人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2022年 01月 10日

赤城自然園冬景色(2)・・・オドロキ、モモノキ、ハンカチノキ・・・の実が満艦飾♪

赤城自然園冬景色(2)・・・オドロキ、モモノキ、ハンカチノキ・・・の実が満艦飾♪_a0031821_14455674.jpg
そろそろ帰ろうかと、セゾンガーデンを廻って、というのがルーチンなんだけど、
見えて来るのがあの天に向かってボサボサの樹。
赤城自然園のランドマークの一つ、ハンカチノキだ。
葉っぱが悉く落ちて、見るかげも無い風情になってるんだけど・・・

近づいて見る。
赤城自然園冬景色(2)・・・オドロキ、モモノキ、ハンカチノキ・・・の実が満艦飾♪_a0031821_14501666.jpg
オ~っ! 何だ? 何か一杯着いてるげ・・・(^-^;

赤城自然園冬景色(2)・・・オドロキ、モモノキ、ハンカチノキ・・・の実が満艦飾♪_a0031821_14512423.jpg
アレマっ! 実が一杯ジャネーノ♪
? 初めて見るぞ、こんなの(笑)

赤城自然園冬景色(2)・・・オドロキ、モモノキ、ハンカチノキ・・・の実が満艦飾♪_a0031821_14530949.jpg
オッと! アトリベニマシコのメスが一羽パッと飛んで来ちゃったのサ♪ ほんの一瞬だけ居てくれた(^^;
(短いクチバシ、次列風切り、大雨覆羽模様、頭部の色からベニマシコのメスと訂正します。
しのさんからご指摘いただきました。ありがとうございました)

鳥影が見えない赤城自然園で、今回も鳥はボウズかと思っていたんだけど・・・
こういうチャンスが突然来るもんだから、
こんな時のP950は将に万能ぶりを発揮する訳よ♪
咄嗟の1000mmで!
群れで来てるかと思ったがどうやらこの子一羽だけで、直ぐ飛び去ってしまった。
群れを追い掛けて行ったのか?分らん(^^;

赤城自然園冬景色(2)・・・オドロキ、モモノキ、ハンカチノキ・・・の実が満艦飾♪_a0031821_14573845.jpg
鈴生りハンカチノキの果実♪
極小さな提灯がズラリといった感じでもある(笑)


赤城自然園冬景色(2)・・・オドロキ、モモノキ、ハンカチノキ・・・の実が満艦飾♪_a0031821_14584442.jpg
良くぞ並んでくれるもんだワ♪


赤城自然園冬景色(2)・・・オドロキ、モモノキ、ハンカチノキ・・・の実が満艦飾♪_a0031821_14593634.jpg
ハンカチノキのあのハンカチが満開に咲いた時を思い出すと、
へ~こんなに沢山咲いてたのねと、余りの変貌ぶりが驚異!♪
葉が茂ってると全貌が見えないからか・・・。


赤城自然園冬景色(2)・・・オドロキ、モモノキ、ハンカチノキ・・・の実が満艦飾♪_a0031821_15032538.jpg
500mmでアップしてみる。
果実が地面に落ちているかと探したが見つからず、生ってるのを望遠マクロで。


赤城自然園冬景色(2)・・・オドロキ、モモノキ、ハンカチノキ・・・の実が満艦飾♪_a0031821_15052304.jpg
この実の中身がどうなってるかは今回は不問に(^^;
食べられないんだろうなと思うが、実際はどうなんだろう?
次訪れる時に実が落ちていたら、調べてみるか?(^^;
これは400mmで近いのを。

赤城自然園冬景色(2)・・・オドロキ、モモノキ、ハンカチノキ・・・の実が満艦飾♪_a0031821_15080989.jpg
一本だと思ってたハンカチノキは傍に寄ると、何だ4本の幹が集合してるのね♪
木肌はゴツゴツと荒れていて、こうして幹に凭れて仰ぐと、
清楚なハンカチノキの花のイメージとは乖離が甚だしい豪壮な木だった(;'∀')


赤城自然園冬景色(2)・・・オドロキ、モモノキ、ハンカチノキ・・・の実が満艦飾♪_a0031821_15123924.jpg
この時季ならではのハンカチノキのこれまでとは違った一面を発掘した思いだ。
今度の春来たりなば、もっとしっかりこの樹を観察しなくっちゃだ♪

2022.1.9
NIKON P950で








# by sdknz610 | 2022-01-10 15:30 | ハンカチノキ | Trackback | Comments(2)
2022年 01月 09日

赤城自然園冬景色(1)・・・1月9日(日)今日の撮れたて

赤城自然園冬景色(1)・・・1月9日(日)今日の撮れたて_a0031821_16123015.jpg
2022.1.9
赤城自然園へ。
1月8日(土)から開園が始まったのね。3月までは土日月が開園になる。
今は花は無いし、色彩的には茶系のモノクロームだろうか? 
ここの冬景色は初めてで、果たしてどんな風情だろうか? ちょっとワクワクだったな♪

この画は時期になればアサギマダラが群れ飛ぶフジバカマや、クリンソウ、シキンカラマツなどが楽しめる
赤城自然園でも随一の撮影ポイントだけど、
日差しが来ないので未だこれ位の雪が残っていて、ザクザクと踏み締める感覚は久し振りだった♪
今日は気温が一段落して10時半頃では5℃位になって、快晴で風が無いし暖かかったワ♪


赤城自然園冬景色(1)・・・1月9日(日)今日の撮れたて_a0031821_16232888.jpg
このアングルも必ずシャッター押すポイントだ♪


赤城自然園冬景色(1)・・・1月9日(日)今日の撮れたて_a0031821_16241428.jpg
レンゲショウマを撮るポイントの東屋。
駐車場はそこそこ車が来ていたものの、園内に入るとマア人に会う事も無く・・・
終日一人旅で・・・コロナとは無縁の大自然の中で・・・♪


赤城自然園冬景色(1)・・・1月9日(日)今日の撮れたて_a0031821_16274873.jpg
ミズスマシの池は全面結氷中♪
僅かにある開水面にもミズスマシが作る波紋も無く、
シーンと、キーンと静まり返った冷たい空気が気持ち良かったワ♪


赤城自然園冬景色(1)・・・1月9日(日)今日の撮れたて_a0031821_16305697.jpg
園内の雑木林も静まり返って、落ち葉がハラハラという事も無く、
全く無音の世界だった。
鳥の鳴き声もまるで無しだった(^^;


赤城自然園冬景色(1)・・・1月9日(日)今日の撮れたて_a0031821_16325923.jpg
トンボ池も結氷中。
木の葉がみんな落っこちてるので見通しがイイんだわ♪


赤城自然園冬景色(1)・・・1月9日(日)今日の撮れたて_a0031821_16343661.jpg
ここはセリバオウレンやカタクリなどが見られるポイントなんだけど、
今は・・・ただこの木道が描くシルエットが逆光に映えていたので
モノクロで試してみた。


赤城自然園冬景色(1)・・・1月9日(日)今日の撮れたて_a0031821_16365141.jpg
セゾンガーデンを一望出来る展望台から。
春、花々が咲き出すと色彩曼荼羅が楽しめる定番の場所。
榛名連峰を遠望する。

いやいや久し振りの赤城自然園だった。
人少なし、鳥少なし、花無し、無音の世界♪
なかなか印象的な冬景色だったけど、誰かに一緒に行かない?と聞くのは止めておこうかな(^^;
雪が舞う時があれば、無理して行ってみようか? 等と思わない事も無い♪

今日はNIKON P950一本勝負!だった(;^ω^)








# by sdknz610 | 2022-01-09 17:00 | 赤城自然園 | Trackback | Comments(0)
2022年 01月 07日

北斗七星を掠めるISSを捉えた!・・・1月7日午前5時48分!今朝の撮れたて♪

天頂を切り裂く様に飛行するISSの光跡は素晴らしい天体ショー♪
北斗七星を掠めるISSを捉えた!・・・1月7日午前5時48分!今朝の撮れたて♪_a0031821_11054003.jpg
2022.1.7
05:48に北西の空に出現して、およそ5分程で南東の彼方へ消えた。
今朝の航路は殆ど天頂を通過する様な、最近距離は400kmちょっとという近さなので
マイナス2等星位に感じるとても明るいISSだった(^_-)-☆
こういうチャンスはなかなか無いので、貴重だ。
幸い快晴で、とても良く冷えた(^^;・・・手元の気温計ではマイナス3.8℃という
夜明け前の遊水池の池の端で一人静かに出現を待ったのサ♪

音も無く、瞬きもしないでスーっと動く人口天体は・・・何時見ても不思議な異次元の現象に思えて・・・又見たくなるんだよね。

今朝の予報航路からすると、縦画面にして、
遊水池を入れる、北極星を入れる、北斗七星が丁度天頂に掛かるのでそれを入れる、
というのを意図して・・・
LUMIX S 20-60mmズームの20mmをセット。
丁度北斗七星の柄杓を掠める様に飛んでくれて、アリガトウ!\(^o^)/だったな♪

画面の下、左隅に金山が。画面の上、中央付近に北斗七星の柄杓が。
そして画面下に遊水池Eが。この右下隅に瓢箪島が街灯で照らされてるのが写っている。

ISSが北の空を飛ぶ場合、この遊水池のポイントなら如何様にも撮れそうな事が分かって来た。
次は西~南に掛けて飛ぶ航路の場合、何処で撮るかの算段をしなければならぬ。
家のバルコニーからでも撮れるかもしれないし、多々良沼まで行かねばならぬ事もありそう(^^;




# by sdknz610 | 2022-01-07 12:00 | ISS | Trackback | Comments(0)