『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2018年 07月 05日

緊急! 138億光年大いなる宇宙の旅 NASA60周年天体写真ベストセレクション 富士フィルムスクウェアにて

2018.7.4
六本木の富士フィルムスクウェアで開催中の天体写真展に行って来た。
7月11日が最終日なので緊急レポートします(;'∀')

標題の様にNASA60周年記念の宇宙の写真の中でも白眉と目される素晴らしい画像のオンパレードで
見逃しNGと思い・・・。
感動・瞠目・驚異・・・遥かなる宇宙の壮大さに圧倒された(^_-)-☆

先ずはこの画から・・・
a0031821_16551027.jpg
わし星雲(M16)の一部のクローズアップ画像。
「創造の柱」と呼ばれる星が生まれつつある場所。
一本の高さが五光年とは!♪
非常に印象的な立体感溢れる名画ではないか!♪
地球上のどんなアートも敵わない宇宙の神秘!

a0031821_16551189.jpg
会場風景

a0031821_16551147.jpg
入場無料で、しかも写真撮影OKという・・・♪
SNS等で広めて欲しいとの事だ。

a0031821_16551148.jpg
火星表面の広大詳細な画にはビックリだった♪

a0031821_16551138.jpg
木星

a0031821_16575670.jpg
土星。今、土星の輪が地球の方に開いているそうで
見てみようと思った。

a0031821_16582566.jpg
冥王星の表面の高精細画像には参ったゼ♪
惑星ではなくなったよね。準惑星という事みたいだけど・・・。

a0031821_16582529.jpg
ニューホライズンが撮影だって・・・スッゲー!

a0031821_17001457.jpg
有名な馬頭星雲。
この立体感もスゴイな。
こういう大プリントで見ると尚更圧倒的だよね。

a0031821_17001499.jpg
母なる太陽。核融合の熱で地球は生きている・・・。

他にも大迫力の画が一杯です♪
11日が最終日!間もなくこの貴重な画像展が終わるので・・・お早めに是非! お薦めです。






by sdknz610 | 2018-07-05 18:00 | 天体写真蔵 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 03日

オールドデイズ・・・旧花輪小学校見学

2018.7.1
所属フォトクラブの撮影会で
渡良瀬渓谷鐡道沿いの群馬県東村の花輪駅近くの
旧花輪小学校を見学して来た。
a0031821_14001966.jpg
過ぎ去った大昔の小学校の思い出が蘇る不思議な空間がそこには在った。

a0031821_14001978.jpg
SEIKOSHA♪
チックタック・・・とは動いていなかったけど。

将にオールドデイズの過ぎ去った過去がそこにある・・・。

a0031821_14001920.jpg
旗幟鮮明!♪

a0031821_14002062.jpg
特徴ある外観。

a0031821_14002099.jpg
a0031821_14002063.jpg
玄関前には「ながら」の大先輩の像が♪
本は。。。小学生の頃からは、兎に角沢山読んだ方がいいと思うよ!
ゲームより・・・ね。

a0031821_14002023.jpg
卒業記念に造られたステンドグラス風の校舎。

a0031821_14002172.jpg
明治6年開校だったか。
平成13年(2011年3月)、廃校に・・・。

a0031821_14100004.jpg
登録有形文化財!
平成13年11月登録。
いいもの見たり!歴史遺産♪

フォトクラブの撮影会ということで参加したのは良かったと思うべな♪
一人では・・・多分なかなか足を運ばない場所・・・だ。






by sdknz610 | 2018-07-03 15:00 | 建造物 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 02日

夢は夜開く? 超ド級の美しさ! 月下美人が我が家で咲いた!♪

a0031821_11443697.jpg
2018.7.1 これは午後11時52分の画。
やっと・・・ほぼ全開に近く咲いた!という訳だ♪

a0031821_11443664.jpg
これも11:52 今回は同時に二輪咲いてくれて、その片方の花。
空には低い高度でストロベリームーンの名残りの月が煌々と輝く真夜中だった。
月光だけではとても暗くて、LEDランプで照らしながらの撮影だ。

早朝、我が家の鉢植えの月下美人の蕾がかなり膨らんでいるのを見て
今夜きっと咲きそう!♪ なので・・・若しか咲いた時を考え、撮影し易いようにと配置換え。
細い茎の、先端近くの葉っぱの脇から出ている蕾は、極僅かの風でもフラーリフラーリと位置が定まらない(^^;
よって余り無理は禁物ながらアチコチ紐で縛ったり、支えを設置したり、兎に角花の動きを抑える処置をしておいた。
昼間は風がきつい事があるので、多少は動きに余裕がないと捥げたりするから、その辺りの加減が難しいな。
温室の中ならどうって事は無いだろうけど・・・。

そして、この日は渡良瀬渓谷沿いの花輪にある今は廃校になっている小学校でのフォトクラブの撮影会に参加だった。
さて、撮影会を終わり午後2時過ぎに帰宅してみると、未だ咲きそうにないので、
取り敢えず照明用LEDランプを準備したり、
先日ゲットしたばかりのLUMIX GX7 MkⅢの新機能、フォーカス合成を試す事に。
レンズはNOCTICRONとマクロレンズを使い分けてみようかと。
a0031821_11443695.jpg
19:49 この時刻マジックアワーで空の青味が未だ残っているけど、
月下美人の方はまだこんな感じでなかなかサッと開いてくれないんだよ。
夕食、風呂など済ませ、こうなったら咲くまで寝ないで待ってやるべ~と(^^;

さて、フォーカス合成はどうやればいいのか?・・・ここからが大いに悩んでしまったんサ(;'∀')
マニュアルには載っていない! エ~うっそ~(^^;
4Kフォトを説明してるパンフに載ってるだけのでそれを解読しようとしたが、
なんだかね~・・・指示通り操作するものの・・・上手く行かず、焦ったゼ(泣)
カメラのボタン類で4Kフォトに関連するのはたったの2つ・・・しか無い訳で・・・
結局そのボタンを押す順番を解明出来たので・・・もう大丈夫だ~~~!♪
それにしても、何とも不親切というか、素人に分かる様な解説がなされていないとは・・・。

a0031821_11443796.jpg
日が変わってしまった7/2の00:07の画。
暗いので絞りは開けたい。と、なると被写界深度が薄くなり
花びらの先端とか蕊の先端とかだけクッキリするけど、周りがボケボケに。
んじゃあと絞りをF8とかF11なんぞにすると、
今度は超スローシャッターになり
更にISOが思い切って上がって3200とか6400になっちゃうのがコワイんさ(-_-;)
おまけに被写体ブレが加わって・・・結局画にならないよね・・・。
そこでフォーカス合成の出番だ!♪

a0031821_11443711.jpg
a0031821_11443778.jpg
月下美人の一番見ておきたいのは雌蕊なんよ♪
a0031821_11443763.jpg
通常だとこの角度で奥にぎっしり詰まっている雄蕊と、手前の雌蕊を
どちらもピント良く同じ画面に、というのはピンホールカメラ位でしか不可能なんだけど・・・
フォーカス合成ってスゴイぞ!♪
因みにこの画の設定は、1/100 -1.3EV F2.8開放 ISO400 120mm相当マクロ

a0031821_11443757.jpg
手持ちのLEDランプで自由自在に照らし方を変える。

a0031821_12135946.jpg
月下美人の雌蕊のシルエットロマン♪
又は・・・サロメのおどろおどろしい、のたくる蛇の髪!風でもある・・・。
蛾を誘導して花粉を媒介させようという進化を遂げた仕掛け!なんだろうね。
これをマクロで撮ってみたくなるのは自然の成り行きなんサ(笑)
a0031821_12372094.jpg
これほどクネクネと多数の足を持つ雌蕊というのは月下美人だけ?
実に不思議な花だ♪

フォーカス合成なるトンデモ武器が手に入ったので・・・
静止してるモノに関してはこれからはアプローチが変わって来る可能性を感じるナ♪

LUMIX GX7 MkⅢ
OLY 60mm macro、LUMIX LEICA NOCTICRON 42.5mm
三脚 
NIKON LEDライト






by sdknz610 | 2018-07-02 15:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(2)