『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

タグ:BLANCA 80EDT ( 21 ) タグの人気記事


2017年 06月 09日

ムシヒキアブのスクランブル発進を撮る!

a0031821_08124302.jpg
ムシヒキアブだ! 目の前のヨシにジッと止まってるのを発見!
BLANCA 80EDTでオオヨシキリを撮っている時に気が付いた♪
近場も撮れる様にドローチューブを継ぎ足していたので
近過ぎか? と思ったけど、何とかピンが来たので
静止画だけではもったいないので、飛び出しを狙ってみたのよ(^-^;
距離は5mか、そこら辺だったけど、何しろ960mm相当になる天体望遠鏡なので
超望遠マクロになってしまった♪


2.
a0031821_08193121.jpg
ムシヒキアブだ。何れ近くに他の虫が飛んで来れば
スクランブル発進で飛び出すのは想定の範囲なんだけど、
何しろ予兆等というものはまるで分からないから・・・
こんな時どうします?(^-^;
今回はPanaのG7で4Kフォトで撮っています。
そろそろ行くかな?位で、スタート・・・
そのまま録画を継続で、放置(笑)
ファインダーからは目を離し、目視でアブの様子を見ていたら
2分位で、ブンっ!と羽音を立てて、アッと言う間もなくブッ飛んでいったのサ。
そうなれば録画は止めて、再生してみると・・・ウ~ン何とか写っているゾと♪


3.
ご存知の様にムシヒキアブのスクランブル発進と来たらトンデモ超スピードな訳で・・・
a0031821_08301966.jpg
翅が透明に近い事もあるけど、SSを1/2500では殆ど写っていないワ(^-^;
猛スピードの翅の動きを止めるには1/5000は必要だったかと、反省♪
秒30コマの4Kフォトで、この3枚だけ何とか、という・・・。

さて、この子誰なの? 家でネットを調べまわり(;´・ω・)
どうやらサキグロムシヒキだ!って事に落ち着きそう♪
ムシヒキアブの世界も迷い込んだらとんでもない事だった(;´・ω・)

マア、でも4Kならではの画像だと思うな。
秒7コマ位では止まってる姿しか撮れないだろうと思う。
問題は何時行くか分からん相手なので、
飛び出す瞬間を人間業で捉えるのはほぼ不可能という事。
4Kフォトで流しっ放しにするしか無さそう(;´・ω・)
NIKON1 V3のベストモーメントキャプチャモードでも、撮れると思うけど
アレは、シャッター半押しのままでジッと待つ、と言うのがハードなのよ(;´・ω・)

これまではこんなの撮るなんて考えもしなかったけど、
4Kフォトの可能性を試すにはイイ機会だったと思う。
撮れなかったものが撮れる様になるって・・・そりゃあ素晴らしい事だ!♪
新たな地平が始まるネ(^_-)-☆






by sdknz610 | 2017-06-09 15:00 | 虻・ハエ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 08日

ヒバリ・・・表情豊か♪

a0031821_14371982.jpg
こんにちは! ヒバリの囀り♪ 頭の鶏冠も♪ 久しぶりだった。

最近近くの田圃は軒並み宅地に変り、これまでヒバリの繁殖地だったのが激減していて、
以前は散歩してると良く出会ったヒバリに、殆ど会える機会が無くなっているんだけど、
今回はツバメを撮っていた苗床に餌探しで来たみたいな子に会えた!


2.
a0031821_14504708.jpg
時々フっと空を見上げる仕種が何ともカワユイ!♪
近くに猛禽が現れた気配も無く、ナンデダロウ?


3.
a0031821_14572205.jpg


4.
a0031821_14582821.jpg
瞼を閉じた瞬間が撮れた♪


5.
a0031821_15000834.jpg
飛び出しを待っていたのサ♪


6.
a0031821_15042915.jpg
振り上げた翼、風切り羽の美しさヨ!♪
真剣な目!
足の指、後ろに伸びる指、爪の長さよ!♪ ヒバリ独特です。



7.
a0031821_15052675.jpg



8.
a0031821_15065876.jpg
2017.5.30
BLANCA 80EDT
Panasonic G7
960mm相当
4Kフォト切り出し
三脚使用
トリミングあり








by sdknz610 | 2017-06-08 15:00 | ヒバリ | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 04日

オオヨシキリを4Kフォト+天体望遠鏡で撮る

a0031821_22472192.jpg
2017.5.30 ガバ沼
前回、5月23日の記事でオオヨシキリをご紹介してますが、
今回は天体望遠鏡で撮り直してみた結果を・・・。
フルフレーム換算で960mm相当になるシステムで、果たしてどう撮れるか?
前回はNIKON1 V3で810mm相当だったけど、
今回のは何しろ天体望遠鏡だからね~・・・遠いものは得意なんだワ♪
相変わらず彼のソングポストは何時もの枯れ葦だったし♪

口元の微細な髭とか、目の周りのアイリングの粒々とか。。。
結構解像してる!ってのがうれしかったり♪

2.
a0031821_23082751.jpg
狙いはトビダシって事で。
このシステムは480mm F6になるBLANCA 80EDTに
PanaのG7を付け、フルフレーム換算960mm相当というもの。
G7の4Kフォトモードで、秒30コマの連写。
800万画素の4Kからの静止画切り出しを更にトリミングで拡大。
この画像では、
例えば目の瞳孔が良く分かる、
顔の周りの細かい羽毛の様子も良く分かる、
風切り羽の一枚一枚が良く解像している、
足の指、爪等も良く見える・・・等
これ、元画像は800万画素なんですよね~!
かなり高精細に写ってる感じなのでご紹介に及びます(^-^;
尚、SSは1/2500で、翼の動きを止めようとしてます。


3.
a0031821_23260529.jpg
葦の被りが酷くて、こんな場合AFではピンが来ないよね。
幸い(♪)このシステムはマニュアルフォーカスのみなので・・・
基本、置きピンで・・。
オオヨシキリの真剣な目!とか、
何しろ細かい所まで良く解像しているのがお分かりになろうかと・・・。


4.
a0031821_23304334.jpg
ここからの3コマは連続した動きです。
超望遠は背景が良くボケてくれるのが特徴でしょうね。
抜けのいい、スッキリした画になるね。
嘴、目、顔周りの毛羽、尾羽、風切り羽の解像具合等・・・クッキリ!気持ちイイ♪
足が葦から離れる微妙な一瞬をフリーズ!


5.
a0031821_23372406.jpg
脚の伸ばし具合、足指爪、尾羽の様子とか、興味シンシン♪


6.
a0031821_23393906.jpg
こういうトビダシの一瞬を捉えるのは、4Kフォトならでは、だね。
NIKON1 V3のベストモーメントキャプチャでも可能だけど、
シャッター半押しのまま被写体から目が離せない、というのは結構辛いんだわ(^-^;

4Kフォトなら、シャッターボタン押してスタートしたらそのまま録画継続で
その間、カメラから離れて、鳥の動きを観察しながら、だけど
例えばコーヒーなんぞを飲んでいてもOKなのよ(笑)
で、トビダシが終わってからOFFにすればイイ。
あ、でも家に帰ってから、必要な画像を選別して、保存する作業が延々と掛かって
地獄みたいになるのが辛いところ(泣)
でも何しろ撮り逃がす事が無い方がいいに決まってる、と思う訳♪

7.
a0031821_23492892.jpg
翼の上面。パッと水平に広げたシ~ンは意外にレアなもので、
ハードルが高いな・・・(^-^;
秒30コマで細かい動きが記録されてるからね・・・
巨大なデジイチでも、秒7コマとか、10コマ等では間が抜けるから
かなり難しい事になる。
ミラーレスの有利なところだと思うよ。


8.
a0031821_23545567.jpg
飛び出した後、水平飛行に移る所・・・キっ!と前を見る真剣な表情がイイ♪


9.
a0031821_23574402.jpg
顔が隠れてしまったけど、こういう脚の動きもいいかな?♪
翼の撓りも見どころだ♪

BLANCAを久しぶりに引っ張り出して、
更に4Kで、というのをオオヨシキリで試してみたけど
どうやら解像度という面ではNIKON1 V3より数段上といった画像が出て来た。

?どうやら画素数ではなく、レンズがキモって事になるのかな?
V3は1800万画素、4Kでは800万画素(^-^;なんだけど。
それは、こういう超望遠の世界ではなく、
通常のレンズでも感じる事だね。
LEICA NOCTICRON42.5mmF1.2なんていうのを持っているけど
アレはスゴイ!♪ モンスターだ(^-^;

大型三脚に乗っけているし、機動性という面ではV3に敵わず、だけど
オオヨシキリという鳥さんだから、こういう画像が撮れる!という事か。
ちょこまかと動き回る鳥には不向きだね。

マアでもオオヨシキリって面白いな♪
撮るなら今の内!ですよ~♪ 
イヤイヤ未だ大丈夫、これから夏に向かってチャンスは続くからね。
しかし・・・オオヨシキリ・・・撮りに来るカメラマンが居ないんだワ(^-^;
割と近くで、良く出るポイントで、他にこれよりイイポイントを探してはいないけど、
何時も一人ボッチで・・・撮り放題なんだけど♪






by sdknz610 | 2017-06-04 15:00 | オオヨシキリ | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 21日

オナガガモの諍いが大バトルになってしまった(^-^;

a0031821_1685166.jpg
オナガガモ。メスとは言え、大喧嘩に(^-^; コエ~!♪

2.
a0031821_16104220.jpg


3.
a0031821_1611231.jpg


4.
a0031821_16111531.jpg


5.
a0031821_16112960.jpg


6.
a0031821_16114425.jpg


7.
a0031821_16115876.jpg


8.
a0031821_16121276.jpg


9.
a0031821_16123072.jpg


10.
a0031821_16124770.jpg

これはもう・・・組んずほぐれつ、バタバタと喧嘩がエスカレートしましたよ~♪(^-^;
一旦負けそうになっても直ぐ反撃したりで、一体どうなってるの?♪

只、随分派手にやりあっているけど、お互い相手に怪我をさせる迄には行かないんですよね。
暗黙のルールみたいなものがあるのかな? でないと種の保存に支障が出ますもの・・・。
翻って人間社会はどうなのでしょう? 
人類はおかしな方向に行ってるんじゃないかと危惧するんだけど・・・。
大自然に見習え!じゃないのかな。

BLANCA 80EDT(960mm相当となります)
Pana G7
三脚
マニュアルフォーカス♪
4Kフォトモード切り出し
画像毎にトリミング調整してあります。

SSは1/2500

膨大な枚数の中から、「目」が出てるもの、翼の恰好いいものをチョイスしてます。
時系列は変えてありませんが、途中コマが飛んでたりしてます・・・。

明日も第三弾として、この続きになります。




by sdknz610 | 2016-12-21 17:30 | カモの仲間 | Trackback | Comments(2)
2016年 12月 20日

オナガガモの諍いが勃発!(;'∀') エスカレートする大喧嘩♪

a0031821_16461688.jpg
2016.12.13の事件簿♪
ここはガバ沼。ハクチョウ等への餌遣りの現場ですが、オナガガモの大軍が餌の時刻になると大挙陸に上がって来て
上へ下への大騒ぎになるんですが、そんな中、決まってオナガガモ同士で喧嘩が始まるんですよ。
普段殆ど啼き声が聞こえないんだけど、諍いが始まるとキュルキュルという感じの声が聞こえて来て、
誰だ?と見ると、大体はメス同士が胸を突き出して相手と張り合う姿が!♪

ほんの数秒で別れる時も多いんだけど、この時ばかりは・・・何と2分間程の大バトルになってました!
一部始終を4Kフォトモードの秒30コマで撮っていたので、ざっと3600枚も(;´・ω・)

その中から、喧嘩の始まりの部分を抜粋して載せてみます。
普段は大人しいと思うオナガガモ。それもメスなんですが、イザとなるとコエ~・・・なんて♪

2.
a0031821_173785.jpg


3.
a0031821_1732363.jpg


4.
a0031821_1733869.jpg


5.
a0031821_1735499.jpg


6.
a0031821_1741225.jpg


7.
a0031821_1742796.jpg


8.
a0031821_1774214.jpg


9.
a0031821_178897.jpg

どっちが強いか?なんて・・・回り込んだりしてるので画像を良く見ないと分からなくなっちゃう(^-^;

特段武器になる様なものは身に着けていないカモだから喧嘩と言っても、
嘴で噛む、突く、翼で相手を抑え込む、或いは首を使って相手を押し込む、と言った感じだね。

押し相撲の力比べ的♪ まわしは無いから上手投げとかも無いんだけど、
一番ダイナミックだったのは、翼をバタバタとやる大立ち回り風なシ~ンだった♪

イエ、喧嘩のきっかけが何だったのか? 餌の取り合い? 場所争い? 
本人達に聞かないと分かりませんよね(^-^; 聞けないけど♪

で、明日はこの続きをと思ってます。エスカレートするバタバタの大喧嘩を是非!♪

BLANCA 80EDT
Pana G7
三脚
トリミング若干




by sdknz610 | 2016-12-20 18:00 | カモメ科 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 06日

オオタカが地上から飛び出す時はこうなる!

体が沈み始めた! 飛び出すゾ!
a0031821_1633263.jpg
図らずもこっち側の岸辺の葦の上に降りたオオタカ若。
直前に試みた狩りは失敗、と言うかやる気が無い様で、カモを驚かせただけだったけど♪
撮影には絶好のシチュエイションになった。
こうなると次は何時飛び出すのか? 緊張するな~(^-^;

では、以下飛び出しの一瞬を秒30コマで分解するとこうなる!という一連の画像をご紹介します。

2.
a0031821_1638980.jpg
体を沈み始めると同時に翼を徐々に開き始めた。

3.
a0031821_16382614.jpg


4.
a0031821_16384156.jpg


5.
a0031821_163941.jpg
これが一番のお気に入りかも♪
目一杯振り上げた大きな翼!♪

6.
a0031821_16413636.jpg
分厚いスパッツを履いたような足にもご注目! 
足で押さえ付けた獲物が暴れて脚を怪我したら大変!それを防ぐ為の防護用だと思っているんだけど。

7.
a0031821_16415072.jpg
目にキャッチライトが入ってくれたのは、望外の幸せ♪
猛禽は特に・・・「目」が大事なのであります(^-^;

8.
a0031821_1642773.jpg


9.
a0031821_16422533.jpg


10.
a0031821_16423910.jpg


11.
a0031821_1642544.jpg

この鋭い爪を見よ!♪ これに掴まれたらもう逃げられない!・・・。

4Kフォトモード 秒30コマから切り出し
飛び出しの一瞬をコマ抜け無しで!

オオタカ、若様とは言え、この面構え! この眼光の鋭さ! 
鳥の食物連鎖の頂点に立つ王者の風格が出て来ているよね。

2016.12.5 多々良沼・ガバ沼
12:46

BLANCA 80EDT 480mm F6
Panasonic G7
ビデオ雲台
トリミングあり
SS 1/2000
ISO 400

ピントはマニュアル。
こんな場合、予め10倍のバーニア機構のマイクロフォーカサーで慎重に調整出来るから
飛翔中を撮るより随分精密なものになる。
このバーニア機構は所謂ヘリコイドでのピント調節よりかなり精密なものだ。
AFならフォーカスエリアをピンポイントの極小にして、顔狙いになるのかな?
G7のフォーカスピーキングが有効♪ 

地上に降りたオオタカの飛び出しというチャンスを何とか捉える事が出来て、それはウレシイものよ♪
なかなかね~こんな事は・・・そうそうあるものでも無いと思えば余計に♪

未だカモを狩る場面に遭遇していないけど、若しもの時に備えての練習になったと思うし・・・
オオタカも奥が深い!♪




by sdknz610 | 2016-12-06 17:30 | オオタカ | Trackback | Comments(4)
2016年 12月 05日

オオタカ若の飛翔!

a0031821_198313.jpg
2016年12月5日。多々良沼西のガバ沼で終日オオタカの出待ちを(;´・ω・)

オオタカの若がオナガガモを狩りに来るところを何とか撮ってみようと、
今日は35mm版換算で960mm相当になる望遠鏡でという算段だった。

こいつはマニュアルフォーカスのみ(;´・ω・)
且つてBORGで散々カワセミなんぞを狙っていた訳だけど、その後AFでの楽ちんショットに流れて・・・
久しくこういう自分でフォーカスという機械から遠ざかっていたけれど、
ここガバ沼ではどうしても被写体までが遠くて、そうなると解像度はやはり極めて重要な要素なので、
このトリプレットアポクロマートレンズのBLANCA80EDTの出番!♪

2.
a0031821_19195724.jpg
南北に長いガバ沼でオオタカが飛ぶのは、西のカメラポジションからだと丁度左右方向になるので、
被写体までの距離変化が比較的少なくて済む。
これはマニュアルフォーカスにとっては幸いだ♪

3.
a0031821_1924845.jpg
オナガガモを狩りに来るんだけど、そんなに必死でという感じがしない。スピードは結構緩めかな?
何か練習で来るみたいな♪
だからビデオ三脚に乗っけて追い掛けるのも何とか間に合う感じで助かる♪

4.
a0031821_192783.jpg
オオタカの一年生だと思うけど、背面は未だ褐色味が強く、この複雑な斑模様が印象的だ。
カメラポジションが湖面より高いので、オオタカが水面スレスレに飛ぶと背中が見える!
ガバ沼はそういう点でも極めて貴重なビオトープだと思う。
下ではオナガガモ達が大パニックになって、バタバタやってるのでシブキが上がっているのが見える。
超望遠なので、周りが写らないのよ(^-^;

5.
a0031821_19322663.jpg
旋回して、向こう正面の柳の木に向かうところだ。

6.
a0031821_19332521.jpg
オオタカの狩場のお気に入りの木の一つだ。ここに止まると暫く動かず(;´・ω・)
こんな枝被りではAFは殆ど無力。結局はマニュアルフォーカスの世界だ♪

7.
a0031821_1934535.jpg
この木も♪
#6とこの画像はトリミング無し。
960mmでもこんな大きさにしか写らず(;´・ω・) 双眼鏡の世界だな。

沼に飛来すれば半分程の距離になるので960mmが生きて来るんだけど、それでもトリミングは必須に(;´・ω・)

完全マニュアルフォーカスの機械でこんなぶっ飛ぶ猛禽を撮るなんて、不可能ジャネ?なんだけど
挑戦し甲斐があるのは間違いなし!って事で・・・相当無理してます(^-^;

BLANCA 80EDT
Panasonic G7
ビデオ雲台
SSは1/2000で
トリミングあり

何とかピンが来れば・・・というタラレバの世界なんだけど、モニターで見て何とか行けそう!となると
ウレシサさ10倍!♪
単純なんです(笑)

なかなか狩りが成功しないオオタカの若様・・・そろそろカモを獲らないとひもじいのでは?と思うべな・・・。




by sdknz610 | 2016-12-05 20:30 | オオタカ | Trackback | Comments(2)
2016年 03月 02日

ジョウビタキのトビダシは美しい!♪

昨日に続いてジョウビタキのメスのハイパフォーマンスを♪

近くに来た~!!・・・でもBLANCA 80EDTの最短撮影距離より近いじゃん! 
これはヤバイ(^-^; バック!バック!で、1m程後ろへ移動したよ(^-^;
960mm相当での至近距離撮影だった(大汗;)

1.
a0031821_20323230.jpg
足、細いわ~♪ 指、長いわ~♪ 爪、鋭いわ~♪
目元涼やかな美形だね♪

2.
a0031821_2035522.jpg
口の中が見える画はなかなかチャンスが無いんだけど、この時は偶々だったな♪
結構赤いというかオレンジ色っぽいの口の中。

3.
a0031821_2037257.jpg
動く!気配。

4.
a0031821_20382751.jpg
一番のお気に入りだ♪

5.
a0031821_20385996.jpg
こういう風に体を沈めるんだね。
これに気づいてからシャッター押しても間に合わない(^-^;
その前から・・・これが至難なんだけど、4Kフォトならもっと前からズ~っと撮りっ放しだからネ♪

6.
a0031821_20412252.jpg
イヨイヨ!

7.
a0031821_20414715.jpg
行った~!♪
SSは1/1300にしてたんだけど・・・こんなに翼が流れるとは!(^-^;
1/2000で切れる様にしないとダメかいな(泣)

2016.3.1 三毳山
Pana G7
BLANCA 80EDT
三脚
トリミング周辺若干

by sdknz610 | 2016-03-02 21:30 | ジョウビタキ | Trackback | Comments(2)
2016年 03月 01日

ジョウビタキが良く出てくれた。久し振りだ♪

今日は、大風になるとの予報で、風を避けられる所で鳥をと思い、三毳山へ行ってみた。
山の東側の懐だから、冬型気圧配置の時は風はかなり弱まるのだ。
さて、鳥は果たして・・・誰か居るかな? 未だ北へ帰っていなければ会えるかな?
9時過ぎに現着だった。
暫し待つ事に・・・未だ鳥狙いのカメラは無くて、独りジッと(^-^;
程なくヒラリ視界に動くものが! オヤオヤ何時もここで会っているジョウビタキの女の子だ♪
元気だったのね! 良かった良かった♪ 未だ帰っていなかったんだ~・・・。
今日はよろしくネである。
1.
a0031821_21594153.jpg
ほぼ一か月ぶりだった。

2.
a0031821_221373.jpg
結局、又トビダシパフォーマンス狙いだった(^-^;

3.
a0031821_2223063.jpg


4.
a0031821_2225293.jpg


5.
a0031821_2231375.jpg
一番欲しいタイミングはコレ!♪
秒30コマの4Kフォトならではの画像が出て来る♪

6.
a0031821_2233298.jpg


7.
a0031821_2235496.jpg

今日は、4K動画でトビダシ狙い。
目ぼしい画像を切り出すのに延々時間が掛かってしまい、こんな時刻に(^-^;
明日は出勤なので、早いとこ寝ないとヤバイんだけど・・・。

ジョウビタキの動態が少し分かって来た。次どう動くか?予測するのは面白いかな?♪
大体外れだけど(^-^;
ピントは置きピン。動きの何処を狙うか?等、なかなか思う様には行かないものよ(泣)
奥が深いな、小鳥は特にだ。

ジョウビタキのオスでは、なかなかこういう風には行かないと思う。
女子の方が優しい感じで、派手ではないけど、穏やかな色の配合も素敵で、キレイな鳥さんのよ。
人慣れしてるな♪ 東屋の端っこに居ると手摺に来たりするから慌てるぜ(^-^;
最短撮影距離より近くて撮れない時アリ(^-^;
BLANCA 80EDTのバックフォーカスをもうちょっと伸ばさないと・・・無限遠を少し諦めてになるだろう。

河津桜の様子見もあって三毳山にしたんだけど、未だ数輪しか咲いていなかった。
直ぐ近くの栃木花センターのは5,6分位に見えたけど、行ってない(^-^;

by sdknz610 | 2016-03-01 22:30 | ジョウビタキ | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 14日

ホバリングするキクイタダキを撮りたい!(^-^;♪

蝶の様に舞い、忙しく密生する杉の枝葉の間を縫う様に移動し、葉の先端に居る虫?を獲るためホバリングする。
・・・のを見るとどうしてもその有様を捉えたくなるのは自然の流れだ♪
ア~でもしかし、どうにも素早く動かれてファインダーに捉えるのは至難。
それでも何とか使えそうな画を厳選してご紹介しますが、冷や汗モノです。
1.
a0031821_9355148.jpg
親指の先位にしか見えない超小型ぶっ飛び戦闘機的ほんの3~5gr位らしい大自然の驚異だ♪
杉の葉陰に居る虫を捉えるらしいけど・・・。

2.
a0031821_9381542.jpg
ホバリングするのを、或いは移動する途中を・・・翼の在り様を見たいのであります。
杉の枝葉の背景が煩わしいのが難点(^-^;

3.
a0031821_9435276.jpg
翼を広げる! コレをね、撮りたくて(^-^;

4.
a0031821_9444685.jpg
極小の体でちょっとズングリな感じだけど、均整の取れた素晴らしいシルエットだ。
超高速の翼の動きはブ~ンという音が聞こえて来そうなのサ♪

5.
a0031821_9483754.jpg
こんな感じで背景が抜けているのが理想♪
三脚に乗せてるとこっちが背景を選んで移動するのは難しくなる。
手持ちでササっと動いた方がいいと思うけど、BLANCAではそうも行かず(^-^;

6.
a0031821_9513624.jpg
SSは1/1300で。F6のレンズで、補正は0でもISOは2000~3200になってしまう(^-^;
杉の木陰は暗いんだよね。
偶に日向側に出てくれるのを期待するけど、マアそんなチャンスは滅多に無い(^-^;

冷や汗モノのキクイタダキホバリングショーでした(笑)

2016.2.11 13:50頃
BLANCA 80EDT F6 480mm
Pana G7
960mm相当になる
三脚使用
1/1300 F6 0EV ISO2000~3200
WB ☼マーク
トリミングあり
BLANCAの時は外付けドットサイトを使う事にしてる。これははあった方がいいネ♪

by sdknz610 | 2016-02-14 12:00 | キクイタダキ | Trackback | Comments(0)