-18 17:00 | ヒガンバナ | Trackback | Comments(0)