人気ブログランキング |

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 31日

ブルーライト横浜・・・みなとみらいの夜

3月29日、横浜にて。
中華街から、みなとみらいインターコンチネンタルホテルまでの海辺をそぞろ歩きで帰る。
見事な夜景を撮らざるを得ず♪

1.
a0031821_10465766.jpg


2.
横浜赤レンガ倉庫
a0031821_10475418.jpg


3.
横浜グランドインターコンチネンタルホテル
a0031821_1049647.jpg
この14階が今夜の塒♪ 西側の部屋なので、ランドマークタワーが良く見える筈。

4.
a0031821_10505354.jpg
何だか気に入った画♪

5.
ホテルの窓から外を見れば・・・見事な眼下の夜景
a0031821_10535740.jpg


6.
a0031821_10545561.jpg


7.
昼間の景観は?
a0031821_1056261.jpg

横浜のこの辺りは昔仕事で来たことはあるものの・・・寄り道もせず駅へ直行だったし・・・初めてのヨコハマという感じだった。
大開発で随分景観が変わったんだろうな。

何はともあれ、夜景が素晴らしかった♪
夜景撮りは・・・WB、ISO感度、露光時間等試してみるべきパラメータが多くて、コマ数は結構進んだものの
なかなかピンと来る画にならないものだと・・・難しいもんだね(^_^;)
まだまだ研究の余地大なのでR。

出来ればちょいしっかりした三脚は必須なんだけど・・・ナガモノを持ってウロウロするのも傍迷惑かな?で、
今回はミニ三脚で誤魔化したが・・・次のこういうチャンスには必ずやシッカリ三脚を持参しようと決~めた!♪

3月29日 風は少々きつかったが、良く晴れてお天気には恵まれた。
孫達と、明日は八景島シーパラへ。

by sdknz610 | 2012-03-31 13:30 | 夜景 | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 29日

王者オリオンと富士山♪ PENTAXのアストロトレーサを試す。

夜も更けて来た。
星達と富士山の饗宴は真っ盛り!

オリオンのダイヤモンド富士山?・・・ナンテ♪ 冬空の王者が富士山をドッカリと踏みしめる・・・♪
1.
a0031821_16575238.jpg
19:32
星座の大きさをあらためて感じる。
オリオンが富士山に向かって西へ降りて行く・・・。

2.
a0031821_16593528.jpg
21:27

3.
a0031821_20565750.jpg

22:02

★今回は、PENTAXのデジイチ用(K=5,K-rのみ)のGPSユニットを試すのも目的だったので、以下レポートを。
名称はGPSユニット O-GPS1という代物。
何をするか?って・・・このユニットの機能としてアストロトレーサというのがあって、
通常だと、長時間露光をして天体を撮影するためには日周運動を追うために赤道儀というキカイが必要なんだけど、
このGPSユニットは赤道儀不要という・・・不思議なキカイなのであります。
カメラ内部の撮像センサーがGPSからの指令で日周運動を追い掛ける動作をする、というものです。

これを使って富士山に掛かるオリオンを撮ってみると・・・
4.
a0031821_17211392.jpg
22:22 
オリオンの小三ツ星は・・・しっかり点像に写ってます。
そして富士山は・・・日周運動で動いちゃってます。
レンズを着け換えて、この画は82mm相当で。
肝心の露光時間は、180秒です。
このキカイは、タイマー機能があって、露光時間をセットすれば放っておいても大丈夫。
バルブで何分と自分で時間を測って、という事が無いのは大いに助かります。

5.
a0031821_1728668.jpg
21:18
オリオン座中心部。
132mm相当で120秒の露光。
これでISOをもっと上げれば更に淡い天体も撮れそう。

6.
a0031821_1731158.jpg
21:48
星を止めると、地上の景観はこんな感じで流れます。

さてさて、赤道儀要らずのお手軽星景写真にはこのGPSユニットは面白い♪
カメラのアクセサリーシューに差し込むだけの重さ60gr(単四電池込みで)という軽さだし!

このアストロトレーサ機能付きのGPSユニット、今回使い初め。
PENTA独特のアクセサリーだ。
まだ良く分からん事が山積なんだけど(^_^;)・・・又次のチャンスにアレコレやって見よう!

3月24日 山中湖
PENTAX K-5
・12-24mm
・55-300mm

by sdknz610 | 2012-03-29 13:00 | 天体写真蔵 | Trackback | Comments(4)
2012年 03月 28日

星影の富士山・・・プロローグ

3月24日。お日様が沈んで徐々に暗くなって来た。
いよいよ星の出番になるんだけど、その前座として幾つかの画をご紹介。

夕方から夜への光の変化は早いんだよね。油断大敵♪ せっせと撮って行かないと・・・。

暗い所での機材の扱いに慣れておかないと、足元も見えなくなって来るし、思わぬ怪我でもしかねないので、
気を付けてます(^_^;)
ヘッドランプが要るかな~・・・。手持ちのLEDランプではどうも使い勝手が悪いのだ(泣)

1.
a0031821_20504687.jpg
18:38
21mm相当で撮っているので、月がえらく小さく見えますm(__)m。
月齢1.5の糸の様に細い月だった。
その上に木星、そして金星が。

2.
a0031821_20541647.jpg
18:48
21mm相当。
枝を避けてちょっと前へ出てみます。
これなら縦に並んだ、下から月、その上に木星、そして一際明るい金星!が良く分かります。
月の地球照が見えますね。露出時間は10秒でした。
ぼちぼち街の明かりが点き始めましたよ。

3.
a0031821_212156.jpg
18:59
そろそろ狙い目の時間帯に。
空、湖など、全体の明るさのバランスが丁度いい具合になって来た。星を撮るのにって事ですが。
これで30秒掛けてます。
街の明かりが暖かくて、こういうのが好き!♪
流星の様に見える赤い線は・・・旅客機の赤い点滅するテールランプの光跡。
富士山上空は航空路が一杯なんだな。引っ切り無しに飛行機が通過してた。

4.
a0031821_216450.jpg
19:05
快晴の夜!
いよいよ星と富士山の共演が始まるのだ!♪
右端上部・・・縦に並んだ、下から木星、金星(明るいんです) そして、スバルだ~♪
スバルから左にV字形のおうし座。
そして・・・中央上部ちょっと左に冬空の王者オリオン!
左上部に、おおいぬ座のシリウスが目立ちます。

カメラは三脚に固定。焦点距離が短いので30秒露光しても、日周運動による星の流れが殆ど目立たないんです。
こんな事が出来るのは・・・高感度に強いデジカメのお陰だよね。

ここに来たのは・・・こういう画が撮りたかったのだ。富士山とのコラボレーションがね♪
風も弱く、願っても無い好天に。 ラッキ~♪

オット! 晩飯食うの忘れてた・・・。バーナでお湯を沸かしてラーメンをと思っているけど、もうちょっとしてからになりそうだ♪

3月24日 パノラマ台

by sdknz610 | 2012-03-28 13:00 | 天体写真蔵 | Trackback | Comments(4)
2012年 03月 27日

富士山 パノラマ

山中湖東方三国峠途中のパノラマ台にて日が沈むのを待つ。
目論見通りの好天だった。風弱く、富士山もマア良く見えて・・・。
ここからの富士山は初めてだった。
目的は富士山を入れた星空と湖絡みの画なので、暗くなるまで辺りをウロウロしてロケハンだった。

しかし、この高台は・・・いい感じで山中湖と富士山が望めて、我が定点観測地に合格!ってことになりそう♪

この広大な景観を12-24mmのスーパワイドで狙う。

1.
a0031821_11353693.jpg
16:43
真逆光なので太陽が視野に入ると露出が難しい。露出ブラケットで5コマずつ・・・・。
構図を少しずつ変えて、その都度だからコマ数が進む事・・・(^_^;)

2.
a0031821_1140166.jpg

3.
a0031821_11405212.jpg

4.
a0031821_11415882.jpg

5.
a0031821_11423366.jpg

6.
a0031821_11432869.jpg
17:55。日が沈んだ。この後は・・・月、星の出番に。

こういうパノラマ風景は苦手(^_^;)
広々と気持ちはいいが・・・画にするとどれも漫然と平凡で・・・。
雲によっては大分様相が変わるだろうね。
通わないとダメって事か。

富士山に絡む宇宙の様子はどうなんだろう?・・・幸い快晴の夜になるだろう。
どうやら徹夜になりそう。

3月24日 
smcPENTAX 12-24mmF4
PENTAX K-5
三脚使用
若干のトリミングあり

by sdknz610 | 2012-03-27 11:30 | 富士山 | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 26日

Canada Goose:カナダガン(シジュウカラガン)とMt.Fuji!♪

今日は、昨日(25日)山中湖畔で遭遇したシジュウカラガンについてレポートします。

こんな珍鳥に会えるなんてと、ドキドキしながら撮りましたよ。
足環はしてないね。

シジュウカラガンは以前上野動物園・不忍池で足元をゾロゾロというのに出会った事があって、
何とか姿は覚えていたようで(^_^;)・・・名前は分かったんですが・・・。
ワ~オ!何でここに?!と・・・(笑)

マア、それは兎も角・・・富士山を背景にして撮れるなんて・・・稀なチャンスという訳で超接近を試みた次第・・・
1.
a0031821_16564657.jpg
朝は良く冷えた。マイナス1,2℃?(泣)・・・霜で真っ白になった木道に飛び上がって来た!

ヒドリガモの群れが近くを遊弋していて、その群れが近寄った岸辺に、見掛ない、カモにしては大き目の二羽がいるのに気が付いて・・・
遠目には良く分からず、暫く富士山を撮っていたら、まさかね~・・・♪

富士山狙いで、12-24mmのスーパワイドしか持っていなくて・・・こんな感じですが、近い!
この時刻になったら富士山の頭に雲がしつこくへばり付いて、天辺が見えなくなってしまい、鳥撮りに切り替え♪

2.
どうやら、左側の土手の方へ行きたいみたいだったので
a0031821_1782781.jpg
ピョン!
飛び出すところが辛うじて・・・ちょっと身辛いですが(^_^;)
日の出直後でここには未だ日差しが届いていないんです・・・。

3.
a0031821_1711915.jpg
先にもう一羽が居たのね♪
揃って何しに行くのさ?・・・

4.
傍に行っても殆ど無視されているようで、ヨ~シそれならと♪
a0031821_171445.jpg
出来るだけ富士山を入れなくっちゃね♪

5.
a0031821_17162474.jpg
ひたすら朝食中。枯れ芝の中にある緑の葉っぱを穿ってました。芝の芽?何だろう?・・・
誰も居ない広大な芝生の広場は、霜で真っ白。

6.
a0031821_17191967.jpg

7.
a0031821_17202444.jpg
今回BORGは留守番。まさかスーパワイドで鳥撮りは想定外だったな~♪
近づければの話ですが、周囲の様子が分かるので面白い画になるようです。
こんな鳥撮りもいいじゃないか!・・・なのであります♪

8.
a0031821_1726341.jpg
下ばっかり向いていて・・・首を上げたポートレイトはいいのが撮れずのボツって事に(泣)

9.
a0031821_1730132.jpg
尾羽に触っちゃおうかと思った位♪・・・50cm無かったかも。

10.
a0031821_1732211.jpg
WBはオートで。空や富士山の雪は正常な色。
この画もそうですが、ちょっと羽の茶色が強い感じの画に。朝日の赤っぽいのがそのまま・・・でしょう。

11.
じゃあね!バイバイ♪
a0031821_17362658.jpg
今朝はポツポツと何人かのカメラマンは居ましたが、このガンを撮ってる時は誰も居らず・・・撮り放題に♪

次の機会には又会えるといいな。北帰行はしないんじゃないか?・・・なんですが。

さて、今回の撮影行ですが、
24日の夕方から25日の朝まで・・・富士山と星空のコラボレーションをと、アチコチ場所変えしながらウロウロと・・・
とうとう徹夜になってしまったのだ(^_^;)

幸い天気晴朗にして風弱く、コンディションは最高だった。
尤もダイヤモンド富士の時期外れにつき・・・カメラの砲列など一切無し♪
今は山中湖平野のワンドだと、太陽は富士山の北側裾の下の方に沈むんだよね。

富士山の雪が一杯ある時+余り寒くない時+月が出て来ない真っ暗な時・・・が、今回の狙い(笑)
でも条件は厳しいですよ・・・
晴れが絶対必要だ+出勤日でないこと♪+体調が万全で行く気がすること♪+車も快調な事+・・・ガソリンが買える事・・・なんてネ♪
それにしても・・・この時期、まさか真夜中に夜空を撮ってる人間は終ぞ見掛なかった♪ 

そして・・・シジュウカラガンは全くのオマケって事でした。
こんな事があるんですね。家に居たんでは・・・遭遇出来ない貴重な経験って事で、ラッキ~だったかな?
こんな事の後は気を付けなくっちゃ! で、帰りの高速も・・・安全第一、法令順守の模範運転でしたよ♪

smcPENTAX 12-24mmF4
PENTAX K-5
この時は三脚から外して手持ち
若干のトリミングあり

メモ:
Wikipediaとフィールドガイド日本の野鳥によれば :
カナダガン (加奈陀雁、学名:Branta canadensis)は、北アメリカのカナダとアメリカ合衆国北部に生息する黒や茶色の頭と茶色の羽を持つガン。まれに日本に渡来する。

シジュウカラガン、カナダガモともいう。

日本では絶滅危惧種。

山梨県で繁殖している本種は、シジュウカラガンとは別亜種で、飼育されていたものが半野生化したものである。
日本ではオオカナダガン(Branta canadensis moffiti)と見られる亜種が外来生物法で要注意外来生物に指定されている。

シジュウカラガン・・・帰宅して調べてみたら以上の様な事で、
どうやらかなり前から河口湖で飼われているらしい群れの中の個体のようです(^_^;)
山中湖まで遊びに来てたんかい♪
って、自分がそうなので・・・(^_^;)

by sdknz610 | 2012-03-26 12:55 | ガン 雁 | Trackback | Comments(4)
2012年 03月 25日

雀:まったりと羽繕い

1.
a0031821_1036466.jpg

2.
a0031821_10362738.jpg

3.
a0031821_1036465.jpg

4.
a0031821_1037862.jpg

こんな時、瞼が閉じ気味で、トローリ恍惚状態なんだよね♪

3月21日 多々良沼

強風がビュンビュンでも、ここは殆ど無風の真空地帯♪
一頻り餌探しで忙しかった後は、みんな集まって居眠りやら羽繕いやら、リラックスタイムを過ごしていた。
ちょっと遠目からお邪魔にならないように・・・。

by sdknz610 | 2012-03-25 11:00 | スズメ | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 24日

スズメのトビモノ

雀の飛び姿を撮りたくてあれこれと無謀な挑戦やってます(^_^;)
1.
a0031821_21142611.jpg
1/5000 -0.3EV ISO2000

2.
a0031821_2115295.jpg
1/5000 -0.3 2000

3.
a0031821_21154413.jpg
1/5000 -0.3 2000

4.
a0031821_211628.jpg
1/1250 -0.3 800

5.
a0031821_21161984.jpg
1/5000 -0.3 2000

6.
a0031821_21163634.jpg
1/5000 -0.3 2000

7.
a0031821_21165250.jpg
1/2000 +0.7 800

以上、共通;中央重点測光 WBオート

雀・・・翅の動きはこういう小鳥の常ながら、1/5000でもブレてます。
日差しがあることがこういう撮り方では何より重要な要素と言えそうです。
マ、それにしてもピン外しが多くて・・・歩留まり最悪(泣)

今回のも、ピン甘ですが、ご容赦をm(__)m

雀のトビモノ・・・狙ってみてあらためて難しいものだと実感してます。
深く考えずに持てる腕の範囲で・・・これからも雀に遊んでもらおうかと・・・。

3月21日
BORG 50FL F8開放
PENTAX K-5
三脚に乗っけてます
トリミングあり

by sdknz610 | 2012-03-24 11:57 | スズメ | Trackback | Comments(4)
2012年 03月 23日

カンヒザクラ(寒緋桜 Cerasus campanulata):蕾が爆発寸前!♪

多々良沼の桜情報お届け:
我がカンヒザクラの定点観測木。21日現在、今将に蕾が綻ぶ寸前状態だった♪

Wikipediaによれば、
釣り鐘状の花が特徴で学名の種小名 campanulata は「カンパニュラの様な」と言う意味で、
キキョウ科のカンパニュラ属の花が下向きに咲く所になぞられて名付けられた。
花の色は白から濃い桃色まで様々の個体差がある。
おおよそ1月から2月上旬にかけてが開花期となる。花の大きさは1.5~2.5cm程度。樹高は5m程度。
葉は秋になると紅葉する。
この早咲きの特性と、下向きに花が咲く特質が、他のサクラと交配した時に影響を与え、
各地で優秀な園芸品種が出来ている。
その中でも有名な物は、このサクラとオオシマザクラの自然雑種、サトザクラ‘河津桜’が近年、有名で各地の観光名所に植えられている。

22日,好天に恵まれれば弾けるかもしれないな。
この桜が咲くと、待ってましたとばかりメジロがやって来る筈なのだ。そうなると・・・♪

1.
a0031821_5321079.jpg

2.
a0031821_5325523.jpg

3.
a0031821_5331686.jpg

4.
a0031821_5333114.jpg

5.
a0031821_5334717.jpg

6.
a0031821_534351.jpg

7.
a0031821_5341953.jpg

枝は上に向かって伸びているが、花は下向き釣鐘状。今期1,2週間開花が遅れているかな?・・・
沖縄での開花宣言はこの花!
花期は長いね。ここのソメイヨシノ、枝垂桜と被るんではなかろうか。
メジロ、ヒヨドリも頻繁に来て蜜を吸う様子が楽しめるので、ここでは貴重な桜なのでR♪

3月21日
多々良沼
CASIO FH-100

by sdknz610 | 2012-03-23 11:00 | | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 22日

Tundra Swan (Cygnus columbianus):コハクチョウ飛び立ちぬ

昨日は春分の日だったか!と、なるとハクチョウ達の北帰行ももう終わってしまったかと、今朝は少々焦って多々良沼へ行ってみた。
未だ居たね~!数十羽が強烈な赤城颪を避ける様に岸辺でお休み中。
ようやく午後3時頃になって動き始めて、十数羽が一塊りになって風上に向かってGO!!というシーンを収める事が出来た。
北帰行に備えての練習か?と思ったら、どうやら北岸の餌場へという事だった(^_^;)
如何にもいよいよ北帰行かという雰囲気だったのですが・・・♪

ハクチョウの用意ドン!は何時見てもイイね♪ カッコイイ!!\(◎o◎)/!
1.
a0031821_2324294.jpg

密集してのスタートダッシュ!! 足鰭が水面を叩く音が一際大きく、一斉に啼き交わしながらの騒々しさがより迫力を増す。
距離が近いので600mm相当では集団の一部しか捉えられない。
大体は・・・本能的に先頭集団を狙う事が多いね。
トップに居る子がスタートするのに倣って次々と追い掛けて離水して行く。
群れの中程に居る子が追い越して、というシ~ンは見た事が無い・・・。それは道交法違反なのだ(爆)
マニュアルフォーカスでピントを送りながらの追い写しの連写。

2.
a0031821_2385220.jpg


3.
a0031821_23143684.jpg
別のグループ。

4.
a0031821_23151090.jpg
今日の北西の風だと、風上に向かって離水すると丁度目の前に来てしまう。そのままでは私にぶつかっちゃう♪ ので、
右に進路を変えて大きく旋回して行くんだけど、
丁度最接近になって、600mm相当ではほぼ画面一杯になる。ピント大丈夫?・・・ヤバイよね(^_^;)
そして・・・これは偶々ジャスピンだった♪

BORG 50FL
PENTAX K-5
手持ち

コハクチョウ・・・スズメに較べれば矢鱈とデカイぞ♪ 
スピード感は・・・小鳥に較べればまるで止まっているみたいなのだ♪
で、何とか飛翔体にもピントを合わせる事が可能という事ですね。

北帰行は彼岸までに、というのがここ多々良沼では定説のようだけど、年によって±10日?程の幅はあるのかな?
最後の組がソメイヨシノが咲いてから、という年もあったかも。
?イヤあの時は具合の悪い子を見守っていた家族が遅くまで居残っていたんだっけ?・・・
家族の絆が殊の他強いハクチョウならではのエピソードだったと記憶している。

今年もみんな無事に故郷へ辿り着けるよう祈るばかりなのだ。

22日のお天気は晴朗で15℃位まで上がる予報なので、一斉に北へ帰っちゃうかも・・・
今日は出勤日なので・・・そうなっても見送れないのだ・・・
秋になって又多々良沼に来てね♪ 待ってるよ~!

by sdknz610 | 2012-03-22 12:00 | ハクチョウ専科 | Trackback | Comments(4)
2012年 03月 21日

雀の表情色々

スズメ撮り挑戦中・・・って何時まで続くのか・・・BORG沼の無限地獄かも・・・(^_^;)
1.
a0031821_21373783.jpg

2.
a0031821_21383944.jpg

3.
a0031821_21391375.jpg

4.
a0031821_2140214.jpg

5.
a0031821_21402116.jpg

6.
a0031821_21404058.jpg

7.
a0031821_21405957.jpg

8.
a0031821_21411972.jpg


3月19日 多々良沼
BORG 50FL 直焦点
PENTAX K-5 
手持ち
大トリミングでもBORGなら大丈夫♪

強烈な赤城颪も弁天様の社の陰では真空状態になってくれて、日差しが強いから寒くは無い。
ここをテリトリーにしている雀達がこっちがちょっと油断してると直ぐ傍に来たりして、
顔を覚えてもらえれば、これからいいモデルになってくれるだろう♪

雀は見慣れているつもりでも肉眼では細かい所は殆ど分からない。
沢山撮ってると、マア色んな表情があるんだなと言う事が分かって、更に繊細な毛並みの様子が写っているとウレシイのさ♪
でも、ホントは彼らは何しろ生きるのに必死なんだよね。
そこにちょこっとお邪魔して撮らせてもらうんだけど・・・ゴメンね、申し訳ないです。

ピントはひたすら「目」に!と思って撮っているけど、繊細な翅もちゃんと解像してくれないと・・・みんなボツって事に(^_^;)

マア歩留まりの悪い事(涙)
只、デジタルカメラでなかった時代には素人がこんな画像を撮るなんて事は先ず不可能だった、と思う。
技術の進化はスゴイね。有難い事なのであります。

こうして練習しておけば、これから桜メジロなんて事になっても少しは役に立つんじゃないの?
なんてネ♪

by sdknz610 | 2012-03-21 13:00 | スズメ | Trackback | Comments(2)