『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Nikon1 V2 ( 49 ) タグの人気記事


2017年 02月 21日

浅草界隈モノクロ散歩

交差点
a0031821_09400375.jpg
2017.2.17
隅田川でユリカモメを撮った後、浅草寺周辺へ。
NIKON1 V2でモノクロスナップを試みる。秒15コマで連写して、その中からチョイス。
こんな場合、EVFを覗いている暇は無い。
首からブラ下げたカメラを胸の辺りで、一応方向とチルトに気を付けてシャッターボタンを押すだけ(;´・ω・)

2.
人力車
a0031821_09445257.jpg
フェンダーのクローム光り


3.
a0031821_09523300.jpg
お巡りさんご苦労様です


4.
a0031821_09541216.jpg
言わずと知れた仲見世通り
この人混みにへこたれて一本脇道へ逃避


5.
視線
a0031821_10411218.jpg


6.
浅草寺
a0031821_09584331.jpg

7.
どこでもスカイツリー
a0031821_10001346.jpg

8.
和服でそぞろ歩く
a0031821_10012727.jpg

9.
突如!白波五人男
a0031821_10031359.jpg

10.
神谷バー
a0031821_10045338.jpg
神谷バーは電気ブラン目的ではないけれど、リピータだ♪
現役時代、出張帰りで電車の時間待ちなんぞに
結構利用させてもらったっけ
最近は流石に随分ご無沙汰なんだけど、
今回はちょこっと寄らせてもらったよ♪


11.
レトロ
a0031821_10082346.jpg
浅草エキチカ
少し色残し(;´・ω・)


12.
ゴンチャロフ
a0031821_10105320.jpg
神戸・ゴンチャロフの
メッセ神戸が好きです♪ 画面右のです。
色んなチョコが蔓延してるけど
どんな有名ブランドより
メッセ神戸のこの味わいは忘れ難き舌の思い出だ(^_-)-☆
チョコの世界遺産だ!ナンテ♪
まさか浅草・松屋にあったとは!
今まで新宿・高島屋か
上野・松坂屋へわざわざ廻っていたけれど(^-^;
春になると店頭から消える。秋口から又♪
気温が上がると溶けちゃうから
今回の土産♪

スナップでチョイ撮りをNIKON1 V2でやってみた。レンズはキットの標準ズームで28mm-85mm相当。
超軽で、楽ちん♪ 秒15コマを多用。
ピントもブレも微妙にズレる中でどれか当たりがあるので・・・。
液晶モニターが可変でないので、お腹辺りで構えると殆ど見えない。
こんな感じかとノーファインダー撮影になる(^-^;
果たしてどんな風に撮れたのか? 後の楽しみに♪

V3でもいいけど、あっちは超望遠専用にしているので。

浅草周辺はスナップでちょい撮りには面白い!と思えて来た
又チャンスがあれば挑戦しよう!

今週末は銀座で飲み会がある。銀座もブラついてみたいね♪





by sdknz610 | 2017-02-21 15:00 | スナップ | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 30日

コチドリの横っ飛びを♪

コチドリですが、飛翔する姿は体の割に長い翼がとてもキレイで、近所の野鳥撮りではメインターゲットです♪
が、平凡な、何でも無い飛び姿を撮るのが一番難しい!・・・のでありますよ(^_^;)
何でだろう?・・・餌を啄ばんでいるな、と思って飛び出しを狙っても、これがなかなか飛び出してくれないし、
じゃあマアその間にツバメを撮っていたりしてると、パっと飛び出されてしまい・・・慌てて姿を追い掛けるんだけど、
大体はピンが来ないし(泣)・・・フレーミングが大外れだったりで・・・今までまともに撮れた験しが無かったんだけど・・・
やっとこんな感じで撮れていたもんだから・・・記念として掲載する事にしました。
イエ、トビモノと言っても特にどうと言う事も無い画ではありますので・・・(^_^;)

1.
a0031821_13552751.jpg
パっと飛び出したのが左目の端っこに映った!・・・慌ててレンズを向ける!追い掛ける!・・・連写は既に開始してました♪

2.
a0031821_1359340.jpg


3.
a0031821_13593748.jpg


4.
a0031821_13595531.jpg


5.
a0031821_1401353.jpg
SSは1/2000です。コチドリを追い掛けての流し撮りなので、流石に背景はちょっとブレてます。
コチドリの方はちょっと止まり過ぎだったかな?・・・なので、ちゃんと追い掛けられるのであればですが、1/500とかでも大丈夫かも。

6.
a0031821_1403237.jpg


7.
a0031821_1404986.jpg


4月24日の画です。近所の遊水池にて。

AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ
+FT1
NIKON1 V2
手持ち
トリミングあり

V2のファームウェアは最新でして、AFはFT1を介してもコンティニュアスが使える様になってます。
通常、飛び出しの瞬間を狙うとするとマニュアルでない場合AF-Sでと言う事になると思いますが、
今回の様に飛んでるのをズ~っと追い掛ける場合、最初の一枚だけピンが来るAF-Sではドンドン距離が変わるのでちょっと困りますね。
途中シャッターボタン押すのを止めて、又AF-Sでピントを合わせ直すとなると、AFが迷い初めてしまい、
既に鳥が居なくなっちゃうなんて事になるので、
今回はAF-Cで撮ってます。

AF-C・・・コンティニュアスだと、出来るだけAFターゲットから外れないよう追い掛ければ(中央一点ですが)・・・
このカメラ、結構ピントのロックオン性能はいいみたいで、今回の画では途中ピン抜けは起きていないですよ。
AF-Cも使い様によっては・・・でしょうか。
背景が煩いブッシュ等では無く、シンプルな水面だったというのもラッキーだったでしょうね。

秒15コマで連写してますがどのタイミングでもコチドリの翼はとても魅力的に写ってます♪
だからどうなん?ではありますが・・・こう言うのが撮れるぞ!という感触は今後に生きるんじゃないかと思ってます。

by sdknz610 | 2014-04-30 16:00 | シギ・チドリの仲間 | Trackback | Comments(2)
2014年 04月 16日

韋駄天バンが駆け抜けた♪

ツバメ待ちしてたら、土手の斜面を登ったバンが道路をこっちに向かって歩いて来るのを発見!♪
丁度死角になっていて、発見が遅れたのよ・・・。
今までに無い、向うからの異常接近だった!♪
こっちは動けず、フリーズしてしまったのザ(^_^;)

それでも、流石にまさか3mなんて事にはならず、私と目が合ったからなのか?♪・・・
この子、そそくさと土手の斜面を下って、駆けだして・・・
マア何しろこんなチャンスは無いからね~・・・何とか撮らせてもらったんだけど。
飛ばずに歩きで♪・・・そんなに警戒されてた訳ではなさそうなので、そうなのよ人畜無害のオッサンだし♪
マ、イイかと(笑)

1.
a0031821_2083722.jpg
横眼でジロリだったか・・・やっぱ警戒してるじゃん(^_^;)

バンは・・・何しろこのデカ足が一番の見どころ♪
鰭の無い、これぞ巨大な恐竜の名残り、みたいで・・・。
これのお陰か水上もカモみたいにスイスイだし・・・足場の悪いところでも高性能全輪駆動的万能ぶりなのよね。

2.
a0031821_20122490.jpg


3.
a0031821_20172233.jpg
速っ!!

4.
a0031821_2018592.jpg


5.
a0031821_20223443.jpg


6.
a0031821_20225514.jpg


4月14日 近くの遊水池
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ
+FT1
NIKON1 V2
手持ち
トリミングあり

by sdknz610 | 2014-04-16 15:00 | バン | Trackback | Comments(2)
2014年 04月 15日

真昼間にバットマン現る!♪

ヒラヒラと飛ぶ黒い影現る! ツバメ待ちしてたら鳥とは飛び方が違うな~というのが割と近くに来たのよ。
?アレ?ナンダ?・・・こんな真昼間にバットマンだったとは\(◎o◎)/!
夏、夕方になるとワンワン飛ぶのには良く遭遇するんだけど、この時期に、こんな午後2時過ぎに現れるのは想定外。
取り敢えず証拠写真をと・・・・。
何だかネ~上手く撮れずで、しょうもない画になっちゃったけど(^_^;)

1.
a0031821_8131546.jpg


2.
a0031821_8141531.jpg


3.
a0031821_8145736.jpg
コウモリを撮るのは初めてだ。それも空飛ぶバットマンだったなんて♪
ツバメ待ってると、実に色んな事が起きる遊水池は野生の王国だ!♪

長く伸びた指の間の膜が翼になってる。脇腹、後肢、尾の間にも膜が張り巡り、ムササビ風だ。
これで哺乳類に分類される不思議な動物だよ。
種名は・・・コウモリって難しいんだね、ネットで調べてみたけど、まるで分からん(^_^;)
多分・・・アブラコウモリではなかろうか?と思うんだけど・・・。

コウモリ蝙蝠バットマン♪・・・調べれば調べる程、迷宮に入った様な・・・
種類は多いど、絶滅危惧種が増えてるみたいで・・・貴重な生き物なんだと、あらためて思った次第。

昔、死んだこれと同じだったかと思われるコウモリを手にとって見た事あり。
ある時、カミさんのギャ~!という声で、どうした?と行ってみたら、ベッドの上に黒い塊が♪
それがこの子と同じコウモリだったか。
手に載せた時の重さ感、軽かった!かわいい耳、ちっちゃいけど鋭い目、全身を覆う短いけどホワホワの毛・・・・等、今記憶が蘇りだ!♪

逆光に近い空抜けだった(^_^;)
次チャンスがあればリベンジしてみよう!
もうちょっと色んなアングルで撮りたいものよ。
ツバメより更に航跡が不安定で、どっちに行くのか?まるで予想不可能という難物だ(^_^;)

4月14日 午後2時11分 近くの遊水池E
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ+FT1
NIKON1 V2
手持ち

by sdknz610 | 2014-04-15 15:30 | コウモリ | Trackback | Comments(4)
2014年 04月 14日

カワセミ横っ飛び

ツバメ撮ってる池だけど、カワセミも居るんだわ。只、居ても撮るとなると殆ど不可能。直ぐ逃げられるし・・・遠いし♪
それが、ツバメがなかなか来ないな~とぼんやり池を眺めていたところに、
突然ブッシュの中から飛び出した赤い、青い礫を見て、慌ててシャッター押したらカワセミだった。
と言う事でまるで久し振りのカワセミ。の横っ飛び姿です(^_^;)
ツバメのスピードに少し馴れていたせいか、何とかフレームインしていて・・・ちょっとピン甘ですがご笑覧下さい。

1.
a0031821_16393510.jpg


2.
a0031821_16411368.jpg
こんなの特に狙って待ってた訳じゃ無いので勿怪の幸いだったか(笑)
カワセミのカワセミたる、最も見慣れた飛び姿。
こういうの見掛て、だんだんカワセミに嵌る原点みたいなモノですが、
特に・・・だからどうなのよ?と・・・言われても、どうということも無い画、ではあります♪

3.
a0031821_16464224.jpg
一旦は池の反対側の方へ行っちゃったぜと思ってたら、アレレっ!又戻って来たよ!
瓢箪島を巻いて左方向へ・・・。
画像見てたら、アレっ! 尾羽が・・・中央部が歯欠けになってる?様だ。
次見たら個体識別出来るかな?・・・何れ尾羽は再生するんだろうけど、暫くは飛行性能に影響するかもね・・・

4.
a0031821_1650476.jpg
こんな横っ飛び姿が撮れていたのは、実はすごくウレシクて
これまでもなかなかこう言うの撮れていないもんで・・・ツバメのついでと言ってはカワセミ君に怒られそうだけどね♪
トビモノを追い掛ける目がランランと輝いて来たのかな~ナンテ(^_^;)

4月12日の画です。
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ
+FT1
NIKON1 V2

by sdknz610 | 2014-04-14 17:30 | カワセミ | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 13日

歓迎!ツバメご一行様♪・・・(2)

昨日に続いて、ツバメの飛翔姿をご覧頂きます。
ツバメ・・・季節を運ぶ使者、長距離飛行を得意とする旅人・・・イヤ、旅鳥、渡り鳥・・・。
その飛翔姿は身近で見られる様々な野鳥の中でも飛び抜けて敏捷、且つ華麗な技の持ち主であり、
見てるだけでもワクワクしますが、それを是非、静止画で定着したいと思うのは自然の成り行きかと。
と、言っても、何しろあのスピードに着いて行くのは至難でして・・・それ故、益々どうにかしたいものだと・・・(^_^;)
無い腕を嘆いていてばかりでは進歩が望めないので、勇気を持ってシャッターボタンを押してます。
こういうのが撮れるのは、カメラのシステムの進化のお陰ですね。アリガタヤ♪

1.
a0031821_14535629.jpg


2.
a0031821_1456066.jpg


3.
a0031821_14561757.jpg


4.
a0031821_14563346.jpg


5.
a0031821_14564847.jpg


6.
a0031821_1457476.jpg
地上スレスレの低空を高速で滑空して行きます。翼はこの場合殆ど煽ってません。

7.
a0031821_1457188.jpg
ツバメマーク♪ 超後退翼のステルス機か?♪

8.
a0031821_14573473.jpg
1/2000 -0.3EV F5.6 ISO800
追い写しやってますが、ピン甘もあるし、横方向の振り速度がズレて惨敗の画ですが、何とか目の真剣さが伝わって来る様に思ったので採用としました(^_^;)

時々、わざとみたいにこっちが構えてる直ぐ近くを、手が届きそうな近くを、高速で掠って行く事もあって、
それを撮るなんて・・・一番難しいです。悔しいんだけどね♪

他の画も、同じパラメータで撮っています。

レンズは、AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ
これにアダプターFT1を介して
NIKON1 V2で。
35mm換算で280mm相当の画角になります。
秒15コマで連写。
手持ちです。
トリミングあります。

AF-Sか、MFか・・・どちらでも結果は同じでしょう。基本、置きピンで。
AF-Cだと、これは難しい事になりますね。相手はとても小さくて、ピンが行く事はほぼ100%あり得ません(^_^;)
背景抜けも多発するし・・・。

何れにしても、ツバメが画面から外れない様に只管追い掛けます。
①EVFを右目で覗きながら、左目も開けて周囲の状況をダブらせながらの所謂両眼視でやるか、
②左目は閉じて、右目はEVFを見ないで、カメラとレンズを結ぶ仮想直線上にツバメを視野に入れて追い掛ける・・・か、
外付けドットサイトは有効ですよ。
③・・・②の左目も開けて、両眼視でツバメを追い掛ける
マアそんな感じのやり方があるのかな?・・・です。

EVFだけでツバメを追い掛けるのはとても無謀な事です。直ぐファインダー画面から居なくなっちゃいます♪
光学ファインダーだけを覗いて、というのも同じでしょう。

背面液晶モニターを見ながらというのはやった事ありません。難しそうですね。
でも周囲の様子は、ファインダーだけ覗いてというのよりは分かるかもしれないですが・・・。

ツバメの飛行コースは予測不可能!・・・こう行くだろう・・・は通じませんね。

時と場合によって、どう追い掛けるのか、使い分ける事になりましょうか。

又一つ、ツバメのお陰で野鳥撮りの難しいハードルが出来ちゃったな~と・・・課題山積。
これぞツバメ撮りの醍醐味かと・・・(^_^;)

by sdknz610 | 2014-04-13 16:00 | ツバメ | Trackback | Comments(4)
2014年 04月 12日

歓迎!ツバメご一行様♪

アっ!ツバメが来た~と今期初めて視認したのは4月3日でした。いよいよツバメの季節到来かと、撮ってみたくてウズウズでしたが
やっと、今日はツバメ撮りに挑戦してみようかと・・・無謀なるチャレンジを(^_^;)

1.
a0031821_1544777.jpg


2.
a0031821_1553017.jpg


3.
a0031821_156284.jpg


4.
a0031821_1564620.jpg


5.
a0031821_157431.jpg


6.
a0031821_1572221.jpg
バンも活発になって来たかな。この子、二年坊主かも・・・。
そう言えば、この遊水池にはコガモが未だ20羽程居残ってます。例年一番早く渡って来て、一番遅くまで居るコガモですが、
それにして未だ北へ行かないの? 大丈夫なのか?♪

7.
a0031821_1573873.jpg


4月12日 近所の遊水池

AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ
+FT1
NIKON1 V2
手持ち
トリミングあり
SS優先 1/1600
ISOはmax800まで色々
シビアなピントという点では50点行って無い画像ばかりで、反省(^_^;)

大変良いお天気なので、何処か桜を又見に行こうかとも思ったんだけど、どうも狙ってるポイントの咲き具合がもうちょっと、という訳で・・・
それと月齢との兼ね合いもあって・・・来週満月になるので、それ待ちということもあって、
今日はツバメを歓迎することにしたと言う訳であります。

久し振りだよ!ツバメさん♪  長旅お疲れさんだよね。
今日は快晴ながら猛烈な風の中、池の片隅でジっとツバメが来るのを待つ。
向かい風だと流石の高速飛行も若干遅くなるのがチャンスですね。
でもマアツバメのスピードには殆ど着いて行けずの、フレームアウトの連発で、ボツ画像の量産となりました(^_^;)
だんだん慣れては来るんですが・・・次、どうしようかと秘策を練ってますが、何しろアノぶっ飛びには当分敵わないでしょう(泣)
ツバメ撮りが面白いのは端から分かっちゃいるけど・・・ですよ。

家造りの泥集めをやるのか?という期待もあったけど、どうやら未だみたいで、
何しろ辺りをぶっ飛んで廻っていて、どうもあれこれ偵察中みたいでした。
リフォーム?新築?・・・その前に、ペアリングが未だかもしれないね。

ツバメの動向に注目して、これからの鳥撮り生活が始まりそうです♪

by sdknz610 | 2014-04-12 17:00 | ツバメ | Trackback | Comments(2)
2014年 04月 04日

ソメイヨシノでヒヨの諍い

ソメイヨシノが満開。キレイだ・・・♪
そこんところにヒヨドリが来ては蜜を舐めるシ~ンが今時の普通な風景なんだけど、
それが・・・ユックリ、落ち着いて、なんて事は無くて、直ぐ誰かが邪魔しに来て喧嘩が始まるのサ♪
場所取りなのか?・・・外から飛んで来たワルが、大人しく蜜舐めしてる子を追い出しに掛かるのよ。
バタバタと大騒ぎになる・・・のを期待してレンズを向けてるカメラマンはもっとワル?かもしれんな(^_^;)

1.
?何だ?・・・何が起きた?
a0031821_1243439.jpg
外からぶっ飛んで来たヒヨ、ホバリングみたいに空中で翼をバタバタ。
蜜舐めしてる子が居るんだけど、この画だと良く分からん(^_^;)

2.
a0031821_12463627.jpg
蜜舐めしてた子が顔を出した・・・嘴が花粉塗れみたいだ。

3.
a0031821_12475330.jpg
蜜舐め止めるの? ウルセー奴が来ちゃったね・・・。

4.
a0031821_1250321.jpg
侵入者は未だホバリング中。

5.
ア~あ・・・
a0031821_12514269.jpg
とうとう諦めて逃げるか・・・。侵入者はしてやったり!・・・これで美味い蜜の出る花はオレのモノに・・・なんて・・・。

飛び出しの瞬間をフリーズしたくて・・・コマ数を浪費してるんだな(^_^;)

こんなシ~ンがしょっちゅう起きてる、ソメイヨシノ村なのよね。
ヒヨドリ達はこんな事繰り返しながら、桜前線の北上と共に北へ移動して行くみたいだ。何とも贅沢な旅枕♪

4月2日 多々良沼
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ
FT1
NIKON1 V2
SSは1/2000
手持ち
トリミングあり

by sdknz610 | 2014-04-04 15:00 | ヒヨドリ | Trackback | Comments(2)
2014年 04月 03日

ベニシジミの目がこんなに可愛かったとは!♪

オオイヌノフグリの絨毯にベニシジミがやって来た。
幼虫で越冬してたのが、この所の暖かさでとうとう出て来たのね♪
私には春告げ蝶!なのであります。他にも色々春告げ蝶が居ますけど♪

280mm相当になるマクロレンズで、どうだろう? 撮れるかな~と・・・。
手持ちで狙うんだけど、何しろ一円玉の中に入っちゃう位の小ささなので
AFでもやってはみたものの、どうにもなりません。目にピンをと思っても、まるでピンが来ませんですよ(泣)
自己責任のマニュアルフォーカスしかありません♪
絞りを開け気味で撮ってるので、紙の様に薄い被写界深度の狭さにドキドキの画になります。

1.
a0031821_20342469.jpg


2.
a0031821_20345610.jpg
時々彼の休憩時間が長い時がある。
そんな時は正面顔を撮れる稀なチャンス!♪
この黒目には参ります♪ アンテナの縞々もカワイイでしょ♪
ソーっと近付いて・・・未だ行けるか?とジリジリと接近(^_^;)
そして、ユックリと廻り込んでみる。飛ばなかったのあります。フードに触りそうに近いのに(^_^;)

3.
a0031821_20375359.jpg
後翅裏面にも微細な繊毛がビッシリ!なんだけど・・・ちょっと見難いのでこの辺りはもう一度撮り直ししなくっちゃです(^_^;)

4.
a0031821_20392836.jpg
トリミングで拡大してます。
肉眼ではこんなになってるなんて、とても見えませんです。

5.
a0031821_2042572.jpg
何れこの目のダイヤモンド構造を撮ってみたいんだけど。
以前、クサギカメムシの目のダイヤモンド構造が撮れた事があって・・・
まるで不可能でも無さそうなんですよ。記事にはしてないけど・・・。挑戦挑戦!♪

6.
a0031821_20445148.jpg


7.
a0031821_2045665.jpg
顕微鏡的マクロでどう撮るか?は、もっと短いレンズで見たまんま風の画とはまるで違う世界になりますね。
こういう小さい被写体を撮るあの時のワクワクドキドキが画を見る度に思い出されて、冷汗モノ♪
飛ばれるんじゃないかと、ヒヤヒヤしながらしゃがんで、膝を着いて、にじり寄る様は・・・
人に見せられるものじゃないです・・・
何やってるの!あのオジサン・・・なんて(^_^;)

いよいよチョッチョが飛び始めて、フィールドは賑やかになって来ました。
マクロレンズは必携と心得て、イザ!!・・・ナンテ♪

4月2日 多々良沼
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED VR ナノクリ
FT1
NIKON1 V2
280mm程の画角になります。最短撮影距離は変わらないので等倍以上の画が得られます
手持ち
マニュアルフォーカス
絞りはF4~F5.6で

by sdknz610 | 2014-04-03 21:30 | 私の蝶・蛾図鑑 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 20日

ヒレンジャク・・・水辺の夢幻飛行♪

表題は・・・ちとオーバーですが、しつこくヒレンジャクの飛行姿を羅列しております(^_^;)
飛連雀って当て字になりそう・・・。悲恋雀ではありませんです♪

1.
a0031821_157969.jpg
3月17日 TAMRON SP 70-200mmF2.8 Di VC USD+FT-1+NIKON1 V2 
1/2000 0EV F5 ISO800 540mm相当 手持ち トリミング若干 以下同

一羽が水際目掛けて降下するのを見て連写を開始。
水面抜けは逆光では無いものの、こうして翼が透けて見えるのが◎♪
小翼羽を立ててますよ。

2.
a0031821_15112274.jpg
追い掛けてもう一羽が来てたのね!♪ これは想定外だったよ。

3.
a0031821_1513115.jpg
ほんの数枚でと思ってたのが、これじゃあ連写止められないね・・・。シャッターボタン押しっ放しだ~♪

4.
a0031821_15142035.jpg


5.
a0031821_15164259.jpg


6.
a0031821_15202019.jpg
トットっ!・・・大丈夫か?
足にはちゃんとスパッツ履いてるのね♪

7.
a0031821_15204139.jpg
とても狭い所へ、ピンポイント着陸!・・・お見事!♪

水際のヒレンジャクは、水面バックになる事が多く、翼が良く見えるし、仲間との様々な交錯シ~ンが起きる等でして、千載一遇の出会い頭なのであります。

又来シ~ズンこうしたシ~ンが見られるか?何の保証もありませんので・・・撮れる時に撮る!しかありませんですよ。
図鑑でも毎年出現するとは限らないとか。
今シ~ズンは一月程も出現が遅れて、諦めていたのがこうして出てくれて、それも30羽程の大群なので
頻繁に入れ替り立ち替わりで水飲みに来るのが見られ、そりゃあウレシイ限りなんですけど。

by sdknz610 | 2014-03-20 17:00 | レンジャク | Trackback | Comments(0)