『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:雲海( 2 )


2018年 11月 05日

諏訪湖の大雲海。ダイナミックな盛衰を見守る・・・2018秋の高ボッチ高原行(3)

a0031821_15273527.jpg
2018.11.2
05:30
時の過行くままに、諏訪湖を覆っていた大雲海が千変万化!姿を変えるのを追う。

東方の空が明るくなるにつれて・・・
手前の諏訪湖周辺の明るさが相対的に減退して行く。

そうなると、明るい方の露出オーバを避けるため、露出を抑えるので
手前の諏訪湖周辺は暗く写る事に・・・。
幸い未だ街の灯が残っているものの、あのボーっと光る雲海雪洞の風情は失われる事に。
これをHDRとかハーフNDか何かで明るさを補おうとすると、不自然になってしまう・・・。


a0031821_15362493.jpg
05:32
こういう画角で切り取ると・・・明るさの違いは明らかで
上空の明るさに対し、手前の雲海に沈む街は暗くしか写らずに・・。


a0031821_15395441.jpg
05:40
雲海の衰退がはじまりつつある・・・
諏訪湖の湖面が見える様になって来た。
陽は未だ昇っていないが、上空の明るさが湖面も照らす様になってる。


a0031821_15423181.jpg
05:49
富士山の光背が益々濃く色付き・・・
諏訪湖に照り映える。ほんの一瞬の絶景となった♪


a0031821_15445093.jpg
05:58
あの濃い朝焼けの色が褪せて来て
雲海も更に薄く、諏訪湖がはっきりと見える様になった。


a0031821_15465853.jpg
06:11
この時刻になったら私含めて残り僅かのカメラマンのみに(-_-;)
これから雲海のドラマチックな物語が終盤のクライマックスに(なる筈なんだけど・・・)

富士山の中腹に一本の輝く光の帯が♪


a0031821_15502085.jpg
06:22
朝陽が蓼科山を翳めて茅野市方面を覆う雲海に射し込んだ!


a0031821_15514217.jpg
06:25
そして、ここ高ボッチの撮影ポイントの直ぐ近くにも朝陽が届こうかという時になった。
マアでもこうなるまでズッと富士山が頭を見せてくれて・・・ありがとう!♪


a0031821_15545609.jpg
06:37
朝陽が勢いを増して襲い掛かって来た!
真っ白に輝く雲海も未だガンバッテいて、光のせめぎ合いが勃発だ~~~♪

こういうの普通に撮っていても・・・明暗の差が大き過ぎて処置無しって事になりかねない
こういう時こそ、所謂インプレッシブアートフィルターの出番だよ♪


a0031821_15595813.jpg
06:39
これはもう殆どモノクロの世界になる
ここでもインプレッシブアートフィルター♪
実際は全体にモヤが掛かっていて・・・
見た目コントラストが無くなって平板な画になってしまうんだけど・・・
雲海の襞と富士山のクッキリシルエットを表現したくて・・・


a0031821_16034493.jpg
06:40
これも同じ狙いだ


a0031821_16044061.jpg
06:42
富士山の配置がキモ
手前に高ボッチの急斜面を入れてバランスを取る構図を意図してみた


a0031821_16065495.jpg
07:08
流石にこの時刻、気が付けばもう他にカメラマンは居なくなっていた(^-^;
もったいないと思うけど・・・

諏訪湖大雲海は一旦薄くなっていたのが、又勢いを盛り返し諏訪湖に蓋をしてしまったぜ・・・

この日、午前2時過ぎから5時間余り猛烈な寒さに襲われながらの撮影に耐えて・・・
稀なる絶景に対峙。とはチト大袈裟(笑)

素晴らしい日本の大自然の景観に感動だったな(^_-)-☆

この後、後片付けやら何やら・・・ついでながら御嶽山、乗鞍、穂高連峰、槍ヶ岳等もクッキリだったけど♪
午前8時半撤収。
一路長野道、上信越道、関越道、北関東道経由250kmを途中特に眠くもならず無事帰宅。
不眠症候群大王なんだわ(;'∀')








by sdknz610 | 2018-11-05 17:00 | 雲海 | Trackback | Comments(2)
2018年 10月 06日

10月3日の高ボッチ。三日目の朝を迎えたが、諏訪湖盆地に大雲海出現!♪

a0031821_09595400.jpg
2018.10.3 02:52
昨夜は、夕暮れを過ぎてから西の方から雲が涌いて来て、高ボッチはホワイトアウト状態になってしまい・・・
諏訪湖の街の灯も見えなくなってしまい・・・早々に寝る羽目に(^^;

ただ、ネットでSCW等の雲の予報を見てるとどうやら朝方は晴れる?かもしれないだったけど・・・
いやいや、起き出して諏訪湖の様子を見に行ったら、この雲海だよ!~~~~♪
こんな雲海は久しぶりだゼ~! これはこれでラッキ~なんだけど・・・
富士山は・・・どうやら見えなさそう(;'∀')

しかし、これを撮った後、又視界5m位の濃いガスに襲われ、ホワイトアウト状態になってしまった。
このまま待っていてもカメラがびしょ濡れになってしまうし、仕方ないので一旦車へ撤収する事に(泣)


a0031821_10125633.jpg
05:59
素晴らしい大雲海(笑)

その後、時々様子見にポイントへ行くも、なかなかガスは晴れず・・・
やっとこの時刻になって視界が開けて来た。
待つのは得意だからイイんだけど♪

やはり富士山は遥か分厚い雲の彼方で見えず(泣)

その代わり、南アルプスの名峰三山が・・・甲斐駒ケ岳、北岳、間ノ岳だ。
普段他の山々に紛れて意外に目立たないんだけど、こうなると三つ並びでの存在感が半端無いナ♪


a0031821_10185344.jpg
06:02
高ボッチから諏訪湖に向かって落ち込むV字谷の向こうに分厚く大雲海が広がる。
諏訪湖の街は全く見えず。
朝日が雲海の上を照らし輝きが増して来た。


a0031821_10212534.jpg
06:05
まだガスが残っていて急傾斜で落ち込む森と手前のススキの間のグラデーションを形成。


a0031821_10251521.jpg
06:07
この時刻になって、左、高ボッチのピークから朝の太陽が顔を出した。
かなり少なくなって来たものの、まだガスが風に乗って走り抜けていて、日差しに輝いていた。


a0031821_10282967.jpg
06:13
まだまだ雲海は消える気配も無く、分厚く諏訪湖を覆い、名峰三山が素晴らしい絶景だ♪


a0031821_10302047.jpg
06:24
近くのススキの原ではびっしょり濡れたススキが逆光で輝きを放つ♪


a0031821_10321195.jpg
06:31
モヤっとガスが掛かっているが、斜めに射し込む朝日でススキの原に所々に生える松の影が長く尾を引いていた。


a0031821_10350371.jpg
06:42
朝露に濡れた高ボッチのススキ!♪

この時刻、気が付けば15台ほど並んでいた三脚は殆ど無くなって、もう一方と二人だけに・・・。

こうして諏訪湖方面、東を見てばっかりだったけど・・・
振り返って西を見れば、上空は快晴!で北アルプスに纏わり着く雲も晴れて来ていたんヨ♪

と、なればこの後、北アルプスも撮ってから帰ろうか・・・になった。
なにしろここ高ボッチは北アルプス展望を売りにしてる絶景ポイントでもある訳だから♪





by sdknz610 | 2018-10-06 11:30 | 雲海 | Trackback | Comments(0)