『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

タグ:比較明合成 ( 9 ) タグの人気記事


2018年 08月 10日

水中花火・・・榛名湖花火大会2018の残り火(^-^;

a0031821_16102375.jpg
火花が交錯して織りなす一幅の画!♪

a0031821_16105230.jpg
一か所から打ち上るスターマインだが、上空で花開いて広がりを見せてくれる

2018.8.3 榛名湖水中花火
の、未掲載画像の中から記憶に留めたいのを2点・・・
何れもLUMIX GX7 MkⅢ
OLY ZUIKO 12-40mmPRO
24mm相当
比較明合成の内、
範囲合成 (#1)、選択合成(#2)での画像になる
1/30sec F3.5 0EV ISO200 WBオート

#1は、ボートが走り回り、次々と水中花火を投入して次々と花火が爆発するが、
破裂するポイントが湖内の大まかに4カ所程ある
その中でほぼ目前で爆発して、広角レンズでもはみ出る程の大きさになるのは4回位のチャンスしかない

#2は、湖の真ん中程に係留された台船から打ち上げ花火を上げるが
一か所だけなので、重ねると直ぐ露出オーバになってしまう
4K動画で撮った中からここぞという画像を幾つか選び、それを比較明合成したもの
打ち上げ角度を付けて扇状に広がりを見せる技が有難い





by sdknz610 | 2018-08-10 17:00 | 花火 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 07日

今年も花火写真を撮るぞ!♪ 火花の華が咲いた!♪・・・足利花火大会2018(2)

a0031821_18133613.jpg
空を覆う巨大花!♪・・・


a0031821_18133765.jpg
目玉オヤジ花火(^-^;


a0031821_18133761.jpg
フンワリスイーツ?♪


a0031821_18133755.jpg
突然モンスターのシルエットが・・・(^-^;
どうしてこうなったのか? 不明につき・・・焦るワ♪

足利花火は・・・
日本の名玉と呼ぶ演目が都合三回アリ!
尺玉の打ち上げだ
流石に尺玉は、音もスゴイ! 殆ど頭上真上で満開になるので、並な広角レンズでははみ出てしまう・・・
今回は18mm相当で撮っていたが、まるで間に合わず(-_-;)
来年、魚眼でどうだろう?

初めての足利花火・・・素晴らしか~~~~(^_-)-☆





by sdknz610 | 2018-08-07 19:00 | 花火 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 06日

今年も花火写真を撮るぞ!♪ 足利花火大会2018(第104回)

a0031821_20243879.jpg
2018.8.4 足利花火大会は初めて見て、撮れた♪
太田に住んでいるので、毎年足利花火は音だけ聞こえて来て・・・でも見に行った事が無かったンサ(^^;
で、今回初めて写友に連れ行ってもらい、いいポジションを取れたので・・・

目的は・・・GX7MkⅢに内蔵された比較明合成を試す事だった。
前日、榛名湖水中花火を撮って合成を試みた昨日の記事に続いて
陸上でのスターマインをどう撮ればいいのか? 実験という面もあり、
午後4時半過ぎに現着して午後7時開始をひたすら待って・・・(^^;

この画は、4Kフォトモードで録画したファイルの中で気に入ったシーンを一枚一枚選び・・・
複数枚を串刺しにして合成するという選択合成モードで得られた画像、という事になる。
ここからここ迄という範囲を指定して合成するのとは大分趣が違い、
例えば連続して打ち上げられる花火の中にはやたらと明るく光るのがあり
その場合シロトビになるので、そういう画像は選ばず・・・という事の意味が大きいのよ。

結果この画の様になる、という事が少し分かって来た♪
尺玉が大きく開くのを画面上に覗かせ、
中間から下をスターマインで埋めてみた訳だけど・・・
高度が違う花火を適度な配置になるよう画像を選択している。

只・・・どの画像を選ぶか、これがね・・・エライ手間が掛かるのが分かって・・・
余りお薦め出来ないか、なと思ったり・・・
イヤそれでもOLYのライブビュウコンポジットでは出来ない技だし・・・
使い方によっては素晴らしいツールと見ても強ち誤りでも無さそうだ♪

次の例・・・
a0031821_20243869.jpg
尺玉が沢山上がる足利花火・・・
しかし尺玉が殆ど真上で上り・・・18mm相当のワイドレンズでも全体を納めるのは出来ず(^^;
そこで、尺玉は画面上に配置、スターマインをメインに
画面を構成するよう、画像を選別して・・・選択合成をした結果がこれ。
上の画と考え方は同じだ。


a0031821_20243967.jpg
これは・・・小さめの、でも色鮮やかな群発花火を何時か撮ってみたかったんだけど、
今回は4KフォトモードでSSは1/30で毎秒30コマという事で
極細かい花火のパフォーマンスを盛れなく記録出来る強みで
その中から選別して・・・やっと撮れた、イヤ出来た画、という事になる。
中央を打ち上げ花火が貫くイメージで、だ♪

OLYのライブビュウコンポジットの最短1秒露光と言うシャッタースピードでは不可能な画だ。
1/30secというシャッタースピードの意味が分かった♪


もう一つ・・・
a0031821_20243979.jpg
いわゆるスターマインの一番美味しい所を重ねてみた画。

良く眺めてみると・・・色々拙い点が沢山あって・・・
まだまだ花火の本当の美しさを表現するには程遠いのが歯がゆいが・・・
だんだん良くなる、イヤだんだん良くなる様に・・・
又あれこれ反省の毎日(笑)

今回はこの場所を教えてもらった写友に感謝!♪
色々お世話になりました。
又来年も・・・どうぞよろしく!♪

この後、足利花火の画はもう少し見直して・・・いいのが出来たらアップしてみようかと思ってるけど
イヤハヤ花火撮りって後が大変(^^; 面白いんだけど♪

データは・・・
SSは1/30
絞りはちょっと絞ってF6.3 
やはり露出オーバは避けたいし、だからと言って淡いキレイな花火も何とか撮れているのを願って・・・
シャッタースピードを固定するので絞りを花火によって少し弄る事もやるんよ(^-^;
補正は0EV
ISOはガンバッテ200に固定(;'∀')
尚、ホワイトバランスはオートをチョイス。神経質にならなくてもね、カメラに任せよう!♪

追:
本日6日はカミさんが予約した日帰りバスツアーで
長野県の池の平湿原と佐久平のチーズ工房と軽井沢の千ケ滝と旧軽井沢を廻って来た。
とんでも無く歩くツアーでおよそ2万歩も歩かされ・・・
オマケに急な雷雨に見舞われ、パンツ迄濡れてしまうという悲劇(泣)
あ~でも面白かったけど♪
道順が読めたのは大きいので良しとしよう(笑)





by sdknz610 | 2018-08-06 21:30 | 花火 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 05日

今年も花火写真を撮るぞ!♪ 榛名湖水中花火2018(2)

a0031821_09034428.jpg
湖面をボーとが高速で走りながら花火を投入
ボートの後方の水中で花火が次々と爆発!

自分のポジションに一番近くで華開くのを待ちたいが、
そう頻繁に、ではないので待つしかないな


a0031821_09034455.jpg
榛名湖のほぼ中央に係留された台船が打ち上げ花火の発射点で、
榛名湖花火大会では一か所だけ、という訳

普通にポンポンと打ち上る花火は変化に乏しく、余り撮る気にならないが
何回かある演目の内、クライマックスでは猛烈なハイスピード連射で
広がりがあるスターマインが打ち上るので、チャンス!♪
濃密な花火を重ねてみた


a0031821_09034568.jpg
水中花火と打ち上げ花火を画面一杯に積み上げて・・・
ちょっと盛り過ぎだけど(^^;

マア兎に角地上の打ち上げ花火とはまるで趣が違う水中花火は毎年見に来るが飽きないよ♪

帰りは車が数珠つなぎの大渋滞になるので、撤収はゆっくり
それでも帰宅はほぼ真夜中に(^^;

昼過ぎに現着して・・・花火開始が午後7時半なので・・・
今回は5時間待ちだった(;'∀')

ここは海抜1000mの山上湖ながら、タブレットのLTE電波は強く、ネット見るのに不自由は無い




a0031821_09034511.jpg
2018.8.3 榛名湖
午後7時ちょっと前の空
高層の雲がいい色に染まった

風は花火の煙運びには丁度いい感じ
この様子では今夜の花火は大いに期待できそう♪

比較明合成でなければ得られない花火画像
OLYのE-M10と、Pana LUMIX GX7MkⅢの二台で臨んだ
9-18mmワイドズームと、12-40mm標準ズーム

今回はLUMIX GX7MkⅢの比較明合成モードの中にある選択合成を
初トライというのを目途に

これは、毎秒30コマで撮った4K動画の中から必要な画像を一枚ずつ選び、
その複数枚を合成して一枚の画像にするというもの
OLYの比較明合成の様なリアルタイム性は無いものの、
終始4Kで撮って置けば後で何度でも選び直して合成出来るのが利点だ
とは言え、その後処理はかなりのハードワークになる(泣)
PCでは無く、カメラ自体で全てが完了する、という事だけど・・・。







by sdknz610 | 2018-08-05 12:00 | 花火 | Trackback | Comments(2)
2018年 07月 18日

夏! 入道雲! 雷鳴! そして雷神降臨! 稲妻走る♪

高温続きの異常気象が続いてますが、
そんな中、雷注意報が出ると、ちょっとワクワクして来る(^^;
稲妻を撮りたい!
a0031821_13543027.jpg
しかし・・・稲妻撮りは簡単ではない。
昔はね~・・・夏の夕方ともなればしょっちゅうゴロピカリが起きていたんだけど
近頃は・・・雷雲が余り来なくなっちゃって・・・
一方カメラの進化が著しく、何時起きるか分からない気象現象もカメラ内で比較明合成が出来る時代になったので
これ幸いとゴロピカリ狙いでチャンスを待っている♪

これは2018.7.16の午後8:57頃の画。
ゴロゴロと遠雷の音が聞こえて来て、西空が急に暗くなって来たので
TEPCOの雷・雨量情報を見て、西の方から近づいて来るカミナリ様を監視・・・
家の2階のバルコニーにカメラをセット、未だ雨粒が落ちて来ない内に稲妻を狙う!

こんな時に限って雷鳴の頻度が少なくなって、待てど暮らせどなかなか稲妻が出てくれない。ので・・・
撮影中のカメラをそのままにして(^^; 風呂に入ることにした♪
大急ぎで風呂から出て、レーダ画像を見るともう雷雲は遠ざかりつつあり、最早雷光は期待出来ず
撮影をストップした。この間凡そ20分程だ。

保存されている4Kフォトを比較明合成するのに凡そ20分程掛かったが、出て来た画がこれだった。
この稲妻は風呂に入っている時のもので、自分は見ていないんサ(^-^;
カメラが毎秒30コマで撮り続けてくれていたって訳♪

LUMIX GX7MkⅢ
OLY M.ZUIKO 9-18mm 18mm相当で
1/30 F4 ISO200 0EV 比較明合成

稲妻は超高速ストロボ的なもので1/8000とか1/10000とかの瞬間ながら光は強烈で
露出オーバが一番のネックになる。
一方、稲妻の明るさに合わせると周りの風景が真っ黒に沈むのが悩み処だが、
今回の設定で何とか撮れそうなのが分かったのは収穫だった♪

今夏は未だこれからもカミナリ様を撮れるチャンスがありそうな感じもするので
次も是非狙ってみたい。





by sdknz610 | 2018-07-18 15:00 | 気象現象 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 09日

屋形船行き交う隅田川マジックアワースペシャル!・・・比較明合成でこんな感じに♪

a0031821_12152354.jpg
2018.7.4 19:10
LUMIX GX7ーMkⅢ+M.ZUIKO12-40mmF2.8PRO
1/30 F2.8 -0.7EV ISO500 WBオート およそ10分間を比較明合成

東京スカイツリーと、清洲橋のライトアップが点灯するのを待って・・・
川面を往来する屋形船の光跡で画面下部を埋める構想だった。

空は台風崩れの雲が湧き上がりこれはこれで良しとしよう。雨が無かったのは勿怪の幸い♪
只、強風が止まず、ここ隅田川大橋が揺れる程で(ちょとオーバ♪)・・・
三脚の足を短く、欄干の隙間からの撮影を余儀なくされた(;'∀')
長時間露出になるので、兎に角ブレは天敵なのよ。

a0031821_12152448.jpg
19:27
OLY E-M10+M.ZUIKO 12-40mmF2.8PRO
2sec F9 0EV ISO200 WBオート 比較明合成
屋形船が一艘だけの画にしてみた。スカイツリーの位置を変えるため、若干左岸寄りへ移動した。
光跡は川のハイウェイ風になったかと♪

a0031821_12152498.jpg
今回の東京行の一番星!♪
19:45
OLY E-M10+M.ZUIKO 12-40mmF2.8PRO
2sec F9 0EV ISO200 WBオート 比較明合成
永代橋ライトアップと、背景の高層ビル群の灯りのコラボで有名なポイントだ♪
幸い、空を流れる薄い雲も写り込んでいて、光跡と雲の流れ感を強調出来た。

隅田川を往来する主に屋形船のコースが様々なのが分かったので
出来るだけ画面下部の川面を光跡が広がって埋まる様になるのを
E-M10のライブビュウコンポジットモードでリアルタイムで確認しながらのショットになった。
ジッと次の船が来るのを待つ・・・来た~! 何処通るかな? の繰り返し(^^;
OLYのミラーレス一眼の、他に無い優れた機能だ♪

a0031821_12152447.jpg
上流に清洲橋、下流の永代橋。
真ん中の隅田川大橋の上流側の歩道と下流側の歩道を移動してアングル探し(^^;
移動と言っても簡単では無く、一旦下の道に出て下の道を渡り・・・となる。
帰りの時間が迫って来て、結構焦りながらの撮影行になった。

20:30が限度だ。でないと浅草発の両毛号に間に合わなくなる。最終一本前のなんだけどね。
引き返す時、昼間撮った箱崎ジャンクションの夜景を撮ったりで、時間が無くなって来た!・・・ヤバイ!(^^;
ここから半蔵門線の水天宮駅をパスして、その先の人形町駅へ急ぐ。10分と言われたが早足でキツイ(^^;
都営浅草線で浅草へ・・・目指す両毛号には残り7分で間に合った♪

次は近場のホテル一泊という事にしたいものだ。
それなら夜中、無制限で色々試す事が出来るので・・・。

今回初めてだったけど、消化不良だな。。。
光りの点像は思いの外明るくて、直ぐ露出オーバになってしまうし
それを防ごうとすると背景が露出不足で黒潰れになり勝ちだ。
このあたり、ベストな設定をどうするか?が一番の難関。

一応PanaのGX7MkⅢで比較明合成も試す事が出来たのでマア良かったけど。
OLYの様にリアルタイムで出来映えを確認しながらという訳では無く、
撮っておいた再生画像の後処理になるが、これはこれでメリットもある。
OLYは基本一発勝負!なので・・・夫々一長一短だ。

さて・・・夜景撮りは・・・何しろ暗いから色々な面でハードルが高い。
撮影するためにカメラの機能を十分理解しておくのは基本中の基本だけど
取り扱いという面でも暗闇でカメラ、三脚等の操作を手探りで出来る位にしておかなくては・・・ナンテ(^-^;

それにしても東京の夜景は・・・立派な一つのジャンルとして確立してるんだろうね。
今更だけど、被写体には事欠かないと思えて来た。
又チャンスがあれば・・・是非!と思うべな♪




by sdknz610 | 2018-07-09 15:00 | 夜景 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 06日

2017榛名湖水中花火の饗宴!♪(2)

a0031821_13153985.jpg
疾走するボートから投げ込まれた水中花火が、次々と撥ねる!
OLYのE-M10で、比較明合成モードだ。
過去の光の記憶が一枚の画像に記録される。
マニュアル露出モードの4sec F22 0EV ISO200 WBオート ズームは18mm相当で


2.
a0031821_13232946.jpg
一番の狙いは、水中花火と打ち上げ花火の協演をと言う事で・・・。
そのチャンスが来るまで、レンズ前には黒いシートでマニュアルシャッターだ(^-^;
比較明合成なのでカメラは律義に連写してるんだけどね、
これを開けたり閉めたり・・・結構忙しい♪
2sec F8 その他同上
これ、ハイライトが飛んでいて・・・失敗です(^-^;
F16にすれば良かったかも・・・。

3.
a0031821_13301994.jpg
水中花火と打ち上げ花火で、ゴチャゴチャと画面を埋めてみた(^-^;
ちょっと忙し過ぎだったか。
2sec F14 その他同上
これなら何とか・・・只、暗めの花火が闇に沈んで・・・
明るい火は飛ばしたくないし、バランス良く撮るのは殆ど不可能かな~・・・花火撮りの難しい所なのよ。


4.
a0031821_13401961.jpg
ズラリ並べた水中花火。と、打ち上げ花火・・・
ほぼイメージしてた姿にはなってくれたか・・・
風が弱く、煙が移動する間もなく次々なので
この辺りは如何ともし難く・・・運を天に任せて(^-^;
設定は、同上。


5.
a0031821_13443990.jpg
停滞する煙、そしてガスが徐々に辺りを覆い始めて来た。
非常に明るい白系の強烈な花火がNDフィルターで減光された様になった。
こんな事もあるんだわ(^-^;
1sec F8 ISO200 0EV 24mm相当
これは比較明合成ではなく、単写。


6.
a0031821_13490997.jpg
こういうのがお気に入りだったり♪
近い所で水中爆発!なので、火花の傘がとても大きく、このチャンスは逃すべからず(^-^;
4sec F16 ISO200 24mm相当 比較明合成


7.
a0031821_13535395.jpg
少し遊び始めてます♪ 余裕出て来たの? 
イヤイヤ創意工夫をしないと面白く無いので・・・ナンテ(^-^;


8.
a0031821_13565093.jpg
これは真面目に・・・
4sec F6.3 ISO200 26mm相当  比較明合成
近場のドッカン!が一番迫力がある。


9.
a0031821_14000268.jpg
賑やかに散りばめるとこんな感じに。
やはりちょっと忙し過ぎか(^-^;



10.
a0031821_14011500.jpg
比較明合成では無く、単写でもこんな風に色々、という画が出来る。事がある(^-^;
1sec F8 ISO200 24mm相当


11.
a0031821_14043269.jpg
20:46  フィナーレが近づいて来た。
ガスが巻いて来たけど・・・これは何とかやっと(^-^;
4sec F10 ISO200 26mm相当 比較明合成


12.
a0031821_14080623.jpg
フィナーレ・・・同時多発花火で煙が充満(^-^;
見た目はとてもきれいで迫力十分だったけど、画の方は煙とガスが光って真っ白になんていう事になってしまった(泣)
そんなボヤボヤの一枚です(笑)

今年も榛名湖水中花火を見に早めに場所確保したり、ついでに榛名神社にパワーを貰いに行ったり
忙しかったゼ♪
でも水絡みの花火って近在ではなかなか見られないし、いい思い出になるな♪

イエ、でも、やっぱり今年も反省材料ばっかしに・・・来年こそ!ガンバリます(笑)






by sdknz610 | 2017-08-06 15:00 | 花火 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 06日

榛名の祭り花火大会2016に行って来た

1.
a0031821_11433043.jpg

8月5日(金曜日)、午後7時半からの花火の打ち上げが始まるほんのちょと前の号砲!♪
未だ薄っすらと夕闇に紛れて見える榛名富士をバックに上がる、この第一発目の花火は撮り逃せない大事なシ~ンだ。
この後、榛名富士は夜陰に紛れて殆ど視認不能になるので・・・。

「榛名の祭り」では、神社の「御沼の鎮め」や灯ろう流しなどが行われ、その後に花火が盛大に打上げられる。
湖面を縦横に走るボートから投げ込まれた水中花火と台船から打ち上げられるスターマインが、次々と花開くさまは
黒のキャンバスに描かれる光の芸術品だ。
色とりどりの光の花が半球状に水上で光り輝き、水面に映ったその鮮やかさは格別な趣がある。
また、同時にレーザーショーも行われ、榛名富士に華麗な光の舞が映し出されるなど、光の協演が見事だ。
背景に黒々と浮かび上がる榛名富士の姿も印象的。

2.
a0031821_11435777.jpg
スターマインと水中花火とのコラボレーションを撮るのが今回の一番の目的!♪
と、言っても、それは毎年の事なんだけど(^-^;
スターマインの後、水中花火が・・・これが繰り返される。

ここでの花火撮りの肝は・・・水中花火が撥ねる位置がドンドン変わる、と言う事。
一方スターマインは発射場所が決まっていて動かない・・・この違いが画面構成の最も重要なモチーフになる。
次々と夜空を焦がすスターマインは、殆ど同じ位置で花開くので、何発も同じ画面では重なり過ぎてしまい、細部の見分けが難しい事になる。
それに較べて水中花火はボートから投げ込まれ、一定時間経過後に撥ねるんだけど、その間にボートは次の投げ込みポイントへ全速で移動!♪
これが連続するので、今回の様に比較明合成で撮ると、ズラリ水中花火を並べる事が出来、スターマインとのコラボがミモノになる。
これを撮りたくて・・・毎年榛名湖の水中花火を心待ちにしてるのサ♪

3.以下しつこくなるかと思いますが、水中花火とスターマインのコラボを・・・
a0031821_1135512.jpg


4.
a0031821_1136261.jpg
水面映りにもご注目!♪
こういう水がらみで撮れる花火って・・・近場ではここ榛名湖は最右翼!♪

5.
a0031821_1136482.jpg


6.
a0031821_1137960.jpg


7.
a0031821_11372456.jpg


8.
a0031821_11374296.jpg


9.
a0031821_1138054.jpg
火花狼藉(^-^;

10.
a0031821_11381562.jpg
ちょっと濃い?♪(^-^;
どれ程撮っても同じ画は無い。マ、限が無い訳だけど・・・。

今回の◎は・・・
先ずは何時もの、私にとってはベストポジションを確保出来た事。写友の皆さんに薦めていたのでホッとしたな♪
皆さんもイイ画が撮れたものと拝察しております♪

それからお天気がね~実は半分は雷様、ゲリラ豪雨を覚悟していたのに、途中から満天の星空になってしまったのサ♪
そして・・・風も殆ど凪いで、密かに狙っていた花火の水面映りがゲット出来た事!(^_-)-☆
そして微風があって、煙は右から左へという理想形だったし♪
こんなの何年振りか! 何という幸運! 天に感謝! 榛名湖の守護神に感謝!だよね♪
ご一緒した写友の中にハレ○○○さんが居たに違いないな(笑)
ありがとう!お世話になりました。

あ~でも・・・昼から延々7時間! ポジション確保の為とは言え、耐え忍ぶ事が出来れば、いい事があるという見本みたいな事になりまして・・・
実を言えば、余りよそ様には薦められないですよね(^-^;

OLY E-M10
OLY 9-18mmWIDEの9mmで(35mm換算18mm相当)
三脚
ピント、露出はマニュアルモード
比較明合成
4秒
F16
ISO200

花火夫々明るさに大きな違いがあり、特に白、緑に強烈に明るいのがあって、それを飛ばないようにすると
淡い光の花火が写らなくなる(^-^;
どうするか? 微妙に難しい。
ISO、絞り、SSの三要素の組み合わせで自分なりの最適解を探っているけど、まだ自分流を発見出来たとは思っていないのさ(泣)
失敗の積み重ねの彼方に高い峰があると信じて・・・毎年行くぞーでR♪




by sdknz610 | 2016-08-06 15:00 | 花火 | Trackback | Comments(2)
2014年 03月 24日

氷結榛名湖の昼と夜

榛名湖の雪景色をと、昼も夜もウロウロしてました(^_^;)
氷結してる榛名湖は、この時期しか見られないので気になっていたんだけど、先月の大雪の後遺症も既に解消してるんじゃないかと出掛けてみた。
3月15日の画となります。

昼間は・・・
a0031821_2124490.jpg
3月15日 15:48 OLYMPUS STYLUS1 Aモード 1/1250 -0.3EV F3.5 ISO100 JPEG トリミング若干

氷結してますが、ワカサギ釣は今年も禁止となってます。氷の厚さが足りない事と、ワカサギがまるで居ないみたいです。

さて、夜になるのを待って・・・
a0031821_21291636.jpg
3月15日 21:50 RICOH GR Mモード 10sec 0EV F3.5 ISO400 16:9でリサイズのみ
夜になればGRの出番です♪
インターバル合成で。

最近流行りの「比較明合成」をカメラの機能として持ってるので、露出を終われば結果が直ぐモニターに表示されます。
この場合、10sec露出を最短インターバルでおよそ15分間でした。90枚程の画像を一気に合成して一枚の画が出て来ます。
最初に一枚様子見で撮って、SS、絞り、補正、ISOをどうするか? カメラのアングル調整はいいか?等、
修正、再テストでOKならインターバル合成をメニュウで選んでGO!となります。
露光中は・・・する事が無いので車に戻って暖を取ってもいいし、そのまま立ちんぼで時間が来るのを待つか・・・
何れにしても露光を終わらせるにはカメラのOKボタンを押さねばなりませんので・・・。

今の時期、こんな夜中に誰も居ません。
時々車が直ぐ後ろの道路を通過。その時のヘッドライトで木の枝が照らされるので明るく写りますよ。

氷結した湖面が明るく撮れてるのは、月明かりのためです。実はこの月明かりがある時を狙っての事なんですよ。
満月前、上弦を少し過ぎた日、でした。ホントは満月の日を狙っているんですが・・・
月に一回のチャンスがお天気や、仕事の日と重なるとか、何たらかんたらでなかなかね~上手い事行きません。
年間12回?の満月の内、成功率はエライ低いって事に(^_^;) 季節によっては行かないし・・・♪

今は木に葉っぱが無い! 虫が居ない!(これ大事♪) 人が居ない!♪ 空気が済んでる♪
いい時期なんだよね。

湖と山と日周運動・・・コレ永遠のテーマって事にしてます。

by sdknz610 | 2014-03-24 15:00 | 榛名山 | Trackback | Comments(2)