『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 07日

今年も花火写真を撮るぞ!♪ 火花の華が咲いた!♪・・・足利花火大会2018(2)

a0031821_18133613.jpg
空を覆う巨大花!♪・・・


a0031821_18133765.jpg
目玉オヤジ花火(^-^;


a0031821_18133761.jpg
フンワリスイーツ?♪


a0031821_18133755.jpg
突然モンスターのシルエットが・・・(^-^;
どうしてこうなったのか? 不明につき・・・焦るワ♪

足利花火は・・・
日本の名玉と呼ぶ演目が都合三回アリ!
尺玉の打ち上げだ
流石に尺玉は、音もスゴイ! 殆ど頭上真上で満開になるので、並な広角レンズでははみ出てしまう・・・
今回は18mm相当で撮っていたが、まるで間に合わず(-_-;)
来年、魚眼でどうだろう?

初めての足利花火・・・素晴らしか~~~~(^_-)-☆





# by sdknz610 | 2018-08-07 19:00 | 花火 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 06日

今年も花火写真を撮るぞ!♪ 足利花火大会2018(第104回)

a0031821_20243879.jpg
2018.8.4 足利花火大会は初めて見て、撮れた♪
太田に住んでいるので、毎年足利花火は音だけ聞こえて来て・・・でも見に行った事が無かったンサ(^^;
で、今回初めて写友に連れ行ってもらい、いいポジションを取れたので・・・

目的は・・・GX7MkⅢに内蔵された比較明合成を試す事だった。
前日、榛名湖水中花火を撮って合成を試みた昨日の記事に続いて
陸上でのスターマインをどう撮ればいいのか? 実験という面もあり、
午後4時半過ぎに現着して午後7時開始をひたすら待って・・・(^^;

この画は、4Kフォトモードで録画したファイルの中で気に入ったシーンを一枚一枚選び・・・
複数枚を串刺しにして合成するという選択合成モードで得られた画像、という事になる。
ここからここ迄という範囲を指定して合成するのとは大分趣が違い、
例えば連続して打ち上げられる花火の中にはやたらと明るく光るのがあり
その場合シロトビになるので、そういう画像は選ばず・・・という事の意味が大きいのよ。

結果この画の様になる、という事が少し分かって来た♪
尺玉が大きく開くのを画面上に覗かせ、
中間から下をスターマインで埋めてみた訳だけど・・・
高度が違う花火を適度な配置になるよう画像を選択している。

只・・・どの画像を選ぶか、これがね・・・エライ手間が掛かるのが分かって・・・
余りお薦め出来ないか、なと思ったり・・・
イヤそれでもOLYのライブビュウコンポジットでは出来ない技だし・・・
使い方によっては素晴らしいツールと見ても強ち誤りでも無さそうだ♪

次の例・・・
a0031821_20243869.jpg
尺玉が沢山上がる足利花火・・・
しかし尺玉が殆ど真上で上り・・・18mm相当のワイドレンズでも全体を納めるのは出来ず(^^;
そこで、尺玉は画面上に配置、スターマインをメインに
画面を構成するよう、画像を選別して・・・選択合成をした結果がこれ。
上の画と考え方は同じだ。


a0031821_20243967.jpg
これは・・・小さめの、でも色鮮やかな群発花火を何時か撮ってみたかったんだけど、
今回は4KフォトモードでSSは1/30で毎秒30コマという事で
極細かい花火のパフォーマンスを盛れなく記録出来る強みで
その中から選別して・・・やっと撮れた、イヤ出来た画、という事になる。
中央を打ち上げ花火が貫くイメージで、だ♪

OLYのライブビュウコンポジットの最短1秒露光と言うシャッタースピードでは不可能な画だ。
1/30secというシャッタースピードの意味が分かった♪


もう一つ・・・
a0031821_20243979.jpg
いわゆるスターマインの一番美味しい所を重ねてみた画。

良く眺めてみると・・・色々拙い点が沢山あって・・・
まだまだ花火の本当の美しさを表現するには程遠いのが歯がゆいが・・・
だんだん良くなる、イヤだんだん良くなる様に・・・
又あれこれ反省の毎日(笑)

今回はこの場所を教えてもらった写友に感謝!♪
色々お世話になりました。
又来年も・・・どうぞよろしく!♪

この後、足利花火の画はもう少し見直して・・・いいのが出来たらアップしてみようかと思ってるけど
イヤハヤ花火撮りって後が大変(^^; 面白いんだけど♪

データは・・・
SSは1/30
絞りはちょっと絞ってF6.3 
やはり露出オーバは避けたいし、だからと言って淡いキレイな花火も何とか撮れているのを願って・・・
シャッタースピードを固定するので絞りを花火によって少し弄る事もやるんよ(^-^;
補正は0EV
ISOはガンバッテ200に固定(;'∀')
尚、ホワイトバランスはオートをチョイス。神経質にならなくてもね、カメラに任せよう!♪

追:
本日6日はカミさんが予約した日帰りバスツアーで
長野県の池の平湿原と佐久平のチーズ工房と軽井沢の千ケ滝と旧軽井沢を廻って来た。
とんでも無く歩くツアーでおよそ2万歩も歩かされ・・・
オマケに急な雷雨に見舞われ、パンツ迄濡れてしまうという悲劇(泣)
あ~でも面白かったけど♪
道順が読めたのは大きいので良しとしよう(笑)





# by sdknz610 | 2018-08-06 21:30 | 花火 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 05日

今年も花火写真を撮るぞ!♪ 榛名湖水中花火2018(2)

a0031821_09034428.jpg
湖面をボーとが高速で走りながら花火を投入
ボートの後方の水中で花火が次々と爆発!

自分のポジションに一番近くで華開くのを待ちたいが、
そう頻繁に、ではないので待つしかないな


a0031821_09034455.jpg
榛名湖のほぼ中央に係留された台船が打ち上げ花火の発射点で、
榛名湖花火大会では一か所だけ、という訳

普通にポンポンと打ち上る花火は変化に乏しく、余り撮る気にならないが
何回かある演目の内、クライマックスでは猛烈なハイスピード連射で
広がりがあるスターマインが打ち上るので、チャンス!♪
濃密な花火を重ねてみた


a0031821_09034568.jpg
水中花火と打ち上げ花火を画面一杯に積み上げて・・・
ちょっと盛り過ぎだけど(^^;

マア兎に角地上の打ち上げ花火とはまるで趣が違う水中花火は毎年見に来るが飽きないよ♪

帰りは車が数珠つなぎの大渋滞になるので、撤収はゆっくり
それでも帰宅はほぼ真夜中に(^^;

昼過ぎに現着して・・・花火開始が午後7時半なので・・・
今回は5時間待ちだった(;'∀')

ここは海抜1000mの山上湖ながら、タブレットのLTE電波は強く、ネット見るのに不自由は無い




a0031821_09034511.jpg
2018.8.3 榛名湖
午後7時ちょっと前の空
高層の雲がいい色に染まった

風は花火の煙運びには丁度いい感じ
この様子では今夜の花火は大いに期待できそう♪

比較明合成でなければ得られない花火画像
OLYのE-M10と、Pana LUMIX GX7MkⅢの二台で臨んだ
9-18mmワイドズームと、12-40mm標準ズーム

今回はLUMIX GX7MkⅢの比較明合成モードの中にある選択合成を
初トライというのを目途に

これは、毎秒30コマで撮った4K動画の中から必要な画像を一枚ずつ選び、
その複数枚を合成して一枚の画像にするというもの
OLYの比較明合成の様なリアルタイム性は無いものの、
終始4Kで撮って置けば後で何度でも選び直して合成出来るのが利点だ
とは言え、その後処理はかなりのハードワークになる(泣)
PCでは無く、カメラ自体で全てが完了する、という事だけど・・・。







# by sdknz610 | 2018-08-05 12:00 | 花火 | Trackback | Comments(2)