人気ブログランキング |

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

タグ:マクロ ( 90 ) タグの人気記事


2019年 06月 08日

ツマグロヒョウモン幼虫がこれだ!♪

a0031821_19464909.jpg
2019.6.5
ドアを開けて車から降りると、足元に見慣れた(^^;赤黒いアレが居た!♪
ウッカリ踏んづけなくてよかった(^-^;

急いで家にカメラを取りに・・・
たまたまマクロレンズを付けていたGX7 MkⅢを持ち出した。


a0031821_19562332.jpg
今年もツマグロヒョウモンの成虫は我が家周辺で時々見掛けていたが、
幼虫は一度3月に撮っていたので、二回目だ♪
120mm相当のOLY ZUIKO 60mm F2.8 MACROだ


a0031821_19592188.jpg
そろそろ終末期のスミレが側溝のグレーチングの脇に咲いていて
その葉っぱを食べていたのよ。

食べ終わったのか、そこから離れて移動を開始した。

a0031821_20011852.jpg
あ~そっちは道路だよ。止めなさい!(;^_^A


a0031821_20020422.jpg
正面顔をと思ったが、なかなか口元までは見えず(^^;
この後、指で摘まんで手の平に載せてみる。クネクネと・・・。
そして他のスミレに移してやった。
トゲトゲのオドロオドロの激しい外観だけど毒は無く、刺さないし・・・
大丈夫なんよ♪

いよいよ夏間近か・・・これから昆虫ワールドの動きが忙しくなるな。
常にマクロレンズを付けたカメラを準備しておくべし!・・・ナンテ(;^ω^)





by sdknz610 | 2019-06-08 15:00 | 幼虫・毛虫・芋虫 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 02日

クマバチとシモツケ

a0031821_09311620.jpg
2019.5.27の太田イオンモール
昨日の記事のニホンカナヘビの前だった。
直ぐ隣に咲いてるシモツケがキレイで様子見してたら
ブ~ン♪と、例の羽音が聞こえて、来た~~~♪
クマバチが蜜集めに!

120mm相当のマクロレンズで・・・相当接近しないとアカン!なんだけど頑張ってみた(;^_^A

a0031821_09361546.jpg
今年は足利フラワーパークで藤絡みでクマバチを狙った以降、久し振りだ♪
シモツケに、というのは初めてかな・・・


a0031821_09380838.jpg
大きなお尻♪ 繊毛に覆われて朝日で照る。


a0031821_09393313.jpg
正面向きでというチャンスが少なく(^^;
お尻ショットが多かったな(笑)


a0031821_09404514.jpg
シモツケのピンクもキレイだけどね♪


a0031821_09413777.jpg
この子、メスだね。額の白いオムスビが無いから・・・。
蜘蛛の巣の細い糸が極めて繊細に写っていた(笑)

LUMIX GX7 MkⅢ
OLY M.ZUIKO 60mmF2.8 MCRO
手持ち
トリミングあり

その後、ほぼ毎朝ここをウォッチングしているが全く音沙汰無し(^^;
よって撮れる時に撮っておくべし! というのが鉄則、だと思うべな。
他に昆虫達も姿を見せずチト寂しいぜ。

クチナシがどんどん咲いて来ているのでその内何か変化が起きるかな?





by sdknz610 | 2019-06-02 12:00 | 蜂の仲間 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 01日

ニホンカナヘビと睨めっこ(^^;♪

a0031821_16020736.jpg
!!!
爬虫類の苦手な方には申し訳ないですが・・・

ニホンカナヘビです。
日本固有種なれど、学名にジャポニカが入っていないんですけどね。

2019.5.27の朝、太田イオンモールの植栽の中で
シモツケ、スイカズラなんぞがある所でクマバチを撮っていた時、
ふと、誰かに見られてる様な気配を感じて・・・
?ナンダ?と目線をスイープして探してみたら・・・
この子が!(^^;


a0031821_16082747.jpg
ジッと動かないんだよね♪

マクロレンズだったのでこれ幸いと、目にピンを!ということで


a0031821_16095218.jpg
ググっと寄ってみた! 動かず♪
体温を上げたくて、ジッとお日様に体を晒して・・・だったのかな?


a0031821_16113016.jpg
それをいい事に、こっちは少しずつ移動して・・・


a0031821_16122010.jpg
横腹の鱗模様がキレイ!♪


a0031821_16131458.jpg
5分位だったか、流石にこの子、動き出した!


こういうのは・・・矢張りマクロレンズというのは
描写力がスゴイな♪

LUMIX GX7 MkⅢ
OLY M.ZUIKO 60mm F2.8 MACRO
手持ち
トリミングあり

絞りは・・・F2.8開放で(^^;
被写界深度が極めて薄いので
目にピンだと鼻先は盛大にボケてしまうのさ。
普通そんな事しないよね(^^;
もっと絞るかと。F11とかF16とかにね♪

いよいよこういうのが撮れる季節到来って事だね。
益々忙しくなるか・・・(^^;








by sdknz610 | 2019-06-01 17:00 | 爬虫類 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 21日

逢えて嬉しや春の兆し・・・ツマグロヒョウモン毛虫ちゃん♪

a0031821_10085331.jpg
いきなり!で<m(__)m>
こういうの苦手な方、ごめんネ(^^;

3月14日だった。
我が家で車から降りようとした時、右足で踏みそうになった何やら黒っぽいモノ(^^;
?ナンダ・・・ワ~っ!
ツマグロヒョウモンの毛虫やん♪
ヤバイわ、踏まなくって良かったゼと、
直ぐ家にとって返し、マクロレンズに付け替えて・・・
待ってろヨ!と・・・

手に取って掌に乗せてみたら、グリグリと体を捻って・・・元気!♪

そっと元の場所に置いて撮らせてもらったんさ
この子の棘には毒は無し、痛くもなし♪
a0031821_10160784.jpg
私にはこの子は春告げ毛虫!♪
いよいよ我が家にも春が・・・だな♪

120mm相当のマクロレンズ
F11に絞ったものの極薄い被写界深度には手こずるよ(;^_^A
手持ちだし(笑)
a0031821_10161918.jpg
マアでもこの林立するトゲトゲ!
如何にもコワ!だけど
これで鳥に食われずに済んでるみたいなので・・・

春は春で忙しい事になって来たゾ♪






by sdknz610 | 2019-03-21 12:00 | 幼虫・毛虫・芋虫 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 13日

我が家のメドウセージに来たホバリングの名手ホシホウジャクを120mm相当のマクロで激写♪

a0031821_15495074.jpg
2018.10.9 午後1時過ぎだった。
120mm相当のマクロレンズで他の虫狙いで玄関を出たところで
ブーンという羽音を起てて足元に来たのがこの子! ホシホウジャクじゃん!(^_-)-☆

脇のメドウセージで蜜吸いを始めた!
ワ~オ! 撮らなくっちゃ!

直ぐシャッター優先モードにして、
SSは? ISOは? 補正は? ホワイトバランスは?
取り敢えずこの4項目を設定しないと・・・
SSを1/2000に。ISOは400。補正は±0で。WBはオートでいいや♪
こんな事してて飛んで行かれては残念な事になる(^-^;

で、何とか未だ次々と花を変えながらホバリングを繰り返していてくれて・・・
連写を開始したが・・・
ほんの10秒程で飛び去ってしまったんサ(;'∀')

何とか撮れていた中から幾つかご紹介に及びます。


a0031821_16012118.jpg
伸びたり丸まったりする吸蜜用の長いストローの様な口吻の様子はホウジャク撮りの目玉だ♪


a0031821_16035195.jpg
翅の動きは超高速で・・・1/2000でもこのブレ様だ(^-^;


a0031821_16051687.jpg
メドウセージの蜜は深い底に。流石に長い口吻をここ迄体を近づけて・・・。
ホウジャクも一生懸命だね。


a0031821_16080226.jpg
体を立てても位置をキープするホバリングの名手!♪
撮影チャンス!


a0031821_16103327.jpg
クルリと巻き込む長いストロー♪

ほんの短い時間だったけれど、星峰雀をこれだけピントがしっかり撮れたのは久しぶりだ♪
120mm相当のOLYのマクロレンズは極めて高性能だ(^_-)-☆
カメラは・・・
LUMIX GX7 MkⅢなんだけど(^-^;

我が家でこんな画が撮れるもんだから・・・遠くに行かなくても画題はあるもんサ♪






by sdknz610 | 2018-10-13 17:00 | ホシホウジャク | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 08日

今年最後の月下美人だ。妖艶な女王も見納め。雌蕊の造形美は見る度に神秘♪

a0031821_15190169.jpg
2018.10.3
今年最後の月下美人が咲いた。
1日、高ボッチへ行く時、夕方には全部で7個の幾つかが咲きそうだったけど
3日に帰宅した時は二つしか咲いておらず、残りのはもう咲いちゃって、カミさんが捥いだ後だった。

丁度台風25号が列島に接近中で風で花が落っこちないよう、家の中に取り込んで置いたのは良かった。

家の中なら動かない静物として、マクロで撮るには絶好だ♪

今回は、120mm相当のマクロレンズで狙ってみた。

照明はLEDライトだ。それを色んな方向から照らしてみて、陰影がクッキリするところで固定。

マクロレンズを絞って被写界深度を稼ぎたいところだけど、
小さなLEDライトを近づけても、そうそう絞れはせず、ISOも上げたくないので
そうなると絞り開放のF2.8で、4Kフォトのフォーカス合成でやってみる事に。

好きな範囲を指定して合成するか、カメラ任せの自動合成もチョイス出来るので、状況によって選べばいい。
これは自動合成の画だ。
パッと見、非常にキレイな画が出て来た♪ こういうのはこれまでの方法ではなかなか撮れないので・・・。
LUMIX GX7 MkⅢだ。


a0031821_15361338.jpg
同じくフォーカス合成だ。
距離が1m無い程の近くで、向こうの花弁と、雌蕊、雄蕊にもピンが欲しいとなると、先ず不可能なので・・・
こんな場合、手軽に全部ピンが来てるというのは、マジック(^_-)-☆

蕊だけにピンを置いて後は全部ボカす、というのも勿論アリだけど、
こういうパンフォーカスというのも気持ちがいいんサ♪


a0031821_15412301.jpg
月下美人の一番の特徴と思ってる雌蕊を真正面から。
この場合、範囲合成で蕊だけという事で。

今回、静物をフォーカス合成でというのを初めてやってみた。
結構使えそうだよ♪
LUMIX GX7 MkⅢをゲットした理由の一つがこのフォーカス合成だったので、ちょっと安心♪
これが出来るのはこの他では上位機種のみになる訳で、ヤバイっす♪
GX7 MkⅢがリーズナブルなところだ。





by sdknz610 | 2018-10-08 15:00 | 月下美人 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 07日

妖艶月下美人が又咲いてしまった。マクロ+モノクロで撮るとどうなるだろう?

初秋の雨がパラつく夜中に月下美人が咲いてしまった。
a0031821_16395981.jpg

今回は・・・モノクロで勝負!(^^;
a0031821_16395943.jpg
a0031821_16395950.jpg
a0031821_16400000.jpg
月下美人・・・このクネクネとメデューサの髪の様に惹き込まれそうな・・・
雌蕊をどう撮るか?に腐心する事になる。

開放でF2.8のマクロをちょっとだけ絞ってF3.2で・・・
被写界深度がとても薄いので前後のボケが盛大になるが、それを承知の上で。

LUMIX GX7 MkⅢ
OLY ZUIKO 60mm F2.8 MACRO
1/50 F3.2 0EV ISO200
三脚
LEDランプ使用

真っ暗な中、色んな方向から光を当ててみて、浮き上がる月下美人の様子が事前に読めるので
自由度が高いLEDランプはこういう時には便利♪

台風接近中の前夜で、風アリ、パラつく雨・・・
ISO上げたくなくて、揺れる月下美人をこのSSでは歩留まり悪し(^^;






by sdknz610 | 2018-09-07 18:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 06日

黄揚羽をマクロで撮ると・・・

a0031821_07591436.jpg
2018.8.31
キセワタに大きな蝶が飛来した! と思ったらキアゲハだった。
蜜を吸うのにジッと止まってというのでは無くヒラヒラと落ち着かない・・・。
これは700mm相当での画だ。
背景のオミナエシの黄色のボケが盛大だ♪


a0031821_08074520.jpg
今回は120mm相当のマクロレンズも持っていったので
近くに止まってくれたこの子に接近!
流石にマクロレンズというのは接近戦に強いな♪
微小な鱗粉も解像していて、こういうのは撮った後の楽しみが大きい♪


a0031821_08122428.jpg
更に拡大してみると・・・細かいネ~~♪


a0031821_08141446.jpg
翅の上面も見える様に。
黄揚羽もキレイな蝶だよね。

多寡がキアゲハなれど、なかなかこれ程近くでは撮れるチャンスは少なく
今回かなりまともに撮れたのがウレシイ♪
マクロレンズを見直したゼ。






by sdknz610 | 2018-09-06 13:00 | 私の蝶・蛾図鑑 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 02日

夢は夜開く? 超ド級の美しさ! 月下美人が我が家で咲いた!♪

a0031821_11443697.jpg
2018.7.1 これは午後11時52分の画。
やっと・・・ほぼ全開に近く咲いた!という訳だ♪

a0031821_11443664.jpg
これも11:52 今回は同時に二輪咲いてくれて、その片方の花。
空には低い高度でストロベリームーンの名残りの月が煌々と輝く真夜中だった。
月光だけではとても暗くて、LEDランプで照らしながらの撮影だ。

早朝、我が家の鉢植えの月下美人の蕾がかなり膨らんでいるのを見て
今夜きっと咲きそう!♪ なので・・・若しか咲いた時を考え、撮影し易いようにと配置換え。
細い茎の、先端近くの葉っぱの脇から出ている蕾は、極僅かの風でもフラーリフラーリと位置が定まらない(^^;
よって余り無理は禁物ながらアチコチ紐で縛ったり、支えを設置したり、兎に角花の動きを抑える処置をしておいた。
昼間は風がきつい事があるので、多少は動きに余裕がないと捥げたりするから、その辺りの加減が難しいな。
温室の中ならどうって事は無いだろうけど・・・。

そして、この日は渡良瀬渓谷沿いの花輪にある今は廃校になっている小学校でのフォトクラブの撮影会に参加だった。
さて、撮影会を終わり午後2時過ぎに帰宅してみると、未だ咲きそうにないので、
取り敢えず照明用LEDランプを準備したり、
先日ゲットしたばかりのLUMIX GX7 MkⅢの新機能、フォーカス合成を試す事に。
レンズはNOCTICRONとマクロレンズを使い分けてみようかと。
a0031821_11443695.jpg
19:49 この時刻マジックアワーで空の青味が未だ残っているけど、
月下美人の方はまだこんな感じでなかなかサッと開いてくれないんだよ。
夕食、風呂など済ませ、こうなったら咲くまで寝ないで待ってやるべ~と(^^;

さて、フォーカス合成はどうやればいいのか?・・・ここからが大いに悩んでしまったんサ(;'∀')
マニュアルには載っていない! エ~うっそ~(^^;
4Kフォトを説明してるパンフに載ってるだけのでそれを解読しようとしたが、
なんだかね~・・・指示通り操作するものの・・・上手く行かず、焦ったゼ(泣)
カメラのボタン類で4Kフォトに関連するのはたったの2つ・・・しか無い訳で・・・
結局そのボタンを押す順番を解明出来たので・・・もう大丈夫だ~~~!♪
それにしても、何とも不親切というか、素人に分かる様な解説がなされていないとは・・・。

a0031821_11443796.jpg
日が変わってしまった7/2の00:07の画。
暗いので絞りは開けたい。と、なると被写界深度が薄くなり
花びらの先端とか蕊の先端とかだけクッキリするけど、周りがボケボケに。
んじゃあと絞りをF8とかF11なんぞにすると、
今度は超スローシャッターになり
更にISOが思い切って上がって3200とか6400になっちゃうのがコワイんさ(-_-;)
おまけに被写体ブレが加わって・・・結局画にならないよね・・・。
そこでフォーカス合成の出番だ!♪

a0031821_11443711.jpg
a0031821_11443778.jpg
月下美人の一番見ておきたいのは雌蕊なんよ♪
a0031821_11443763.jpg
通常だとこの角度で奥にぎっしり詰まっている雄蕊と、手前の雌蕊を
どちらもピント良く同じ画面に、というのはピンホールカメラ位でしか不可能なんだけど・・・
フォーカス合成ってスゴイぞ!♪
因みにこの画の設定は、1/100 -1.3EV F2.8開放 ISO400 120mm相当マクロ

a0031821_11443757.jpg
手持ちのLEDランプで自由自在に照らし方を変える。

a0031821_12135946.jpg
月下美人の雌蕊のシルエットロマン♪
又は・・・サロメのおどろおどろしい、のたくる蛇の髪!風でもある・・・。
蛾を誘導して花粉を媒介させようという進化を遂げた仕掛け!なんだろうね。
これをマクロで撮ってみたくなるのは自然の成り行きなんサ(笑)
a0031821_12372094.jpg
これほどクネクネと多数の足を持つ雌蕊というのは月下美人だけ?
実に不思議な花だ♪

フォーカス合成なるトンデモ武器が手に入ったので・・・
静止してるモノに関してはこれからはアプローチが変わって来る可能性を感じるナ♪

LUMIX GX7 MkⅢ
OLY 60mm macro、LUMIX LEICA NOCTICRON 42.5mm
三脚 
NIKON LEDライト






by sdknz610 | 2018-07-02 15:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 10日

キレイな蛾が居た!マクロで撮るには絶好の被写体だ♪

a0031821_15042119.jpg
2017.5.9  太田・イオンモール植栽
昨日の記事のユリノキの後、撤収しようと植栽の中の道を歩いていると
?アレ? 鳥の糞か?と思える白い汚れが着いてる葉が目に入った。
近づいてみると・・・ア~蛾じゃねーの?って事に♪
こうなれば折角なのでマクロレンズで撮らせてもらった訳。
これはモウ殆どレンズフードに触りそうに近い(^-^;


2.
a0031821_15104327.jpg
葉っぱの隙間から。


3.
a0031821_15123752.jpg
レンズを近づけてみる。
?どうやら二尾が重なってる?
交尾中なのか?
動くんだけど、非常にゆっくりで・・・ほぼ静止画だ♪


4.
a0031821_15152931.jpg
マクロレンズ、被写界深度が薄くAFではなかなか思ったところにピンが来ない・・・。
結局マニュアルフォーカスに切り替えて・・・。
連写しながら自分で体を前後に揺らし、その間に何コマかベタピンを探す手法にしたのサ♪
ヘリコイドでやろうとすると、手持ちだし、ブレて、
アングルが動いてしまい的外れになり勝ち。
最近搭載するカメラが増えて来た、フォーカスブラケットを自分でやっちゃう!って事。
こっちの方がきめ細かいフォーカス移動なので、ホンマモンのベタピンが来るんだよ♪


5.
a0031821_15233178.jpg
フォーカスポイントを微妙に変えてます。


6.
a0031821_15252496.jpg
似たような画ばっかしですが
何しろマクロレンズなので焦点を何処に欲しいのか?
一杯撮っておかないと的外れ量産の危険大なもんだから(^-^;

マア、それはいいんですが、
ところでこの蛾は一体誰なんだ?
これ困りますね~・・・(泣)

ネットで調べまくりでしたが・・・同定は至難と言う事に(;´・ω・)

それで・・・似た様な蛾としては
ヒメマダラエダシャクとか、
ユウマダラエダシャクとか、
クロマダラエダシャクとか、
が候補としてありそうなんだけど、決定打は無し。
マ、一番それっぽいのは
クロマダラエダシャクだ・・・。
シャクガ科エダシャク亜科は間違い無いと思うんだよね。

蛾ワールドは深入り危険につき・・・ですよ(;´・ω・)
世界では80科6000種も!なんて事で
未だに種名が決まらないなんていう蛾がわんさといるとかだし・・・
イヤーうっかり撮るととんでもない事になるな~なのであります(笑)
あ~でも昆虫撮りそのものはとんでもなく面白いんだけどね♪

どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら教えていただけると有難いです。






by sdknz610 | 2017-05-10 17:00 | 私の蝶・蛾図鑑 | Trackback | Comments(2)