人気ブログランキング |

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 31日

手筒花火 in 館林市(3)・・・手筒6本立て! & 雷様も♪

手筒花火シリ~ズも押し詰まって来ました。今日は6本立て競演からご紹介です。

次々と「はね」るので、ご注意を!♪
では・・・

1.
a0031821_20115660.jpg
手持ちの短い手筒がズラリ♪ これもなかなかのミモノでした!

2.
a0031821_20134914.jpg

3.
a0031821_20144834.jpg

4.
a0031821_2015773.jpg

5.
a0031821_20152915.jpg

6.
a0031821_2015538.jpg

7.
a0031821_20161234.jpg

8.
a0031821_20163155.jpg

この一連の画像ですが、アっと言う間の出来事!
これで僅か5秒間の出来事です。「はね」を捉まえたくて・・・シャッター押し始めのタイミングが微妙なんです(^_^;)
あんまり早くからだと、連写枚数の限界が来ちゃって・・・フリーズするもんで(泣)
秒1.5コマのスロー連写してます。

9.
さて、これは・・・夜空に浮かぶ巨大ドライフラワ~!♪
a0031821_20165482.jpg
この日は隅田川の花火が打ち上がっているんですよね。
TVで見ましたが、ここのはとてもあの勢いでは無いんですが(^_^;)・・・
短い時間でドドンなので、アレコレ試してる暇は無いんですよ(泣)
所謂長く尾を引く写しではなく、SSを1/30位だとどうなるの?と・・・そしたらこんな画に(^_^;)
妙に立体感があるのかな? 面白いと思って♪

10.
火事だ~!!(笑)
a0031821_20172673.jpg
SSを1秒では・・・風に流されて・・・ちょっとぼやけた感じに(^_^;)

11.
a0031821_201823100.jpg
雷様がやって来ました!
オレにも手筒花火を見せてくれ~・・・だったか?♪
どうだ! オレの方が明るいだろ?・・・なんて♪
右端中央のぼやけてるのは、上弦の月です。

この稲妻は・・・もうちょっと真剣に狙えば良かったかな~・・・惜しい事したぜ(泣)

この後パラパラっと来て・・・傘差して手筒を最後まで♪

この稲妻のはPENTAX K-5+12-24mmスーパワイドで撮ってますが、
その他のはNikon P500というレンズ一体型のコンデジです。三脚に乗っけてます。
スロー連写が丁度上手い具合でした♪
たかがコンデジですが(笑)・・・鳥さえ撮らなければ、こんなシ~ンも意外に行けますよ♪
鳥は・・・まるで別世界の話に(^_^;)・・・BORGになっちゃうのであります。

さてもうお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。
実は・・・花火の煙の行方は非常に大事で、何処に陣取るか?が重大決断事項になりますね(ちょっと大げさ♪)
・・・今回は地元の写友のアドバイスを頂いて・・・一緒に撮影させてもらいましたが、読み通りになりましたよ♪
こちらから見て、煙はみんな後ろへ流れてくれて・・・これはホント助かりました!
こんな事もあるんですね。これはもう賭けですよね・・・。
途中での移動は・・・マア不可能な状態なものでして・・・。

手筒花火という不思議な花を見る事が出来て・・・いい夏の思い出になりそうです。
これ嵌ったかな~♪ 
又来年が楽しみになってきたゾウ!

今は撮った画像を見ながら・・・反省ばっか(泣) 来年リベンジさせてもらいます(笑)

長々と・・・ここまでご覧頂いて、どうもありがとうございます。

by sdknz610 | 2012-07-31 21:00 | 花火 | Trackback | Comments(4)
2012年 07月 30日

手筒花火 in 館林市(2)・・・火柱3本立て!

手筒花火の三本同時放揚シ~ンです。
「はね」る瞬間に拘って・・・あれこれ試行錯誤の画になりました。
イヤ~・・・でも何しろトンデモ手筒は・・・面白い!♪
面白い!ってのは重要ですよね♪

では、手筒の火の粉を浴びてみて下さい(笑)
1.
a0031821_11544018.jpg
高く高く噴出する火柱! クライマックスですよ~♪

2.
と、ボンっ!!・・・
a0031821_11561153.jpg
右のがはねました! 火だるまに!・・・

3.
a0031821_11581077.jpg
今度は真ん中のが・・・手筒の底が破裂して、この炎に包まれて・・・これが醍醐味とか!♪
サムライが居るもんだワ。

4.
a0031821_1211213.jpg
まだ炎の真只中・・・(^_^;)

5.
そして最後のが・・・ド~ン!と来ましたよ
a0031821_1225952.jpg

この時もミニきのこ雲が上がって・・・(^_^;)

さて、以下は手筒の実演が始まる前のお披露目の様子です。観客との触れ合いも大事な仕事♪
6.
a0031821_1273827.jpg
これから手筒を(これは空砲です)観客に見せて、触ってもらって、覗かせてくれるんです。
大きいのは火薬充填で5kg程あるとのこと。
小さいのは片手で持って放揚するそうです。

7.
a0031821_12105599.jpg
手筒と言えば豊橋が本場だそうで・・・朝も早よから駆け付けてくれた専門家集団揃い踏み♪
専門家と言っても普段は夫々の職業に従事してる普通の人!みたい♪

8.
a0031821_12171977.jpg
これが手筒をしっかり抱える正規の姿勢なんだそうです。
垂直に、右腿に固定して・・・左足を後ろへ引く。
手筒花火は、ロケットの逆噴射さながらだから。。。これが暴れない様に安定して構える最良の姿勢とのこと。
はねた時の安全上もこれが一番大事だそうです。

9.
a0031821_12252437.jpg
館林市のユルキャラ♪
ぽんちゃん♪ イヤ、初めて見ましたよ♪
ぶんぶく茶釜にツツジの簪♪ 愛嬌振り捲いてました。

ブルーシート内は三脚禁止!です。カメラマンは坐って観賞する人達の後ろに三脚を据えます。
午後2時過ぎにはもう相当な数の三脚がビッシリと(^_^;)
地元の人が言ってましたが、午前10時には何台か置いてあったそうで・・・。
暗くなる頃には・・・ブルーシートに坐るのに、林立する三脚の隙間をと思ってもなかなか大変な状況に(^_^;)
脚立持ち込みのカメラマンも結構居たわ・・・。

手筒花火はキッチリ午後7時半からの時間厳守でした♪
実は・・・その前から北の空が怪しくなって雷様が暴れ始めていて・・・皆さん早く始めてくれないかとやきもき・・・
イヤ~ハラハラしながらの手筒花火観賞でした(^_^;)
ドっと降られたらヤバかったんだけど、結局最後にちょこっとパラパラ来て、傘差したんですが、大した事無く済んで良かった~・・・でした♪

明日も・・・手筒花火になります(^_^;)

by sdknz610 | 2012-07-30 15:00 | 花火 | Trackback | Comments(2)
2012年 07月 29日

人間火柱!・・・手筒花火 in 館林市

2012年7月28日、館林市手筒花火大会を生まれて初めて見に行って来ました。
イヤイヤ、噂に聞いてはいましたが、実際に見ると、そのド・迫力にビックリ! 圧倒されました~♪

良く見る手筒花火の定番ショットになっちゃいました。 光の雨降らし!♪
1.
a0031821_1445271.jpg
揚げ手の足の踏ん張り! 全身に降りかかる大量の火の粉をジッと我慢で耐え忍ぶ・・・
武士道の基本!と見たり・・・。

肝試し!ガマン大会!風でもあるな(笑)
分厚い木綿で織られた半纏を着て・・・でも何しろ火の粉の量が将に滝の様だし・・・恐ろしヤ・・・(^_^;)

「手筒花火」・・・で、検索すると山の様に情報が出て来ますが・・・
当夜の事前説明によれば・・・
製造は、最初の竹を切るところから最後の火薬を詰めるところまで、全て自分自身の手によって行う。
点火すると、轟音と共にオレンジ色の火柱が上がり、仁王立ちの状態で放揚する。
最後に「はね」と呼ばれる、衝撃音と共に手筒の底が破裂する爆発によって幕を閉じる。

点火から最後の撤収までは、援助者共に一定の作法があり、それは何より安全!に配慮したものだと思いました。
だってこの火柱ですからね~・・・下手をすれば大火傷間違い無しでしょうから・・・。

では、次に二人並んでの放揚シ~ンですが、
ハイライトは・・・手筒の底に詰めた黒色火薬が破裂して下に爆風が抜けて・・・これが「はね」なんですが、
揚げ手が火だるまになって・・・無事か?となるところなので、気を付けてご覧になって頂きたく♪

2.
a0031821_14172689.jpg
  噴火! ピークのスゴイ火柱です♪

3.
a0031821_1419452.jpg
  ボンっ!
  右のが・・・はねました!

4.
a0031821_14192266.jpg
  全身火だるま!? 

5.
a0031821_14193738.jpg
  揚げ手が爆発の衝撃に耐えきれず・・・左に逃げた?風な♪

6.
a0031821_14195036.jpg
  続いて、ボンっ!   左がはねました!
  小さなキノコ雲がド~ンと上に昇っていたのね!

7.
a0031821_1420412.jpg
  揚げ手の足元が火に包まれて・・・
  この瞬間を一度味わうと、揚げ手として・・・嵌るそうです(^_^;)

この夜、大小合わせて70発の手筒が次々と・・・途中スターマインの打ち上げもありますが、手筒は花火と言っても全然違うジャンルみたいな・・・
これぞ400年の歴史の積み重ね、日本文化の奥深さ・・・飽きない花火大会でした。

この続きを明日も・・・。


花火って・・・これまで撮った事が無く・・・今回初めてが手筒だったとは・・・
(^_^;)モノ+薄氷を踏む思い(^_^;)
花火って・・・ムズカシいのね涙)

来年もきっと見に行くゾ~♪

by sdknz610 | 2012-07-29 17:00 | 花火 | Trackback | Comments(2)
2012年 07月 27日

奥日光散策(9)・・・クロヒカゲ(黒日陰)の蛇の目!

クロヒカゲは過去2006.7.29の尾瀬、2009.8.19の赤城地蔵岳のを記事にしているが、翅裏の蛇の目ををちゃんと撮れていなかった。
今回は多数の蛇の目がブイブイ飛んでるのに遭遇して(笑)・・・何とか裏を撮りたかったんだけど
これがね~・・・止まっても開いたままの姿勢が多くて、閉じた翼の裏を撮るのは結構しんどかったのだ(^_^;)

こんな感じです♪
a0031821_1146355.jpg
蛇の目がクッキリ!典型的なジャノメチョウ!ってところでしょうか。

a0031821_1212516.jpg


後翅裏面の眼状斑紋(これが蛇の目と言う訳)の列に沿って出る褐色の帯状の線は、
ヒカゲチョウより蛇の目に近い所に、というのが見分けのポイント。
??そう言われても・・・ネットで探したヒカゲチョウの画と見比べて・・・やっと分かって来たんですが(^_^;)
クロヒカゲモドキなんていうのも居るらしく・・・ヒカゲチョウ連中を見分けるのも至難です(泣)

本格マクロレンズでばっちり撮りたくなって来た♪
今回のは55-300mmのお手軽ズームでして・・・(^_^;)

赤沼から戦場ヶ原を湯滝方面への途中、ドコデモクロヒカゲ!♪といった感じで目の前をパッと見真っ黒なこの子達が多数♪
あっちへこっちへと、ブイブイ飛んでくれるから・・・ついシャッター押しちゃいますよ。
イチモンジとこのクロヒカゲが入り混じって飛んでました♪

でも殆どは使い物にならない画ばっかし(^_^;) 
暗い所に居るから! 落ち着いて止まってくれないから!・・・
もっと時間を掛けます? それとも先を急ぎます?・・・難しい決断を♪ 

クロヒカゲチョウ
ジャノメチョウ科 ヒカゲチョウ属
学名:Lethe diana・・・dianaというのは月の神!って事のようです。
この蛇の目・・・満月に見立てたのかな♪
目立つ後翅の大二つ、小四つの蛇の目はとてもキレイです。


PENTAX K-5
smcPENTAX 55-300mm
手持ち
トリミングあり

by sdknz610 | 2012-07-27 15:00 | 私の蝶・蛾図鑑 | Trackback | Comments(2)
2012年 07月 26日

奥日光散策(8)・・・イチモンジ(一文字蝶)が一杯いたよ♪

a0031821_20534181.jpg
戦場ヶ原、小田代周りにイチモンジチョウが一杯♪
アサマイチモンジやメスグロヒョウモンのメスとそっくりで・・・見た目で判別出来ないので(^_^;)・・・
家でPC画面とネットサーフィンで見る画像を見較べて・・・これが結構シンドイ作業で・・・確信持つのは容易ではない。

実は・・・イチモンジチョウは初めて撮れたって訳で、嬉しかったです♪

これまでアサマイチモンジは過去何度か撮っているんだけど、メスグロの方は未だ・・・なんです(泣)

なかなか翅を畳んでくれないんですよ。これはかなり追い掛けて・・・やっと閉じてくれたのを・・・(^_^;)
この裏面にイチモンジチョウの特徴がはっきり出ているので、これを撮っておくのは必須です。
マア蝶全般にですが・・・表と裏、必ず撮りたいんだけど、なかなかね~・・・辛抱辛抱♪

ではもうちょっと色んなアングルで・・・
a0031821_2121284.jpg
これは・・・足元に来て、休んじゃった♪
望遠マクロで・・・。

a0031821_2191073.jpg

a0031821_21101589.jpg

a0031821_21112583.jpg

これがイチモンジチョウか~・・・暗い林の中、ちっともジっとしてくれなくて、随分コマを消化してしまったじゃないか(泣)
少しだけ・・・こんな蝶の撮り方を教えてもらったのかな?・・・アリガトウ! お礼を言わなくっちゃネ(^_^;)
次撮らせてもらう時はもっと上手い事行きますように・・・なんて♪

イチモンジチョウ・・・
タテハチョウ科 イチモンジチョウ亜科
一文字蝶
英名:White Admiral・・・白い提督!だって・・・スゴイ名前♪

PENTAX K-5
55-300mm
手持ち

by sdknz610 | 2012-07-26 22:00 | 私の蝶・蛾図鑑 | Trackback | Comments(2)
2012年 07月 25日

奥日光散策(7)・・・キツリフネ(黄釣船)!初見初撮り♪

あの黄色い花は何だ?・・・木道の脇にブラブラと揺れる小さな花に気が付いた。
図鑑で見た事のある淡い記憶によれば・・・確かこれは・・・キツリフネか?

1.
a0031821_9221456.jpg

2.
a0031821_922327.jpg

3.
a0031821_923422.jpg

4.
a0031821_9232868.jpg


撮ってる内に、確かにこれはキツリフネ!と確信し始めて、出来るだけ色んなアングルで撮る事に♪
初見初撮りだぜ~♪
Nikon P500で。

キツリフネは以前赤城大沼で撮ってるけどキツリフネはね~・・・ズッと見ず仕舞いだったのだ。
ツリフネ・・・見れば見るほど、何とも不思議な格好してるよね・・・。
大自然の驚異!♪

小田代の西側の木道の途中で、この株の他林間に幾つか咲いていた。多くはなかったな・・・。

ブラブラと微風に揺れるカワユイ花。 いいもんですね~♪

英名でTouch-me-not Balsam。
学名にImpatiens noli-tangereと言うのは、触るな!なんだってよ♪
実りの時になると、ちょっと触っただけで、種を弾き飛ばす!って事らしいのだ。
実際やってみたい!・・・ナンテ(^_^;)

日本では鹿児島県など、絶滅指定されてる?らしいぞ・・・。
やっぱりね、野生で見れるのは珍しいみたいで・・・・。

私にも貴重な、絶滅危惧種!であります。

by sdknz610 | 2012-07-25 15:00 | 高山植物 | Trackback | Comments(0)
2012年 07月 24日

奥日光散策(6)・・・ヤマオダマキ

小田代への林道をポクポク歩いていると、目の前にヤマオダマキが! 足に当たりそうな近くに・・・。
ヤマオダマキは見掛けるとついシャッター押したくなる・・・好きな花♪
木道にしゃがんで超接近を試みて・・・足首が痛くなって(泣)・・・時々休みを(^_^;)
この間、殆どハイカーは来ずだったので余り迷惑を掛ける事も無く♪
こんな窮屈な姿勢を強いられる時、可動液晶モニターを備えたNikonのP500は便利です!

1.
a0031821_13301617.jpg

  こんな姿のランプなんて無いかな?・・・埃が溜まったら掃除が大変か・・・。

2.
a0031821_13315163.jpg
木道の直ぐ傍!
  #1とは違う株。他にも別の場所で咲いてたけど、そんなに多くは無かったな・・・。
  ここでは結構貴重な花で、見付け次第撮っておかないと・・・。

3.
a0031821_13345416.jpg
この株とは、あ~でもない、こ~でもないと・・・随分何枚も・・・。長時間ここに居座って(^_^;)
同行者が居たら・・・いい加減にせんかい!と・・・顰蹙モノでしょうね♪
だから・・・単独行が好きなんです。

日差しが当たらず、いい色が出てません(^_^;)

4.
森の中のオダマキランプ♪
a0031821_13403884.jpg


5.
a0031821_13415049.jpg

6.
a0031821_13423158.jpg
ワイドで超接近を試みる。後ろの林が放射状になるのが面白かったので・・・。
このアングル、撮るのに大汗でした。姿勢は最悪で・・・。
ピントがAFではどうにもしっくり来ず・・・マニュアルフォーカスに切り替えて
拡大表示を頼りに・・・レンズに花が触りそうなスーパマクロ!結構難しいもんです(^_^;)
一応お気に入り、です♪

7.
a0031821_13465894.jpg
又違う株です。普通に草原に咲いてる、普通の画(^_^;)

以上、ラストのはK-5でちょっと距離があるショットですが、他は全てNikon P500で手持ちで撮ってます。フラッシュも炊いてません。

こうなると、・・・ミヤマオダマキは何時見れるのか?・・・って事になるんだけど・・・
未だ接見叶わずなのよね~(泣)

by sdknz610 | 2012-07-24 15:00 | Trackback | Comments(6)
2012年 07月 23日

奥日光散策(5)・・・ショウキランに会えるとは!♪

予想もしてなかったですが、まさかの絶滅危惧種に会えるなんて!
初見初撮りのショウキランでした。
a0031821_1083617.jpg

a0031821_108538.jpg

a0031821_109828.jpg

泉門池(イズミヤド)から小田代への森の途中、木道の無い裸道の脇にポっと何やら明るい花が咲いているのに気が付いて・・・
実はこの辺りでギンリョウソウが若しか咲いていないか?と探しながらだったんですが、
ギンリョウソウは気配が無く、代わりにこの花!
パっと見は似てますが、やっぱりこれはランですよね♪
いやはや珍しい花に出会って良かったです♪
何やら虫に齧られた様な傷があるし、もう花が萎んで黒くなってるのもあって、ピークが過ぎてます。
ぎりぎり間に合ったみたいで(^_^;)

ラン科ショウキラン属。鍾馗蘭、Yoania japonica
花を鍾馗様の烏帽子に見立てた名前のようです。
学名にジャポニカが付いていたとは!
数県で絶滅危惧種に指定されているようで、私的にもこの花は絶滅危惧種!♪

腐生植物の中には他にギンリョウソウ(銀竜草)が有名ですが、こちらシャクゾウソウ科とかイチヤクソウ科とか色々。
まるで科が違うんですね。今回は見付けられず、でした。

ショウキランはグルっと小田代を廻ってもたったこの株二本だけ!でした・・・。
もっとも散策路の脇にあるのしか分からない訳ですが。

こういうまさかの出会いがあるから奥日光も面白いな~です♪
見逃すのはもったいない!・・・油断出来ませんですよ。

今回の奥日光行では最大のお土産って事になりそう♪

by sdknz610 | 2012-07-23 15:00 | 高山植物 | Trackback | Comments(2)
2012年 07月 22日

初夏の奥日光散策(4)・・・ノビタキ飛び出しⅡ

昨日に続いてノビタキ飛び出しの図です。

1.
a0031821_8273492.jpg
6:50
左へ行く!と予想して、左側を明けて待ってると・・・

2.
ワ~オ! こっちに向かって出た~!
a0031821_828880.jpg
向うも私が居るのは分かってるから・・・正面に来るのは、稀なんだけど(^_^;)
アっと思って、咄嗟に右へカメラを振っていたのね♪
Nikon P500で。目一杯望遠側に。810mm相当で、1/1000,-1EV,F5.7,ISO900

3.
a0031821_8352721.jpg
7:27
1/1000,-1EV,F5.7,ISO560
810mm相当。
右へ出ると予想してたのに・・・クルッと向きを変えて左へ! これはアングル修整間に合わず(泣)

4.
a0031821_8382432.jpg

5.
a0031821_8391086.jpg

6.
a0031821_8395563.jpg
7:13
1/1000,-1EV,F5.7,ISO1100 810mm相当

7.
踏切り寸前!
a0031821_842547.jpg

8.
a0031821_847118.jpg
7:39
1/1250,-1EV,F5.7,ISO400,810mm相当

9.
a0031821_8512326.jpg
お尻か~・・・(泣)

10.
a0031821_852889.jpg

11.
a0031821_8522679.jpg

以上、P500の秒10コマの連写で撮ってます。手持ちですよ~♪
トリミング無しで載せてます。

レンズ一体型高倍率ズームのコンデジですが、こういう微妙なタイミングの瞬間フリーズが意外に簡単に♪
只、画質は・・・不問って事で(^_^;)

ノビタキ・・・今回何とか出会いがありましたが、どうやら6時半頃から来始めて、7時半を過ぎたら途端に出て来なくなり・・・
9時半まで粘ってみたものの、もう全然気配が無くなって・・・・撤収⇒小田代目指して移動となりました(^_^;)
オスをもうちょっとちゃんと撮りたかったんだけど、メスの様な大胆さは無く、遠くばっかしで・・・。
又次回、或いは来年に・・・リベンジしよう!♪

何れにしても日が高くなる前、勝負は朝の内!の一時間のみ・・・みたいです。
この間、猛禽が出る訳でもなく、カッコウも声だけで姿を見れず、ホオアカのペアが来たけど、画にならず(泣)
戦場ヶ原の鳥狙いも結構難しいな・・・(^_^;)

お天気がカンカン照りにはならず適度に高層の雲があって、+無風だったのはラッキーでした。

by sdknz610 | 2012-07-22 15:00 | ノビタキ | Trackback | Comments(0)
2012年 07月 21日

初夏の奥日光散策(3)・・・ノビタキの飛び出しに拘る♪

アカゲラの後、戦場ヶ原へ向かう。目的は・・・ノビタキに会えるかな?だったけど。
この朝は霧も出ず、風も無く・・・聞えるのはウグイスの大合唱のみ。マアね・・・平凡な戦場ヶ原だったのさ♪

で、ノビタキは・・・何時ものポイントでベンチに坐って待つ事暫し・・・来始めたのは6時半を廻ってからだった。
他にカメラマンは少し離れた所に一人・・・狙いはオオジシギらしく、大砲だった♪
こちら手持ちのP500とK-5・・・ひたすらノビタキの飛び出しを狙ってました(^_^;)

ノビタキが足元の草原の獲物を狙うのに適した矮小落葉松の突先とか、枯れ白樺等が
木道の割と近くにあって、来てくれさえすれば、狙い易いんだけど・・・・
なかなかね~上手い事問屋は卸してくれませんですが(^_^;)

ノビタキの飛び出しばっかですが、こんな感じになります。

1.
a0031821_11243855.jpg
6:43 メスですね。

2.
a0031821_11273737.jpg
飛び出しをジーっと待って、1分半後、行った~!!
ちょっとシャッタータイミング遅かったか。
K-5でSSは1/1250、F6.3,ISO800、+0.3EV、450mm相当
少し遠かったですが、これでノートリミングです。
画角、遠近感からは、見た目の感じに近いかな。

もっと長いレンズで大きく、となると・・・二枚目は画面に入らずでしょうね・・・
飛び出しの瞬間を掴まえるためには、もっとシビアなシャッタータイミングが必要になりますね。
で、それが一番難しくて・・・悩みどころです。
今回は楽チンを決め込んでお手軽ズームでした♪・・・以前はBORGの77EDⅡを担いで、なんて事でしたが(^_^;)

3.
これも、飛び出しですが、秒10コマで撮ると・・・
a0031821_11445889.jpg
6:45
上の子とは違うメスです。
ここからはP500の画です。画質は・・・良くは無いですね(^_^;)
タイミングのみ!の・・・練習です。

4.
a0031821_11464750.jpg

こっちへ来い!と思っていたら、何の・・・向うへ身を翻して行っちゃったのさ(^_^;)
1/800,F5.7,ISO560,-0.7EVでした。羽のブレはこのSSでは大きいです・・・

5.
a0031821_124913.jpg

6.
a0031821_1245217.jpg

7.
a0031821_1282283.jpg

8.
a0031821_129311.jpg

飛び出し狙いは・・・集中力!!♪
何時行くか?まるで予兆が分からず・・・緊張しますよ~。
面白くてそして大いなる挫折感も付録で付いて来ます(^_^;♪)

by sdknz610 | 2012-07-21 15:00 | ノビタキ | Trackback | Comments(0)