『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 31日

明日へ向かって飛躍!・・・「カワウ」水辺のアスリート

来年こそ明るく!前へ!前進しよう!飛躍の年に! ・・・と、思う。
カワウ、水辺のアスリートから元気を貰って・・・♪

1.
a0031821_8314117.jpg
カワウが・・・近付いて来る散歩の親子を警戒して、今将に飛び立たんと、身構え始めた・・・。
私は電柱の陰から300mmの望遠レンズを手持ちで、きっと飛び出すに違いない!と、その瞬間を待ち構える・・・。
既に側のマガモやコガモは飛び出し始めているから、間も無くだぞ・・・。

2.
a0031821_836714.jpg
サア!足が水を蹴り始め、一瞬沈んだその瞬間だった。
ついでに・・・画面左上のマガモのメスが将に飛び立たんとした瞬間にもご注目!
彼らは垂直離着陸なのです・・・。

3.
a0031821_8403480.jpg
飛び出した!! 先ずは足で水を蹴る。翼はこれから開こうかという体勢だ。
マガモのメスは派手に水を蹴って・・・飛び上がったね!!

4.ここから、先頭のカワウに焦点を合わせて動きを見てみよう。
a0031821_8444834.jpg
翼を大きく前に振り出して、この時足はもう2回目の蹴りを終えている。真剣な目!
オヤ!コガモも飛んだ!

5.
a0031821_8473843.jpg
全身筋肉の塊りみたい。 結構マッチョだな~♪ これぞ水辺のアスリートではないか!!

6.
a0031821_8492244.jpg
翼は目一杯上に振り上げて・・・。この時、足はもう何回も水を蹴っている。
推定毎秒3回!!! 秒3コマの連写のスピードを想像すると、足の運びが早い!ってことがイメージ出来ると思う・・・。

それも、画面ではちょっと分かり難いけれど、両足揃えてのキック!なのである。

ハクチョウは・・・駆け足スタイルなんだよね。こっちはドルフィンキックばり♪

7.
a0031821_8543720.jpg
バンバンキックして・・・スピードが上がって来たけど、まだ高度は殆ど上がっていないんだよね・・・。
カワウも浮き上がるには大変だ♪

8.
a0031821_8565542.jpg
ここでも未だ尾羽は水面を擦っている・・・。
水掻きの付いた大きな足から強力な推進力が生まれる。

9.
a0031821_858153.jpg
オ~・・やっと離水したか・・・最後の力強い蹴り!よかったよかった♪
さて、ここまで#2からの経過時間は、たったの2秒間だった。
その間、足は、前記のように、どうやら6,7回キックしているようで、カワウは重い体を浮上するのに
両足揃えた強力な足の跳躍力がエンジン、ということが良く分かる。
(12月29日。午後2:15。近くの遊水池にて)

★さてさて、・・・
2008年も今日で終わりますね。

この1年、皆様からの暖かいコメント、励ましを燃料として性能の良くないエンジンに注入させて
いただいたお蔭で、
何とか失速せずにここまでやって来れました。
皆様には感謝あるのみです。

来年はカワウに負けずに、飛躍の年にすべく、萎えそうになる気持ちに活を入れ、
新たな展開を期してがんばろうかと、思っております。

目標は、更なる高画質画像を目指して!という事ですが、どうなりますやら・・・。

又来年も皆様の暖かいご支援をお願いして、この1年の感謝の言葉といたします。

ありがとうございました!

皆様、どうぞ良き年をお迎え下さいませ!

店主敬白(佐渡閑蔵)

by sdknz610 | 2008-12-31 09:45 | 私の野鳥図鑑 | Trackback | Comments(12)
2008年 12月 30日

カルガモ舞い降りる

1.舞い降りる天使・・・とは行かないけれど・・・カルガモ♪
a0031821_9432481.jpg

2.
a0031821_9435434.jpg
私のカモ撮りの原点たる、一番身近なカルガモ。
群れ、単独・・・空中、水上・・・多彩なシーンを披露してくれる愛すべきカルガモ。

3.
a0031821_9482564.jpg
一瞬にして頭上を擦過して舞い降りる。油断ならないが、撮るのが又至難。早い・・・。

4.
a0031821_9535652.jpg
身軽なカモ類は離着陸にハクチョウの様に長い滑走距離を必要としない。
殆ど垂直離着水が可能で、減速には翼のエアブレーキを最大限効かせる。そこが撮り所でもある。

家から遊水池は目と鼻の先。ハクチョウこそ来ないが、カモ等の鳥撮りにはマア便利な所。

高速飛行物体を捕捉する練習には格好の場所かな・・・。

今、コガモ、マガモが多い。サギ類も立ち寄るし、カワウも集う遊水池。
冬鳥のシーズンが楽しみである。

by sdknz610 | 2008-12-30 10:04 | カモの仲間 | Trackback | Comments(6)
2008年 12月 29日

畦道にサファイアブルー。オオイヌノフグリ・・・もう春?

1.
a0031821_933970.jpg
何時もの散歩コースの畦道に、オオイヌノフグリのマア小ちゃな花がポツポツと小群落を作っていて、
結構気になる存在。
昨日28日、西からの冷たい強風が吹き荒れる午後だった。
マクロレンズを手持ちで狙っているけれど、体が揺れるし、花がブルブルに揺れるし・・・
おまけに時々イチローがリードを引っ張るしで、・・・
随分と連写したけれど、使えそうなのはほんの少し・・・。

2.
a0031821_941423.jpg
風の無い暖かな日なら、花びらを全開にしているんだけど、
流石に冷たい風に吹かれては、やっと此処までという花が多い。
五円玉の穴より小さい位に縮こまって・・・。

3.
a0031821_944166.jpg

4.
a0031821_95435.jpg

5.
a0031821_952980.jpg
オオイヌノフグリはこんな田圃の畦道に・・・。走って来たのは東武電車。
左に進んでいるんだけど、間も無く太田駅・・・。

それにしても、今オオイヌノフグリ!・・・というのは、ちと早いんじゃあなかろうか? 
普通は2月頃から?だと思っていたんだけど・・・。

今月の最低気温は、ここの所の冷え込みでやっと去年並になって来た。
一週間前までだと、1.3℃程月平均の朝の最低気温が高くて、暖かかったんだけどね~・・・。

そう言えば、ジンチョウゲがもう咲き出しているんだった・・・。

☆Nikon D200 + AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED

by sdknz610 | 2008-12-29 09:24 | 花追い人 | Trackback | Comments(10)
2008年 12月 28日

ハクチョウが来た~!!

1.
a0031821_8323325.jpg
多々良沼。朝、ハクチョウが居ない!・・・と、なると何れ飛んで来る筈なんですが、待てど暮せど・・・を
ガマンしてひたすら・・・。
すると、来た~!という声が。
一早く東の松林を越えて飛来するハクチョウを見つけたカメラマンが、教えてくれるのです。
見た目、こんな感じ・・・。これはかなり大きな群。
ワイドで撮るとゴマ粒みたいですが、この時が一番ワクワクする時♪

この後、このまま一緒に着水という訳では無くて、群が分かれたりするので、さてどの子を狙うのか?・・・
ジっと動きを観察。あっちやこっちを見なくてはならず、結構忙しい♪

2.編隊飛行
a0031821_8373962.jpg
大きく旋回しながら、だんだん高度が下がって来て、
運がいいとかなり近くを編隊飛行することがあるんですが、こんな感じ・・・。
飛行スピードは速い!
横の画を縦にトリミングしてます。

3.発進
a0031821_8412384.jpg
更に運が良ければ・・・直ぐ側からの発進が見られます。
先頭ではなく2番手の子を狙ってみたものです。
前を行く子が蹴った、水飛沫がね・・・♪

by sdknz610 | 2008-12-28 08:46 | ハクチョウ専科 | Trackback | Comments(10)
2008年 12月 27日

ハクチョウ イン・ザ・サン・・・惜しか~・・・♪

1.
a0031821_858119.jpg

SS1/2000 F6.3 ISO640 -0.3EV トリミング有り

2.
a0031821_8595896.jpg

SS1/2000 F6.3 ISO640 -0.3EV トリミング無し

☆以上、Nikon D200+AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED

☆7:12 日は昇ってしまい、色が褪せ初めている。
東に雲が張り付いていて、太陽そのものは見えず、広い範囲で強烈な逆光だ。

そんな時に、飛来あり!

しかし、失敗だった・・・・(涙)

飛来する時刻、太陽の高度、雲の有無、光り具合、ハクチョウの飛行高度、着水の位置など、
全くもって惜しい!んだけど・・・、
こうして見るとほんのあと僅かでイン・ザ・サンのチャンスがありそう!に思えて来る。

短いレンズで雰囲気重視か、超望遠で一羽を狙うか・・・臨機に対応出来ればいいんだけど、
マア、どうするか?・・・賭けみたいなもの・・・。
まだまだ先は長いな・・・・。

by sdknz610 | 2008-12-27 09:43 | ハクチョウ専科 | Trackback | Comments(10)
2008年 12月 26日

勃発!オナガガモの喧嘩だ~♪

1.何やら喧しい鳴き声がしている!と辺りを見回せば、この二羽の押し合い圧し合いが始まっていた\(◎o◎)/!
a0031821_1027856.jpg
左の子、低い立会いが効を奏すか・・・

2.ガーガーではなく、ピュ~ピュ~という、喧嘩とは言っても結構優しい声♪・・・でも・・・
a0031821_1029981.jpg
只の押し合いではなかった!
このまま左の子の押し倒し成るか?・・・

3.群れの中では、二羽が胸を押し合う喧嘩姿は良く見る光景なんだけど、この二人はマジ!!激しく遣り合っていた♪
a0031821_10321955.jpg


4.左の子が激しく押しまくると、右の子は必死で堪える・・・
a0031821_10333973.jpg


5.反撃!! 右の子がガンバッて逆転か?!
a0031821_1036116.jpg

6.ア~・・・でもやっぱり左の子が強いのか、又押し返す。
a0031821_1038287.jpg


7.と、右の子が肩すかしだ~♪ 左の子を上から押さえつけたぞ!
a0031821_10405941.jpg


フフ♪ この後は、両者痛み分けで・・・何事も無かった様に又群れの中に戻っていったのでありました。
まあ互角だったってことかな。
女の子同士の朝のレクリエーションだったかも。

陸に上がった大群の端っこで起きた事件だったけど・・・周りのオナガガモ達は皆我関せず・・・♪
側に寄って来ない!・・・誰も、野次馬が居ないんだよね。
?アレっ・・・野次馬は、私だけってこと?・・・ヤバイな~♪

こんな光景、オナガガモの群ではオス同士や、オスメスでも割と良く起きるんだけど、
これはね~メス同士で、ちょっとしつこかったし、かなり相手を押し込めたり、激しかったのでありますよ♪

マア、武器を持たないカモさんだから、血を流すようなことにはならないのが救いってことでしょう・・・。

by sdknz610 | 2008-12-26 10:52 | カモの仲間 | Trackback | Comments(14)
2008年 12月 25日

オナガガモ・・・この愛すべき敏捷な超小型戦闘機達♪

1.
a0031821_8522210.jpg
オナガガモ・・・これ程の大群で飛ぶカモは他に知らない。
伊豆沼のマガンの大群を見たことが無いので、このオナガガモで我慢、と言ってはこの子達に失礼かな?・・・。

2.
a0031821_8544662.jpg
ここ多々良沼付属のガバ沼にはどういう訳かカモの仲間はオナガガモしか居ない、と言ってもいいだろう。
ハクチョウと何時も一緒で・・・渡りと、避寒地でのリゾート生活を共にするオナガガモ・・・。
共存共栄といったところだ。
ここでは、このオナガガモを撮るカメラマンは見たことが無い・・・。
あまりにポピュラー過ぎて、希少性に乏しいか・・・。

群れを撮るには格好の被写体で、敏捷な飛び姿を撮る練習には丁度良い。
機会有る毎に撮り貯めているのだけれど・・・。

3.
a0031821_904929.jpg
敏捷に旋回するのを、お腹に日を浴びるアングルで撮るのが好きだ。

4.
a0031821_92598.jpg
頭上に迫り、ギュ~ンと旋回する。
航空ショーで戦闘機の飛翔を見るようでもあり、ここに来れば何時でも高性能戦闘機の飛びを見られるってこと♪
中でも編隊飛行は見所だ。

5.
a0031821_941922.jpg
これはかなり近いところを高速で旋回中。
頭が茶色で、襟元が白いのがオス。全体に茶色っぽいのはメス。

オナガガモは地上に降りても、先日の画のように、結構ズーズーしい所があったりで面白いけれど、
一旦空中に飛び出せば、飛行の名人!といった感じで、家の近くに年中居るカルガモよりは、
ズっと敏捷に見える。
シギの大群は見たことが無いけれど、近くで鳥の大群の飛翔が見られるのはこの時期のオナガガモだけ・・・。

6.
a0031821_97474.jpg
着水体勢に入って体、翼を立てて、エアブレーキで減速中。

☆以上、全てTokina ATX AF300mmF4

この時期しかこういうカモの大群を撮れないので、これから3月中旬まで、あれこれ機会有る毎に撮っておきたい。

by sdknz610 | 2008-12-25 09:51 | カモの仲間 | Trackback | Comments(10)
2008年 12月 24日

黄金の光りの中へ・・・ハクチョウ飛来

1.
a0031821_12413488.jpg
12月24日。今朝も夜明け前から待機・・・。この画は7時00分36秒だった。
既に太陽が地平から昇ってしまい、今朝も飛来してくれないのかと諦め掛けた時に、やって来てくれた。
ちょっと早めの着水で、高度、位置共に黄金の真っ只中という訳ではなかったけれど・・・、
宝籤を掠ったような感じ・・・♪
あとちょっとだな~・・・。めげる訳には行かないな♪

今朝のガバ沼、半分氷結していた。

こんな光りの状態では露出補正がとても難しいことになる。
もしかハクチョウが来て、黒潰れはイヤなので、予め+1.3EVで待機していたのはほぼ正解だったか・・・。
マルチセグメント測光。ISO400,F6.3、1/320。18-200ズームレンズの168mmだった。

2.
a0031821_12471283.jpg
多々良沼・浮島弁財天へ移動して、ひたすらハクチョウの飛来を待っていたら・・・
思わぬ授かりもの♪
何かが視界の隅を横切ったぞ、と思ったらこの子だった。
直ぐ側の杭の上に、久し振りのカワセミだ\(◎o◎)/!

3.
a0031821_12504831.jpg
態勢を低くして距離を半分ほどに詰める。
下の嘴が赤い。女の子だね。

4.
a0031821_12521263.jpg
この直後、もう少し近くへ、と思った途端に飛ばれてしまった。
シャッター間に合わず・・・。

8時、9時、10時と都合3回の出演だった。正確に1時間おきに巡回しているみたい♪

カワセミポイントでは延々待っても出て来ないけれど、こんな風に直ぐ近くにフラっと現われてくれるので、
マア、油断出来ませんですよ。

カワセミの女の子を撮れたのは初めてだと思う・・・。

☆今朝のハクチョウ他:
ハクチョウの城沼からの飛来が遅い(泣)
9時半過ぎから、飛来が本格化。15羽、20羽なんていう群で・・・・。
その前には数羽の群が数回・・・。
着水位置が遠い。

ミコアイサの20羽程の群れは、相変らず沼の中央辺り。これも遠くて・・・。

そう言えば、オオハシシギの姿が無い。

ユリカモメが1羽だけ、ビジターセンターの餌場で静かにしているのが、浮島から遠望で。
そっちに廻れば、目の前で見れそう・・・。

by sdknz610 | 2008-12-24 13:04 | ハクチョウ専科 | Trackback | Comments(10)
2008年 12月 23日

オナガガモ軍団に圧倒される・・・

1.
a0031821_1351754.jpg
この数!・・・陸に上がってゾロゾロ・・・。麦の新芽を食べに来るのですが・・・。

2.
a0031821_13163046.jpg
こうして見るとメスが圧倒的に多いか・・・。

3.
a0031821_13181100.jpg
どんどん上がって来て・・・ハクチョウの飛来を待つカメラマン席周辺に進出!・・・後ずさりしてパチリ♪
ジっとしていると、靴の周りにいたりして・・・♪

4.
a0031821_13205725.jpg
何かに警戒して(それがよくわからない・・・音なのか?・・・)一斉に首を伸ばす・・・。

5.
a0031821_13223033.jpg
突然!一斉に飛び立つ。鴨の子を散らすように・・・なんて表現は無かったか・・・♪
この時巻き起こる風はかなりの迫力。帽子が飛ばされそうに・・・ならないんだけどね♪

ガバ沼では、こういうシーンが日常。これじゃあ鳥インフルが居たらとっくに・・・♪
今の所、大丈夫みたいだけど。

しかしマア、こういう鴨の繁殖力は凄まじいって感じるのですよ。
この勢いでハクチョウが居たらエライ事、でしょう・・・・♪

☆12月23日の多々良沼ハクチョウの状況:
夜明け前からガバ沼で待機。15羽が居て、殆ど動き無し。一回だけ飛び立ちがあった。
8時過ぎに多々良沼へ移動。浮島弁財天にてハクチョウ狙い・・・。
8時半から9時過ぎに掛けて、数グループの飛来あり。何れも遠い。
総数70羽+か・・・。
徐々にだが増えている。
無風、気温は0度位だったか・・・。

ミコアイサの群を確認。証拠写真のみ。
本日はさしたる収穫無し。

ハクチョウ撮りを終了後、カワセミポイントで待つが、遠くに目撃したものの近くには現われず。
セグロセキレイの証拠写真をゲット出来た。

富士山は地平の霞がきつくて見えず。北の男体山、日光白根、赤城山も霞んでいて画にならず。

by sdknz610 | 2008-12-23 13:38 | 私の野鳥図鑑 | Trackback | Comments(14)
2008年 12月 22日

ホトケノザが何だか元気なのです・・・畦道のお姫様!

1.
a0031821_14242712.jpg
今月の朝の最低気温が平均では前年同月より1.5℃も高い・・・。
そのせいかどうか・・・散歩の畦道など、そこ此処にホトケノザが、流石に咲き乱れるということではないけれど、
元気なんだよね~♪

2.
a0031821_8411499.jpg
去年の記憶は定かでは無いけれど、この時期にこんなに目に付くのは、今まで無かったかな?・・・
21日、夕方の斜光線を浴びて輝いていたので・・・。15:33だった。

3.
a0031821_8432250.jpg
長~い筒の中に蜜を溜めているのかな?・・・
虫に来て欲しくて、笑っているげなカワイイ顔をしてるのか?・・・な♪

4.
a0031821_846359.jpg
これは同じ21日の朝7時13分だった。
霜が降りているんだけど、めげずにガンバッテいたお姫様・・・♪

5.
a0031821_8483854.jpg
☆ホトケノザ・・・シソ科。三階草とも。
似た花にヒメオドリコソウがあるが、こっちは流石に今は何処にも咲いてはいない。
他に、オオイヌノフグリが数は少ないけれど、ポツンポツンと咲いている・・・。

冬の畦道も良く見るとあちこちでみんなガンバっているんだよね・・・。

☆Nikon D200 + AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED

by sdknz610 | 2008-12-22 09:10 | 花追い人 | Trackback | Comments(8)