『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 07日

トビシマカンゾウ アラカルト・・・佐渡・大野亀・・・2018佐渡紀行(4)

a0031821_16185885.jpg
a0031821_16185856.jpg
a0031821_16185954.jpg
a0031821_16185974.jpg
a0031821_16185907.jpg
a0031821_16185938.jpg
a0031821_16185908.jpg
a0031821_16190071.jpg
a0031821_16203821.jpg
a0031821_16203965.jpg
a0031821_16203911.jpg
a0031821_16203988.jpg
a0031821_16203994.jpg
a0031821_16203963.jpg
a0031821_16204003.jpg
2018.6.1
今年のトビシマカンゾウを色んなアングルで撮ったのをご紹介。
とは言え何時も同じ様な画ばっかしだけど(^^;
10年前はビッシリと黄色い絨毯でそれはもう素晴らしい景観だったけど、
近年は数が減って来て私的には絶滅危惧種的危機感がある・・・。
マアそれでもめげずに通ってる訳だけど。

この日の日没は西方水平線上の雲が残っていて、水平線に落ちるお日様とは行かなかった。
マアね、毎年こんな感じで、日本海の水平線から昇る、沈むという太陽を撮るのは容易ではないんサ。

明日、6月2日に掛けてみよう!
夜中に若しか雲が晴れてくれれば北極星とグルグルをと思って車の中で仮眠だ。

本シリーズの最初に紹介したグルグルがこの夜の事だったのです。






# by sdknz610 | 2018-06-07 17:00 | トビシマカンゾウ | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 06日

佐渡行きのワクワクは新潟港から始まる♪・・・2018佐渡紀行(3)

2018.6.1
a0031821_12074183.jpg
9時40分に新潟港発のフェリーに間に合うよう、午前4時半に家を出た。
9時迄には駐車場で待機するのがベストなんだけど、
高速道路は極めて順調で、この分なら少し余裕か?と思っていたが、
何の・・・新潟市内はもう至る所信号待ちで、渋滞だらけ(^^;
やっと佐渡汽船の駐車場に入ったのが9時20分という・・・
大急ぎで乗船手続きと、往復航送料金2万7千何がしを払い・・・
その時にはビリっ尻でやっとこさ乗船だった(笑)
やっぱり午前4時には家を出ないとダメかいな(;'∀')

乗船すると真っ先に最上階のデッキに行く事にしてる。
入港中は日の丸を掲げているので・・・
翩翻と翻る日の丸ってイイな~!♪


a0031821_12074172.jpg
例によって辺りはウミネコだらけだ。
みんな乗客が差し出す○○エビセン狙いなんサ♪

a0031821_12074245.jpg
群れをなしてエビセンに殺到するウミネコ達♪
私は絶対やらんけどね・・・。
撮るのはやるけど♪

a0031821_12074296.jpg
出航した。
この朝の新潟港では北西の風10m位か、向かい風なので船上では強風だよ(^^;
船足と風に合わせて相対速度をゼロにして・・・我先に有利な位置を占めて、手持ちのエビセンを上手にかっさらう♪


a0031821_12074217.jpg
翼が未だ茶色の幼鳥に比べこういう成鳥は流石に匠の技で、上手にエビセンをゲットして行くんサ♪

a0031821_12074289.jpg
画面右の一際高いビルは朱鷺メッセだ。

a0031821_12074257.jpg
往路で利用した「ときわ丸」
平成26年3月に就航した。おおさど丸の後継だ。
5,380トン、19.1ノット、乗用車のみだと168台
主機関はディーゼルだが出力は公開されていない。

a0031821_12074293.jpg
スッキリした外観。

a0031821_12084569.jpg
しぶとく並走して来るウミネコ♪

a0031821_12084546.jpg
a0031821_12084589.jpg
信濃川河口の赤灯台を廻り、佐渡両津港へ進路を取る。
ここまで来るとウミネコ達は殆ど居なくなるが、この子が最後の見送りをしてくれた♪

a0031821_12084624.jpg
何時ものことだが、途中でジェットフォイルに追い抜かれる。
向こうは時速80km超、こちらは20kmちょっと位だ。
オっ! ジャパンコーストガードが一隻居たよ♪

a0031821_12084655.jpg
ボーイングのライセンスで川重が製造した空飛ぶ船!♪
老朽化でそろそろ寿命らしいが、今は製造しておらず
みんな更新したいが困ってるみたい・・・。
川重は数がまとまれば製造を再開するらしいが、価格が高騰、一隻50億円超? ヤバイね(^^;

毎年恒例の佐渡行、港を出るというのはやたらとワクワクするのはどうしてかな?
一応慣れっこになってるけど・・・旅のロマンというものなのか♪
海を征くというのがね~・・・普段海無し県で生きているから海への憧れは強い。のは分かる♪

2等船室でゴロンと寝てる人は多いけど、およそ2時間の船旅を最上階のデッキや
一つ下のデッキなんかでズッと外に居るのが流儀だ(^^;
この時期風が結構冷たくて今回もダウンジャケを着て・・・
あ、でも、半袖の人が居るんだよ。まさか、あの真似は出来んぞ(笑)

天気晴朗にして波穏やか。航海の無事を祈る♪





# by sdknz610 | 2018-06-06 15:00 | トビシマカンゾウ | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 05日

星降る真夜中の大野亀に対峙する至福・・・2018佐渡紀行(2)

2018.6.2
a0031821_16440513.jpg
21:31~30分露出
手前トビシマカンゾウは満開状態なんだけどね。

a0031821_16440600.jpg
22:05~3分露出
星の流れを少なくしてみた。肉眼ではこんなに星があるなんて、まるで見えないんだけど。
殆ど真っ暗なので、手前も写らず、仄かな大野亀のシルエットが狙いだ。

a0031821_16440618.jpg
22:52
次々とポジションを変えて、どんどん写して行く。
15分とか、30分露出なので枚数は増えないな。
この時刻、月の高度が上がって来て、月光で照らされる大野亀になって来た。
これはこれで狙いの一つなので。

a0031821_16440630.jpg
23:25
もうこんな時刻になってしまった(^^;
幸い未だ快晴、無風、視程は水平線を越えていて・・・
撮れる時に撮らなくてはならない!(^^;
他に誰も来ず・・・一人撮り放題状態が続く♪

a0031821_16440668.jpg
23:43
大野亀から東方、名勝「二つ亀」を望む。
煌々と明るい月が右上には昇っていて、星がだんだん見えなくなって来るが、
デジカメのセンサーは高性能! 肉眼では殆ど見えなくなっている星も写っているのは驚異!♪
只、比較明合成でないとここまで微かな星は写らないので・・・。

a0031821_16440647.jpg
日が替ってしまったゼ(^^;
6月3日、0時23分♪
まだまだ快晴の夜空だ。
月の高度が上がって、昼間の様に明るく写る月光写真!
青空に日周運動が写るという・・・不思議な画になった。

マア兎に角こんな晴天が続いてくれるという幸運に感謝だ(^_-)-☆

そろそろ車に戻って、車中泊しようか・・・なんだけど2時間ほど経てば明け方の薄明が始まるので
眠る時間は無さそう(;^ω^)
幸い、全く眠くならずなので・・・車の中で暫し休憩で、夜明けに備えよう。
御来光が期待出来そう♪





# by sdknz610 | 2018-06-05 17:30 | トビシマカンゾウ | Trackback | Comments(0)