『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

タグ:中禅寺湖 ( 41 ) タグの人気記事


2018年 04月 21日

中禅寺湖早春賦2018・・・狸窪(むじなくぼ)渚にて

2018.4.10
中禅寺湖・狸窪へ足を延ばしてみた・・・
早朝イタリア大使館別荘記念公園でウロウロした後、この日の目的地の
狸窪(むじなくぼと読みます)へ、電動アシスト自転車で♪
徒歩だと40分位でしょうか、自転車ではガタガタ道を10分位かな?・・・
快晴の中禅寺湖! こういう日を狙っていたんだけど、風も温くなって絶好の散策日和だったナ♪
とは言え、朝方気温は0度近くだったようで、路面の雪解け水が凍っていたし・・・
でも残雪は消えて無くなっていたのはちと残念でもあったけど(^^;

a0031821_16122128.jpg
貉窪の渚には一か所だけ小さな流れ込みがあって、
そこに出来るちょっとした水溜まりに男体山が映り込むのは計算通りだった(^_-)-☆

今回は魚眼レンズでどう撮れるのか?の試験日だった(笑)


a0031821_16122187.jpg
ちょっとマイナスチルトするとこんな丸い地球になるんよ♪


a0031821_16122126.jpg
これは貉窪からの男体山! 超定番アングル(^^;
こういう画を見ると・・・真夜中にグルグルを!って思うのが自然かな?(笑)


a0031821_16122120.jpg
渚周辺には朽ちた木も多い。何時行っても見た目殆ど変わらぬ風景だ。
手を加えず自然の成り行きに任せているんだね。


a0031821_16122296.jpg
朽木は苔の餌食に(^^;
偶々このアングルで、熊がシャケを喰らってる様に見えたのでパチリ♪

この時季、早春の中禅寺湖は好きだ♪

昨日、今日(21日)と葛西臨海公園に居た。
午後3時過ぎ帰宅して更新しました(^-^;
葛西は鳥日照りで(泣)
昨日は夜の東京駅を撮ったり、今日は水族園で又マグロを撮ったりに・・・なってしまった。
近日中にアップする積りだけど、どんな画が撮れているか?未だ良く見てないので・・・
どうなりますやら。

ところで、秋田のカタクリが・・・ボチボチ一斉に伸び始めて咲き出した様です。
大絨毯になるのを「あきた花紀行」を頼りに監視中(^-^;
その様子によっては一っ走り行って来ようかと思ってますが、
ついでに桧内川堤の桜や、角館の枝垂れ桜とか、八幡平とか・・・欲が出ると碌な事にならないかもしれず(^^;
今年の東北行も悩みます・・・






by sdknz610 | 2018-04-21 17:00 | 中禅寺湖 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 28日

奥日光清流清湖フォトコンテスト2017の結果が発表になりました

「奥日光清流清湖フォトコンテスト2017」の入賞作品が決定し
只今、Webで公開されてます。
http://www1a.biglobe.ne.jp/okunikko-seiryuseiko/profile1.html
ご笑覧頂ければ幸いです。

今回3年ぶりに入賞となった私の作品はこちらになります。
a0031821_15354032.jpg
2017.4.4 残雪の中禅寺湖へ行った時のもの。
正面中央、黒々と木々に覆われているのは八丁出島。
幸い殆ど無風で、湖面に青空と雲が斑に映り込むのをこれ幸いと・・・
陸釣りが解禁になって間もなくという時期で、船釣り解禁は未だ先、
フライフィッシングの立ち込み釣りの人を入れて、清らかな中禅寺湖の雰囲気を
周囲の残雪の山々を助演者に、表現してみたものです。
静謐な風景との対比で、動きを入れて緊張の一瞬をというのも狙いの一つでした。
SSは1/250で、釣り糸がピンと張るところ、竿が撓るところ等を止める様にしています。
丸い波紋も、糸が張る時の波紋も小道具に見立てて連写した中の一枚をチョイスした画です。
プリントは富士の超光沢銀塩クリスタルプリントの手焼きを依頼。
素晴らしくキレイに仕上がったので、今回の画についてはかなりの自信がありました♪
フォトコンに応募するなら先ずはプリントの品質は最高のもので!というのは以前から耳タコなんですが
やはり基本中の基本!だと思います。

中禅寺湖、何は無くとも中禅寺湖、四季素晴らしい景観が楽しめる中禅寺湖
いいですね~♪
今の厳冬期は安全第一派の私としてはちょっと遠ざかっているんですが、
雪解けと共に今年も機会を見て通う事になりそうです。





by sdknz610 | 2018-01-28 17:00 | フォトコンテスト | Trackback | Comments(4)
2017年 10月 30日

2017年 中禅寺湖 紅葉紀行・・・狸窪を目指して(3) 狸窪からの八丁出島と男体山♪

a0031821_20294151.jpg
2017.10.27  10:15
やっと狸窪着!(^-^;
一点の雲が無い超快晴の男体山遠望に♪
八丁出島の紅葉も最高潮だったナ(^_-)-☆


2.
a0031821_20330528.jpg
10:17
中禅寺湖の水位が上がってる!と言うのは先の記事でも書きましたが
そのせいで期待していたここの渚が見えず・・・
この画は極僅かな砂の渚だった。


3.
a0031821_20381297.jpg
10:19
狸窪に来たのは、紅葉真っ盛りの八丁出島と男体山を絡めて撮りたかったからという単純な動機♪
マアね、何を撮るにしても何らかの動機があるんだろうと思うけど・・・(^-^;



4.
a0031821_20413793.jpg
10:26
狸窪の水辺を徘徊してると、二人乗りのカヤックがやって来た!♪
八丁出島の紅葉鑑賞に来られた様で、早速声を掛けて撮らせてもらった。
想定外だったけどこれはラッキ~だったゼ♪


5.
a0031821_20482206.jpg
10:26
八丁出島の紅葉、男体山、カヤック、そして蒼い湖、青い空!
こんな好機に訪れる事が出来た事に感謝!♪


6.
a0031821_20582338.jpg
10:26
ちょっとしつこいか(^-^;
八丁出島先端の寺ケ崎へ向かうカヤック

7.
a0031821_21023260.jpg
11:11
ここでも遊覧船。
かなりの望遠レンズで撮った様に見えるかもだけど・・・85mm相当の単焦点だ。
パースが結構感じられる。
雄大な男体山!というのを狙ってみたんだけど・・・。
船があるのと無いのでは遠近感もまるで違って来る。


8.
a0031821_21065971.jpg
11:20
折角八丁出島の紅葉を撮りに来た訳で、色々と・・・(^-^;



9.
a0031821_21085370.jpg
11:29
八丁出島の紅葉は・・・やはり見応え十分♪


10.
a0031821_21110268.jpg
11:38
湖面の水位が上がったせいで綺麗に湾曲する狸窪の渚が見えずだったのは残念だったけど、
念願の八丁出島の紅葉と男体山を、この快晴の下で撮れたので気分は上々♪
この後、撤収して又歌が浜Pへ戻る事に。

何れ真夜中に男体山絡みの日周運動のグルグルも撮ってみたいので、ロケハンにもなった。

次は、英国大使館別荘記念公園へ立ち寄ってみたので、その時の画を・・・。





by sdknz610 | 2017-10-30 15:00 | 中禅寺湖 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 29日

2017年 中禅寺湖 紅葉紀行・・・狸窪を目指して(2) 天空の蒼い湖♪

a0031821_11063913.jpg
2017.10.27 8:25
天空の湖 中禅寺湖!♪
中禅寺湖の標高は1269mと言うのが地理院地図には記されているが、
この日、湖の水位は普段より1m位高かった。
大雨で? 増水していて、イタリア大使館別荘前の桟橋は水面から僅かに浮いている程度(^-^;
これはこれで、こういうのは初めてで、貴重♪
穏やかな湖面に青空! 左、紅葉した八丁出島、遠く日光白根も。将に絶景だった♪


2.
a0031821_11172397.jpg
8:46
朽ちた桟橋の残骸もこの青空の下で素敵なモチーフに!♪


3.
a0031821_11192765.jpg
8:49
狸窪ワンドの東側に日差しが入り始めた。
歌が浜から狸窪まで直行しない理由がコレ♪
こうなるのを待っていたのサ。
日差しは紅葉撮るには最高の肥料と言うかおかずと言うか、重要な照明係って事♪


4.
a0031821_11263271.jpg
8:49
ほぼ正面、狸窪になる。そこから右に延びる八丁出島もいい光が当たって紅葉最前線ここにアリ♪


5.
a0031821_11293991.jpg
8:50
イタリア大使館別荘記念公園は渚まで入れる貴重な岸辺だ。
緩やかにカーブする岸辺が素敵なのさ!♪
一方、通り過ぎて来た英国大使館別荘記念公園は岸辺に降りる事は出来るけど、
日差しが届くまでには時間が掛かるのもあって、今回は割愛した・・・。


6.
a0031821_11353017.jpg
8:52
アングルを変えながら岸辺をウロウロ(^-^;
際限が無い(笑)


7.
a0031821_11371896.jpg
8:55



8.
a0031821_11384001.jpg
9:09
遊覧船がやって来た! あの朽ちた桟橋とのコラボをと戻って(^-^;
船が八丁出島の先端、寺ケ崎という岬を廻ったところだ。


9.
a0031821_11413877.jpg
9:10
船は狸窪のワンドの奥深く迄廻るんだね。この見事な紅葉を船上から鑑賞というのもいいんだろうね・・・。
中禅寺湖の紅葉は、水絡み、空絡みが同時に撮れちゃう!というのが狙いだったけど、
イメージ通りだったという(笑)



10.
a0031821_11442864.jpg
9:13
舳先を回してこっちに向かって来る!♪


11.
a0031821_11480102.jpg
9:14
#8の画に味をしめて♪・・・今度はこっちに近い所を通過する!
八丁出島の寺ケ崎の紅葉+真っ白な遊覧船+朽ちた桟橋の杭+青い空+蒼い湖
何だかんだと盛り過ぎだったか(^-^;♪


12.
a0031821_11505843.jpg
9:19
今度は高速遊覧ボートがぶっ飛ばして来るのを見て、
八丁出島とオーバラップするのをイメージしてタイミングを図る(^-^;

この後、ようやく狸窪へ向けて歩き始めた。残り2kmは無い感じだ・・・。
明日は狸窪からの景観をレポートします。






by sdknz610 | 2017-10-29 13:00 | 中禅寺湖 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 28日

2017年中禅寺湖紅葉紀行・・・狸窪(むじなくぼ)を目指して(1)

a0031821_15462480.jpg
2017.10.27
7:13
歌が浜P至近の何時ものポイントから男体山を狙う。望遠気味で、男体山の紅葉が近い!♪
手前朽木をメインテーマにしてるので男体山とオーバラップしてみた。

台風22号が来る前の貴重な晴れで、この日家を5時ちょっと前に出た。
歌が浜Pに6時半過ぎに着く。朝の高速は空いていて宇都宮IC利用だったが、平均車速は高め。
いろは坂もガラ空き状態だった。
読みとしては、この時刻では男体山に朝陽が当り紅葉が輝きを増す筈で、ここ歌が浜は未だ日差しが無いのが狙い。


2.
a0031821_16024404.jpg
7:28
ここの朽木はオブジェの様な枝ぶりが気に入って、ついシャッターを押してしまう。
沢山撮ったものの・・・使える画は少ない(^-^;
だから・・・余計ジャンジャン撮らないと・・・になってしまうのさ。

さて、ここを後に狸窪へ3km弱を歩く。
途中、イタリア大使館別荘記念公園周りでシャッターを切る事になるな・・・。
手前にある英国大使館別荘記念公園はこの時刻は門が開いていないのよ・・・。


3.
a0031821_16114458.jpg
7:51
イタリア大使館別荘記念公園。垣間見える八丁出島に朝陽が差し始めている!
狸窪へ行く目的が八丁出島の紅葉撮りなので・・・幸先いいぞ!♪


4.
a0031821_16184530.jpg
7:58
ここの紅葉風情を撮るのは初めてだ。
黄葉が多いネ。何れにしろ、この記念公園は好き♪
真冬はいざ知らず、いつ来ても素晴らしい雰囲気だ。


5.
a0031821_16220564.jpg
8:21
結局、イタリア大使館別荘記念公園ではなんだかんだと・・・結構時間が掛かる(^-^;
湖に突き出している桟橋に行ってみよう!
ここからの360度は・・・いい景色なのよ♪
これは遠く正面に八丁出島を入れ、18mm相当の広角レンズで桟橋の柱一本を真ん中に俯瞰して
中禅寺湖の透き通る蒼と、青い空の映り込みをと欲張ってみた。


6.
a0031821_16291586.jpg
8:25
桟橋から振り返れば別荘が・・・。太陽が高度を上げて日差しが襲って来た!(;´・ω・)
建物の中には未だ入れない。イヤ入ってるヒマは無い♪


7.
a0031821_16313680.jpg
別荘の南に色がる広大な公園の黄葉ぶり♪
この時刻、訪れる人も少なくて・・・これが昼過ぎる頃になると、どうだろう?
平日とは言え、混雑?するかも・・・。
黄葉は・・・少しピークを過ぎた感アリ。


8.
a0031821_16450590.jpg
8:43
別荘近くの水辺からカヤックが出航♪


9.
a0031821_17022084.jpg
8:44
スイスイと・・・カヤックって速いゾ♪
八丁出島の紅葉を近くで見たかったのね・・・分かるよその気持ち。
こっちは陸路、狸窪へ・・・と思ってはいるけど
未だ未だ撮っておきたい被写体が一杯あって・・・
なかなか前へ進まないという・・・

明日はこの続きを・・・(^-^;








by sdknz610 | 2017-10-28 17:15 | 紅葉 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 22日

奥日光・千手ケ浜 クリンソウ紀行(5) 中禅寺湖及び千手ケ浜の千変万化

a0031821_12435622.jpg
渚にて 千手ケ浜 流木アート♪
千手ケ浜に打ち上げられている流木は毎年来る度に様相が一変してる。
中禅寺湖が台風の時なんかに大荒れになって・・・という事だろうな。

写真的には逃せない被写体だから・・・今回もワイドレンズで超接近を試みた。
極浅い流れに入って、なのでスニーカが浸水しそうになっていた(;´・ω・)
気を付けようゼ♪
空をこの流木で埋めながら、男体山はちゃんと姿を入れなければと・・・
遠近感を誇張してみた流木アート♪

背面液晶モニターがバリアングルというのは非常に助かるよね♪
中禅寺湖広しと雖も、こんなアングルは千手ケ浜でしか撮れそうにない。


2.
a0031821_12530652.jpg
千手ケ浜の渚 風は弱く波も殆ど無かった。
揺蕩う湖面が、ちょっとだけ頭を出した石に纏わり、波紋を造る。
男体山から昇ったばかりの太陽が波紋に反射して煌めいた。


3.
a0031821_12573699.jpg
千手ケ浜の渚にはポコポコと頭を出している石が幾つかあって、
生憎雲が多い朝だったけれど、雲間から覗く蒼い空を映す湖面とのコラボをと、
幾つかの石を探して選んだのがこの画像。
朝ぼらけの中禅寺湖。静かな時が流れる雰囲気が伝わるかな~・・・(^-^;
ゆったりと、心穏やかになる中禅寺湖・・・素敵です♪


4.
a0031821_13034634.jpg
孤舟霧幻(1)

? なんじゃコレ? いやいやマア、落ち着いて下さい♪

スミマセン、ゴミではありません(^-^;
湖面を霧が覆い始めた時、一艘の釣り舟が・・・
超望遠で思い切って寄るところを、これは400mm相当近くで。少し引いて撮っている。
この霧に咽ぶ湖面を強調したかったし・・・薄っすらと届く朝の光も入れて・・・
やはりこの雰囲気は、寄ると只の釣り舟になってしまう。
周囲の環境を撮り入れるのが正解かと・・・。
小さくてゴマ粒の様な釣り船でも存在感は十分だ。
周りは霧だけだから・・・。


5.
a0031821_13120654.jpg
孤舟霧幻(2)

こんな時、アングルを変えて一杯撮っておくのが流儀。
アッと言う間にコマ数が・・・(;´・ω・)


6.
a0031821_13141663.jpg
孤舟霧幻(3)
これ、結構お気に入りかも♪

画面を省略するにも程がある! ナンテ(;´・ω・)
イヤイヤ全て霧のせいです。
霧のお陰です♪
アリガタヤ(笑)


7.
a0031821_13161679.jpg
男体山エンゼルラダー!♪
6月13日 6時4分
この日、前日とは大違いで、雲が多く先行きが危ぶまれる朝に(;´・ω・)
それでも粘り強く朝の変わり行く景色を楽しむ♪
パッと日差しが差し込んだところだ。
男体山がもう少し見えてくれると良かったと思うけど、大自然に演出は効かない。
在りのままを如何に撮れるか?・・・写真の醍醐味!♪


8.
a0031821_13375853.jpg
12日 8時48分だった。
広い流れ込みから男体山を望める新たなポイントを発掘!♪(;´・ω・)
地理院地図を目を皿の様に見ても、ここ載っていないワ。
千手ケ浜からとはちょっと違う、広大な印象が・・・中禅寺湖西岸の重要ポイントだ。
南岸では狸窪に留目を差すが、
ここは、新たな撮影ポイントとして、活用しなければならぬ!ナンテ♪

中禅寺湖・千手ケ浜。
家からだと高速を使って1時間半ちょっとで赤沼P。そこから電動アシスト自転車で40分程だ。
帰りの上り坂は地獄の一丁目なので、それが出来なくなったら止めかな(;´・ω・)

八丁出島付け根の狸窪(むじなくぼ)は徒歩で行けるから、そっちになりそうだけど。

千手ケ浜は、我が定点観測地に登録済(笑)
マアでも、そう頻繁には行けないけどね。
これから盛夏になるとどうなのか?
真夏には行ってないから今年はチャレンジしてみるか・・・。
虫が増えそう・・・対策しないとアカンか・・・。







by sdknz610 | 2017-06-22 15:00 | 中禅寺湖 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 11日

中禅寺湖・狸窪(むじなくぼ)の絶景をお届け♪

a0031821_16533149.jpg
2017.6.5 中禅寺湖・狸窪(むじなくぼ)の渚へ
ここは去年の10月21日の記事の様に、紅葉の名所なんだけど、
あの時は電動アシスト自転車でちょこっと行ってみて、ちょこっと撮っただけ。
実はジックリ見た訳でも無かったんだけど・・・
今回は自分の足で歩いて行ってみようかと(^-^;
歌ケ浜Pからだと凡そ2.5km位か、カメラ3台を詰めたバッグを背負ってトコトコ♪
上空の雲の動きが早く日差しがクルクル変わる状況だったけど、
どうやら雨は来そうになく、途中一時停止を繰り返し(^-^;
1時間弱で八丁出島の付け根、狸窪着だった。

狸窪と書いて、たぬきくぼ、では無く、むじなくぼと読ませているんだ。
地理院地図には狸窪とあるが、読みは載っていない。
貉(むじな)という漢字があるのに、なぜ狸(たぬき)という漢字を当てるのかな?♪
色々訳アリみたいだ。ネットで調べてみて下さい(^-^;
それは置いといて・・・ここは男体山を望むmy絶景ポイント!に登録済ナンテね(笑)
因みにこの画は、画面左の小寺ケ埼と、八丁出島に挟まれた渚になります。
地理院地図にはこの渚の名前が記載されてません(^-^;
八丁出島の付け根、西側になりますよ。
付け根の東側の渚が狸窪となります。ややこしいゾ(^-^;


2.
a0031821_17191962.jpg
ここでもアングラーが・・・。


3.
a0031821_17202658.jpg
八丁出島の東側、狸窪の渚! 
砂の渚が幅広く、海と違って打ち返す波も無い素敵な場所。
魚眼で撮ってます。広大な渚!♪
秋になれば左の八丁出島が紅のモザイクに染まる・・・筈です。


4.
a0031821_17274007.jpg
狸窪は・・・殆ど何も分かっていないので、渚を行ったり来たり(^-^;
男体山をどういうアングルで狙えばいいのか?をメインにあれこれトライしてみた。
魚眼のデフォルメ効果は結構面白かったな♪


5.
a0031821_17303996.jpg
これは!? 面白いものを発見!♪
砂浜の途中から染み出す極小さな流れ込みだった。
そこへ湖から風に煽られた波が進入して来る・・・こんなのがある砂浜って初めて見るゼ♪


6.
a0031821_17340218.jpg
少しだけソラリゼーションぽい悪戯を(^-^;


7.
a0031821_17352065.jpg
この半月状の砂嘴とでも言えばいいのか? 砂のアートがあったのサ!♪
内側はちょっとの風では波立たず鏡になってる!♪
この画の後側は半月峠へのキツイ登りになっていて・・・
半月山とか半月峠の名前の由来がこの渚に出来る弓状の形の砂嘴?砂州?だったかと
勝手な解釈を考えてしまったワ(*^-^*)
私にとっては大発見! 珍発見!・・・ナンテね♪


8.
a0031821_17420007.jpg
目線を下げ、男体山をまともに狙ってみた(^-^;
映り込みがポイント♪
魚眼は、ティルトをゼロにすると、まともな超広角レンズに見えるでしょ?♪

こうなると・・・次は色々なバリエーションが頭に浮かんで来る
弱ったナ、どうしよう?・・・ナンテ♪


9.
a0031821_17460813.jpg
普通に広角(24mm相当)だと、こんな感じに。
左右がちょっと苦しいか。


10.
a0031821_17480875.jpg
賑やかな声が聞こえて来た。
どうやら何処かの野外教室風の15人位の小学生?のグループで、
リーダが植物とか地理的な事とかを説明するのが聞こえて来たんさ♪
傍にいたので、説明が良く聞こえた♪
熊が木登りした跡を見分けるには?とか、
砂浜に残ったひずめの跡から何と言う動物かを当てさせたり・・・
部外者を忘れ、ア、鹿です!と答えそうになってしまった(笑)

そうこうしてる内に自由時間になった様で、
マア元気な子があっちこっち飛び跳ねていたっけ♪

その時のスナップです。砂っぷ?ジャネーヨ♪


11.
a0031821_18011176.jpg
最後は・・・ド・定番ですが(^-^;
八丁出島と男体山と渚の図って事で♪
やっぱりここのベストシーズンは秋、紅葉だね!
10月中旬からになります。

マアでも、こんな絶景ポイントだから・・・又真夏にでも来てみたいと思うべな♪
下界が40℃!だったとしても・・・
ここは天国!涼しいんだもん!

管理者より:
お使いのパソコンやスマホによっては少し暗めな画像となる場合がありそうです。
普段編集に使っているのは東芝のダイナブックT635/68jwですが、
富士通のFMV-BIBLO Loox C/E50では大分暗く見えるのが
気になっています(^-^;






by sdknz610 | 2017-06-11 15:00 | 中禅寺湖 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 10日

緑陰の中禅寺湖・・・イタリアントリコロール?なんて♪

a0031821_09103430.jpg
2017.6.5 中禅寺湖へ。
お天気が安定しないけど、どうやらこの日はお日様が出そうな予報だったので、
初夏の中禅寺湖の様子見という大義名分を勝手に造って(笑)
イエ、一番の目的が南岸の狸窪(ムジナクボ)まで歩いてみようかと思ってネ(;´・ω・)
途中、英国大使館別荘記念公園は素通りして、イタリア大使館別荘記念公園に立ち寄りだ。
館自体は9時からなんだけど、時刻は8時半だったので、庭や渚で遊ぶ事に。
この時季ツツジ等花はもう殆どが終わっていて色が乏しい状況だったけれど、
やっとこのツツジを手前に、中禅寺湖の西方を望む。
魚眼レンズで水平を緩い曲線に、穏やかな空気感を表現(した積り(;´・ω・))
イタリアントリコロールだ(笑)
幸い青空が出ていて、風は殆ど無く、静かな中禅寺湖! いいもんだな♪

2.
a0031821_09244415.jpg
イタリア大使館別荘は何時見ても、どんなアングルでも
素敵♪


3.
a0031821_09271424.jpg
イタリア大使館別荘の前の渚に掛かる桟橋だ。
ここに来ると必ずシャッター押してしまうけど・・・
生憎雲が日差しを遮ってしまい・・・。
雲の流れは早く、日差しは千変万化する。
こういう時、日が差すまで待つか?と言われると・・・先があるのでそこまでは(;´・ω・)


4.
a0031821_09320426.jpg
渚に降りれば男体山が目前に迫る。
一方、英国大使館別荘からは渚に降りても男体山は見えず唯一の難点だな。
寧ろイタリア大使館別荘記念公園の方がそれ故お気に入りなのヨ♪


5.
a0031821_09354811.jpg
この時期、渚に立ち込んでニジマスを狙っているのか、
フライフィッシィングやルアーを振り込むアングラーが多かった。
桟橋では足元を2,30cm程のマスの群れが悠然と泳ぐ姿を目撃したが、
釣り人のお一人と話したら、
それがね~なかなか釣れないんですよ・・・と嘆いていたな(;´・ω・)
こっちは男体山を背景に釣り人の画を撮りたかったので、
ここイタリア大使館別荘記念公園の桟橋はなかなか得難いポイントだよ♪


6.
a0031821_09445498.jpg
丁度12時を回った頃。狸窪での撮影を終えて帰る途中又寄ってみた(;´・ω・)
深い緑に包まれたイタリア大使館別荘の佇まいは何度見ても飽きないナ♪

さて明日は狸窪(ムジナクボ)での絶景画像?をと思ってます。





by sdknz610 | 2017-06-10 15:00 | 中禅寺湖 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 05日

蒼い!広い!中禅寺湖に春は来たか?

a0031821_15100388.jpg
2017.4.4  イタリア大使館別荘
一階の廊下から歪みガラス戸越しに目の前の船着き場と渚を望む


2.
a0031821_15125772.jpg
水際にアングラーがポツポツと
ヒメマス釣りが4月1日から解禁なんですね。
岸釣りからだそうで、船釣りは4月20日に解禁に。



3.
a0031821_15141231.jpg

4.
a0031821_15151348.jpg
渚から振り返ればイタリア大使館別荘
こんな残雪の時期に来て面白かった~♪
中禅寺湖の春はもう間近に♪

今回、9~18mmのワイドレンズの出番が多かった。
9mmの魚眼も面白い!
結局、9mm~300mm迄の画角をカバーしようと
4台のカメラを持って行ったけど、少々重かったゼ(;´・ω・)
自業自得だな(笑)
でも全てm4/3なので、何とか大丈夫だったのは◎♪
昔、尾瀬ヶ原をデジイチ担いで1泊2日で往復した事がある。あの時は大分へばったな~(泣)
それを思えば、まるで楽なんだけど♪
軽量コンパクトに収まるm4/3がありがたいネ♪







by sdknz610 | 2017-04-05 16:00 | 中禅寺湖 | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 04日

中禅寺湖は蒼かった♪

a0031821_16141826.jpg
2017.4.4 中禅寺湖 歌ケ浜Pより
英国大使館別荘記念公園が4月1日から開館してるので、天気を見ながら何時行くか?決めかねていたが
やっと今日4日は好天になる予報だったので、思い切って行ってみた♪
先ずは・・・殆ど雲が無くなった青い空を映して限りなくブルーの中禅寺湖を♪
この時期に中禅寺湖には来た事が無かったんだけど、
車は少ないし♪ 人影もまばらで♪ 絶好の中禅寺湖日和だったわ(^_-)-☆
道路は凍っている所が未だ残っているものの、歩くのには支障無く、
ただ林縁にはまだまだ残雪がドッサリ状態だった。


2.
a0031821_16243922.jpg
英国大使館別荘から望む中禅寺湖
右手白い山は日光白根山、前白根山
9mmフィッシュアイレンズで。m4/3なので18mm相当。
OLYの1万円しなかったチープなやつ(;´・ω・)
超薄型でパンケーキならぬ、煎餅レンズだよ(笑)
当然焦点調節はマニュアルなんだけど、無限遠にセットしておけば
大体は失敗無しで、この解像度!♪


3.
a0031821_16315337.jpg
歌ケ浜Pにて
男体山の頂上に掛かる雲が晴れてくれなかったな(泣)
魚眼とはいえ、チルトゼロだとこんな感じで画像の周辺の歪みが殆ど目立たなくなる
渚の残雪も間もなく消えるだろうね。


4.
a0031821_16350691.jpg
英国大使館別荘の庭にて。未だ消え残る雪の量はここではかなり大量・・・。
これは魚眼ではない18mm相当のワイドズームレンズで。


5.
a0031821_16374412.jpg
歌ケ浜Pにて。全くの定番ショット(;´・ω・)

余りにも気持ちのいい日に恵まれて、久し振りだよ中禅寺湖(*^_^*)

昨日、3日は赤城自然園に居たんだけど、その画を載せる前に中禅寺湖のを先に揚げちゃった(;´・ω・)
マアね、この青空だもの、そして殆ど無風という・・・
未だ緑少ない中禅寺湖畔だけど、なかなか面白かったナ♪

赤城自然園での画の前にここでの画を先に紹介しちゃいます(;´・ω・)






by sdknz610 | 2017-04-04 17:00 | 中禅寺湖 | Trackback | Comments(0)