『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 09日

星降る小田代ヶ原・・・久し振りに出現した「幻の湖」を見に来たんだけど先ずは真夜中の・・・2018秋の小田代ヶ原シリーズ(1)

a0031821_20485720.jpg
2018.10.7
の、午後11時過ぎ、小田代ヶ原バス停直ぐの撮影ポイントに居た♪
この時刻、流石に誰もいないワ(^_-)-☆

今回小田代ヶ原に来たかった理由は、何年ぶりかの幻の湖が出来ているというのをTVで見ちゃったもんだから
消える前に是非!と思って、ず~っと天気の動向を探っていて・・・やっと8日の朝は何とか晴れそう、と言うので。

さて、この時刻、幸い上空は月が無く降る様な星明り♪
先ずはグルグルを。
比較明合成で。
肉眼では見えない無数の星が画面にビッシリだ。デジカメの威力♪
星の光跡が途切れてるのは、そこに雲や霧が通過して光を遮った傷痕という事になる。
全30分露光してる間、晴れたり曇ったりで、雲や霧の動きはかなりダイナミックだった。

とは言うものの小田代ヶ原は地表に張り付く霧もあって殆ど視認出来ない程暗い。
右端、男体山の北側スロープから順次左へ大真名子山、太郎山、山王帽子山等が並ぶ。
この時刻、一台のトラックが千手ケ浜方向へ走り去った時のヘッドライトでちょっとだけ照らされた。

E-M10 18mm相当 
一枚40sec露光 F4.5 ISO1600 ±0EV WBはケルビンの3300K
02:52から30分露出で。


星を動かさない普通の画♪
a0031821_09072125.jpg
04:21だった。
山王帽子山に名前の通り終始雲が張り付いていて帽子を被った様だった・・・
鬼怒川方面の街の灯だろうか、雲が怪しく光っていて・・・。
上空は航空路みたいで、飛行機が通過すると点滅する航跡が残る。
60秒露出だ。
小田代ヶ原に朝霧が掛かり、貴婦人は視認出来ず。
手前が「幻の湖」・・・な、訳だけど、未だはっきり分からずだった(;'∀')

これも
a0031821_09495466.jpg
これだと北斗七星がはっきり♪
03:34 60秒露出

今回は徹夜になってしまった(;'∀') マア偶には・・・全て自分の自由になる時間だし♪

さてさてこの後、夜明けに向かってゆっくりと時間が過ぎて・・・
「幻の湖」は、果たして・・・





# by sdknz610 | 2018-10-09 11:00 | 星月夜 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 08日

今年最後の月下美人だ。妖艶な女王も見納め。雌蕊の造形美は見る度に神秘♪

a0031821_15190169.jpg
2018.10.3
今年最後の月下美人が咲いた。
1日、高ボッチへ行く時、夕方には全部で7個の幾つかが咲きそうだったけど
3日に帰宅した時は二つしか咲いておらず、残りのはもう咲いちゃって、カミさんが捥いだ後だった。

丁度台風25号が列島に接近中で風で花が落っこちないよう、家の中に取り込んで置いたのは良かった。

家の中なら動かない静物として、マクロで撮るには絶好だ♪

今回は、120mm相当のマクロレンズで狙ってみた。

照明はLEDライトだ。それを色んな方向から照らしてみて、陰影がクッキリするところで固定。

マクロレンズを絞って被写界深度を稼ぎたいところだけど、
小さなLEDライトを近づけても、そうそう絞れはせず、ISOも上げたくないので
そうなると絞り開放のF2.8で、4Kフォトのフォーカス合成でやってみる事に。

好きな範囲を指定して合成するか、カメラ任せの自動合成もチョイス出来るので、状況によって選べばいい。
これは自動合成の画だ。
パッと見、非常にキレイな画が出て来た♪ こういうのはこれまでの方法ではなかなか撮れないので・・・。
LUMIX GX7 MkⅢだ。


a0031821_15361338.jpg
同じくフォーカス合成だ。
距離が1m無い程の近くで、向こうの花弁と、雌蕊、雄蕊にもピンが欲しいとなると、先ず不可能なので・・・
こんな場合、手軽に全部ピンが来てるというのは、マジック(^_-)-☆

蕊だけにピンを置いて後は全部ボカす、というのも勿論アリだけど、
こういうパンフォーカスというのも気持ちがいいんサ♪


a0031821_15412301.jpg
月下美人の一番の特徴と思ってる雌蕊を真正面から。
この場合、範囲合成で蕊だけという事で。

今回、静物をフォーカス合成でというのを初めてやってみた。
結構使えそうだよ♪
LUMIX GX7 MkⅢをゲットした理由の一つがこのフォーカス合成だったので、ちょっと安心♪
これが出来るのはこの他では上位機種のみになる訳で、ヤバイっす♪
GX7 MkⅢがリーズナブルなところだ。





# by sdknz610 | 2018-10-08 15:00 | 月下美人 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 07日

天空の高ボッチ牧場の朝・・・雲海に浮かぶ北アルプスの名峰がズラリ♪

a0031821_09140326.jpg
2018.10.3
07:04

天空の高ボッチ牧場の彼方。松本平、塩尻平の分厚い雲海に浮かぶ北アルプスは将に絶景(^_-)-☆
こっちは1600m、向こうは3000m超か・・・浮遊感が印象的なシーンだ。
穂高連峰、槍ヶ岳がポッカリというこんなシーンは・・・年間何日もある筈も無く。。。この幸運に感謝!♪


a0031821_09150076.jpg
07:06
この白い牧童小屋はどうしても画面に撮り込みたくなる♪
16:9で広めに撮っている。


a0031821_09173660.jpg
07:05
4:3で。
さてさて、これは穂高連峰に絞ってみたもの。
北アルプスか、牧童小屋か、どっちを主役にするか? あるいは全部まとめてこの雰囲気か? 迷うんだよね。


a0031821_09232127.jpg
07:08
ちょっと視点を変えて、牧童小屋を入れないで撮っている。
西に向かってなだらかに下る牧場の草原の向こうに穂高、槍、大天井が浮かぶ大雲海だ。


a0031821_09282188.jpg
07:11
手前の牧場が陽が陰って暗くなった時だ。


a0031821_09305126.jpg
06:57
穂高連峰の存在感は別格だね♪
そんなに長い望遠レンズでは無い。200mmちょっと程でこんな感じだ。

山は遠くにありて思うもの。見るもの。撮るもの。
登らずとも・・・(^^;
遠いから山。
近くではただの岩だらけ?♪
山に登れる脚力が無い、心肺能力の無い、重力が嫌いな、車で行けるなら、ロープウェイが、リフトが好きな、
・・・というヤツの戯言。


a0031821_09340624.jpg
06:58
槍は槍でこのトンガリは実に個性的だ♪
ただトンガリだけを撮っても面白く無くて・・・枯れ木を探して、になった(;'∀')
これは350mm相当で、だった。


a0031821_09383085.jpg
07:40
槍を撮るのに、手前に何かを入れたくなっちゃうんサ(^^;


a0031821_09401162.jpg
07:38
自分の車と槍を入れてというアングルを見つけたのでシャッター押したら
カラスが入っちゃったんサ♪ 偶々って事(^^;
こんなの狙って、なんて不可能だからね。
止まってるものを撮る時、実は何時も連写してるから、だな(笑)


a0031821_09445120.jpg
07:39
乗鞍岳方面がやっとこの時刻になって見通しが効く様になって来たので・・・。


a0031821_09464260.jpg
07:41
御嶽山も頭を出し始めたので。
御嶽山の巨大な山塊には何時も圧倒されるが、こういうシャッポだけというのもちょっと可愛かったり♪

それにしても今回の高ボッチの西側、松本平等を覆う大雲海のボリュームには驚いた!
自分が居る高ボッチは1600mなので、雲海の上面は1000mとか1200m位だったのかな?

千変万化する雲海だ。雲海がどうやって消えて行くのか?も見届けたいとも思ったが、
結局8時過ぎ、撤収する事にしたんだけど
次チャンスがあったらシツコク観察してみたい♪

今回の高ボッチ行は、結局2泊してしまった。
朝焼けのシルエット富士山も、大雲海も両方に遭遇出来て、良かったけれど
70点位、という事にしておこう♪

次のチャンスを虎視眈々と狙っているので、お天道様どうかよろしくお願いいたします♪





# by sdknz610 | 2018-10-07 11:00 | 北アルプス | Trackback | Comments(0)