『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 31日

LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2でカタクリを撮る

前方後円墳では東日本最大級という、天神山古墳に朝の散歩の帰りに登ってみた。
カタクリの様子見のつもりが、結構マジになってしまったけれど(^_^;)
今回はLEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH./POWER O.I.S.を
OLYMPUS E-M10にくっ付けての初撮りだった。
以下、昨日の記事の続きの画をご紹介となります。

1.
a0031821_1821349.jpg
1/800 0EV F5.6 ISO200

2.
a0031821_182916100.jpg
1/160 0EV F5.6 ISO200

#1の反対側から。背景によって随分印象が変わります。

3.
a0031821_1833458.jpg
1/500 0.7EV F3.5 ISO200

4.
a0031821_2015247.jpg
1/1000 0.7EV F2.8 ISO200

5.
a0031821_205595.jpg
1/400 0.3EV F4 ISO200

6.
a0031821_2055655.jpg
1/1000 0.3EV F1.8 ISO200

7.
a0031821_2010320.jpg
1/2000 0EV F1.8 ISO200

8.
a0031821_2011657.jpg
1/2000 0EV F1.8 ISO200

3月29日 太田市天神山古墳

ここのカタクリは・・・特にロープを張って立ち入りを制限してる訳でもないので、
足元を注意して、踏まない様にして・・・と、言ってもほんの10株程のを見付けるのが大変で・・・
一つの花をグルリ廻って色んなアングルで撮れる!のが最大の◎って事かな♪

カタクリは・・・五月連休前後?何時になるか未定ですが、秋田・西木町の大絨毯を見に行こうかな?と思ってますが、
その前哨戦として練習って事もあって撮ってますが・・・色々と反省点もあるしで・・・
でもマア何とも好きな花ではあります。

本日、遠出から思ったより早く帰宅したので、更新することとしましたm(__)m

by sdknz610 | 2014-03-31 22:00 | カタクリ | Trackback | Comments(2)
2014年 03月 30日

近所のカタクリが丁度いい咲き具合だった♪ OLYMPUS E-M10の初撮り。

家から歩いて10分掛からない近くに古墳がある。そこにカタクリがあるのを発見したのが去年だった。
ほんの10株程が散在してるだけなので、見に来る人も居ないんじゃないかと思えるが、
今年はどうだろうか?と気になっていたので、3月29日の朝の散歩の帰りに寄ってみたら・・・
元気に咲いてましたよ♪ ほぼピークか、ちょっと最盛期を過ぎる位の感じだった。
去年は3月15日に初見で、18日に撮っているから、今年はちょっと遅咲きみたいだ。
あの大雪とか、気温が低い日が続いていたからかもしれないな。

ここのカタクリは見る、撮る!と言うより探す楽しみの方が面白いのかも\(◎o◎)/!

1.
a0031821_21105613.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10/LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH./POWER O.I.S.
1/160 -0.3EV F5.6 ISO200

古墳の表面は厚い枯葉に覆われた疎林。
大体の位置は分かっているんだけど、マア見付けるのは容易ではない。
ハっ!と目に入って、ア~ここにあったか!と、一安心。
この子が今回最初に出会った姫様だった(^_-)-☆
前方後円墳の頂上近く。北東から北、そして北西までの傾斜地に。

カタクリはどこでもですが、日差しの弱い北側に咲いてる事が多いですが、
秋田県仙北市西木町の大群落では結構陽の良く当たる所でも盛大な絨毯になるので一概にという事でも無いか・・・。

2.
a0031821_21161448.jpg
以下、レンズ、カメラは#1と同じ。
1/4000 +0.7EV F1.2 ISO160

F1.2の盛大なボケ♪

3.
a0031821_21203035.jpg
1/1250 -0.3 F2.8 ISO200

このレンズの丸ボケは・・・極めて優秀!♪

4.
a0031821_2122524.jpg
1/200 -0.3  F7.1 ISO200

#3との比較で載せてます。
絞りの影響が画像にどう出るか?という意味です。
こちらF7.1まで絞ってますが、背景のボケ具合、煩さみたいなものが#3とは大分印象が異なりますね。
周辺の環境は分かる様になって来るけど、どうにも背景がゴチャゴチャと煩い感じになって・・・。

今更で何なんですが(^_^;)・・・
SSやISOよりも画像のイメージに与える絞りの影響は甚大です(^_^;) 
要は被写界深度をどう使いか、という基本的な事ですけどね。
こういうトマリモノで、という事に加えて、どういう背景なのか?背景との距離もポイントです。
レンズの焦点距離によってボケ具合が大幅に違いますが、40mmちょっとというレンズでの絞りの影響を見直すには丁度いい被写体でした。

5.更に絞りの影響を検証してみます。
a0031821_2133418.jpg
1/4000 +0.7 F1.2 ISO160

これF1.2開放で。盛大な前後のボケが魅力です。

6.
a0031821_21341284.jpg
1/1250 +0.3 F2 ISO200

同じ場面で、ちょっと絞ってF2です。背景が変化して来ます。

7.
a0031821_21355419.jpg
1/800 +0.3 F3.5 ISO200

更に・・・背景がハッキリして来ます。

8.
a0031821_21392484.jpg
1/160 +0.3 F8 ISO200

流石にF8まで絞ると、背景が煩くなって・・・主体のカタクリが背景に混じってしまい・・・特に左のカタクリが埋もれてしまった(^_^;)
ザっと見て、何を撮ったのか分かり難くなってます。

と、マア言わずもがなの絞りの影響を並べてみたんですが、
実を言うと、これまで絞り優先で撮る事は多々あったのに何処まで絞るか?逆に開けるのか?・・・余り気を使っていなかったというお粗末でして、
反省を込めて出直しをという事なのでご容赦を・・・(^_^;)
これもF1.2というトンデモないレンズのお陰って事ですが・・・。

尚、E-M10については折に触れレポートして行く積りです。
初感触としては・・・好感度大!ってところかな♪
PANASONICのレンズをOLYMPUSにくっ付けても問題ありませんです。
m3/4という同規格のモノなので・・・。

3月29日 太田市天神山古墳

追:
明日、3月31日は遠出となるため、更新はお休みとなります。
4月1日から再開予定ですが、このカタクリの続編になりそうです・・・。

by sdknz610 | 2014-03-30 15:00 | カタクリ | Trackback | Comments(2)
2014年 03月 29日

携帯電話が鳴って「雉が出てるよ!」だった♪

3月28日、午後2時半を廻った時、携帯電話が鳴った。?何だ?今頃・・・そしたら散歩に出掛けていたカミさんから、雉が出てるわよ!だった。
丁度アマゾンから届いた荷物を開けて、どれどれと始めた時だったけれど、ンじゃあと、おっとり刀で・・・(^_^;)
レンズは?カメラは?・・・AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリにNIKON1 V2を付けていたので、
それを掴んで・・・でも慌てる事はないぜよ、きっと未だあそこ辺りにいるんじゃね?と、
カミさんはハッキリ何処と言う訳でもなかったので、多分あそこだろうという場所へ歩く。
家からは200m位の休耕田に近付いてみると、ア~!居た居た!♪ オスが一羽目に入ったのよ。
ユックリ近付く・・・。

1.コレだ~♪
a0031821_1028211.jpg
雉!! 久し振りだよ♪
そしたら?アレっ!向うにメスもいるじゃん!

2.メスは二羽!!だった。
a0031821_10304418.jpg
オスはオープンスペースで悠然と餌を啄ばんでいるけど、メスはね~日陰から出て来ないのよ。
ここは雀の群れが頻繁に行ったり来たりしていて・・・写っちゃったじゃないの♪

3.
a0031821_10335599.jpg
メスのカモフラージュ模様。ジッとしてられると、見失うよ(^_^;)

4.
a0031821_1037056.jpg
丸丸と、フックラと♪

5.
a0031821_10391267.jpg
二人で何話しているんだろう?♪

6.
a0031821_10413769.jpg
未だペアリングには時期尚早なのか?・・・オスもメスも無関心な様子・・・。
堂々たるサムライ風・・・素晴らしいオスの威厳♪
国鳥に相応しい!と思うな♪

7.オヌシそこで何してるんヤ?
a0031821_10441763.jpg
睨まれちゃった(^_^;)

8.
a0031821_1046026.jpg
こっちは道端にしゃがんで・・・ジッと動かず。この子、かなり近づいて来た。10mちょっと位まで・・・。

9.
a0031821_10491743.jpg
移動し始めたぞ。
まさか、5m位まで、というのは無いだろうと思ってたけど、やっぱりな♪

10.
a0031821_10515892.jpg
メス二羽はズッと先の西側へ、田圃の外れまで行ってるので、追い付こうとしてるのか?だった・・・。
結構歩くの速いんだよね。飛ぶんじゃなくて走る時の最高速は30km/h程らしい。

11.メスはどうした?
a0031821_111422.jpg
気が付いたらメス二羽が、田圃から道へ上がってセッセと♪

12.
a0031821_1135228.jpg
この辺り、田圃に囲まれた閑静な住宅街・・・人通りは少なく、車も時々通る程度の田舎街なのさ。
それにしても雉が棲んでる野生豊かな環境があるなんぞ、ウレシイのでR♪

13.オ~イ!♪
a0031821_11102267.jpg
他所んちへ入るのか?

14.
a0031821_11122649.jpg
まさかね♪・・・更に先へと行ってしまったのサ。
で、オスはどうした?なんだけど、道路に上がったものの、メスが行った方へは行かずで、元の田圃に戻ったよ。
母衣打ちを期待して暫く待ってたけど、まるで気配無く・・・今回は打ち止めに。

毎シーズン、この辺りでオスの母衣打ちを良く撮るけど、今年も又、雉のシーズンが始まったかと、ウレシイな♪
3月にキジを撮ったのは、初めて。これまでの最早だった。

280mm相当になるマクロレンズとV2の組み合わせは、こんな状況で何とか撮れていてホっとした。

by sdknz610 | 2014-03-29 15:00 | キジ | Trackback | Comments(2)
2014年 03月 28日

逆さメジロ

寒緋桜にメジロの図。今が旬ですね。
一杯撮ってはみたものの・・・消化不良の画の量産になってしまうのだった(^_^;)
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリにFT1を介してNIKON1 V2で。
280mm程の望遠マクロに変身だ。

木の下に廻り込んでマクロレンズでメジロを撮る!なんて・・・今まで考えた事なかったんだけど、
割と直ぐ逃げて行かないし・・・なかなかレアな経験になった♪
只、ほぼ真上に居るのを振り仰いで撮る姿勢は・・・腰に来るな~(泣) 長時間は耐えられんぞ。
マアしかし、三脚に乗っけていてはこういうのは撮れないからね。手持ちがお薦め♪

1.
a0031821_10241128.jpg
今回は、こんな逆さになったメジロを集めてみました。

2.
a0031821_10261349.jpg
軽快な身のこなしのアクロバット名人はメジロに限らずエナガ、ヤマガラ、シジュウカラ等々小鳥はみなそうですが、
こういう真っ逆さま模様で撮らせてくれるのは意外にレアで、メジロはその点で◎なのよ♪

3.
a0031821_1030286.jpg
一番近くでというと1,2m程だから280mmのマクロで十分。

4.
a0031821_10322542.jpg
蜜舐めしてるんだけど、しょっちゅうこうして周囲を見回して警戒を怠らない。
ヒヨが何時突然襲って来るやもしれずだからな~。
この瞬間の表情は真剣な眼差しで、カワイイというメジロのイメージとは大分違うよね。
そんなメジロの表情を撮るのも目指すところなんだけど、何しろ難しいわ(泣)

5.
a0031821_10384628.jpg
睨まれちゃったか?♪

6.
a0031821_10401531.jpg
セッセと蜜舐め!忙しいんだよ!

7.
a0031821_10414163.jpg
?不審者は居ないかな?

8.
a0031821_1044143.jpg
逆さイナバウアーもどき?!

9.
a0031821_1044263.jpg
自然なぶら下がり逆さメジロ♪ これなら安心して見ていられるかな?♪

10.
これもネ!♪
a0031821_10464490.jpg
寒緋桜は下向きの釣鐘状の花。
蜜吸うのも楽じゃ無い!♪・・・こういう姿勢のチャンスが多いのよ。

メジロと桜・・・この時期ならではの風物詩ってところですよね。
これからソメイヨシノが全開になり、枝垂れ桜も続くので益々チャンスが多くなりますね。
いろんな野鳥と桜絡みを出来るだけ撮りたいものです。

by sdknz610 | 2014-03-28 15:00 | メジロ | Trackback | Comments(2)
2014年 03月 27日

オオイヌノフグリの正体に迫る?♪

只今オオイヌノフグリが満開の絨毯状態になってますね。
煌めきのコバルトブルーが傍の桜に勝るとも劣らない見事な景観を見せてくれて、家の近くでは畦道の宝石だ~と・・・
大好きな花です♪
が、実は近くで良く見た事が無かったみたいで(^_^;)
今回280mm相当の超望遠マクロとF1.2という大口径中望遠でどうなっているのか?と撮ってみたのであります。
肉眼では・・・余りに小さい花だし・・・どう見ても何だか良く分からん状態なんだけど、
画像で見ると、なるほどザ・・・的に♪
何だかネ~益々お気に入りの花になってしまった♪

1.絨毯
a0031821_2050466.jpg
LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH./POWER O.I.S.
PANASONIC G3

2.暈け
a0031821_20505081.jpg
LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH./POWER O.I.S.
PANASONIC G3

3.気になる二の腕
a0031821_20525451.jpg
LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH./POWER O.I.S.
PANASONIC G3

4.両腕を上げて
a0031821_20541824.jpg
LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH./POWER O.I.S.
PANASONIC G3

5.もっと寄って
a0031821_20563657.jpg
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ
NIKON1 V2

6.この二本の蕊が・・・
a0031821_2057218.jpg
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ
NIKON1 V2

7.蕊の根元が・・・
a0031821_210586.jpg
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ
NIKON1 V2

8.雄蕊と雌蕊が
a0031821_212420.jpg
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ
NIKON1 V2
雌蕊の柱頭に花粉が・・・塗されてました。

オオイヌノフグリ・・・オオバコ科クワガタソウ属  ヨーロッパ原産の外来種
            瑠璃唐草 天人唐草 星の瞳とも・・・星の瞳って気に入ったぜ♪

オオイヌノフグリ・・・近所でも何処でも真冬でもチラチラ強い花。それにしてもこの名前と花のキレイさの乖離はどうだ?♪(^_-)-☆
気になってた二本の腕は雄蕊だったのね♪
独特の蕊だったか・・・。
超望遠マクロではフードに触りそうに(^_^;)
うっかりすると自分の影が邪魔になって・・・体をずらしながら、結局地べたに腹這いになって撮っていたのサ(笑)
百均でグランドシートを買わなくっちゃだな♪

三脚持って行かなかったから、イエ最初から手持ち!って事なので・・・
それにしてもマクロ撮影のシビアなピントには参るよ(泣)

3月24日 多々良沼

by sdknz610 | 2014-03-27 21:30 | 花追い人 | Trackback | Comments(2)
2014年 03月 26日

黄立羽が青い星が煌めく野原に降り立った

キタテハ・・・私の春告げ蝶だ。オオイヌノフグリ満開の絨毯に降り立つのをメッケ!♪
行方を見て、そっと近付くが初めはかなり遠方なのにサっと飛ばれてしまった。
又きっと来るに違いないと暫しオオイヌノフグリを撮っていたら、ほらね!来てくれたゼ♪

1.
慎重に・・・飛ばれない内にと取り敢えずパチリ
a0031821_1429341.jpg
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ
FT1を介してNIKON1 V2
1/16000 -0.3EV F3 ISO450 ・・・SSの設定を間違ってしまったのよ(^_^;)

翅を閉じたまま・・・。何とかCの字が見えますよ。L字にも見えるけど・・・。
この後直ぐ飛ばれて・・・行方を見失わない様に・・・。

2.
a0031821_15584232.jpg
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ
1/16000 0EV F2.8 ISO800

未だちょっと遠かったな。近くで撮ってみたい(^_^;) ジリジリと接近する。

3.
a0031821_1641558.jpg
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ
1/1000 0EV F5.6 ISO160

どうやら暫くこのまま居てくれそうな気配だったので、
ソ~っと近付く。
翅を開いておくれ!とお願いしたら・・・開き初めてくれたっけ♪
翅の裏側には微細な繊毛がビッシリと・・・。
後翅のCの字又はL字に見える白いマーク。

4.
a0031821_1617532.jpg
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ
1/2500 0EV F4 ISO220

更にと、にじり寄る。
このアングルで目にピントをと思って・・・イヤイヤこれは殆どマグレかもね(^_^;)
アンテナにも何とかピンが来ていたか♪
被写界深度は超接近ともなると、紙の様に薄く、もうちょっと絞ってF8とかF16でも良かったかもしれないけど、
この前後の盛大なボケが誠に面白いな~(^_^;)

5.
a0031821_16254225.jpg
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ
1/2500 0EV F4 ISO220

思い切って翅の後端のギザギザにピンを。

6.
a0031821_16283676.jpg
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ
1/2500 0EV F4 ISO200

この姿勢だとほぼ蝶全体にピンが来る。
前脚がオオイヌノフグリを押さえ付けているかな?
これ随分近い?・・・そうね、1m以内、3、40cm位だったかと。

7.
a0031821_16352667.jpg
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ
1/2500 0EV F4.5 ISO200

口吻を伸ばして、オオイヌノフグリの蜜を舐めているげな・・・。

8.
a0031821_1637446.jpg
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ
1/2500 0EV F4 ISO180

蜜舐めの現場を押さえようと・・・極めてユックリ前方へ廻り込む・・・大丈夫だった♪
奴さん舐めるのに夢中だったか!

キタテハの正面顔は・・・どうやら初めて撮れたみたい。
原画を拡大してみると、ストローにはオオイヌノフグリの花粉が一杯くっ付いているのが分かります。

キタテハの春型でしょう。成虫のまま越冬していて、やっとこの暖かさで又飛び始めたのね。
春が来たよと嬉しそうに飛ぶ姿を見ると、こっちもウレシクなっちゃって・・・ちゃんと撮らなくっちゃなのでR♪

オオイヌノフグリの絨毯もキレイだったし、キタテハとのコラボも・・・春が来た!を実感しました♪

メジロ、ヒヨ狙いだったのにキタテハを見付けてしまったので望遠マクロで挑戦となりました。
280mm相当の等倍マクロは異次元の世界だったな♪
これから昆虫の世界が賑やかになるので、更に実戦練習を重ねて・・・。

以上、全て手持ちで、マニュアルフォーカスです。

3月24日 多々良沼

by sdknz610 | 2014-03-26 17:00 | 私の蝶・蛾図鑑 | Trackback | Comments(5)
2014年 03月 25日

ブっ飛びヒヨをマクロで撮る♪

3月24日、昨日の事ですが、メジロが寒緋桜に来てると言う情報が。
いよいよ来たか!♪と、逢いに行って来ました。
寒緋桜は五分咲きといった感じでしたが、メジロが頻繁に出入りしてシャッターチャンスだらけ♪
という訳でバリバリと撮り放題でしたが、
イエ、実はこっちの方が面白くて♪・・・そうなんです!ヒヨドリがね~・・・メジロを追い掛け回してブッ飛んだりで、デカイし、トビモノは随分と大迫力なので・・・
先ずはこんな画像からとします。

1.
a0031821_19125094.jpg
飛び出しのタイミングを計って・・・何とか(^_^;)

2.
a0031821_19141610.jpg
マア寒緋桜とのコラボレーションが無ければ撮らないでしょうけど、将に今が旬のヒヨドリと思って♪
間も無くソメイヨシノが咲けば更にヒヨ撮りが面白くなりますよ。

3.
a0031821_19181247.jpg
翼をパっと広げた所を撮りたくて・・・(^_^;)

4.
a0031821_1920153.jpg


5.
a0031821_19205917.jpg
ワ~オ! 何ちゅう恰好♪ UFOか?ナンテ(^_^;)

6.
a0031821_19225399.jpg
こういう真横ショットも面白い!

さてさて、今回は近くで撮れる筈と、手持ちの軽量仕立てで撮影に臨みました。

AF-S MICRO NIKKOR 105mm1:2.8G ED VR ナノクリ
NIKON1 V2+FT1
これでおよそ280mmとなります。
所謂サンニッパに較べると超軽量小型サンニッパ!♪
これで鳥撮るのは初めてでして、どんなん?でしたが・・・イヤイヤ流石にマクロレンズはスゴイな!という感想です。

ここに来るメジロもヒヨも、マクロレンズで良かったと思える程近くに来るもんだから・・・この組み合わせは正解だったかな?です。
手持ちで振り回すのには最適かな?と・・・この組み合わせは更に色々撮り揃えてみようかと思ってる次第です。
このレンズでは最短撮影距離は変わらずの等倍マクロが可能ですが、それが一体どれ程のものかと言えば、
例えば500円硬貨の数字の500が画面一杯以上にはみ出して写りますよ♪ 最早顕微鏡的。

今回TAMRON SP 70-200mmF2.8 Di VC USDも考えた結果、重いもんだから・・・止めたのであります。

あともう一つは、秒速15コマの恩恵も大という事を付け加えておきます。
今日の画像もコレが無かったら撮れていないでしょうね・・・。

但し、コマ数の消費は大!です。
今回メジロとヒヨ+花と蝶もですが、結局5時間程撮ってましたが、途中16GBのSDカードが一杯になった、という警告が(^_^;)
可能枚数は3300枚ですが、これでは足りなかったのであります♪
予備を入れて、トータル4500枚に・・・こんなに撮ったなんて・・・初めてだわ(笑)
そしてバッテリーは・・・2本では間に合わず三本目迄使う破目に・・・。

まあね、バッテリは途中再生して画像確認やら、デリートなんか頻繁にやると・・・消費大ですね。
再生するの止めようかナ(^_^;)

バッテリーも、メディアも・・・予備は必須ですよ~・・・ナンテ♪

さてさて・・・四月にはV3が出るので・・・イヤハヤどうしたものか?迷います(^_^;)
NIKONのレンズ資産はある程度温存しているので、捨てるのもナンダし・・・NIKON1系で使って行くって事になりそうだな・・・。
D7100の出番がドンドン減ってるぞ・・・(^_^;)

by sdknz610 | 2014-03-25 21:00 | ヒヨドリ | Trackback | Comments(2)
2014年 03月 24日

氷結榛名湖の昼と夜

榛名湖の雪景色をと、昼も夜もウロウロしてました(^_^;)
氷結してる榛名湖は、この時期しか見られないので気になっていたんだけど、先月の大雪の後遺症も既に解消してるんじゃないかと出掛けてみた。
3月15日の画となります。

昼間は・・・
a0031821_2124490.jpg
3月15日 15:48 OLYMPUS STYLUS1 Aモード 1/1250 -0.3EV F3.5 ISO100 JPEG トリミング若干

氷結してますが、ワカサギ釣は今年も禁止となってます。氷の厚さが足りない事と、ワカサギがまるで居ないみたいです。

さて、夜になるのを待って・・・
a0031821_21291636.jpg
3月15日 21:50 RICOH GR Mモード 10sec 0EV F3.5 ISO400 16:9でリサイズのみ
夜になればGRの出番です♪
インターバル合成で。

最近流行りの「比較明合成」をカメラの機能として持ってるので、露出を終われば結果が直ぐモニターに表示されます。
この場合、10sec露出を最短インターバルでおよそ15分間でした。90枚程の画像を一気に合成して一枚の画が出て来ます。
最初に一枚様子見で撮って、SS、絞り、補正、ISOをどうするか? カメラのアングル調整はいいか?等、
修正、再テストでOKならインターバル合成をメニュウで選んでGO!となります。
露光中は・・・する事が無いので車に戻って暖を取ってもいいし、そのまま立ちんぼで時間が来るのを待つか・・・
何れにしても露光を終わらせるにはカメラのOKボタンを押さねばなりませんので・・・。

今の時期、こんな夜中に誰も居ません。
時々車が直ぐ後ろの道路を通過。その時のヘッドライトで木の枝が照らされるので明るく写りますよ。

氷結した湖面が明るく撮れてるのは、月明かりのためです。実はこの月明かりがある時を狙っての事なんですよ。
満月前、上弦を少し過ぎた日、でした。ホントは満月の日を狙っているんですが・・・
月に一回のチャンスがお天気や、仕事の日と重なるとか、何たらかんたらでなかなかね~上手い事行きません。
年間12回?の満月の内、成功率はエライ低いって事に(^_^;) 季節によっては行かないし・・・♪

今は木に葉っぱが無い! 虫が居ない!(これ大事♪) 人が居ない!♪ 空気が済んでる♪
いい時期なんだよね。

湖と山と日周運動・・・コレ永遠のテーマって事にしてます。

by sdknz610 | 2014-03-24 15:00 | 榛名山 | Trackback | Comments(2)
2014年 03月 23日

カタクリ咲き始めた。のでアレコレ試し中♪

カタクリの様子は?・・・三毳山カタクリ園へ行ってみた。3月21日、9時現地P着。快晴だが風強し。
ここまでの途中では土埃りが舞い上がり、空が茶色になる事も・・・こんなの久し振りだった。さぞ花粉が・・・(^_^;)
P係員の話では二分咲きとの事だった。マ、写真撮るには丁度いいかも、と気楽なものよ♪

カタクリは、秋田のもそうだけど大体10時頃になると花弁が開き初めて、昼前にはそっくり返って丸まってしまうのが多い。
基本的には、10時から11時が勝負!って心得ているんだけど・・・
花も個体差が大きく、開き具合が大きくバラツクのでしぶとくチャンスを待ちたい。
後は撮りたいイメージにとって、太陽の位置が重要なパラメータになるかな? 日陰がどんどん移動して来るし・・・。

以下は、ポツポツと柵の直ぐ傍に咲いてくれたカタクリ。腕を伸ばして接近戦となった・・・。
1.
a0031821_16543461.jpg
12:10 1/400 -0.3EV F4.5 ISO400 Sマクロ OLYMPUS STYLUS1

2.
a0031821_1755535.jpg
12:14 1/400 -0.3EV F4.5 ISO100 Sマクロ OLYMPUS STYLUS1

3.
a0031821_1783139.jpg
12:15 1/400 -0.7EV F4.5 ISO100 Sマクロ OLYMPUS STYLUS1

4.
a0031821_1795558.jpg
12:16 1/1000 0EV F4.5 ISO100 Sマクロ OLYMPUS STYLUS1

5.
a0031821_17204540.jpg
12:17 1/500 +0.3EV F4.5 ISO100 Sマクロ OLYMPUS STYLUS1

6.
a0031821_17234333.jpg
13:20 1/125 -0.3EV F7.1 ISO100 Sマクロ OLYMPUS STYLUS1

3月21日 三毳山カタクリ園
絨毯になるのは後一週間位だろうか・・・。

結局、気に入った花は12時過ぎになってやっとだった。それ迄撮り捲っていたんだけど(^_^;)
相変わらずコマ数は増えるばかり・・・。
数打ちゃ当たるかな?派なんだわさ。

このSTYLUS1・・・逆光でもゴースト、ハローは非常に出難くて、スッゲ~レンズだよ♪
山行きにはベストマッチだと思う。スーパマクロも花には最適だし、兎に角接近戦に強い。
背面液晶モニターが可変なのも◎だ。
軽いのが助かる。

by sdknz610 | 2014-03-23 15:00 | カタクリ | Trackback | Comments(2)
2014年 03月 22日

宿り木の果実を喰らうヒレンジャク

宿り木に潜り込むヒレンジャク。取り敢えず撮るものの、中でゴソゴソやってる時は、葉被り、枝被りで殆ど画にならず。全滅になりそうで気が滅入る羽目に・・・。
でも何とかめげずに・・・あの果実をどうやって口にしてるのか?に興味を集中して、何とかその様を撮って見ようじゃないかと、無謀な挑戦を(^_^;)
時々こちらに体を晒して啄ばむのを逃さず撮ってみると・・・食べ方みたいなのが少し分かって来ましたよ♪

1.
a0031821_108359.jpg
葡萄みたいな宿り木の実!
咥えましたよ。舌も見えてます。食べ方と言っても・・・マ、どおって事は無いんですけど(^_^;)
他には・・・
鋭い「目」! 暗赤褐色の虹彩! 過眼線の黒い隈取り! 後頭部に掛けて鋭い一筆でサっと描いた様に♪
下瞼に白いマスカラ!・・・色々見えて来ます♪

BLANCA 80EDTにNIKON D7100で。
720mm相当で撮ってますが、やっぱりな~・・・出て来る画の解像度合いはスゴイわ(^_-)-☆

2.
a0031821_10175823.jpg
ブラブラの宿り木の枝にしがみついて・・・選んだ実を咥えに体を伸ばしたり・・・
不安定だからこうして翼を煽ってバランスを取りますね。
こういう時がチャンス!♪
割と大き目の実を選んでる様に思います。体の直ぐ近くに小さ目の実があってもそれは無視♪

3.
ヨイショ!届くかな?
a0031821_1026255.jpg
枝の股にある実を採りに・・・。
蜘蛛の巣の様に絡み付いてるのがヒレンジャクの糞で、宿り木の種が糸で繋がってる様に見えます・・・(^_^;)
これは大分乾いている様でちょっと古いのみたいだ♪

4.
a0031821_1033960.jpg
ここで重要な知見が。
実を毟って取るのは分かるけど、あの皮をどうしてるのか?・・・今一分からなかったんだけど
この画だと、皮の一部は根元に残っているげな・・・
この時すでに皮の半分はプリっと剥けているみたいだぞ♪ 他の画でも残り皮があるのが分かるのがあります。
マアでも殆どは丸吞みが多いんだけどね。
糞には皮がそのまま出てない様に思うので、どうやら消化してるみたいだな。

5.
a0031821_10395072.jpg
随分と体を捻って・・・柔軟だよな~♪

6.
a0031821_10454186.jpg
この実は・・・アレっ!もう殆ど皮がむけちゃってるよ♪
胸の下辺り、画面中央下辺に皮が残ってるのが見えるけど、この実だったか?
それと、やはりかなり大きい実を選んでるみたいだ。

7.
a0031821_10491855.jpg
大口開けて!♪ 頬張る感じで咥えるのさ。これも随分大きな実だ♪

ヒレンジャクシリーズを長々と続けて来ましたが、この画を最後にヒレンジャクは一旦休止とします。
キレンジャクにはとうとう逢えなかったけれど
私には緋連雀と雖も、喜連雀に見えました(笑)

又来シーズンって事になるか? はた又撮りに出掛けるか?・・・どうなりますやら・・・。

3月17日に撮ったものです
BLANCA 80EDT
NIKON D7100
マニュアルフォーカス
三脚
トリミングあり
ISO1000で
SSは1/1000~1/2500
補正は0~+0.7と色々です
WBは太陽
JPEG

by sdknz610 | 2014-03-22 15:00 | レンジャク | Trackback | Comments(6)