『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 06日

10月3日の高ボッチ。三日目の朝を迎えたが、諏訪湖盆地に大雲海出現!♪

a0031821_09595400.jpg
2018.10.3 02:52
昨夜は、夕暮れを過ぎてから西の方から雲が涌いて来て、高ボッチはホワイトアウト状態になってしまい・・・
諏訪湖の街の灯も見えなくなってしまい・・・早々に寝る羽目に(^^;

ただ、ネットでSCW等の雲の予報を見てるとどうやら朝方は晴れる?かもしれないだったけど・・・
いやいや、起き出して諏訪湖の様子を見に行ったら、この雲海だよ!~~~~♪
こんな雲海は久しぶりだゼ~! これはこれでラッキ~なんだけど・・・
富士山は・・・どうやら見えなさそう(;'∀')

しかし、これを撮った後、又視界5m位の濃いガスに襲われ、ホワイトアウト状態になってしまった。
このまま待っていてもカメラがびしょ濡れになってしまうし、仕方ないので一旦車へ撤収する事に(泣)


a0031821_10125633.jpg
05:59
素晴らしい大雲海(笑)

その後、時々様子見にポイントへ行くも、なかなかガスは晴れず・・・
やっとこの時刻になって視界が開けて来た。
待つのは得意だからイイんだけど♪

やはり富士山は遥か分厚い雲の彼方で見えず(泣)

その代わり、南アルプスの名峰三山が・・・甲斐駒ケ岳、北岳、間ノ岳だ。
普段他の山々に紛れて意外に目立たないんだけど、こうなると三つ並びでの存在感が半端無いナ♪


a0031821_10185344.jpg
06:02
高ボッチから諏訪湖に向かって落ち込むV字谷の向こうに分厚く大雲海が広がる。
諏訪湖の街は全く見えず。
朝日が雲海の上を照らし輝きが増して来た。


a0031821_10212534.jpg
06:05
まだガスが残っていて急傾斜で落ち込む森と手前のススキの間のグラデーションを形成。


a0031821_10251521.jpg
06:07
この時刻になって、左、高ボッチのピークから朝の太陽が顔を出した。
かなり少なくなって来たものの、まだガスが風に乗って走り抜けていて、日差しに輝いていた。


a0031821_10282967.jpg
06:13
まだまだ雲海は消える気配も無く、分厚く諏訪湖を覆い、名峰三山が素晴らしい絶景だ♪


a0031821_10302047.jpg
06:24
近くのススキの原ではびっしょり濡れたススキが逆光で輝きを放つ♪


a0031821_10321195.jpg
06:31
モヤっとガスが掛かっているが、斜めに射し込む朝日でススキの原に所々に生える松の影が長く尾を引いていた。


a0031821_10350371.jpg
06:42
朝露に濡れた高ボッチのススキ!♪

この時刻、気が付けば15台ほど並んでいた三脚は殆ど無くなって、もう一方と二人だけに・・・。

こうして諏訪湖方面、東を見てばっかりだったけど・・・
振り返って西を見れば、上空は快晴!で北アルプスに纏わり着く雲も晴れて来ていたんヨ♪

と、なればこの後、北アルプスも撮ってから帰ろうか・・・になった。
なにしろここ高ボッチは北アルプス展望を売りにしてる絶景ポイントでもある訳だから♪





# by sdknz610 | 2018-10-06 11:30 | 雲海 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 05日

高ボッチから夜明けの富士山を、と言うのが何時ものメインテーマ♪

a0031821_14514113.jpg
2018.10.2
午前2時27分
この朝は、何だか気が急いて午前2時起床になってしまった(;'∀')
辺りにどうやらガスも無く、
東の空を見上げれば、ほぼ天頂近くに月齢が22日の半月が煌々と・・・上空は快晴の真夜中だった。

直ぐ近くには、オリオン座が月に負けず堂々と見えたので、一枚撮ってみた♪
若干靄が掛かっているのはマアしょうがないか・・・。


a0031821_15021445.jpg
02:39
さて、諏訪湖はどうだろう? 肝心の富士山はどうだろう?
どうやら諏訪湖に雲は出ていないか・・・。
肉眼での視認は不可能なんだけど、富士山がね、流石のデジカメだ、微かに見える!♪
街の灯が露出オーバになるのは仕方無いか・・・。
こんな時ハーフNDフィルターで下半分を覆い、遠方の富士山に露出を合わせれば、尚良かったかもだけど・・・。
持ち合わせていないもんで・・・(泣)

マアね、これはこれで思い出の一枚にはなる♪


a0031821_15081299.jpg
03:11
ホワイトバランスを色々変えてみる。
ちょっと弄るだけで印象が違って来るんだわ。
未だ、ケルビンではどこら辺りがいいのか?決められない・・・経験不足だ(^^;
街の灯の赤っぽさと、暗い空の青味のバランスをどう配分すればいいのか?
これがやけに難しいのは分かっているけど・・・。


a0031821_15130113.jpg
04:58
時の流れは早い! 東の黎明の色付きがどんどん変わる!
未だ街の灯が沢山残ってる今の内に撮らなくっちゃ!だけど
富士山のシルエットがぼやけては元も子も無いので、慎重に、しかし確実に撮らないと悔いが残る・・・
大体高ボッチにわざわざ来る最大の目的がこの富士山の朝焼けシルエット狙いなんよ(笑)
だから失敗は許されない、いえ許さんって事で・・・緊張するゼ(^^;


a0031821_15192201.jpg
05:32
5時を過ぎた頃になると、街の灯がどんどん消えて行く・・・。
そしてこの時刻にはすっかり街の灯が消えてしまい・・・
富士山のシルエットだけに・・・諏訪湖の湖面はなんとか明るくなってはいるけど・・・

この時刻を過ぎるともう帰り始めるカメラマンが殆どで、
何時までも居残ってるのは僅かに(^^;

これで富士山に雲が絡んでピンク色に染まるなんて事だと、それはもう一大事で♪
でもそいうのは過去1回位しか遭遇してないからね・・・。
それと・・・何だ雲海が出てないじゃないか!・・・
そうなんよ・・・この朝は雲海は出ず仕舞だったんサ(泣)

何もかもそうそう上手く行く筈もなく、天の差配をあるがままに受け入れて、が一番だよ♪


a0031821_15273237.jpg
05:44
もうこんなになっちゃうんサ♪


a0031821_17130994.jpg
05:48
左からの朝陽の射し込みで若干赤富士に♪

富士山の美の極致・・・この秀麗なスロープを見よ! ナンテ♪

この朝は大きなドラマは無くて・・・穏やかな高ボッチ諏訪湖富士だった。
まあでもこんな静かな穏やかな高ボッチは年間何日あるだろうか?
極めて稀な朝だったと思うべな♪





# by sdknz610 | 2018-10-05 16:00 | 富士山 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 04日

真昼の高ボッチ諏訪湖富士も絶景かな♪

a0031821_13214234.jpg
2018.10.1 15:34だった。
午後3時前に高ボッチの撮影ポイントに現着。
直線で100km遠方の富士山が抜ける様に見えるのを確認♪
今年何回も来ているもののズッと天気に阻まれて、こういう富士山、諏訪湖を見るのは叶わなかったが、やっとだったナ♪
直ぐ撮影に取り掛かる。僅かに薄い靄が若干の気掛かりだけど、これ以上は望むまい・・・。

ほぼ順光での諏訪湖、富士山だ。この画角だと肉眼で見るのに近い感じ。
ほぼ35mm相当だ。


a0031821_13342211.jpg
15:38
これで170mm程の画角だ。
只、昼間の順光というのはフラットな画に・・・立体感、遠近感が不足するのは否めないが、マアねそれも良しとしよう♪
諏訪湖の水が濁っているようだ。台風24号がもたらした大雨の影響かも。


a0031821_13371634.jpg
15:42
かなりの広角レンズで撮った様に見えるかも。でも50mm相当の画角だ。
左、八ヶ岳連峰、右には甲斐駒、北岳、間ノ岳が・・・。


a0031821_14115331.jpg
16:05
殆ど無風、穏やかな高ボッチは久しぶり。椅子に座って日暮れを待つが時間はユックリ過ぎて行く。
至福の時間、かな?♪ 偶にはこういう時間の浪費(?♪)も・・・ネ。


a0031821_14244321.jpg
16:40
徐々に夕暮れが近づいて来る。
富士山は霞の向こう。この頃、高ボッチの西側から霧が近づいて来ていて、
諏訪湖の街の灯が入る頃にも何とか富士山が見えてくれればいいんだけど・・・。

その時の画が昨日の記事のトップの画、ということになります。





# by sdknz610 | 2018-10-04 15:00 | 富士山 | Trackback | Comments(2)