人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2004年 08月 15日

ハクチョウの湖にマガンが

このガバ池にはもう十何年と通っているが、マガンに遭遇したのは
初めて(2002年のシーズンだった)。
コハクチョウの家族と一緒に行動していた。警戒心が強いと聞いているが
この写真の時はおよそ10m位のところだった。
何時も見慣れているオナガガモより2~3倍大きく見え、結構迫力がある。
マガンと言えば築館の伊豆沼だが、このガバ池では極めて珍しいので
紹介しておく。
ハクチョウの湖にマガンが_a0031821_16315721.jpg


# by SDKNZ610 | 2004-08-15 16:35 | 私の野鳥図鑑 | Trackback | Comments(0)
2004年 08月 15日

トビシマカンゾウをアップで紹介

クローズアップでトビシマカンゾウをご覧下さい。花弁はニッコウキスゲや
ノカンゾウ等より巾広です。私にとってこの純粋な黄色が第一の魅力と
言っていいでしょう。
この年、2001年はマアマアの当たり年だそうです。
ホントの満開は過去そんなにあった訳では無いそうですが、
こんなもんじゃナイ!とのことでした。
この年からは毎年行っているんだけど、何時かは一目30万本なんていう
トビシマカンゾウの絨毯とめぐり合いたいものだ・・・。
この写真、200万画素のデジカメで撮ったものです。
webで公開するには、これで十分だよねー。
トビシマカンゾウをアップで紹介_a0031821_750989.jpg


# by sdknz610 | 2004-08-15 07:53 | トビシマカンゾウ | Trackback | Comments(0)
2004年 08月 14日

トビシマカンゾウが斜面一杯に

これ私がトビシマカンゾウに憧れて2001年に思い切って2泊3日で
初めて大野亀へ単独で撮影行した時のもの。645の45mmレンズで。
午後3時頃で丁度向こうの斜面が日陰になり、斜面に波打ち際から一杯に
咲いているカンゾウが浮かぶ構図。
この写真のポイントは中央を斜めに走る黒い部分とカンゾウのコントラストだ。
遠くの海の色を出そうとすると露出は1.0位切り詰めなくてはならないが、
それだとカンゾウが暗くなりすぎ。中央の斜面の影に引きずられて、露出が
僅かオーバ気味になって、実はこれで正解だった。
6月初旬だが、晴れれば日差しは強い。その中で精一杯咲き競っている
カンゾウの雰囲気は良く出ている。
その後2002年から2004年までこういう咲き方が見られず、この写真は
今までの最高傑作だと思っている。毎年同じ場所へ通う、という
定点観測方式も写真の一つの撮り方と言っていいと思う。
トビシマカンゾウが斜面一杯に_a0031821_165875.jpg

# by sdknz610 | 2004-08-14 16:09 | トビシマカンゾウ | Trackback | Comments(0)