『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 31日

夜は光のハイウェイ出現♪ 東京駅・丸の内口・・・コンポジ合成では初撮りだ

東京駅丸の内口。車の光跡や煌めくビルの灯りを撮るにはいい季節になった。
KITTEの6Fテラスから、OLYMPUS E-M10と9-18mmスーパワイドでコンポジット合成でどう撮れるのか?
車の流れを取り入れて撮ってみようと、新宿での飲み会の前に途中下車して時間の許す範囲で試し撮りを敢行(^_^;)
コンポジットで撮るには日暮れて周囲の明るさが落ちないとダメなので、
そして乾杯!に間に合う様に新宿歌舞伎町へ行かなくてはならじで・・・ホント僅かの時間しか無かったのサ(^_^;)
他にも85mm相当のNOCTICRON F1.2で夜景がどう撮れるのか?実験もしたかったし・・・マア忙しかったよ(^_^;)
もう少し季節が進んで日が落ちるのが早くなると、こんな場所での夜景も余裕で撮れる様になるんだけど・・・。

1.
a0031821_10544289.jpg

これは未だ明るくて、普通に絞り優先でパシャだった。

2.
a0031821_11335760.jpg
E-M10のライブコンポジットはこういう車のライトの流れを撮るのも楽しくなるのよ♪
光跡が伸びて行く様がライブで見られるので、もうここら辺でいいかな?という潮時がまんま見れるのが◎♪

3.
a0031821_11341342.jpg


4.
a0031821_1134308.jpg
画面左の角ばった排気筒が・・・コレ写真的にはエライ邪魔なんだよ(泣)
新宿駅西口の丸い排気筒の方が未だマシだわ♪
もうちょっと外観デザインを考えてリニューアルされる事を祈るだけ・・・。
出来れば廃止して欲しいけど、それはダメ?かな・・・。

5.
ここからLEICA NOCTICRONで。コンポジットではありません。
a0031821_11344773.jpg
85mm相当の画角はこういう建物にはチトきついかな?(^_^;)
只、NOCTICRONの写りは・・・モノスゴイのをあらためて実感した!

6.
a0031821_113548.jpg


7.
a0031821_11351978.jpg


10月24日 東京駅丸の内口 KITTE 6Fテラスにて
OLYMPUS E-M10
ZUIKO DIGITAL 9-18mm

LUMIX G3
LEICA NOCTICRON F1.2

三脚

以上トリミング若干あり。水平出しの微調整。色調、彩度、明るさ、コントラスト等無調整。

コンポジ合成はSSを1秒で、3分だと180枚の合成画像に。
ワンショットがもう少し長秒でとなるとNDフィルターが必須かも。

マア色々とノウハウが得られたからよしとしよう♪

東京駅の丸の内風景はどうやら定点観測地点になってる♪

五輪前に風景が一変しそうなので出来るだけ色んなアングルで撮ってみようと思ってる。

by sdknz610 | 2014-10-31 15:00 | 夜景 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 30日

オグロシギがコサギの喧嘩に巻き込まれそうに(汗)

オグロシギとアオアシシギが静かに休んでるところに、コサギ達が入り込み、喧嘩を始めちゃって、
シギ達、しょうがないから逃げ出した!♪
何とも喧騒なコサギ達よ、ちった~静かに出来んかい!と、叱りたくなるのサ♪

マアね・・・ミサゴは来ないし、ハクチョウも未だという事でオグロシギを撮ってたら、この始末(笑)

1.
a0031821_2124826.jpg
上空から襲い掛かる一羽のコサギ。狙われた子は何すんのよ!と、迎え撃つ態勢だ♪

2.
a0031821_2162849.jpg
休んでいた左アオアシシギと右二羽のオグロシギの一羽が気付いて動き出したか・・・。
アオアシシギとオグロシギの大きさの違いが分かる。オグロシギの方が一周り程大きいね。

3.
a0031821_2193124.jpg
オグロシギが驚いて逃げ出そうかという・・・コサギの足で引っ掛けられたりしたら大変だよ!

4.
a0031821_21113418.jpg
上とは違うコサギが追い駆けっこして又シギの処へすっ飛んで来た!
なんでわざわざシギが休んでるところに来るのさ! 大迷惑だぜ(怒)
撮るのは面白いんだけど(^_^;)

5.
a0031821_21152388.jpg
堪らずアオアシシギが逃げ出す!

おまけ・・・
6.
オグロシギがウィ~ンと羽伸ばし♪
a0031821_2117134.jpg


7.
アオアシシギがエンゼルポーズの後、翼のストレッチだ♪
a0031821_21182734.jpg


10月29日 多々良沼弁財天より
NIKON1 V3
1NIKKOR 70-300mm
手持ち
トリミング若干

コサギの喧嘩は群れの中でしょっちゅうやってるよ♪
それだけじゃもの足りず、今回は偶々オグロシギ、アオアシシギ絡みだったのはラッキ~だった。

強風の多々良沼だった。水面が白波が立ちそうな大荒れ(^_^;)
ミサゴはこれじゃあダメだ・・・。
ハクチョウは未だだし・・・寂しい多々良沼(泣)
しかし、行けばきっと何かが起きるからね~・・・やっぱりね、家に居たんでは始まらないのさ♪

by sdknz610 | 2014-10-30 21:45 | シギ・チドリの仲間 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 29日

デカイのが飛んで来た!・・・ヒシクイか?

ヒシクイと思われる大型の鳥が3羽!・・・カルガモにしてはデカイ!頭上を通り過ぎてから気がついて、慌てて撮ったんだけど(^_^;)

1.
a0031821_15553954.jpg
嘴の色と形状、頭部のシルエット・色、主翼上面の羽縁模様、足の色、下尾筒の色・・・見なくてはならないポイント多数(^_^;)
しかし・・・斜め後方からのショットで、顔がまともに撮れてないのが痛い(泣)
真ん中の子は顔周りの色が少し薄い様に見える。幼鳥かも。父さん母さんに守られて飛んでるみたい♪
啼き声があれば良かったのに・・・全然聞えず・・・。

2.
a0031821_15561713.jpg


3.
a0031821_15563246.jpg


4.
a0031821_15564748.jpg


10月29日 多々良沼弁財天 12:03頃だった
超快晴! 赤城颪が吹きつけて寒かった!・・・ダウンジャケ着て、手袋も♪
NIKON1 V3
1NIKKOR 70-300mm
手持ち
トリミングあり

見た目は大きい! カルガモより二廻り位だった。
嘴のオレンジ色を見て、飛び方もカルガモじゃないし・・・じゃあ何だ?・・・
撮った後の画像でヒシクイではなかろうかと・・・うろ覚えの知識で決めてみたんだけど・・・

ヒシクイ 菱喰 カモ科 マガン属 
英名はBean goose
天然記念物

と、なると今度はヒシクイか?オオヒシクイか?論争になってしまうね(泣)
これが・・・矢鱈と難しくて(^_^;) 
家に戻ってweb上で色々調べてみたら・・・これが更にこんがらがってしまい(^_^;)

ヒシクイは太平洋側に多く
オオヒシクイは日本海側に・・・・という説明が多いね。

大きさの違いとか、頚の長さの違いとかは・・・並べてみない事には判らんわ(泣)

じゃあ、あと見分けポイントとして、嘴の上縁と頭部の額を結ぶシルエットでは、
・ほぼ直線的に頭部に繋がるのがオオヒシクイで、
・途中額に繋がるところで嘴の付け根で窪む様に見えるとヒシクイ・・・というのが判り易いのかも・・・。

その線で今回の画を仔細に見てみると、どうやらヒシクイ!じゃね~の!になっちゃった。
マアでもどちらにせよ天然記念物!♪

珍しい鳥さんに遭遇した!って事で緊急レポートしました。今日の撮れたてなんですよ♪

彼ら、この後、沼には降りず北上して姿が見えなくなってしまったのサ(^_^;)

今日はそろそろハクチョウが来ていないか?と、他にシギチの様子も見たくて、多々良沼へ。
ハクチョウの気配はゼロ・・・
しかし、カメラマン殆ど居なかったよ♪・・・ミサゴが出なくなったのが影響してるのか?

アオアシシギとオグロシギが二羽ずつ、遠くでコチドリ。
コサギの群れが間近に。
といった感じで、ちょっと寂しい多々良沼だった。

by sdknz610 | 2014-10-29 17:00 | ガン 雁 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 28日

オナガの飛び出しと水辺で群れる様子を

オナガが観察舎の直ぐ傍にやって来た。
オナガもね~・・・久し振りじゃないか!♪ 
こりゃあ撮らないでどうするの?・・・ウ~ン、でも葉被りがきついからね~どうだろうか?と思ったけれど
マア兎に角だ、シャッター押さなくっちゃ!これを撮り逃がしたら、遠路遥々葛西臨海公園に来た甲斐が無いんだもん(笑)

近くには何羽かが群れていたのがみんな行っちゃったので、この子も長居はしないに違いない!
ので、ササッと仕事しないとな・・・。
案の定だった。直ぐ飛び出したのサ! それを何とか・・・(^_^;)
1.
a0031821_2026997.jpg


2.
a0031821_2028316.jpg
オナガは、近所でも見る事は結構ある。しかし・・・なかなか撮るチャンスが無い。カメラ持ってないとか、遠過ぎとか・・・(^_^;)
それが、今回は・・・観察舎でシギチが来てくれないかと随分待ったのに一向に現れず・・・イエ、アオアシシギが一羽だけだった(^_^;)・・・
その内反対側の森でジェージェーが聞えて来たので観察舎の窓から覗くのを止めて、オナガが現れるのを待つ事にしたのさ♪
そしたらこの子が・・・ワ~っ!かなり近くに♪

3.
a0031821_20335464.jpg
行った~\(◎o◎)/!

4.
a0031821_20343312.jpg
何とか目が光ってくれたのは勿怪の幸いだった♪
葉っぱや枝が邪魔なのか、ここまでは足で蹴って飛び出して、ここらから羽を広げ始めたみたい。

5.
a0031821_2035957.jpg
パっと広げた翼!これがいいんだよね♪

6.
a0031821_20363594.jpg
この後はフレームアウトだった(^_^;)
割と間近でオナガの飛び出しをゲット出来て・・・内心今日はこれでもう帰ってもいいかな?・・・ナンテ思ったんだけど(笑)

この後、グルっと下の池から上の池へ廻ってみて、何か出るかな?だった。
昨日までのカワセミはビジターセンター近くの観察塀からだったけど、以下も同じ場所での画です。
7.
a0031821_20442749.jpg
突然現れたオナガの群れが、カワセミ御用達の枝に来ちゃったのサ!♪
これは想定外だったよ(^_^;)
画面に入り切らない子もいて、パッと見13羽だったか・・・。

8.
a0031821_20501694.jpg
?水浴びか?・・・イヤイヤどうやら水を飲みに来たみたい。

9.
a0031821_2051579.jpg
彼らが大人しくしている訳がなく、きっと誰かが飛び出すかもと・・・
そしたら、画面右下の子がパッと・・・。

10.
a0031821_20553878.jpg
マアね、この翼広げがゲット出来たからよしとしよう♪

10月25日 葛西臨海公園
NIKON1 V3
1NIKKOR 70-300mm
手持ち
トリミング若干あり

by sdknz610 | 2014-10-28 21:15 | オナガ | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 27日

カワセミの飛び付きシ~ンをフリーズ!

カワセミが止まり木に飛び付くところを撮れた。
まるで久し振りにこんなシ~ンに遭遇だった。何年ぶりだ?♪
SSが1/1250だった。カワセミとなればホントは1/1600とか1/2000にしたいところだけど、
ここ意外に暗くて、でもあまりISOを上げたくない・・・とは言え、結局は2500だった(^_^;)

すごい定番ショットですが、恥ずかしながらアップに及びます(^_^;)
ご笑覧いただければ幸いです。

1.
a0031821_16582417.jpg
確実に、安全に止まらねばならない訳だけど、どうやら止まり木を、足元を・・・見ていないな♪
飛行ルートを微調整しなくても大丈夫!なんだろうね・・・。

2.
a0031821_171882.jpg
この翼広げの瞬間が・・・やっぱり一番フリーズしたいシ~ン!
目が光ってくれたのはラッキ~!って事で♪

3.
a0031821_1731060.jpg
秒20コマだと、止まる寸前でカワセミのスピードが落ちているとは言え、一コマで進む距離が微妙・・。
ほんの2,3cm毎の様な♪ 

4.
a0031821_1771699.jpg


5.
a0031821_1710686.jpg


6.
a0031821_1710259.jpg


7.
a0031821_17103997.jpg


8.
a0031821_1710562.jpg
やっと両足がしっかり止まり木を掴んだか・・・。?左足は未だだよ・・・この後の画は割愛します。限が無いので(^_^;)
足の指が黒っぽいね。今年生まれの若様みたいだ。

10月25日 葛西臨海公園
NIKOIN1 V3
1NIKKOR 70-300mm
半手持ち
トリミング若干
どの画も、望遠端の810mm相当で

カワセミ撮りで何が面白いかって・・・私的にはやはりこういう動いているのを何とかフリーズしたい、というのが一番の望みだね。
そうなんだけど、それが何しろ一番の問題なのさ(^_^;)

トビダシの瞬間よりこういうトビツキはハードルが随分高くなる・・・何処に止まるか?なんてことは事前に予測出来ないし・・・
ここかな?位の予想で・・・置きピンが当たるかどうか?のまるで宝籤に当たるか当たらないかの賭けだね(^_^;)
マア良く外れる事と言ったら(笑)
だからこんなのが撮れたら、それこそ今日はモウいいか!帰ろうかな?になっちゃうのさ・・・ナンテね♪

まだまだこれからもチャンスがあれば永遠にこういうシ~ンを狙い続ける事でしょう。ネ(*^_^*)

by sdknz610 | 2014-10-27 19:00 | カワセミ | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 26日

カワセミウォータパフォーマンス♪

カワセミの飛び出し待ちしていて、行った~!と思ったら、ヤバイ!こっちに向かって来た(^_^;)
ファインダー覗いて見てると、突入から脱出までの時間の短い事・・・アっ!と言う間も無いホント一瞬の出来事なんだけど
再生して見ると、こういう薄い進入角度での漁はあまり見た事が無く、派手に飛び散る水柱にはビックリだ♪
水深が浅いので高速で飛び込むにはこういう角度で、という事なのか・・・。
マアね・・・カワセミにしてみればどの様な状況でも変幻自在の飛行名人だからどうって事は無いんだろうけど♪
水柱の美しさは、まるでウォータパフォーマンスをやってくれたみたいで・・・ラッキ~!♪

1.
a0031821_16355929.jpg
背後の高枝からサ~っと降りた、と思ったら急降下で水面突入では無く・・・
水平飛行的な進入角度でこっちに向かって来た!

2.
a0031821_16384712.jpg
突入寸前と言うか、直後と言うか・・・嘴が水面に刺さった!♪
でも水撥ねは未だ発生してないのよ。

3.
a0031821_16394276.jpg
突入開始!

4.
a0031821_16402416.jpg
ワ~\(◎o◎)/!
猛烈な水柱!水のカーテンだ!♪

5.
a0031821_16413396.jpg
突入後未だ少し水中で前進してるみたいだ。

6.
a0031821_16421492.jpg
?アレっ!・・・直後、もう向きを変えてる・・・
元来た方へクルリと・・・。
そのまま前進して抜ける・・・というのは見た事無いよ。どうしてなのか?・・・
これはカワセミ見出してからの、以前からの大いなる疑問なのよね~(笑)

7.
a0031821_1646020.jpg
もう飛び出しか~・・・早!♪

8.
a0031821_16475866.jpg
やっと飛び散った水が治まり始めてるけど、
ホンマ、アッと言う間の出来事なんだよね。
ところで魚を獲ったのかな?

9.
a0031821_16501043.jpg
?アレっ!・・・魚獲れなかったのか~♪
ヤレヤレ、残念なり(笑)

こんなカワセミの突入から脱出までを何とか撮れたというのはホント久し振りで・・・
カワセミ撮りの原点に帰った様な感じなのさ。

この場所は・・・こうしてカワセミの一部始終が撮れる将に天国なのですが・・・
これも多くのボランティアさん達の努力の賜物なんだよね・・・。
葦刈り、水引き込み等、聞きしに勝る大変な作業のお陰・・・
ちょこっと立ち寄って、こういうシ~ンに遭遇出来るなんて・・・誠にありがたい事です。

10月25日 葛西臨海公園
NIKON1 V3
1NIKKOR 70-300mm
半手持ち
トリミング若干
ここは意外に暗くて・・・1/1000確保するのにやっと・・・ISOは2500だった。
カワセミは1/2000は欲しいんだけど、ちょっと無理なのさ(^_^;)

色々反省点が出て来て・・・カワセミ撮りを一からやり直しかもな・・・と、言ったところです♪

by sdknz610 | 2014-10-26 18:00 | カワセミ | Trackback | Comments(2)
2014年 10月 25日

カワセミ・・・獲物にまっしぐら!♪

カワセミが飛び出し、ホバして獲物に急降下・・・久し振りのカワセミがこんなパフォーマンスしてくれた!

どのシ~ンも捨て難く・・・長々になりますのでm(__)m

1.
a0031821_22135493.jpg


2.
a0031821_22151695.jpg


3.
a0031821_2217474.jpg


4.
a0031821_22172889.jpg


5.
a0031821_22183260.jpg


6.
a0031821_22185020.jpg


7.
a0031821_2219656.jpg


8.
a0031821_22192283.jpg


9.
a0031821_22194060.jpg


10.
a0031821_22213355.jpg


11.
a0031821_2222257.jpg


12.
a0031821_22222095.jpg


13.
a0031821_22224876.jpg


10月25日 葛西臨海公園にて
NIKON1 V3
1NIKKOR 70-300mm
手持ち

昨日から葛西臨海公園。
シギチは・・・アオアシシギが一羽だけ(泣)・・・下の池だったけど。
新宿で飲み会があるので時間が無かったな~・・・。

で、今日は願っても無い晴天に恵まれアレコレ鳥さんと会えたけど・・・
今日のハイライトはやっぱりコレ!だな(*^_^*)

この子、幼鳥だね。足の指が未だ黒いか・・・。
胸のオレンジ色等冴えないけど・・・マ、いいじゃないか♪

カワセミも久し振りだった。810mm相当で何とか(^_^;)
カッコいいもんだな♪・・・これだからカワセミから逃れないって事かと(笑)

帰宅後、ザワザワしていて、やっと画像選定、更新用のハンドリングが間に合った様で今日中のアップに漕ぎつけた(^_^;)
他の大量の画像整理は明日以降に・・・。明日も何処か撮影に出掛けてしまいそうで・・・在庫が増え過ぎだわ(泣)

by sdknz610 | 2014-10-25 23:15 | カワセミ | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 23日

NIKON1 V3 と70-300mmでスズメの飛び出しを・・・イチ!ニ!サン!♪

晴れた朝の散歩が好きだ♪・・・イエね、スズメがね、歩いて行く先々で、近付いたのを警戒して、パ~っと飛び出すのよ♪
で、それを見ると何とか撮ってやろうじゃないかと・・・無謀な挑戦をやる事に(^_^;)
結局ボツの山を築いているんだけど・・・時々、割と近くで、油断してるスズメが居たりすると以下の様な画が撮れたりするから
散歩の時の手持ち超望遠レンズが手放せない事に♪

スズメは・・・撮るのが一番難しい鳥だと思ってるけど、それでも森の中の暗い葉陰に居る鳥さんよりは
何しろピーカンの野晒しの場所で、ISOを上げずに高速シャッターが切れるのが◎なんだわ♪
存分に飛ぶ姿をフリーズ出来るから・・・そこんところが何ともワクワクドキドキって事でして・・・。

以下、トビダシの瞬間をワン!ツー!スリー!♪
三つのケースをご紹介します。

1.ワン!
a0031821_2016455.jpg


2.ツ~!
a0031821_20165973.jpg


3.スリ~!
a0031821_20183664.jpg
スズメの足って・・・こんなにキレイなピンク色だった?
未だ幼鳥の気配かも・・・。

4.ワン!
a0031821_2019751.jpg


5.ツ~!
a0031821_20192954.jpg


6.スリ~!
a0031821_20195559.jpg


7.ワン!
a0031821_20201882.jpg


8.ツ~!
a0031821_20204134.jpg


9.スリ~!
a0031821_2021118.jpg


10月19日 良く晴れた! 朝の散歩もこうなると結構忙しい♪
NIKON1 V3
1NIKKOR 70-300mm
手持ち
SSは#3迄は1/1600で。
#4以降は1/1250で。
トリミングあります。
スズメのトビモノを撮るのに、SSはどれがいいのか?・・・未だ試行錯誤中につき・・・(^_^;)

レンズは・・・大体600m相当あれば丁度いい。
max810mm相当のズームだけど、810mmでというのはこの時は撮っていない。
大きく撮り過ぎるのもリスクが高いのよ。
飛び出しの瞬間からほんの数枚あればいいんだけど、長過ぎる望遠だと直ぐに画面から外れてしまうという危険が大きいから。
小さく撮って、大きく伸ばす・・・これ基本♪

こうしてスズメを撮っていると、だんだんと飛び出しの瞬間フリーズに馴れて来る感じだ。
経験というのは失敗の積み重ねの事だと思うけど、スズメ撮りもそれだな!♪
ドンドン撮って、ドンドン失敗すれば、少しずつ光明が見えて来る。んじゃなかと・・・♪

近所のスズメは・・・それ程数が減ってる様には見えない。田圃で群れてるのを見るとウズウズして来る!
カメラを手放せない散歩になってしまうけど、面白いのでマ、いいかと♪

by sdknz610 | 2014-10-23 21:00 | スズメ | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 22日

八幡大神の決めポーズ集♪・・・松尾神社奉納神楽

昨日の猿田彦の舞いに続いて、本日は八幡大神の舞いをご覧下さい。
所々で見せ場がありますね。
決めポーズ!♪

1.
a0031821_11392359.jpg
PENTAX K-5にSIGMAの10-20mmワイドズームレンズで。
SS優先で1/160です。
決めポーズを一応きちんと止めたくて、ちょっと早めのSSで。
舞台の縁にへばり付いて・・・畳ギリギリの高さから、見上げるアングルになります。
この時の距離は・・・近い!ですよ~! 八幡様の左脚爪先がレンズフードに触りそうだった!(ちとオーバだけど)(^_^;)
フラッシュは焚かず自然光のまま・・・。
K-5も久し振りだった。このスーパワイドを付けっ放しで放ってあったけど、こういう時の出番しか無いんだよね(^_^;)
でもちゃんと働いてくれて・・・良かった~・・・(^_^;)

2.
a0031821_11435268.jpg
1/250で。
南から強烈な日差しが・・・まともにレンズに入って・・・ゴースト、ハローが盛大に出てしまったけど構わず・・・
ちょっと普通じゃない画像になってしまった(^_^;)

3.
a0031821_11531468.jpg
1/50で。
八幡様の弓の取り扱いがポイントだと思って、連写の嵐を浴びせた(^_^;)
弓と、面と、決めポーズのバランスが難しくて・・・いい感じの画がとても少ない(泣)

4.
a0031821_11575139.jpg
1/125。

5.
a0031821_11582670.jpg
1/125。

6.
a0031821_1159411.jpg
1/125。

7.
a0031821_122062.jpg
1/125。
スクウェアにリサイズしてます。

8.
a0031821_124348.jpg
1/125。

9.
a0031821_1245545.jpg
1/100。

10.
a0031821_1253384.jpg
1/50。

八幡様のお面も、見る角度、仕種の変化で表情が変わって見えるのね。猿田彦の面でも同じ様に感じたけど、
作者不詳なれど、何しろ素人目にも変幻自在の表情をした素晴らしいお面だと思ったよ♪
幾世代も受け継がれて来た様で、昔の職人の匠の技だと思うのさ。

松尾神社の奉納神楽・・・何やら背中に憑いたんではなかろうか?♪・・・いい気分で家路に♪
確かにここは・・・パワースポットに違い無い!・・・んじゃなかろか(笑)

歌舞伎にも決めポーズがあるみたいだけど、ルーツはこういう古くからの伝統芸能なんだろうね。
そこから進化したものに違いない・・・素人なので全くの想像にすぎませんが(^_^;)

八幡大神は・・・全国各地にある八幡宮の主祭神として祀られている武道の神様で、
品蛇和気命(ほんだわけのみこと)で応神天皇のことだそうです。
この日は八幡大神が弓矢を引いて四隅の災いを祓う舞い、という事でした。

舞台が北向きの神楽殿は、舞いを撮るには暗いんだよね・・・
マア鳥を撮るのと違って速いSSは不要なのでISOを上げずにスローシャッターで動きを・・・というのにはとても具合がいいんだけど
でも何しろ歩留まりが悪いのは覚悟が要る。
バッテリとメディアの予備は必須!・・・と、思っていたけど、K-5もE-M10もバッテリは交換せずに済んでしまった♪
フラッシュも使ってみたシ~ンもあるけど、どうも不自然な画になってしまい、こういう所では自然光のみで行こう!と決めた♪

次は来春、桜の時期の奉納神楽を撮らせてもらおうかと、カレンダーにチェックを入れてある♪
2015.4.19日曜日だ。

by sdknz610 | 2014-10-22 15:00 | 祭り 郷土芸能 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 21日

猿田彦大神の舞いをNOCTICRONで撮ってみたら・・・

10月19日(日曜日)は、太田市小金井の松尾神社の神楽奉納の見学に行ってみた。
ここは去年初めて案内されて、奥深い郷土芸能と言うか、神社の神楽の奉納とは。。。と言うものを見て感動して・・・
今年も又このパワースポットで何かにとり憑かれて欲しかったのさ(笑)

狙いは・・・猿田彦大神(さるたひこおおかみ)の舞い! 
去年最も印象が強かった神様で。。。マ、去年の反省もあって、リベンジ!という面も(^_^;)
その優雅な舞いを何とか定着してみたくて・・・以下、ご笑覧いただければ幸いですm(__)m

1.
a0031821_2031265.jpg
K-5+10-20mm
30mm相当で。SS=1/20

2.
a0031821_2033830.jpg
E-M10+LUMIX LEICA NOCTICRON 42.5mm F1.2
85mm相当で。SS=1/30
フラッシュは焚かず自然光のみ。
手持ち

以下も、NOCTICRONです。

3.
a0031821_2034340.jpg
SS=1/30

4.
a0031821_20342232.jpg
SS=1/30
この画は、
2014年第34回「太平記の里」フォトコンにて入賞となったものです。2015.1.30に通知がありました。
応募総数 383点
入賞7点
入選10点(これに該当です)
佳作20点
審査 フジカラープロフォトセンター

5.
a0031821_20371461.jpg
SS=1/30

6.
a0031821_20375986.jpg
SS=1/50

以上トリミングあり。

今回のテーマは、スローシャッターで猿田彦の動きを表現してみようと・・・ま、去年と狙いは同じなんだけど(^_^;)
それと・・・今回はm3/4のE-M10に、LUMIXのNOCTICRON 42.5mm F1.2という超弩級の明るいレンズで
暗い舞台で舞う異形の面をした猿田彦がどう撮れるのか?を試すのも目的だった。

SS優先で、1/30や1/15等で色々撮ってみたけど、結果1/30の画がいい具合だった。
適度な被写体ブレが出て、ゆっくりした動きの舞いには丁度良かったみたいだ。
1/15だと・・・異形の面が止まるというのが是非必要なんだけど、歩留まりが・・・ダメだった・・・これは又来年の課題になる。
1/50だと止まり過ぎという事に・・・。

K-5に10-20mmのスーパワイドという組み合わせは、これも舞台の裾にへばり付いて接近して撮るのは
極めてワクワクドキドキものでして(^_^;)

マア、でも・・・どうやらNOCTICRONのスーパな写りは・・・将に驚異的!という印象だ。
解像度も桁が違う! ヌケがいい!・・・
こういう画像が出て来るというのは、写真はやっぱりレンズで決まる!というのが実感だ♪

猿田彦という、天狗の先駆けと言われる高い鼻のこの面構えが好きで(笑)・・・他のどの神様より撮るのに力が入るのサ♪

太田市新田町指定重要無形民俗文化財の「小金井 太々神楽(だいだいかぐら)」について、
生品地区生涯学習推進事業「小金井太々神楽」観賞資料によれば、

猿田彦大神・・・さるたひこおおかみは、
身長が高く、顔は赤く、鼻が大変高くて、眼は大きくて、その輝く様はほおづきの様であったといいます。
てんそんににぎのみことの天降りの際には、道案内の役目をした天狗面の神様です。
また、ににぎのみことに随行していたあめのうずめのみことと夫婦となり、子孫は、代々芸道の家系とされています。

だって・・・♪

それはそれとして・・・今回NOCTICRONを本格的に使ってみたけれど、その格別に高性能な一面が判ったのは大収穫だったかな♪
E-M10との相性もいい感じだし・・・m3/4もその軽量コンパクトと相俟って、もはやミラーレス一眼の時代!とうのはホントかもね♪

by sdknz610 | 2014-10-21 22:00 | 祭り 郷土芸能 | Trackback | Comments(2)