人気ブログランキング |

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

タグ:STYLUS1 ( 30 ) タグの人気記事


2015年 07月 05日

ムシヒキアブがハエを捕食中!

オオタカ狙いで三脚を構えて待っていたら、ブ~ンと何かが飛んで来て・・・
?アレっ!三脚の足に止まったぞ。
誰だ?・・・ムシヒキアブじゃん!!\(◎o◎)/!

暫く、そのままにして、オオタカの動きを捉えようと集中していたのに、アレ未だいるのか!となって・・・。
んじゃあ、しょうがないから・・・バッグに放り込んで持って来ていたOLYMPUS STYLUS1を引っ張り出して撮り始めたのサ♪

1.
a0031821_2145222.jpg
動くと飛ばれちゃいそうで・・・イスに座ったままで撮ってみた。
ガッチリとハエを捕らえてます。
望遠端300mm相当で。近接撮影には強いからね。

2.
a0031821_21462614.jpg
日除け様に差していた傘で背景が暗くなる様にして撮ってみた。

3.
a0031821_2149777.jpg
200mm相当迄ズームアウトしてより近くに寄せて撮ってみた。
この時はイスからよっこらしょと立ち上がってアングルを変えているんだけど、逃げられるかな?だったけど、
どういう訳かまるでその気配なしだった♪

4.
a0031821_2153350.jpg
スーパマクロモードに切り替えて、殆どレンズに触りそうな近くに寄って撮ってみた。
これでも逃げなかったから・・・何でだ?♪・・・・イヤイヤこんな事があるんだよね~♪

6月24日の晴れて暑くなった時だった(^_^;)
マクロレンズを持って行けば良かったと思ったけど、コンデジのSTYLUS1でもマアこんな感じで撮れるので・・・
ご参考になるかな?で、上げてみました。

複眼の個眼の集積具合をと思ったけど、そこまではムリだったな(^_^;)
しっかりしたマクロレンズで撮るべし!だったよ・・・。

ムシヒキアブ系には違いないけど、属名は・・・ハッキリしないところがあって・・・未同定にしておきます。
アオメアブで無い事は確かだけど♪

昆虫界最凶?最強?と言われるムシヒキアブが獲物のハエを捉まえて、体液を吸ってるのか?暫くこんな風に
私の足元に来て、三脚の足に止まったまま・・・・こんな事が起きるからマクロレンズは何時でも持っていた方が良さそうだよ(^_^;)

by sdknz610 | 2015-07-05 22:30 | 虻・ハエ類 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 02日

月下美人が又咲いた♪

月下美人が今度は5輪一遍に咲いてしまった♪
我が家で咲いた月下美人をこれまで随分沢山記事にしてるけど、どうも難しい花で、画も進化していないのがバレバレなんだけど(^_^;)
証拠写真として・・・又記事にしてしまった♪

今回はSTYLUS1のスーパマクロで・・・
1.
a0031821_20312564.jpg
日が暮れる頃から蕾が膨らんで来て・・・見てるとまるで変化が無いので
一旦忘れて、夕食、入浴を済ませて・・・フト見てみれば、ワ~オ\(◎o◎)/!すっかり咲いちゃったじゃん!♪
今回はSTYLUS1のスーパマクロでどうだろう?と・・・NIKONのLEDライトを当てながら、あれこれ試してみた・・・
フラッシュは近過ぎてダメなのよ。

2.
a0031821_20355955.jpg
この花見てるとどうしても気になるのが千手ではないんだけど、
グッと前に突き出て放射状に広がる摩訶不思議な形のメシベなのよ(*^_^*)
数えてみると、この手、13本とか14本ある。花によって違うんだ・・・。

何でこんな形してるのか?・・・蛾が来たらしっかり花粉を付けて欲しくて全方位の腕にしたのか?・・・進化の不思議だよね♪

3.
a0031821_20401723.jpg
ベランダに置いてある鉢植えの月下美人・・・風に揺れてフラフラ(^_^;)
部屋に運び入れるて、という発想が無くて、そのまま・・・手持ちのスーパマクロでは歩留まり悪いわ(^_^;)
マ、承知の上で撮ってるけど♪

4.
a0031821_20423111.jpg


5.
a0031821_20424640.jpg
似た様な画が続きます。ご容赦をm(__)m
何れ来年も撮る事になると思うけど、反省材料なんです(^_^;)
未だ未だ迷いながら撮ってるもので・・・。

6.
a0031821_20453583.jpg


7.
a0031821_2046554.jpg


8.
a0031821_20462338.jpg


9.
a0031821_20463859.jpg


10.
a0031821_20465335.jpg

この花が見られるのもカミさんのお蔭だな♪
カミさんはiPADで撮ってたけど、マア良く撮れてるので焦ったわ(笑)
こっちはこんなんでエライ汗掻きながら撮ってるのに・・・。

9月26日の画ですが、なかなかね~・・・載せるのが遅くなってしまったな(^_^;)
マア兎に角、月下美人はキレイな花で、好きだ♪
撮るのは進化が無いのが悔やまれるけど・・・。

こうして暗くなってから撮る訳で・・・これですっかりハードルが高くなる。
何らかの照明が必要なんだけど、フラッシュは兎に角近過ぎなので使えないな。
LEDライトで照らしながら、ライブビュウで見ながら・・・ここぞという丁度いいライティングの時にシャッターを押す、という事に。
チルトする液晶モニターも便利なものだ!こういう時こそ♪

レンズに触りそうに近くで撮れるスーパマクロはコンデジだからこそ!だよね。
それを活かす様に撮らねばならないんだけど、そこんところが今一(^_^;)
STYLUS1の万能ぶりは更なる研究が必要だ・・・。まだまだほんの一部の性能しか使えていないので・・・。

by sdknz610 | 2014-10-02 21:30 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 01日

尾瀬・燧岳百面相

燧岳を割と近くで、それも高低差が少ないアヤメ平、富士見峠付近から望むというのもいいと思う。

今回の様な山行では、特にテーマを予め決めて、というスタイルでは無くて、出会い頭に何でも撮っておいて・・・
後で、カテゴリーに分けて記事にするという事が多い。
膨大な枚数を眺めていると、どういうストーリで記事にしようか、見えて来るという感じだ。

そんな中で、大展望の湿原や、林間でも、何時でも見える燧岳の存在感は圧倒的で、
様々な表情を見せるこの山をまとめてみたくなって・・・。

以下、下手な鉄砲数打てば何とやらですが、ご笑覧いただければ・・・

1.
a0031821_13554595.jpg


2.
a0031821_13571488.jpg


3.
a0031821_1359056.jpg


4.
a0031821_1411151.jpg


5.
a0031821_1412870.jpg


6.
a0031821_1414372.jpg


7.
a0031821_142135.jpg
燧岳の双耳峰。間の窪みを然程の高低差無く見られるのは有難い場所だ。
下から見上げる感じになる尾瀬ヶ原からの燧岳とは又違った印象で、素晴らしい景観だ。
でも燧岳に登ってみよう等とは思わないんだわ♪ 
山は遠くに在りて思うもの・・・これがモットー(^_^;)

8.
a0031821_143672.jpg


9.
a0031821_1432442.jpg


10.
a0031821_1485062.jpg


11.
a0031821_14102415.jpg


12.
a0031821_1411191.jpg


13.
a0031821_14113710.jpg


14.
a0031821_14115981.jpg

以上の画で、OLYMPUSのE-M10で撮っているのは、#4,13,14のみで、
後は全てOLYMPUS STYLUS1のものでした・・・。

全てトリミング無しの画像でお届けしています。

NIKONのD7100でも撮ってはいるんですが、より気に入った画が無くて(^_^;)
重い、嵩張るD7100と24-120mmのズームは今回は殆ど無用の長物になってしまったのさ(泣)

どうやらこういう山行きでどれか一台にしろとなったら迷わずSTYLUS1にしちゃいそうです♪
イヤ、そうも言ってられないか・・・夜間の星空撮影ではインターバル合成が是非欲しいので・・・。

28mm-300mmをスルーでF2.8だし・・・
軽い!チッセー!♪
イザとなったら半切でも行ける画が出て来るし・・・
1.7倍になる外付けテレコンを持って行けば、焦点距離の範囲は広大なものだ・・・
殆どレンズに触りそうに近くで撮れるスーパマクロから超望遠540mm相当迄OK!♪
(但し今回はテレコンは持って行かず・・・これ、失敗だったな・・・ヤマネには参ったゼ)

E-M10の主な役割は、夜間撮影!星撮り用。あと18mm相当になるスーパワイドで風景を、という事に。
今回は60mmマクロは持って行かなかった。
イザとなったらSTYLUS1でと思っていたけど、昆虫は出ずだったから良かったかと・・・。

これからもこういう山行きではSTYILUS1が最有力機材になると思う。
車から降りて直ぐ!なんていう場所なら三脚にD7100を乗っけて・・・という事はあるので、出動準備はしてるけど・・・。

時と、場所によっては持ち出す機材は変わらざるを得ずだ。備えよ常に!って事で♪

尾瀬を歩く、というより写真を撮りたくて行くので、機材をどうするか?は重要なキーワード。
私の場合は・・・出来るだけ軽いのがイイ!
勿論ちゃんとシッカリした画が出て来るのは大前提なんだけど・・・みなさんはどうしてるのかな?・・・。
万能のカメラって無いですからね~♪
星空をインターバル合成で撮りたいし、
超近接撮影も、
超望遠も、
高速連写も!
軽い事!
バッテリも長持ちしてくれ~♪
・・・こんなの一台でなんて・・・無いんだわ♪

by sdknz610 | 2014-10-01 16:00 | 尾瀬 | Trackback | Comments(6)
2014年 07月 09日

アオメアブと出会い頭

何時もの朝散で、きっと何かが居るんじゃないかと、極ユックリ辺りを見回しながら進む事にしてるポイント。
フっと枯れ枝に止まってるこの子をメッケ!♪
アオメアブ!だ~(^_-)-☆ 
この緑色のサンバイザー付きヘルメット姿!
随分ご無沙汰していたアオメアブだ。ウレシクテ・・・でもうっかり近づけない・・・
カメラの電源スイッチを回し設定をチラっと確認しながら、1m位まで近づけるか?・・・

1.
飛ばれる前に先ずは保険として一枚!
a0031821_15352996.jpg
ほぼ原寸で。OLYのSTYLUS1。
この時はおよそ242mm相当で。もちろん手持ち。
105mmのマクロをくっつけたNIKONのD7100じゃなかったのよ。あれならどうだっただろうか・・・。
マア、でもSTYLUS1・・・結構良く撮れるもんですよ♪

2.
一旦離れて正面へ極ユックリと廻り込んだ。
a0031821_15475547.jpg
こういう状況では正面顔はちょっと無理だ(^_^;)
何か生真面目に真っ直ぐ止まってるアオメアブ(笑)
手を合わせてシアワセスタイル?♪
ここからはトリミングあり。

3.
a0031821_1552561.jpg
もうちょっと寄りたくて慎重にカメラを近づける・・・。

4.
a0031821_1556955.jpg

7月6日 イオンモール植栽ポイントでの遭遇だった。
ムシヒキアブもシオヤアブもいいですが、アオメアブは取分け会ってみたいアブちゃん♪
今が旬だろうか。
この緑色の目!一度見れば忘れられないですよ♪

残念ながら複眼のダイヤモンド構造はこのカメラでは無理か・・・NIKONの105mmマクロで是非撮ってみたいよ♪
過去2006.8.9の記事ではこのダイヤモンド構造が撮れているけど、なかなかね~チャンスは無いよね(^_^;)

by sdknz610 | 2014-07-09 17:00 | 虻・ハエ類 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 02日

巣立ったツバメ幼鳥は未だ親掛かりだ

我が家の直ぐ傍で巣立ったツバメ。3羽だけど、今朝、窓の外がチュンチュク騒いでるな~と見れば、
ツバメの幼鳥が二羽、部屋の直ぐ近くの電線に止まって、羽繕いや、おしゃべり中だった。
おっとり刀、じゃなくて、STYLUS1にTCON17Xを嵌めて撮り始めた。

途中、一羽になった幼鳥がこっち向いてくれたので撮り始めたら、ア!もう一羽がフワリと・・・来るのが目に入り連写!

何とかこんな瞬間が・・・アレマ!♪・・・兄弟じゃ無くて、親鳥が来たのね♪
幼鳥は餌貰えると思って、相変わらずの大口開けてのアピールだったけど、どうなった?

1.
a0031821_937496.jpg
幼鳥は親の姿を見た途端大口開けだ♪
そこへフワリと着地した親鳥。

2.
頂戴!頂戴!
a0031821_9394759.jpg


3.
頂戴!頂戴!♪
a0031821_9405053.jpg
でも親は餌持って来て無いよ・・・。

4.
未だ頂戴!頂戴!(^_^;)
a0031821_942886.jpg
幼鳥は、体の大きさは親と殆ど同じに見えるけど、未だ喉元の赤が十分ではない、尾羽が伸びきっていない、
又全体にくすんだ色合いで黒光りするまでには暫く時間が掛かるかな?といった感じだ。
仕種も・・・やはり何となく幼いのさ♪
只、飛行を見てるとツバメ独特の俊敏さはすっかり身に着いてる感じで、飛びは問題無し!
しかし飛んでる虫を捉えるのは未だ難しいんだろうね。それで未だ親掛りなんだろうと思う。

5.
あなたね~ここでは食事しません!
a0031821_9435161.jpg
チョット、言う事聞きなさいってば!

6.
エ~・・・ごはん無いの?・・・
a0031821_946389.jpg
そうよ、これから教える事あるから、着いて来なさいネ・・・いい?分かったの?・・・
じゃあ!って事で親を追い掛けて行きましたよ♪

ツバメの幼鳥は未だ親掛りなんだな。こんなシーンを撮れるのも今の内だよ。

6月17日に巣立ったのは3羽だったけど、今一緒に行動してるのは二羽だけだ。
ウ~ン・・・もう一羽は・・・どうしたのか?なにか事故にでも遭ってしまったのかもね。
生き抜いて又来年ここに来てくれるかどうか?・・・厳しい世界だよね。

7月2日 8時20分頃
OLYMPUS STYLUS1 TCON17X装着 望遠端では510mm相当になります
部屋の中からカーテンと網戸を開けて、手持ちで

親が、今は空きになってる巣を時々見に来るようになってる。二番子期待だが、果たして・・・又産んでくれるかな?

by sdknz610 | 2014-07-02 15:30 | ツバメ | Trackback | Comments(2)
2014年 06月 10日

カラスアゲハのキラキラ星模様♪

カラスアゲハの満天の夜空に星を散りばめた様なキラキラがキレイ!♪

1.
a0031821_21144377.jpg


2.
a0031821_21154867.jpg


3.
a0031821_2116421.jpg


4.
a0031821_2117414.jpg


5.
a0031821_2118065.jpg


6.
a0031821_21181889.jpg
前翅裏面の白帯が非常に目立つアングルだった。

6月9日 こどもの国

#1,2,5は同一個体です。
#3
#4
#6は、夫々違う個体で、ここ「こどもの国」では、この日数頭と遭遇してます。

以上、何れもOLYMPUS STYLUS1です。
何れもSSは1/800でした。
次撮る時は・・・1/1600とか1/2000にしようかと思う・・・。
やっぱりピシっ!と止めて、キレイな模様をちゃんと見たいし・・・。

今回の画ですが、カラスアゲハのオスかメスか・・・春型か夏型か・・・特定出来ていません。
単なる知識不足ですが・・・難しい・・・勉強不足・・・(^_^;)

これからもチャンスがあれば出来るだけ沢山撮って、特定出来る様になりたいんですが・・・。
ミヤマカラスアゲハも撮りたいな・・・願望だけではしょうがないですけど(^_^;)

by sdknz610 | 2014-06-10 22:00 | 私の蝶・蛾図鑑 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 29日

オオヤマトンボの飛翔姿

大型のヤンマ?が・・・岸辺を何度も行ったり来たりするパトロール姿を見て、
それも待っていても一向に停まる気配も無く、それじゃあ飛んでる所を撮るしかないなと・・・

てっきりオニヤンマか?と思って撮れた画像を家であらためて見直してみると、
どうもヤンマ系でも無さそうだし、サナエ系か?とネット上の図鑑で、画像を探し捲ってみたが・・・
一向にそっくり画像にく会えなくて、困ったな~だったのが、やっとア~っ!これか~と、巡り合えたのが
オオヤマトンボだった!♪
オオヤマトンボ科の・・・今度はオオヤマトンボか? コヤマトンボか?・・・又もや困惑(^_^;)
結局、オオヤマトンボで決着!となりました・・・。
トンボは・・・ア~何と難しい事よ(泣)

では、今後の見分けの為にどこがどうなのか?直ぐ忘れちゃうので記録しておこうかと(^_^;)

1.
a0031821_16461962.jpg
尾部の二、三の黄色環模様がオオヤマトンボの特徴で、こういう模様のトンボは他にはそっくりさんはいないよ。
見た目、コオニヤンマ?にソックリで・・・尾の模様も撮ってからでないと判らんけど(^_^;)
マア兎に角パトロールでス~っと飛んで来るのを待ち構えて、連写するんだけど、ピンがなかなか来ないのよ(泣)
で、どうする?・・・AFでコンティニュアスにして、遠くに居る時からフレームに捉えて追い掛ける!
飛行速度はとても速く、大体は直ぐフレームアウトしちゃうのが一番の問題だ・・・(泣)
歩留まり最悪(^_^;)

2.
a0031821_16572250.jpg
ピント固定で、追い掛連写ではどうだろう?
これは飛行コースがピタリ嵌ればイイんだけど、なかなか思った所を通過してくれないから・・・この方が歩留まりは悪い結果だった。

3.
a0031821_1659517.jpg


4.
a0031821_1701295.jpg


5.
a0031821_1702771.jpg


6.
a0031821_1704248.jpg
顔が何とか見えるこの画は貴重。同定には是非必要なんだけど、難しいワ(泣)
横線が二本、見えるかな?・・・オオヤマトンボ!

7.
a0031821_1705998.jpg
ギンヤンマに追い掛けられてた・・・。
互いに縄張り意識の強いトンボで、誰かが近付いて来るとスクランブルの応酬になるんだわ。
シャッターチャンス!なんだけど・・・これは難度が高く、何度やっても(^_^;)・・・なかなかいい感じで撮れないよ(泣)

5月29日 多々良沼
OLYMPUS STYLUS1
TCON-17Xで510mm相当
手持ち
トリミング若干
このカメラのコンティニュアスAFは・・・そこそこ使えるかな?
秒5コマ連写
EVFでちっちゃなトンボを見ながら追い掛けるんだけど、何とかね・・・♪
NIKON D7100でやった事ないけど、光学ファインダーの方が追い掛け易いんじゃないかとは思う。
次、やってみようかな?・・・

トンボの飛翔を撮るにはどうするのが一番いいのか?まだまだ素人なので、もっと実験しなくっちゃでR♪
これから本格的なシーズンだし・・・他のトンボでも撮りたいのよ(^_^;)

多々良沼の様子ですが・・・
鳥は・・・ほとんど居ないね。
・コアジサシが一羽!遠くでドボンを見たけど、よ~し!と思って待ってもその後現れずで、結局トンボ撮りになっちゃった♪
・カッコウが桜並木に来たんだけど、近付く度に逃げられた(泣)
・オオヨシキリがけたたましく啼いてはいたけど、近くでというのはダメだった(^_^;)
居る場所は何時もの葭原なので、次回リベンジするべ~かと。

トンボ・・・
科で分けると以下の様な具合で・・・
●不均翅目
ムカシトンボ科
ヤンマ科
サナエトンボ科
ムカシヤンマ科
オニヤンマ科
エゾトンボ科
ヤマトンボ科・・・今回はオオヤマトンボでした。
           他にコヤマトンボがいます。

●均翅目
アオイトトンボ科
モノサシトンボ科
イトトンボ科
カワトンボ科

そして
トンボ科(広大無辺・・・)

うっかりトンボを撮ると・・・エライ目に(^_^;)・・・
同定は素人にはまるで深い闇! 泥沼に嵌ります(泣)

オオヤマトンボとコヤマトンボの見分けは・・・
顔に一本の横線があると、それはコヤマトンボ、
二本横線があれば、オオヤマトンボです。
忘れない様にしよう(^_^;)・・・ムリだよ、直ぐ忘れるに決まってるので(泣)

by sdknz610 | 2014-05-29 18:00 | トンボ | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 20日

キジの母衣打ちⅡ

今度はこっち向いてやってくれた!♪

1.
a0031821_19164214.jpg

直立不動で鬨の声!♪

2.
a0031821_19185099.jpg
啼き終わっていないんだけど、母衣打ちがはじまっちゃった! こういう時もあるんだ(^_^;)

3.
a0031821_19203226.jpg
大きな翼でバタバタは大迫力だよ♪

4.
a0031821_19221781.jpg


5.
a0031821_19234382.jpg


6.
a0031821_19241440.jpg


7.
a0031821_19243446.jpg

5月19日 朝の散歩で
OLYMPUS STYLUS1

by sdknz610 | 2014-05-20 20:00 | キジ | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 19日

キジの雄叫び久し振り♪

5月19日。6時15分過ぎだった。いいお天気じゃん!♪ ゴミ出しの後、そのまま朝の散歩に。

ケン!ケ~ん!が聞えて来た・・・?何処だ?・・・と、アっ! 居た居た・・・。
左の畦道へ方向転換。朝の散歩の積りだったのに・・・キジに集中!散歩は中止だな(^_^;)
そっと何の関心も無い風を装って(^_^;)・・・ユックリ歩いて近付くく。
顔は前を向いたまま、横目で畑の中程に居るキジの様子を窺いながら♪
どうやら微動だにしないキジを見て、最短距離の場所で道端にしゃがんでカメラの準備だ。
キジとの間を遮る物は無く、お互い丸見え状態♪

狙いは、こうなればヤッパ鬨の声と、母衣打ちを是非!と・・・SS優先で1/1600にして・・・
ここから延々と待つ事に(^_^;)
さっき鬨の声を上げたばかりなので、そうね十分か十五分は待つ事を覚悟・・・。
足が・・・ヤバイわ(泣)・・・しゃがんだままだと、立ち上がれなくなるかも。。。ナンテ(^_^;)

鬨の声だ! ソレっとばかり連写の嵐♪
1.
a0031821_15524313.jpg
06:24:48だった。
カメラは、今朝はOLYのSTYLUS1をブラ下げて散歩に出たんだけど・・・望遠側300mm目一杯で何とか。
ちょっと絞ってF4.5だった。取り敢えず補正はマイナス0.3で。ISOは400。
秒7コマ。勿論手持ちです。

2.
a0031821_15575612.jpg
キジ♂の母衣打ちのタイミングは・・・鬨の声の後に続いて、というのが判っているので、
鬨の声の最初の瞬間は撮り逃がすけど・・・母衣打ちは大体は間に合う事が多くなって来たかな?・・・
これまで慌ててしまい随分いいチャンスを逃がすという失敗を繰り返してるからね・・・(^_^;)
落ち着いてシャッターボタン押せるようになって来たみたいなのサ♪

3.
a0031821_15581478.jpg
SSは、1/1600でこんな感じになる。1/2000ならもうちょっと翼は止まるけどね・・・。

4.
a0031821_15582972.jpg
この姿勢を見ると、母衣打ちで前方への推力が発生するので、それを堪える為に、足を踏ん張ってるみたいだよ♪

5.
a0031821_15591648.jpg


6.
a0031821_1611878.jpg


7.
a0031821_1623204.jpg


8.
a0031821_16233663.jpg

久し振りのキジだった♪
母衣打ちもゲット出来て、こういうのうれしいもんだわ♪
我が家の直ぐ近くに生息してる超極彩色の野生!・・・結構な田舎って事かと♪

明日は・・・違ったアングルでの母衣打ちの様子をと思っております。
長くなっちゃうので、二回に分けます・・・。

STYLUS1の写りですが、何とかこんな風に・・・♪
軽い!散歩用にはベリーグ~♪ 鳥が出てもマアね、こんな感じで♪

by sdknz610 | 2014-05-19 17:00 | キジ | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 20日

スズガモ・・・未だ居たのね♪・・・葛西臨海公園

暫くぶりの葛西臨海公園。コアジサシは未だ気配無く、ちょっと早過ぎだったか(^_^;)・・・4月19日。
西渚は鳥の気配が何も無く、東渚との間の水道へ様子見。
やっとスズガモが・・・。
先ずは、葛西臨海公園・西渚の様子から・・・
1.
a0031821_22205470.jpg


2.
a0031821_22214592.jpg
潮干狩りの季節到来♪ゲートブリッジ!

3.
a0031821_22224411.jpg
貝採れたかな?♪

4.
a0031821_22241855.jpg
貝採れた?♪

5.
a0031821_22251526.jpg
スズガモが。浮かんでいた子が飛んだのを見て、追い掛け始めたら直ぐ目の前の渚に来ちゃった♪

6.
a0031821_22264985.jpg
以下、着陸シ~ンです。

7.
a0031821_22302534.jpg


8.
a0031821_22333435.jpg
スズガモの♀です。

9.
a0031821_2234324.jpg


10.
a0031821_22345293.jpg


11.
a0031821_22351098.jpg

OLYMPUS STYLUS1

前日、18日は雨模様・・・鳥は諦めたが、幸い19日は朝から晴れた~!♪
で、今回はSTYLUS1だけ持って来たのでこれで・・・やっとスズガモに会えたのは勿怪の幸いだったか♪
ほんの十数羽しか居なかったけど。
イヤ、東渚には未だ沢山居るらしいが、視認出来ず・・・。

コアジサシは、未だだった。5月3日に西渚の営巣地整備のイベントがあるとの事。
葛西臨海公園のブログを注視しておこうかと。

by sdknz610 | 2014-04-20 23:15 | カモの仲間 | Trackback | Comments(0)