人気ブログランキング |

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:谷川岳( 25 )


2019年 05月 19日

天神平アラカルト・・・ショウジョウバカマもキレイだった♪

a0031821_18344708.jpg
a0031821_18350083.jpg
谷川岳を背景にショウジョウバカマを撮りたい!♪
毎年の事ながら・・・絶対的に重要なテーマで(;^_^A
ここはカタクリ群生地で、同居してるのよ。


a0031821_18365440.jpg
オッと!群馬ちゃんとすれ違う♪

白毛門・朝日岳・笠ケ岳の三山の存在感は谷川岳に匹敵だよな・・・。


a0031821_18384275.jpg
あれが谷川岳だね! お父さん♪

天神峠リフト。雪の壁越しに谷川岳が間近に見えて来る。

a0031821_18411101.jpg
天神平ビューテラス越しにゴンドラが入って来る。
天神平頂上駅。
このゴンドラは両腕懸垂型なので、横風に強いとか・・・。
この日は殆ど無風で、揺れなかったけどね♪
ここでもやっぱり白毛門朝日岳笠ケ岳が。

2019.5.10は稀に見る好天に恵まれた事をお天道様に感謝!♪

カタクリ、ショウジョウバカマに会えて良かった~~~(^_-)-☆

又来年きっと来るから!







by sdknz610 | 2019-05-19 19:00 | 谷川岳 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 18日

前人未到の雪原を征く!・・・天神平・高倉山ゲレンデ♪

a0031821_21080846.jpg
谷川岳ロープウェイ。天神平駅を降りて表に出て・・・
高倉山ゲレンデを望む。

サングラスは必携!です。雪目防止を。

a0031821_21101594.jpg
雪が無くなってる8合目付近の斜面まで、
前人未到のゲレンデへ!♪
幸い、未だ誰も来ていないのだ(笑)

ザクザクの未だ分厚い残雪を踏み締めて慎重に登り始める。
機械で雪面が均されていて、ゲレンデにハイウェイが出来ていた!
こういうのは今年が初めてかと。
ただ、ここを直登はチトきつくて・・・結局ジグザグに未踏の雪原を征く事に(;^ω^)


a0031821_21164987.jpg
カタクリを撮った後、下り始める。
左に谷川岳、右に白毛門・朝日岳・笠ケ岳の三山を望む。
11時ちょっと前だったが、未だ他に誰もこっちには登って来ていなかったワ♪

a0031821_21223042.jpg
谷川岳トマノ耳を。巨大な雪庇が・・・(^^;
左に肩の小屋。屋根にソーラパネルが乗っかっている。去年は無かった、と思う。
肩の小屋の直ぐ右に登山の人が一人・・・。
この時まで途中にも他に登山客は見当たらず・・・
この快晴の谷川岳だったけど、もったいないナ~♪

a0031821_21264459.jpg
天神峠リフト。下るところ。
この全貌は絶景ナリ♪

15mm相当の魚眼レンズで。
左、白毛門・朝日岳・笠ケ岳・・・右、高倉山ゲレンデの半分ほどが望める。
快晴だからね(^_-)-☆

a0031821_21295876.jpg
右から白毛門、中央に朝日岳、左に笠ケ岳の三山をアップで!


a0031821_21313813.jpg
天神リフトを下りながら雪の回廊越しに
高倉山ゲレンデを。
あの雪が無くなってる所にカタクリの群生があるんヨ♪

あそこだけ雪解けが早く、カタクリがそれを待って直ぐに咲き出す訳だ。
何か不思議なのさ。
大体が、カタクリって種を運ぶのはアリンコだよね・・・
それがあそこだけに限られるって・・・大自然の不思議(^^;
誰かが種を持ち込んで何十年も経って、なのか?・・・マ、考えても埒は明かんけど(;^_^A

2019.5.10の話。
もう旬が過ぎちゃってるけど(;'∀')





by sdknz610 | 2019-05-18 22:00 | 谷川岳 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 17日

山は遠くに在りて思うもの・・・谷川岳へのアプローチ?♪

a0031821_20125758.jpg
谷川岳! トマノ耳、オキノ耳を遠望す。
今が旬の残雪が眩しいゾ♪

2019.5.10

好天に恵まれた場合、谷川岳を望む絶景ポイントは関越道下り線の「赤城高原SA」に決まり!と思っていて・・・

この日は高倉山のカタクリを目指したが、途中チラチラ見える谷川岳を見ながら
どう撮るか?ワクワク♪
イヤイヤ、考え事しない方がいいと思うよ! ちゃんと前見て安全運転を!(^^;

トップは350mm相当で二つ耳を狙ったもの。

良く晴れた朝だったけど、この時季から地上の靄がどうしても出るし・・・
望遠撮影もきついものになる。
赤城高原SAからだと、二つ耳へは、直線距離で28kmだ。(地理院地図で計測)

引いて撮ると・・・
a0031821_20253358.jpg
こんな感じに(^-^;

更に・・・
a0031821_20261286.jpg
パッと見、これが肉眼での印象に近いかと・・・
良く晴れてる♪
雲一つ無い♪
谷川岳遠望の絶景だ!♪
これからあの山を目指すのだ!♪
イエ、天神平までなんだけど(^-^;





by sdknz610 | 2019-05-17 21:00 | 谷川岳 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 16日

春山を愛でる

a0031821_20355365.jpg
残雪の谷川岳
快晴無風の2019.5.10だった

構図は…安定感第一(^-^;
二つ耳を中央に三角形で構成(^-^;
左下の人物二人をキーポイントに♪
雪面のシロトビはご法度(^-^;
青空のボリュームはオーバにならない様切り詰める
順光なので影による立体感は削がれるが
春の日差しを全身に浴びた谷川岳は絶景なり(^_-)-☆って事で♪





by sdknz610 | 2019-05-16 21:00 | 谷川岳 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 07日

残雪輝く谷川岳を遠望す

a0031821_10020716.jpg
2018.3.31
この日、上越線のSLを撮りに出掛けた訳だが途中関越道赤城SAで休憩。
ここは谷川岳遠望の絶景ポジションなんだよね♪
ちょこちょこっとほんの10分程だったけど、マア久し振りの谷川岳だったんサ♪
Pana G7
LUMIX G VARIO 100-300mm
手持ちで
靄が掛かっていて、スッキリ抜けずだったけれど、この時期にしては珍しく良く見える朝だったと思う。
残雪の谷川岳! 素晴らしい景観だった♪


a0031821_10020737.jpg
画角を変えて幾つかをご紹介。
a0031821_10020753.jpg
a0031821_10020876.jpg
これは550mm相当で。
双つ耳もクッキリ!

ここから見る名峰谷川岳は残雪の今頃が一番好きだ♪

5月には天神平へ、カタクリを探しに行く積りだ。

赤城SAに立ち寄ったら是非谷川岳を! お薦めです。
ついでに・・・ここのソフトも美味なり♪





by sdknz610 | 2018-04-07 13:00 | 谷川岳 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 05日

日本の絶景!残雪の谷川岳パノラマ & イワツバメ舞う

a0031821_11232413.jpg
2017.4.30 天神峠に着いた♪
360°快晴、無風! 雲が無い!♪
左、谷川岳二つ耳、右遠望は白毛門、朝日岳、笠ケ岳


2.
a0031821_11291458.jpg
天神峠頂上駅屋上より谷川岳ロープウェイ天神平駅を眼下に
左上遠望が白毛門、朝日岳、笠ケ岳
右上隅白いのは尾瀬至仏山だ。


3.
a0031821_11335422.jpg
谷川岳頂上付近を望遠で。300mm程あれば十分かも。
左、肩の小屋目指す登山者の群れ。良く見えたよ♪
時刻は12時半を回った時。
小屋はすっかり姿を見せているけど、未だ十分厚い残雪にはビックリ♪
二つ耳の手前トマの耳の手前の巨大な雪庇は今にも崩れそうだった(^^;


4.
a0031821_11414558.jpg
この広大な斜面をスイスイと滑り降りるボーダー♪
既に何本かキレイなシュプールが見える。


5.
a0031821_11443499.jpg
天神平駅周辺や、ここ天神峠でも
イワツバメの群れがビュンビュン、ブイブイ飛んでるので・・・
ウ~ン何とかして撮ってみたくなって(^-^;
背景を二つ耳!に♪
ピントはイワツバメに欲しい!って事でマニュアルフォーカスに切り替えだ。
要するにイワツバメの飛び方を観察して、一番通過してそうな距離に合わせて
さ~飛んで来い!と・・・
左目も開けて、両眼視しながら、イワツバメがブッ飛んで来るのを待って・・・(^^;
都合2時間程アレコレ撮っていたんだけど、あ~何と数百枚を消費してしまった(泣)
ほんの10コマあるか無いか位しかまともなのは無かったワイ(笑)

イワツバメの姿勢、翼の形など、カッコイイシルエットかどうか?
背景の二つ耳との絡みでイイ位置に居るかどうか?
なんて事で、殆どがボツに(泣)
でも・・・イワツバメ撮りって・・・面白いな~♪ お薦めなんだけど・・・。


6.
a0031821_11585311.jpg
肩の小屋、トマの耳に接近絡みでイワツバメ!♪
たったこれ一枚!(^-^;(泣)
まあね、歩留まり云々ではなく、こういうチャンスをモノに出来ればいい訳だけどネ
鳥撮りは待つ事と見つけたり(笑)
飽く事無く、倦む事無く・・・人には薦められないか・・・な(;´・ω・)


7.
a0031821_12055548.jpg
手前トマの耳、奥のオキの耳・・・の、間に入ってくれたのは
この一枚のみ(;´・ω・)
ちょっとイワツバメの姿勢が△だな・・・。


8.
a0031821_12095408.jpg
右遠望は赤城連峰。左遠望は武尊山。
天神峠の雪の量は半端無いよ♪
鳥居が頭だけ出てるけど。


9.
a0031821_12131562.jpg
手前高倉山ゲレンデ。の向こう、右が武尊山遠望。
左遠望は至仏山だ。


10.
a0031821_12162461.jpg
最後は谷川岳で締めようかと(;´・ω・)


11.
a0031821_12181410.jpg
これは午後3時。
太陽が西に傾き始めて、雪原や岩襞に影が出来始めるのを待っていた。
ロープウェイの最終が17時だったか、ギリギリまで粘るか?とも思ったが
全く雲が沸く気配も無く、夕日の色付きもダメかな?と
この後、撤収した。

マア兎に角丸一日、無風で、超快晴だなんて天気は年間何回もある筈も無く
思い切って出掛けて良かったと思うべな♪

後は、ゲレンデの雪が消えて、ショウジヨウバカマ、カタクリが咲くのを待って
又行ってみよう!♪





by sdknz610 | 2017-05-05 16:00 | 谷川岳 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 04日

残雪谷川岳春景

a0031821_17432513.jpg
2017.4.30 先ずは谷川岳遠望から♪
モノスゴイと言うか稀に見る好天で、谷川岳天神平へ行ってみよう!と家を出た(^-^;
その前に・・・谷川岳の様子を確かめてみようと関越道・赤城SAに立ち寄る。
多分、ここなら谷川岳が良く見える筈!で・・・こんな天気を待っていたのさ。
思っていた通りのこの抜けの良さ(^_-)-☆
谷川岳の二つ耳もバッチリだな♪
何となく・・・ここはスイスか?・・・ナンテ♪


2.
a0031821_18022628.jpg
未だ八重桜が残ってくれていて・・・


3.
a0031821_18041715.jpg
アングルは微妙(^-^;


4.
a0031821_18070682.jpg
丁度花園にはチューリップが華やかに咲いていたので


5.
a0031821_18085713.jpg



6.
a0031821_18121639.jpg
絵画調にしてみます♪


7.
a0031821_18172734.jpg



8.
a0031821_18192630.jpg
これなら天神平もベリーグーだと思うヨ♪


9.
a0031821_18205601.jpg
イザ!天神平へ。
田尻沢の残雪の様子。今年は雪多いゾ!♪


10.
a0031821_18334572.jpg
天空の白い楽園だ!♪


11.
a0031821_18403539.jpg
天神峠リフトが動いてた!
左右はこの通り!雪の回廊だった♪
今年は雪の量が半端じゃない(^-^;

去年だと、高倉山ゲレンデではショウジョウバカマが出て来ていたんだけど
今年はちょっと遅れるね(^-^;

残雪の谷川岳は今が見頃!って事で♪







by sdknz610 | 2017-05-04 19:00 | 谷川岳 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 19日

谷川岳早春賦♪

昨日の続きですが、谷川岳が間近に迫る天神平駅からのランドスケープを。4月16日現在の姿です。

1.
a0031821_1645582.jpg
双耳峰。手前トマの耳、向うがオキの耳。
まだ根深い雪が分厚く・・・。

2.
a0031821_16482774.jpg
トマの耳。

3.
a0031821_16491428.jpg
↑の画をちょっと大きくしてみます。頂上を目指して登ってる~~♪ 数人が見えます。
時刻は12:38。この谷川岳が、それが快晴無風と言う・・・天国もさもありなんという様なお天気だからね~♪
雪の反射が眩し過ぎ(^_^;) 肉眼ではこういう登山者は視認不能だった。撮れた画像でやっとだよ。

4.
a0031821_16563141.jpg
オキの耳。登山者が二人程写ってました。
このお天気ではホント雪崩注意!だよね・・・。

5.
a0031821_16583227.jpg
360度のパノラマ!・・・ではなく、谷川岳の東側の山が全部見えだった♪
只、山の名前がね・・・直ぐ忘れちゃうので、こういう説明を写しておく事に(^_^;)

天神平駅のレストハウスの窓に貼ってあった♪ 素通しなのでこういう超快晴だと良く分かるよ♪

6.
a0031821_1723746.jpg
レストハウスでランチを食べているとゴンドラが来るのが目に入る。
直ぐ脇が天神平駅だからね。
で、他に撮る物が無くなって(^_^;)・・・このゴンドラに目を付けたのであります♪

7.
a0031821_1752629.jpg


8.
a0031821_1773453.jpg
山が三つ。右から白毛門、真ん中が朝日岳、左は笠ケ岳。
この三山を谷川岳だと思ってた人が帰りのゴンドラで乗り合わせて、何だ~違ってたのねと、ビックリしてたっけ♪

9.
a0031821_17145915.jpg
天神平駅に出入りするゴンドラを真下から撮れる場所はあるのかな?と・・・見付けました!♪

10.
a0031821_17153591.jpg


11.
a0031821_1716737.jpg


12.
a0031821_17163534.jpg
レストハウスの廻りをウロウロしてたら、ゴ~っ!と言う辺りを震わせる様な轟音が響いて来た。
?飛行機だぞ! それも旅客機では無さそうで・・・どこどこ?と探したら、来た~~!!
白毛門の上辺りを将に擦過しそうな高度でブッ飛んで来たのは・・・戦闘機!ジャネーノ♪

こんな高度で飛んでいいのか?! 猛烈なスピード!
大慌てで、それもこんな小さくしか見えない物体をAFSで狙ってしまったんだけど、
ロープウェイの支柱に隠れる前に何とか一枚だけ撮れてたよ♪

PanaのGX7!♪ 良くぞ間に合ってくれたな・・・それもピントはバッチリだったのサ♪
エ~っ!マサカ!・・・GX7の対応力を見直したぜ(^_-)-☆
LUMIXG X VARIO 1:4~5.6 45~175mm ASPHだった。
これNANO SURFACE COATINGなんだわ♪
中古で格安だったのに♪

ところで、この戦闘機の名前が分からないんだわ(^_^;)
F2,F4,F15・・・何れも色々写真を見ても当てはまるのが無い!?・・・米軍の?・・・それでも何か良く分からん(泣)
エンジンは双発、主翼前縁延長構造、垂直尾翼は一枚?みたい、水平尾翼が後退翼・・・これでこんがらがってる(泣)
増槽タンクを抱いてるよ、それと日の丸が見えない・・・

マ、どうでもいいんだけどね(^_^;)

余りの快晴でスクランブルの後、谷川連峰を観光してたのか?♪・・・なんちゃって(笑)

イヤイヤとんでもないトビモノ撮りだったワ♪

谷川岳の雪解けが待ち遠しいな。イヤ、そうではなくて、高倉山の雪解けを待っているのであります♪
トマの耳とオキの耳は何時までも雪があって欲しい・・・ナンテ♪

by sdknz610 | 2015-04-19 18:00 | 谷川岳 | Trackback | Comments(6)
2015年 04月 18日

そうだ!天神平へ行って見よう♪

4月16日。
何だかね~ハッキリしないお天気続きで元気が無くなりつつあったんだけど、
どうやら久し振りにスッキリ晴れそうな予報になったので、

そうだ!天神平へ行ってみよう!♪

と思い立ち、イエ、スキーをやる訳では無くて、只、谷川岳の二つ耳を間近で見たかっただけですが(^_^;)

1.先ずは谷川岳遠望を
a0031821_17535633.jpg
10:33
晴れて谷川岳が見えそうとなると、何時も赤城SAに寄る事にしてますよ。
この日も快晴無風で双耳峰が良く見えたナ~ですが、でも春霞がしつこくて、何かフィルターを通して見る様で、今一スッキリせず(泣)
これからここへ行くんだけど♪

2.
では、天神平へのロープウェイで出発します。
a0031821_17542512.jpg
11:37
赤城SAからほぼ一時間か・・・。途中、道にはまるで雪は無し。車も少なくて快調なドライブだった。
ロープウェイ駅の駐車場は・・・無料だった!♪ てっきり500円と思っていたんだけど。

そして・・・
ゴンドラが動き出してロープウェイ駅出口の様子をと思ってパチリとやったら、傷だらけアクリル窓にピントが行ってしまい・・・
肝腎の出口の様子がボケボケになってしまった(^_^;)

この時刻、他に乗客は居なかった。又も一人旅だ(笑)
ゴンドラは相当間隔が空いていて、ちょっと待ったよ・・・。
紅葉時期なんかのハイシーズンだとゴンドラが数珠繋ぎになって乗るのに待たされるけど。

3.
a0031821_17551486.jpg


4.
a0031821_17561159.jpg


5.
a0031821_1757390.jpg


6.
a0031821_17581744.jpg
11:50
ロープウェイ天神平駅に着いた。13分掛かったか。

7.
a0031821_1805477.jpg
高倉山ゲレンデ。ここは雪解けを待って又来なくっちゃなのサ♪
ショウジョウバカマ、カタクリ目当て。

8.
a0031821_1833613.jpg
天神峠下の斜面で遊ぶ観光客。
天神峠リフトは調整運転中で乗れずだった。4月25日~営業運転開始みたい。

9.
a0031821_1864490.jpg
天神平駅付近の雪はザクザクの春雪状態で、普通の靴では足元が覚束ない。スパッツ巻かないと雪が浸入してビショビショになるかも・・・。

丸見えの谷川岳頂上等の様子は明日ご紹介しようかと。

追:
谷川岳基礎知識・・・wikiによれば

谷川岳(たにがわだけ)は群馬・新潟の県境にある三国山脈の山である。日本百名山のひとつ。周囲の万太郎山・仙ノ倉山・茂倉岳などを総じて谷川連峰という。

頂部は二峰に分かれており、それぞれトマの耳(標高1,963m)(南側)、オキの耳(標高1,977m)(北側)と呼ばれる。元来この山はトマ・オキの二つ耳と呼ばれ、谷川岳の名は隣の俎嵒(マナイタグラ)に与えられていた。しかし、国土地理院の5万分の1地図の誤記のために、トマ・オキの二つ耳が谷川岳と呼ばれるようになってしまった。なお、トマの耳には薬師岳、オキの耳には谷川富士の別称がある。

谷川岳の標高は2,000mにも満たないが、急峻な岩壁と複雑な地形に加えて、中央分水嶺のために天候の変化も激しく、遭難者の数は群を抜いて多い。

1931年(昭和6年)から統計が開始された谷川岳遭難事故記録によると、2012年(平成24年)までに805名の死者が出ている。ちなみに8000メートル峰14座の死者を合計しても637名であり、この飛び抜けた数は日本のみならず世界の山のワースト記録としてギネス認定されている。

私的には、遠望する景観は素晴らしい。山は遠くにありて思うもの。見るもの・・・安全第一で(^_^;)

by sdknz610 | 2015-04-18 19:00 | 谷川岳 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 04日

谷川岳二つ耳色々

谷川岳となると・・・二つ耳がやはり一番のターゲットになりますか・・・天神平に行けば撮りますよね♪

色んな画角で・・・ノートリミングなのでどんな風に見えるかご参考迄。

1.
a0031821_21194479.jpg
46mm相当
ロープウェイのゴンドラに乗って間も無く天神平駅・・・という所で二つ耳が間近に見えて来る・・・
これは何時もの事ながら小さな感動です。

2.
a0031821_21222658.jpg
9mm(18mm相当)FISHEYEで
右・・・白毛門、朝日岳、笠ケ岳の山塊と二つ耳を同時に収めるにはこの魚眼なら何とか・・・。
画面右下、ロープウェイ天神平駅。

3.
a0031821_21281943.jpg
これも9mmFISHEYEで。

4.
a0031821_21332676.jpg
57mm相当
ここからは、OLYMPUSのSTYLUS1です。

5.
a0031821_21335458.jpg
136mm

6.
a0031821_21342586.jpg
220mm

7.
a0031821_21345787.jpg
300mm
ヘリコプターの爆音が響いて来たので?何処に居る?と探したら丁度二つ耳の上に・・・遠過ぎ(^_^;)

8.
a0031821_21363287.jpg
900mm相当迄
#6を拡大してます。
原画では、肩の小屋のマド枠やら、屋根に太陽光発電パネルも乗ってる様で・・・これらが意外に良く解像してるので参考として。
STYLUS1・・・コンデジではありますが、結構スゴイ解像度!ですよ♪

マアでもこういう山の画では望遠側は300mmあれば十分でしょうね。
ミラーレスの軽量小型のカメラは山行きでは大変有難いというのが実感です。

by sdknz610 | 2014-06-04 22:30 | 谷川岳 | Trackback | Comments(0)