『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2018年 10月 17日

街角シュウメイギク・・・我が街の街角撮影会スナップ集(4)NOCTICRON F1.2 85mm相当で

街角シュウメイギク
a0031821_20164299.jpg
街角スナップやってると、隅っこでひっそり咲いているシュウメイギク発見!♪
ほんの小群落だけど、キレイだったゼ(^_-)-☆
背景のちょっとした光を絞りを開けて玉ボケで配置。


枯アイビー
a0031821_20225444.jpg
アイビーがビッシリの古い建物。すっかり枯れて・・・。
こんな時の構図はどうする?・・・
天辺はギリギリ上に、右に寄せる。換気口の目玉♪


月かたぶきぬ
a0031821_20264166.jpg
振り返れば月が・・・夕空と絡めて。

街中裏通りであっちこっちウロウロ(^^;
怪しまれなかったのは幸いだったナ♪





by sdknz610 | 2018-10-17 15:00 | スナップ | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 16日

たそがれ下校・・・我が街の街角フォト撮影会スナップ集(3)NOCTICRON F1.2 85mm相当で

a0031821_15021947.jpg
「たそがれ下校」

土曜日なので、部活の帰りかな? 仲良く駅に向かう学生お二人さん
夕日に照らされたコスモスを手前に、人物を画面右に配置、絞りはF1.8で大きくボカす。
被写界深度は極めて薄い。コスモスの一点のみにピンを置いて・・・。

ここは表通りから一本入った裏通りだ。三々五々学生の往来がポツポツあるのでチャンスを待って♪


a0031821_15103242.jpg
「語らい下校」

上の画とほぼ同じポジションから。
今度は人物にピントで、手前コスモスを大きくボカす。
丁度車が来た。チャンスと見て!

夕暮れ時の裏通りのレトロな雰囲気を・・・♪


a0031821_15150622.jpg
「下校って何かウキウキ」

自転車の学生が通過するのを1/30で流し撮り。
適度なブレを期待しての確信犯だ(^^;
構図的には画面右詰めも意図している。


a0031821_15180344.jpg
「下校って何かウキウキ」

自転車の女学生二人組だった。ちょっと重なってしまったが、意外とこのシーンはお気に入り♪
これもSSは1/30で。
人が歩くのを流し撮りする場合、もうちょっと遅い1/20とか1/10位でもいいかもしれない。

車の往来が激しい表通りではこうは行かないだろうな。
裏通りって・・・風情があるな~~♪

自分一人だと、なかなかこういうシチュエイションを撮りに出掛けるってそうそうは無いけれど、
所属フォトクラブの撮影会という事なら積極的に参加しよう!♪

85mm相当は、見た目よりかなり風景を切り取る事になるのが分かった気がする。
自分でココだ!って、何処を切り取るか? 目敏く、素早く見つけて、
レンズを向けねばならぬ(^^;
コレ、難しい(泣) モノを見る目がキモか・・・
もっと練習しないとね・・・。







by sdknz610 | 2018-10-16 11:00 | スナップ | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 15日

瞳孔全開で、網膜が赤く!・・・我が街の街角フォト撮影会スナップ集(2)NOCTICRON F1.2 85mm相当で

a0031821_21113440.jpg
2018.10.13
昨日の記事の続きのニャンコ♪
この子が動き出して向こうへと行きそうになった時、
背後から来た車のヘッドライトがパ~っ!と照らした!逃さずシャッターを♪
それまで暗くて全開になっていた瞳孔が絞られる前だったみたいで、網膜が真っ赤に(;'∀')
赤目軽減をONにするとこういうの消してくれるのか?試した事ないけど・・・。
こんなのは、昼間では撮れないな・・・。
マ、いいか♪ やっぱこの子、可愛かったんサ♪
シャープな写りに満足♪

LUMIX LEICA NOCTICRON 42.5mm F1.2
LUMIX GX7 MkⅢ
1/50 F1.2 -1.3EV ISO400 WBオート 手持ち







by sdknz610 | 2018-10-15 11:00 | ネコ | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 14日

「疑心暗鬼」 ・・・我が街の街角フォト撮影会スナップ集(1)NOCTICRON F1.2 85mm相当で

a0031821_14423055.jpg
偶然出会ったネコにゃん♪
足元に来てくれて・・・?ノラじゃなく近所の飼い猫?の夕方散歩だったかも♪

夕方から所属フォトクラブの撮影会に参加。
この日のテーマは、街の風情を背景のボケや前ボケを意識して撮ってみよう!って事で・・・(^-^;
イザ、となるとどう撮ればいいのやら、何を撮ればいいのやら・・・普段目掛けて撮る対象でもなくて・・・
マア取り敢えず、目に付くものをドンドン撮っちゃおう!か・・・
何時もの土壇場何とか度胸という流儀で♪

さて、どうしたものか?と始まったばかりに、この子が現れてくれたので・・・
設定は
絞りはF1.2開放! SSは1/30で、ISOを400で。
補正は・・・辺りはもうかなり暗くなっていたので思い切ってマイナス1.3にした。
さて手持ちで、カメラを地面スレスレまで下に降ろし、ネコにゃんと対峙(;'∀')
動くなよ! こっち向いてくれ~~なんだけど、演出が効く訳でも無くて・・・
バリバリの連写で対応(^^;

ネコをマジで撮るなんて、それも85mm相当の所謂ポートレイト用のレンズで、というのは緊張するゼ。
距離はほんの50cm無かった位の近くでジッと睨まれて・・・(^^;

問題はピントが来てるかどうか?
狙いは目!だよね・・・。
マニュアルフォーカスでピントを少しずつズラシながら連写だ!
その中から目に来てる画をチョイスして・・・やっとこさこの画に♪
それとヒゲがしっかりピント良く撮れていたのもラッキ~!
暗いので瞳孔が開いてまん丸というのも可愛さに拍車だな♪
目とヒゲと・・・カワユイ猫の魅力全開!ジャネーノ(笑)
今回あれこれ色々?百枚撮った中でも、何かと気になるこの画がお気に入りになったかも♪

暗い街角スナップは・・・明るいレンズはあれば便利、と言うか必須かも・・・。
その点NOCTICRON F1.2は将に適材適所かな?♪
このレンズ、素晴らしい解像力が実は一番の魅力なんだけどね。

そんな訳で今回の街角スナップはこのレンズだけで臨んでみたんサ♪
ズームは便利で、ついズームを回して何でも撮ってしまい勝ちなんだけど、
こういう単焦点だと画角は自分が前後に動いて、思い描く構図を探す事になり、
ワイドレンズと違って切り取ってモノを、風景を、見るのが結構難物(^^;
良~く見て、探す事にならざるを得ずだ。
自由度が大いに制限される感覚になるのが却って新鮮な気分で♪・・・
非常に勉強になる、という感じだった。

そうそう、カメラはLUMIX GX7 MkⅢにしたんよ。
こうしたスナップにはイイと思うヨ♪
ズーっと持ち歩いてみて・・・どうやらオプションの後付けグリップが欲しくなってしまったのが、困っちゃった点だ(^^;
Amazonで1クリックしそうで・・・気を付けよう(笑)

今日はこの一枚!
明日以降も続けますので・・スナップに興味のある方も、無い方も・・・
是非又の訪問をお待ちしておりますm(__)m






by sdknz610 | 2018-10-14 15:30 | 街角スナップ | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 13日

我が家のメドウセージに来たホバリングの名手ホシホウジャクを120mm相当のマクロで激写♪

a0031821_15495074.jpg
2018.10.9 午後1時過ぎだった。
120mm相当のマクロレンズで他の虫狙いで玄関を出たところで
ブーンという羽音を起てて足元に来たのがこの子! ホシホウジャクじゃん!(^_-)-☆

脇のメドウセージで蜜吸いを始めた!
ワ~オ! 撮らなくっちゃ!

直ぐシャッター優先モードにして、
SSは? ISOは? 補正は? ホワイトバランスは?
取り敢えずこの4項目を設定しないと・・・
SSを1/2000に。ISOは400。補正は±0で。WBはオートでいいや♪
こんな事してて飛んで行かれては残念な事になる(^-^;

で、何とか未だ次々と花を変えながらホバリングを繰り返していてくれて・・・
連写を開始したが・・・
ほんの10秒程で飛び去ってしまったんサ(;'∀')

何とか撮れていた中から幾つかご紹介に及びます。


a0031821_16012118.jpg
伸びたり丸まったりする吸蜜用の長いストローの様な口吻の様子はホウジャク撮りの目玉だ♪


a0031821_16035195.jpg
翅の動きは超高速で・・・1/2000でもこのブレ様だ(^-^;


a0031821_16051687.jpg
メドウセージの蜜は深い底に。流石に長い口吻をここ迄体を近づけて・・・。
ホウジャクも一生懸命だね。


a0031821_16080226.jpg
体を立てても位置をキープするホバリングの名手!♪
撮影チャンス!


a0031821_16103327.jpg
クルリと巻き込む長いストロー♪

ほんの短い時間だったけれど、星峰雀をこれだけピントがしっかり撮れたのは久しぶりだ♪
120mm相当のOLYのマクロレンズは極めて高性能だ(^_-)-☆
カメラは・・・
LUMIX GX7 MkⅢなんだけど(^-^;

我が家でこんな画が撮れるもんだから・・・遠くに行かなくても画題はあるもんサ♪






by sdknz610 | 2018-10-13 17:00 | ホシホウジャク | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 12日

白樺の貴婦人はやはり外せない・・・2018秋の小田代ヶ原シリーズ(4)

a0031821_15503942.jpg
小田代ヶ原の幻の湖を長々と・・・(^-^;
白樺の貴婦人はやはり主役です♪


a0031821_15523854.jpg
水鏡の貴婦人


a0031821_15530715.jpg
そこへ丁度鴨達がやって来た♪
もう北から渡って来たのね。


a0031821_15540292.jpg
貴婦人狙い(^-^;
時刻は6:23になっていて、既に中禅寺湖方面からの雲が広がって来て
背景の山も見えなくなって・・・残念ながら日差しはとうとう射してくれなかったんサ(泣)


a0031821_15565220.jpg
これは06:15だった。
棚引く朝霧が消え始めて・・・。
紅葉したホザキシモツケの大絨毯を期待していたが、どうやら規模は小さかったな。


a0031821_16000663.jpg

a0031821_16002118.jpg

a0031821_16003622.jpg
貴婦人は小さく写ってます♪
見た目、こんな感じの幻の湖です。

さてさて長々と小田代ヶ原の様子をご紹介して来ましたが、これにて・・・。

カラマツが黄葉したら、又と思っていますが
秋雨前線が今年は矢鱈としつこく居座ってお天気がスッキリしませんね。
マアでも演出が効かないお天気なので・・・成り行き任せになるのは致し方無し・・・ですね(;'∀')







by sdknz610 | 2018-10-12 16:30 | 小田代ヶ原 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 11日

「幻の湖」の舞台の主役は朝霧かも♪・・・2018秋の小田代ヶ原シリーズ(3)

a0031821_10163368.jpg
a0031821_10163388.jpg
左に貴婦人が見えますが、分かりますかね?・・・

a0031821_10163393.jpg
棚引く朝霧は色んな高度で積み重なるミルフィーユ状態♪

a0031821_10163320.jpg
男体山には雲がどんどん涌いて来て・・・小田代には日差しが届かない懸念(^-^;


a0031821_10163307.jpg
右に貴婦人が・・・。


a0031821_10163438.jpg
朝霧に煙ぶるズミ。

a0031821_10163434.jpg
水鏡

以下ご参考ですが・・・
2011.10に出現した大規模小田代湖がコレ!♪
a0031821_10204976.jpg
この時は周囲の木道が水没して・・・その後、現在の様な嵩上げされたキレイな木道になりました。

こんな感じで水墨画の世界だったのであります。
a0031821_10210253.jpg
今回の幻の湖は規模としては、この時の大規模な湖には敵いませんが、
マア兎に角、数年に一度というチャンスなので・・・♪

幻の湖は、翌2012年7月にも小規模ながら出現してます。
詳しくは下のタグの小田代湖をクリックすると出て来ますので・・・。







by sdknz610 | 2018-10-11 11:30 | 小田代ヶ原 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 10日

朝霧のベールが薄れ、徐々に「幻の湖」が姿を現した・・・2018秋の小田代ヶ原シリーズ(2)

a0031821_10201946.jpg
2018.10.8 04:55
肉眼でも「幻の湖」がやっと視認出来るような明るさに。
長秒露出なので、山王帽子山の帽子が流れて動きが感じられる画になった。

マニュアル露出モード 40sec F4 0EV ISO640 38mm相当 WB=3800K


a0031821_10324922.jpg
04:59
何層にも分かれて積み重なる朝霧・・・グラデーションがまるでミルフィーユの様だ♪
「幻の湖」のケアラシ、鏡面に向こう岸の落葉松が映る。
光る湖面も見える様になって来た。


a0031821_10351575.jpg
05:25
千変万化で姿が変わる朝霧の佇まいはダイナミックで油断がならない。
一瞬で見えなくなったり、グラデーションの様子がドンドン変わるから忙しいんサ(;'∀')

基本は、マニュアル露出モード。
ISOを出来るだけ200を維持しながら、絞りはF2.8開放からF8位までを状況によってチョイス、
後はシャッタースピードを変えながら補正がマイナス0.3とか0を維持する様に調整しながら、
更にWBをモニター見ながらケルビンを調整して・・・に、なる。
暗いとシャッタースピードを大幅に遅くして、明るくなるに連れドンドン速くする・・・と言うイメージだ。
この画は、1/2secで間に合う様になっていた。


a0031821_10535747.jpg
06:03
貴婦人が徐々に見える様になって来た。
まだまだモヤモヤだけど♪
一番大事な時間帯だね。


a0031821_10552235.jpg
06:09
「幻の湖」と貴婦人のコラボを、と思って。
背景の映り込みがキモになる。

ここにチラッとでも朝陽が差し込んでくれたらバンザイなんだけど・・・
マアね、そうは問屋が卸してくれなかった(;'∀')

小田代ヶ原の「幻の湖」は、2011年以来だった。
5年に一回位は出ると聞いていたけど、前回に比べれば水位は随分低いけどね・・・
絶景!には違いないワ♪

二、三日前ではもうちょっと水位が上がっていたとの話も聴いた。
この後、寿命はどうだろうか? 後10日保つかどうか?かもしれない。

貴婦人の背景のカラマツが黄金の屏風になるのを撮りたいんだけど、
その時まで水が残っていてくれるか、微妙だね。






by sdknz610 | 2018-10-10 12:00 | 小田代ヶ原 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 09日

星降る小田代ヶ原・・・久し振りに出現した「幻の湖」を見に来たんだけど先ずは真夜中の・・・2018秋の小田代ヶ原シリーズ(1)

a0031821_20485720.jpg
2018.10.7
の、午後11時過ぎ、小田代ヶ原バス停直ぐの撮影ポイントに居た♪
この時刻、流石に誰もいないワ(^_-)-☆

今回小田代ヶ原に来たかった理由は、何年ぶりかの幻の湖が出来ているというのをTVで見ちゃったもんだから
消える前に是非!と思って、ず~っと天気の動向を探っていて・・・やっと8日の朝は何とか晴れそう、と言うので。

さて、この時刻、幸い上空は月が無く降る様な星明り♪
先ずはグルグルを。
比較明合成で。
肉眼では見えない無数の星が画面にビッシリだ。デジカメの威力♪
星の光跡が途切れてるのは、そこに雲や霧が通過して光を遮った傷痕という事になる。
全30分露光してる間、晴れたり曇ったりで、雲や霧の動きはかなりダイナミックだった。

とは言うものの小田代ヶ原は地表に張り付く霧もあって殆ど視認出来ない程暗い。
右端、男体山の北側スロープから順次左へ大真名子山、太郎山、山王帽子山等が並ぶ。
この時刻、一台のトラックが千手ケ浜方向へ走り去った時のヘッドライトでちょっとだけ照らされた。

E-M10 18mm相当 
一枚40sec露光 F4.5 ISO1600 ±0EV WBはケルビンの3300K
02:52から30分露出で。


星を動かさない普通の画♪
a0031821_09072125.jpg
04:21だった。
山王帽子山に名前の通り終始雲が張り付いていて帽子を被った様だった・・・
鬼怒川方面の街の灯だろうか、雲が怪しく光っていて・・・。
上空は航空路みたいで、飛行機が通過すると点滅する航跡が残る。
60秒露出だ。
小田代ヶ原に朝霧が掛かり、貴婦人は視認出来ず。
手前が「幻の湖」・・・な、訳だけど、未だはっきり分からずだった(;'∀')

これも
a0031821_09495466.jpg
これだと北斗七星がはっきり♪
03:34 60秒露出

今回は徹夜になってしまった(;'∀') マア偶には・・・全て自分の自由になる時間だし♪

さてさてこの後、夜明けに向かってゆっくりと時間が過ぎて・・・
「幻の湖」は、果たして・・・





by sdknz610 | 2018-10-09 11:00 | 星月夜 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 08日

今年最後の月下美人だ。妖艶な女王も見納め。雌蕊の造形美は見る度に神秘♪

a0031821_15190169.jpg
2018.10.3
今年最後の月下美人が咲いた。
1日、高ボッチへ行く時、夕方には全部で7個の幾つかが咲きそうだったけど
3日に帰宅した時は二つしか咲いておらず、残りのはもう咲いちゃって、カミさんが捥いだ後だった。

丁度台風25号が列島に接近中で風で花が落っこちないよう、家の中に取り込んで置いたのは良かった。

家の中なら動かない静物として、マクロで撮るには絶好だ♪

今回は、120mm相当のマクロレンズで狙ってみた。

照明はLEDライトだ。それを色んな方向から照らしてみて、陰影がクッキリするところで固定。

マクロレンズを絞って被写界深度を稼ぎたいところだけど、
小さなLEDライトを近づけても、そうそう絞れはせず、ISOも上げたくないので
そうなると絞り開放のF2.8で、4Kフォトのフォーカス合成でやってみる事に。

好きな範囲を指定して合成するか、カメラ任せの自動合成もチョイス出来るので、状況によって選べばいい。
これは自動合成の画だ。
パッと見、非常にキレイな画が出て来た♪ こういうのはこれまでの方法ではなかなか撮れないので・・・。
LUMIX GX7 MkⅢだ。


a0031821_15361338.jpg
同じくフォーカス合成だ。
距離が1m無い程の近くで、向こうの花弁と、雌蕊、雄蕊にもピンが欲しいとなると、先ず不可能なので・・・
こんな場合、手軽に全部ピンが来てるというのは、マジック(^_-)-☆

蕊だけにピンを置いて後は全部ボカす、というのも勿論アリだけど、
こういうパンフォーカスというのも気持ちがいいんサ♪


a0031821_15412301.jpg
月下美人の一番の特徴と思ってる雌蕊を真正面から。
この場合、範囲合成で蕊だけという事で。

今回、静物をフォーカス合成でというのを初めてやってみた。
結構使えそうだよ♪
LUMIX GX7 MkⅢをゲットした理由の一つがこのフォーカス合成だったので、ちょっと安心♪
これが出来るのはこの他では上位機種のみになる訳で、ヤバイっす♪
GX7 MkⅢがリーズナブルなところだ。





by sdknz610 | 2018-10-08 15:00 | 月下美人 | Trackback | Comments(0)