人気ブログランキング |

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2019年 04月 30日

モフモフの冬毛を纏った野猿の群れに遭遇(;'∀')・・・平成最後の更新は奥日光中禅寺湖での事件簿♪

平成31年4月30日を迎え、
いよいよ明日は令和元年となるのね・・・。
拙ブログを始めたのが平成16年(2004年)だからもう15年も続けてる。って、そうだよ♪
それがどうした?!

いやいや、まあね、こうして続けて来られたのも偏に訪問して下さる皆さまのお陰様な訳で
感謝しかありませんです。
これから令和になっても相変わりませず御贔屓にして頂けるようせいぜい頑張りたく、
どうぞよろしくお願い奉りますm(__)m

それでね、一応・・・
平成最後の更新はこれだ~っ!って事で締めたくて・・・
a0031821_10040213.jpg
老猿。に見えた。
幸いキャッチライトが♪
左の山からやっと日差しが届き始めた時だった。
モフモフの分厚い毛を纏って・・・寒さは平気なんだろうね。


さてさて
2019.4.28 何を思ったのか前夜は歌ケ浜Pにて車中泊していた(;^ω^)

寒いは寒いんだけど(後で聞いたんだけど、気温は0℃だったそうな)
午前3時過ぎに起きてしまい・・・(^-^;
寝る時はガラガラだったのに、周りを見たら車がビッシリ!
まさか写真撮りの人がこんなに来る訳もなかろうと、観察してると
どうやら釣り人達だったな♪
4月初にレイクトラウトの陸釣りが解禁になっていたんだね。
未だヘッドランプの時刻なのに三々五々湖の方へ動きが始まっていたんサ。

その後午前4時過ぎから明け行く奥日光の風情を写真に収めながら
幸い快晴となった湖畔を狸窪へ向かう。
一旦イタリア大使館別荘記念公園に立ち寄るが誰も居ない♪
開館は9時からだ。
イタリア大使館別荘、リニューアルしてたのね。
ここは、こういう時に撮っておきたい絶景アングルがあるのでこれ幸いと♪

そしていよいよ狸窪(ムジナクボ)へと歩き始めた直後だった!
目の前を野猿の群れが横切ったんヨ!(#^.^#)
ワ~こんなの想定外(笑)
十数頭に見えたが、正確には良くわからん。

慌てて・・・いやいや慌てて動いてはいかんぜよ・・・静かに、ゆっくりナ・・・
max350mm相当のズームを構え、撮らせてもらおうと・・・
彼ら、右手の渚辺りにいて、これから左手の山へ帰ろうとしていたのか
あ、でも緩い斜面で皆しゃがんだりして、枯れ葉を掻き分けて餌探し始めたんヨ。
距離的には・・・2,30m程だったな。
動物園じゃないからね。野生動物の生態を間近で見られるなんて
こんなラッキ~が待っていたなんて想定外もいいとこ♪

a0031821_10263740.jpg
ボス猿かな~・・・分らんけど、貫禄十分♪
あ、でも。こっちにはまるで無関心の様で・・・
只フォーカルプレーンシャッター音が割と響くので
コラ~って怒られないだろうか?等と(;^_^A

a0031821_10293429.jpg
分厚く降り積もった枯れ葉を掻き分けて、餌を探していた。
その合間にもみんな夫々周りを良く観察しているよね。
只、レンズを向けてるオジサンにはほぼ無関心(笑)

イヤイヤ、こっちだって気配を消そうと・・・
直接目を合わさない様にEVFを覗いたままにしたり
枝被りを避けようとソロリ静かに場所替えとか・・・

a0031821_10343718.jpg
ドキ!
こっち見た~~~(;^_^A
なかなかの美形? 貫禄♪ 仙人?!
何撮ってるんだ!と言ったかどうか?(;^ω^)

a0031821_10363573.jpg
時々こうして上を見る。んだけど、何か居たんか? カラス? 良く分らん(^-^;


a0031821_10375627.jpg
餌探し。器用なもんだよ。


a0031821_10382726.jpg
一カ所にギュっと集まる、という事は無かったな。
夫々好きな場所で・・・時々移動するからこんなシーンが♪


a0031821_10395265.jpg
何か木の実だろうか、口に入れて食べてたよ♪
一杯落ちているらしく・・・。

人間のポートレイトは苦手(^-^; 
まさか猿のポートレイトなら任せてよ・・・ナンテ事は無かろうけど(笑)

さてさて、日差しが木に遮られて全体に未だ暗いんさ。
7時前だった。
こういう場合、毛のシロトビが怖いし、基本マイナス補正だよね。
-1.7とかー1.0とか、アングルによって調整。
SS優先の1/250で。
もうちょっと速いSSが欲しいけど、ISOを余り上げたくないので・・・
ISOは300~500といったところで収まってくれた。
絞りたいけどF5.6でガマンだ。

こういう毛深い動物はピントが命。もちろん目にピン!は必須ながら
毛先がシャープに撮れてくれよと祈りながらになる(^^;

とっさの野生動物との出会いだった。
撮り逃がしたくなくて・・・結構マジだったゼ(笑)
今、思い出すと、実のところ鳥肌モノだったワ♪

こんな事があるとは思っていなかったけど、
カメラはバッグから出してブラ下げていたのは正解だったか♪
ゴソゴソやってる間は無いからね。

これで分かった! 中禅寺湖周りをウロウロする時、
望遠レンズは必須!って事♪
で、出来れば600mm相当があればイイんだけど・・・
(今回、キビタキが突然出たんだけど、遠かった(^-^; 350mmでは・・・)

OLY E-M10
LUMIX G VARIO 45-175mm
手持ち
トリミングあり






by sdknz610 | 2019-04-30 12:00 | 野生動物 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 29日

イカリソウ。不思議な異形の美しさ♪。シロバナも・・・赤城自然園

a0031821_16414971.jpg
2019.4.22 赤城自然園

快晴下の赤城自然園。ポチポチ歩いていると色んな花があるもんだわ♪
この花、たった一株だけ、ひっそりと・・・
最初何だっけ? なかなか思い出せず取り合えず撮る!撮る!
で、思い出した(^-^; イカリソウだった♪
最近、花の名前を思い出せず・・・暫く経ってから、あっ!あれだ~等という事が増えてるな~(;^_^A

ツンツンと角が出てるげな異形。
良く見れば、カワユイじゃね~の♪

これまで、マジで撮った事無くて・・・今回これは面白い!と嵌ったか・・・な?♪

a0031821_16482846.jpg
この複雑怪異?♪ イヤイヤ、成程イカリ風に見えない事も無いか。


a0031821_16494599.jpg
蕾がやっと開き始めの・・・


a0031821_16502426.jpg
この蕾の様子は、普通♪


a0031821_16511136.jpg
開けばこれだもの♪


a0031821_16514095.jpg
良く良く気を付けて見れば、園内にはかなりの数の株が散在してたんさ♪

これは・・・偶々ヒトリシズカが傍に居て・・・♪


a0031821_16534427.jpg
こちら、カタクリと♪
カタクリは園内至る所に咲いていて、あ~でも秋田・西木町の絨毯には較ぶべきも無いんだけど。
今年は西木町は行けず。と、言うか、ピークになったという情報はあったんだけど
お天気とのマッチングが今一だったし・・・
マ色々で、来年は又是非にと思ってはいるんだけど(;'∀')


a0031821_16580356.jpg
遠目には白っぽいゴミが、と思って近づいたら
ワ~オ! シロバナイカリソウだったか!♪

真白き清楚な美形だったな♪


a0031821_16595332.jpg
a0031821_17000753.jpg
いいね~シロバナイカリソウ!♪


a0031821_17004209.jpg
慎ましく下向きで♪

イカリソウは今回初めてマジに撮ってみた。
背が低いのでレンズを地面に付ける勢いで、になった。

これら全部手持ちで、です。
手ブレ防止機能が進化しているので、明るい昼間に
三脚で、という事も無いのが我流(;'∀')
手持ち!手持ち!でいいんじゃないかと。




by sdknz610 | 2019-04-29 18:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 28日

真白きサンカヨウの花はこれぞ春告げ花と言ってもいいのでは?♪

a0031821_17301842.jpg
2019.4.22の赤城自然園の続きになります。

シラネアオイの後、そろそろ見られるかな?と、サンカヨウのポイントへ。

咲いてましたよ!♪
この真っ白な、可憐な、淑やかな・・・何でもいいけど、
出会えるとドキドキなのであります。


a0031821_17463202.jpg
レンズを下に降ろし、背景を遠ざけてボカす。
茎は意外にしっかりと太目だった。


a0031821_17481725.jpg
a0031821_17482871.jpg
a0031821_17484962.jpg
数株あって、これは直ぐ足元にあったのを真上から撮ってみた。


a0031821_17494773.jpg
出来るだけ色んなアングルで撮っておきたい。

a0031821_17502380.jpg
枯れ葉の中から花だけ顔を出していた♪
そうだったのね! 花が先だ♪
偶々木漏れ日がスポットライトで照らしてくれた。

そう珍しくも無い様だけど、普通じゃマア見る事は出来ないサンカヨウ!
赤城自然園では近くでジックリ観察出来るのが〇だね♪
でもほんの数株しか無いんだけど・・・。

雨に濡れるとこの白い花びらが透明になる!と聞いているけど、
未見(^-^;
不思議な花なんさ。




by sdknz610 | 2019-04-28 18:15 | 花追い人 | Trackback | Comments(2)
2019年 04月 27日

春!シラネアオイを見ないと不安(^-^;♪・・・赤城自然園

a0031821_09110433.jpg
2019.4.22
アカヤシオの次はシラネアオイを見に行かなくっちゃ!♪

開花のピークは微妙にズレてはいるものの、
今年は何とか両方が見頃というラッキ~♪
しかもこの好天だったし・・・言う事無し(^_-)-☆

今回は魚眼レンズで接近戦が多かった。
レンズに触りそうに近くて、マクロ風になるけど
周辺まで写り込んでくれるのが〇♪


a0031821_09164634.jpg
シラネアオイは野反湖のも知ってるけど、あそこのは急斜面で撮るのは難しくてね(^-^;
ここ赤城自然園はほぼ平坦な森の中の広大な、日差し燦燦の原に、なので
観察路近くのを狙う事になるが、何とか接近戦も撮り易いのが〇なのよ。


a0031821_09205621.jpg
単独の茎で、というのではなく
多数の茎が小群を為し、多数の花を付ける
シラネアオイ盆栽風なのよ。
こういう小群が原一杯に散らばってミモノに♪


a0031821_09240220.jpg
200mm相当で背景に森を入れて・・・
カメラはぎりぎり低い位置からになる。
こんな時、チルト液晶モニターは助かるのよ。
OLY E-M10。
E-M10はMkⅢまで進化しちゃってるけど、マアね、未だに初代E-M10で何とか凌いでいるんサ。
要は使い方次第(;^_^A


a0031821_09291991.jpg
巨木の根本で頑張るシラネアオイ。
栄養の摂りっこで負けないんかしら?ね。


a0031821_09304638.jpg
折角なので花をアップで。
上向きってのは、珍しいよ♪


a0031821_09314823.jpg
日差しが裏からも、という微妙なアングルで。
パープル色なんだけど、濃い、薄い、赤寄り、青寄り、様々なバリエーションがあって
同じものは無い。
ジックリ見てると時間を忘れるワ(;'∀')


a0031821_09350631.jpg
花粉狙いか、ヒラタアブ系の虻が来てた♪
花粉まみれになって、一生懸命♪

取り敢えず見頃撮り頃のシラネアオイで、行って良かった赤城自然園♪






by sdknz610 | 2019-04-27 12:00 | シラネアオイ | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 26日

アカヤシオツツジを接近戦とボケ味にこだわってみた(;'∀')・・・赤城自然園

a0031821_14012091.jpg
逆光で輝くアカヤシオツツジ。
キラキラとピンク色が輝く大き目の花びらの豪華華麗!


a0031821_14061069.jpg
背景に太陽を積極的に入れ込むアングル探しが楽しい♪
魚眼で超接近だ!


a0031821_14074490.jpg
絞りをF11位でも、何しろ花がレンズに触りそうに近いから
背景が良くボケてくれるのよ♪
最短撮影距離は12cm。
マニュアルフォーカス専用なんだけど、ピントの山を掴もうとヘリコイドで調整するが
どうにもはっきりしないので・・・
結局被写体との距離をピントを固定して、自分で体を前後させて距離を変えながら、
その間連写をしっ放しに!♪
それを往復繰り返したりするから・・・
この画もおよそ40コマの中からチョイスした一枚!
良く見るとこの一枚だけだった(^-^;

多分AFだとしても、ここぞと思って1枚撮ったとして、思うようにピンが来てるかどうか?
極めて怪しい! 後の祭りになる可能性大!なのだ(;^_^A
ので、結局マニュアルフォーカスでピントを変えて
一杯撮っておいた方が後々ベストチョイスを選ぶ保険になると思うのサ(笑)


a0031821_14202653.jpg
日差しによって、輝きが千変万化!
これもピントはセルフバリエーションフォーカス(自己流)!


a0031821_14230106.jpg
これもピントの話としては・・・
350mm相当の望遠なので、自分で動いてもピントはあまり変わらず、
なのでヘリコイドを回してのマニュアルフォーカス!
ヘリコイドを回しながら、その間連写した中の1枚!
だもんだから何時もワンシーンで3,40枚撮るなんて事に(^-^;

そんな事やってるから・・・この日、総枚数が2000枚を超えていた(^-^;


a0031821_14281383.jpg
背景はトウゴクミツバツツジ。をボカして・・・。


a0031821_14291227.jpg
ズームレンズの230mm相当で。
中望遠ではm4/3と雖もかなり良くボケてくれる。
そういう特性に似合うアングル探しがキモだよね。


a0031821_14314934.jpg
大きく広がって咲いているアカヤシオツツジの中から
お気に入りのアングルで切り取るという作業は面白い!
けど、限が無いな(;'∀')


a0031821_14335454.jpg
手前、新緑の葉をボカして散りばめて
遠くのアカヤシオツツジを。


a0031821_14350638.jpg
番外編(^-^;
地上に落花してたツインのアカヤシオツツジ。
こうして見ても大きな花弁だね。

確かにこの日見頃だったとは言え、既に幹の周りには
こうした落花が沢山!
満開のピークは過ぎつつ・・・だった。
貴重な晴れ間だったのさ♪

アカヤシオ見るなら赤城自然園! お勧めです♪
来年も又、って事で。






by sdknz610 | 2019-04-26 15:00 | アカヤシオ | Trackback | Comments(2)
2019年 04月 25日

アカヤシオ満開!花の密度に咽る♪・・・赤城自然園

a0031821_11010629.jpg
2019.4.22の赤城自然園
先ず目指すはアカヤシオだ。

前回、8日は一部満開に近い樹もあったもののちょっと消化不良だったけど、
あれから2週間・・・満開だよ~という情報から2,3日経っていたのでどうかな?だったけど
思い切って行ってみたんサ(^-^;
幸い快晴!♪ と、言うか狙って行くから確実に晴れる(笑)

桜もそうだけど、満開の時に晴れてくれるか? これがなかなか難しい・・・。
今回の様にピタリ!というのはラッキ~だからね。


a0031821_10301475.jpg
アカヤシオの群れに取り囲まれる小径。
広大な赤城自然園の中でも好きな場所♪
それが・・・殆ど人が来ないという♪ 9時開園を待って一番乗りだったからか(笑)


a0031821_11013922.jpg
下から魚眼で煽っている。


a0031821_10334371.jpg
周囲の高木の間から射し込む日差しで明るく輝くアカヤシオと
ちょっと日陰のアカヤシオと・・・変化があるのも〇って事で。


a0031821_10354420.jpg
この密生感が半端無い!♪


a0031821_10361894.jpg
豪華華麗絢爛たるアカヤシオに咽るわな♪


a0031821_10371851.jpg
確か栃木県の県花がヤシオツツジだったか。
因みに群馬県はレンゲツツジだからね!♪

a0031821_10401708.jpg
マア兎に角満開のアカヤシオツツジを撮るって、限が無いワ(^-^;


a0031821_10411070.jpg
やっぱり順光より逆光気味の方が輝きを増すから・・・
面白い!♪
背景をどうするか? 足元注意で立ち位置を微妙に変えながらアングルを探す事になる。
こういう時、お客さんが多いと待つ時間が長くなるんだけど、
この日はサクサクと撮り進む事が出来て・・・♪


a0031821_10445191.jpg
全身花だらけ! 大きな毬みたいな一本アカヤシオもあるからね♪

15mm相当になる魚眼レンズの出番が多かった。
あと、中望遠で切り取る、というのもあり、
結局この日はカメラ3台態勢で15mm~350mmまでをほぼ切れ目なくカバー。
こんな時、マイクロフォーサーズ系は全体が軽量コンパクトなのが助かる。


この日の赤城自然園では、
イカリソウ
エンレイソウ
オオカメノキ
オキナグサ
カタクリ
サンカヨウ
ショウジョウバカマ
シラネアオイ
セリバオウレン
ニリンソウ
ヒトリシズカ
をゲット♪

アカヤシオを明日も続けますが、その後
目ぼしいものをご紹介に及びますので・・・m(__)m






by sdknz610 | 2019-04-25 12:00 | アカヤシオ | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 24日

天下第一の桜・日本三大桜名所・信州たかとおを鑑賞(2)・・・麗しの高遠コヒガンザクラ♪

a0031821_09125962.jpg
淡いピンク色は控えめで清楚、優雅、高貴・・・。
花びらはソメイヨシノよりちょっと小さめに感じた。

2019.4.19(金)だった。
薄曇り、風弱く絶好の桜鑑賞日和だった♪

a0031821_09164018.jpg
a0031821_09165410.jpg
a0031821_09171309.jpg
この看板に注目。

a0031821_09174885.jpg
こういう事なのね・・・世代を引き継いで末長く景観を維持するには・・・。

タカトオコヒガンザクラ
タカトオコヒガンザクラはこの地にしか無い、固有種で、
花形はやや小ぶりで赤みが強いのが特徴です。
高遠城址公園には明治8年頃から植え始め、樹齢140年を超える老木を含め、
現在では約1500本の樹林となっています。
桜の日本三大名所とされるこの公園は満開を迎えると、訪れる人を桜が包み込み、
その可憐さと規模の大きさは「天下第一の桜」と称されます。
その樹林は県の天然記念物の指定を受け、平成2年には日本さくらの会の
「さくら名所100選」に選ばれています。
(伊那市のパンフレットより引用)

a0031821_09283277.jpg
生きる力!


a0031821_09290312.jpg
桜雲橋


a0031821_09301488.jpg
登録有形文化財「高遠閣」


a0031821_09460899.jpg
ひょろッと背が高い木が多い。
例えば秋田・桧内川堤千本桜の野太いソメイヨシノ等とは違う風情だ。


a0031821_09334086.jpg
南アルプス方面を望む。
モヤが邪魔してスッキリ抜けていないのが残念(;'∀')

高遠・・・出来れば毎年、とも思うが・・・なかなか(^-^;

イヤまあでも良かったワイ♪
頭には黒部!立山!ばっかしで、以前来ている高遠はついでか・・・と、思っていたけど
やっぱし来てみればこの満開には参ったゼ!
素晴らしいんもんだわ♪





by sdknz610 | 2019-04-24 12:00 | | Trackback | Comments(2)
2019年 04月 23日

天下第一の桜・日本三大桜名所・信州たかとおを鑑賞(1)・・・平成最後の桜になるか?♪

a0031821_08412226.jpg
2019.4.19
信州伊那・高遠城址公園に居た。
高遠でも一番混雑する「桜雲橋」から、
下の空濠に張り出すコヒガンザクラを魚眼レンズで擬宝珠に思い切り接近しての一枚。

翌日20日は立山黒部アルペンルートへだったが、前日に立ち寄ったのがココ♪
夜は栂池高原のホテル泊まりなので昼前着で、余裕だった♪

と、言うのも・・・通常この時季、高遠城址公園へは行き着くのも大変で、
添乗員の話では過去、延々続く大渋滞で、何時着くとも分からなくなり
仕方なく皆さんにはバスを降りてもらって歩かせてしまった事があったと言うではないか(^^;

所が・・・この日、渋滞等何処へやら♪
佐久ICから中部縦貫道、八ヶ岳の西麓を回り込む道だったが、
滞り無くスイスイと現着してしまい、団体バス専用駐車場も余裕だったのヨ♪
一般車も城址公園上の駐車場に入れるという・・・異常事態(笑)

それは良かったじゃないヨ(^_-)-☆
ただ、雲が抜けきれず日差しが若干不足だったな・・・。

高遠城址公園は前回は2008年4月18日だった。
昔だったな・・・あの時も渋滞はそれ程でも無かったけど、
最近は益々人気沸騰中みたいで、
あ~でも中に入ってみると中国語が木魂してたぜ(^^;
日本人の方が少ない?なんて感じ・・・
インバウンドで盛り上がりか・・・(^^;


a0031821_09093388.jpg
日本三大桜名所と言えば・・・何処よ?
弘前城址公園
高遠城址公園
吉野千本桜
だそうな。

弘前は・・・大昔で
吉野は行った事ないぞ♪
マ、いいじゃん・・・。

a0031821_09094947.jpg
a0031821_09100216.jpg
a0031821_09102914.jpg
駐車場もガラ♪
a0031821_09104025.jpg
駐車場周りのコヒガンザクラも半端無く美しか~♪

若干早めに着いたとは言え、出発時刻まで1時間半程・・・
中は広大で撮影ポイントも沢山あるものの・・・周り切れずだった(;^_^A

幸い、何しろ、兎に角、マアね、適度な日差しとほぼ無風という
スーパコンディションに恵まれたのは幸先良し!(^_-)-☆

満開の高遠コヒガンザクラは・・・やっぱ素敵だったナ♪





by sdknz610 | 2019-04-23 13:00 | | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 22日

立山黒部アルペンルート・・・扇沢~黒部湖経由室堂へ。往復旅の記録

2019.4.20
この早朝、栂池高原のホテル発、扇沢から黒部ダム、そして立山・室堂へ。
往復したのを端折ってご紹介。
a0031821_15390575.jpg
このコース、行けば誰もが同じ様な画像をゲットするでしょう(^^;

先ずは、扇沢駅で今シーズンから始まった電動バスに乗ります。
(昨年まではトロリーバスだったらしい)
線路の無い電車!みたいなものですね。
お好きなバスにどうぞ。6台に分乗して、になります。

a0031821_15440264.jpg
8時20分頃。赤沢岳に遮られて日差しは未だ十分届いていない。

15mm相当の魚眼レンズでやっとこんな感じに(^^;
フルサイズのデジカメで10mmなんてなればもっと広範囲に写し込めるでしょうね。
それにしても・・・こういうのを晴天の霹靂!って言ってもいいかも♪

今の時季、最近人気のダムの放水は未だやってません(^^;
6月26日から、毎日って感じでやるみたいです。詳細はWebでどうぞ。
それは見たいけど・・・又来なくっちゃか・・・大変(^^;

a0031821_15515613.jpg
8時30分だった。
ダイヤモンド赤沢岳at黒部ダム!・・・ナンテ(笑)

a0031821_15540076.jpg
ダム堰堤の上を黒部ケーブルカーに乗るべく渡ります。
およそ500m!

a0031821_15554638.jpg
8時56分
9時発のケーブルカーに乗ります。
ここから800mをおよそ5分で黒部平へ。

a0031821_15575014.jpg
9時10分、黒部平のロープウェイ駅の外に出て、
遥か立山へのケーブルの様子です。
中間に支柱の無い、タルンと張ったケーブル(^^;
環境、景観に配慮した、という事ですが・・・。
標高差500m、1.7kmをおよそ5分で大観望へ。

a0031821_16024942.jpg
大観望のロープウェイ駅に到着。
ここから立山の土手っ腹を立山トンネルバス(トロリー)で
3.7kmをおよそ10分で、室堂に。


a0031821_16054061.jpg
室堂平で雪の大谷を楽しんで
いよいよ来た道を戻ります。
大観望駅からロープウェイ下の駅方向を望んだ画です。
12時36分だった。
黒部湖、赤沢岳等、見事なパノラマビューだ♪
最高のお天気に恵まれた事が何よりもうれしいじゃないか!(^_-)-☆

a0031821_16115413.jpg
13時29分だった。
ダムのアーチと黒部湖。
もっと水位が高いのではとイメージしてたけど、意外に低いんだよね。
季節によって大きく異なるのかも・・・。


a0031821_16142837.jpg
13時36分
朝方はかなり混んでいたけど、この時刻、スカスカだった♪
多くの人は、扇沢方面へ戻るのはもっと遅いのかもね。
富山へ抜ける人の方が多いか?
イヤ良くわからんけど、こんな長閑な黒部ダムもいいじゃん♪


a0031821_16181958.jpg
ダムの中間点だって♪

さてさて・・・立山黒部アルペンルートを室堂で往復する1泊2日のバスツアーだったけど、
立山とか黒部とか・・・何しろ初めての経験(^^;
バス内で添乗員さんが皆さんに聞いたところでは
ほぼ半数の方がリピータだったのには驚いた(^^;♪
初めてという人は10人に満たない感じだった。
満々の雪景色も絶景なれど、これから夏に向かって益々見頃になる立山!だそうな♪
紅葉もいいらしいね♪
何かヤバイぜ(^^;

泊まったのが栂池高原のホテルで、白馬とかあの辺りは行った事なかったので
いいロケハンになったのが収穫♪
長野県もいいな~でR♪

*******************************
今日、22日、赤城自然園へ行って来ました。
アカヤシオが満開!という情報から3日程経っているのでどうかな?
シラネアオイが見頃!というのでどうかな?
でしたが、

アカヤシオ! 素晴らしかった♪
シラネアオイもベリーグ~♪
サンカヨウがもう!♪

他にも色々見つけて・・・良かったです。
レポートはちょっと遅くなってしまうので、取り敢えずの情報という事で。







by sdknz610 | 2019-04-22 17:00 | 立山 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 21日

立山黒部アルペンルート「雪の大谷ウォーク」!行って来ました♪

a0031821_13461960.jpg
2019.4.20
立山・室堂駅から雪の回廊「雪の大谷」へ
初めての経験だ。

前日19日は信州伊那・高遠のコヒガンザクラ見学だったが、
それは後程という事で
今日は先ずはアルペンルートの室堂から下る高原道路沿いの雪の回廊を。
4月15日に開通したアルペンルートの華!
雪の大谷を歩いて見学というバスツアーに参加した訳だけど
予約はズッと以前で、当日の天気なんぞどうなるやら全く予想もつかない訳で
なるようにしかならないバスツアー(^^;

あ~でも、何という事か!
この日、日本全国天晴な日にブチ当たったようで、
ここ立山も風無し、お日様は燦燦で、雪目注意の様相となり・・・
標高2400m程の室堂で気温2℃という
奇跡的な好天に恵まれるというまさかの事態(^_-)-☆

早速、雪の大谷ウォークをご案内しましょう!♪

a0031821_14001654.jpg
a0031821_14003146.jpg
高原ルートをバスが上って来ます。
片側通行なので、上りと下りを時刻を分けての運行ですね。
運行表を見ると20分交代だったか。

a0031821_14035483.jpg
掘に掘ったり!♪
下るに連れて、だんだん壁が高くなって来ました。
ピーカンの青空がイイですね~♪

a0031821_14053710.jpg
ここです! 雪の壁が一番厚い所!♪
16mとなってます。
5階建てビル位か(^^;


a0031821_14070398.jpg
縦位置で(^^;
深いゾ♪

a0031821_14074373.jpg
横位置でも高さを味わえるかな?♪

毎年八幡平のアスピーテラインで雪の回廊は見ているけど、
あそこは5m~10m位で、
流石にここ雪の大谷は半端無いナ!♪

a0031821_14102695.jpg
今回はこうなるのを予想して魚眼レンズを持って来たんだけど、
将に正解だったか♪
24mm位ではとても入り切らず、消化不良になる(^^;
マアでも、結局は在り来たりの画にしかならないんだけど・・・(泣)

証拠写真!って事で(笑)

a0031821_14132474.jpg
引き返す。
登りになる(^^;
東向きなのでお日様が・・・却って大迫力なんだけど(笑)

a0031821_14151391.jpg
これ程の大快晴に恵まれたのは将に奇跡的と言うしかないワ(^_-)-☆

a0031821_14165614.jpg
雪と太陽と
絶景ナリ!
正面は立山の主峰たる雄山方面になります

a0031821_14190029.jpg
プルプルとヘリの音が室堂平に響く。
富山県のヘリが頻りに雪の大谷を撮影してた。
この快晴で光輝く室堂平を観察だなんて、サイコーじゃん!♪

雪の大谷、一生に一度!と思っていて、でもなかなか来れなかったんだけど、
何ともラッキーな天気に恵まれたのは良かったと思うべな♪
私的には、平成最後のバスツア~って事になりそうだし(笑)

今回のツアーは扇沢から黒部ダム経由室堂に来て雪の大谷を見た後
又黒部ダム経由元へ戻るという折り返しの旅だった。
往きと帰りでは時間が経っていて、景色が違って見えるんよ♪
面白かったナ。

今日の記事はいきなり最終目的地での画像をご紹介しましたが、
続きは明日以降も・・・。





by sdknz610 | 2019-04-21 15:00 | 立山 | Trackback | Comments(0)